株式会社 山木商行 FUKUDA サンシャインスキューバ アライヘルメット ラフ&ロード スピード☆スター RKジャパン ツアラテックジャパン 岡田商事 YONEZO

#WORLD DREAM TOURING

“世界の子供の希望と夢を発信します”

2011年12月

[Argentina] La Rioja to San Fan

For all of you in Japan, the date as already changed and it's already the new year, isn't it.
Happy New Year! All the best for the upcoming year, and thank you for following this adventure!

Upon arrival at the accommodation, and checking my email, there were a lot of message from Just Giving!
To each and everyone a big thank you for your contribution. I'm deeply grateful for your support.

Happy New Year!
I'm always looking forward to reading your blog.
I would like to support Yamada-san's challenge from Nagano.
I donate 11'100 Yen towards this challenge.
Daisuke-s, 2012-01-01 00:42:24

Yamada-san,
Happy New Year!
It's been already year since your left for your adventure!
I'm over again deeply moved my this superb challenge.
I pray for your health and safety.
I donate 4'100 Yen towards this challenge.
Katsuo, 2012-01-01 00:42:21

Happy New Year!
I was surprised to realise that it's been already a year since you started your journey.
For the remainder of the trip, please take good care of yourself.
I'm looking forward to your return to Japan.
I donate 2'000 Yen towards this challenge!
Mari, 2012-01-01 00:30:01

Here in Argentina, it's New Year's Eve.
Since I left, it's been quite exactly a year, and I managed to get to here in good health thanks to everyone's encouragement and support.
I'll do my best for the remaining three months!
For the coming months, thank you in advance for your support!

English http://justgiving.jp/pdf/justgiving-man.pdf?110318
Link to this challenge's website (in Japanese): http://justgiving.jp/c/799
In English: http://justgiving.jp/pdf/justgiving-man.pdf?110318

********************************
[Argentina] La Rioja to San Fan

31st of December 2011 (Saturday)
 
Distnace:570キロ
Departure time:8:30am
Arrival time:17:00pm
Weather:晴れ Blue Skies
Temperature:38℃


It's one more leg until San Rafael, the city that is on this year's in the Dakar Rally. route
But today, I'm headed for San Fan, a city located before San Rafael.

When I was researching today's journey in the morning, I realised that there lies apparently a beautiful national park on the way.
With a little luck, one might be able to see the condors the area is famous for.

When I was researching today's journey in the morning, I realised that there lies apparently a beautiful national park on the way.
With a little luck, one might be able to see the condors the area is famous for. 
 
Entering the Taranpaya National Park!
DSC07319

















When I get to see these strange rocks left and right of the road, and get to see the strange looking mountains at a distance, the my mood rises.

Arrival at the gates!
DSC07320

















Oh, adequate for a place where dinosaur bones had been excavated, I'm greeted by a giant replica.

Then, asking repeatedly and in detail at the park reception, it's not allowed to enter the park with my bike, are any other personal transport means for that matter, and hence there is no other way then to use the ranger's bus.

Apparently, the time required is some 2 hours. So, in view of today's travelling distance of close to 600 kilometres, I have to give up on the idea of entering the park altogether.

And then there is a problem.
I thought to refuel in a petrol station along the way, but when I get there it turns out that there is no petrol!

Is there such a thing as a chronic lack of petrol supply in the Argentina country side?
Since the state of the roads is good, it's possible to drive at around 120 to 130 km/h, which should have an effect:
At higher speed, the overall fuel consumption goes down.

I went around it a number of times, but indeed there wasn't any petrol.
If I drive to a place until I run out of petrol and have to stop there, I won't be able to meet up with the Dakar race.
No matter what, I want to go on.

If I believe the fuel stand, I can drive another 150 kilometres.
The problem is, that today's destination San Fan is another 160km away.

If this really turns out that way, I head off thinking that if I do all I can to make the petrol as long as possible, this should work out somehow or other.

And when there were 70 kilometres left until today's destination, the fuel stand shows that I have enough petrol for another 100 kilometres.
Oh, it seems this will work out after all.


… but as soon as I had thought to be lucky, the engine makes a 'popo, popo' noise.

And instantly I feel that the engine doesn't pull properly.

This announces that I'm running out of petrol altogether.

Hmm, will I be able to drive for another 100 kilometre?!

And after the same symptoms repeated a number of times … the engine finally stopped entirely.
DSC07326

















The temperature is at 38°C boiling hot.

It's a road that cuts through a wasteland area in the middle of a desert.

Should I go on in this road and push the bike?

Rather tough …!

There are supposed to be another 60 kilometres until the city...

And the scary thing is that along this road there are infinitely few vehicles coming along.

No good, no good at all!

Unexpectedly running out of petrol on New Year's Eve in South America!. I once more turned the starter – and the engine comes back to life!

There is still a little bit petrol left in the tank it seems.

Repeatedly turning the engine back on, I finally managed to drive another 10 kilometres or so.

And along the way, I got to see a suddenly a isolated single shop.

It's an eatery in the middle of nowhere.

As I ask the middle aged guy standing next to the eatery if by chance he would be willing to sell me some petrol he asks: 'how much'?

As I say 'Some three litres …' he says 'wait a moment'!

Oh, Will they get me indeed some petrol?

This family's kids kindly brought me the petrol in pet bottles!
DSC07324

















(Note: The lens cover doesn't work properly any more, and doesn't fully open)

Thank you so much!

I refuel the dust covered bike.
DSC07323

















I'm saved.
Also this time, a miracle occurred and I got saved.
God, Buddah, this must be thanks to everyone's prayer for my safety.

Today, out of nowhere a river appeared, and resigned to what was necessary I had get into the water and cross it.
I didn't fall and all went well, however, half of my body and the whole bike got muddy.

Once I get to the accommodation, I will have to clean my clothes and the boots up.

And then, it was like that yesterday but even today on the way, I ask myself now and again 'Will you go and see Dakar?'

This would be the highlight of the whole country, considering that the race crosses this area and is internationally famous.
写真





























The town magazine I found in the hotel lobby.

Tomorrow, I will participate in the Dakar race … not, but rather will be headed for San Rafael, one of the principle cities to see race.
 
Translator: Pamela Ravasio

【アルゼンチン】ラ・リオハ〜サン・ファンの旅

日本の皆様の日付はもう新年ですね☆
あけましておめでとうございます!本年も宜しくおねがいします。

宿に到着し、メールを確認するとジャストギビングからこんなに沢山のご寄付メッセージが届いていました!!
お一人、お一人のご貢献、私への応援に深く感謝致します。

こちらは本日は大晦日です。
出発から丸一年を無事に(?)迎えることが出来たことはこの皆様からの声援があったからに他なりません。
あと3ヶ月頑張ります!
引き続き、何卒宜しくお願いいたします。

☆ジャストギビング山田達也のチャレンジ応援ページ:http://justgiving.jp/c/799
English http://justgiving.jp/pdf/justgiving-man.pdf?110318


********************************
【アルゼンチン】ラ・リオハ〜サン・ファンの旅

2011年12月31日(土)
走行距離:570キロ
出発時間:8:30
到着時間:17:00
天候:晴れ
気温:38℃


私がダカールラリーを観戦する町、サンラファエルまであと一つ。
今日は、その手前のサンファンという町へ向います。

朝、情報を調べると、途中に立派な国立公園があることがわかった。
運がよければコンドルを見ることも出来るそう。

何度も言うがアルゼンチンは基本、都市間を結ぶ道が良いので快適です!

タランパヤ国立公園に入ります!
DSC07319

















左右に奇岩、奇山が見えてきて雰囲気が盛り上がってきます。

ゲートに到着!
DSC07320

















おー、恐竜の骨などが発掘された場所らしく、巨大なレプリカがお出迎えです!

受付でよくよく聞くと、バイクなど自分の車両で入場することが出来ず、公園のレンジャーバスを利用するしかないのだそう。
所要時間2時間以上だそうで、
今日の移動は600キロ近くあるため、残念ながら入場を諦める。

アルゼンチンは時差設定の関係で、21:00ごろまで町は明るいのだが、朝が早いのでそれほどゆっくりもしてられない。


問題発生!
給油をしようと途中のガソリンスタンドに入るもなんとガソリンがない!
アルゼンチンは田舎の町は慢性的にガソリン不足なのか?
道の状態が良いため巡航速度は120〜130キロで走れることが裏目に出た。
高速で走ると燃費が落ちるのだ。

数件回ってガソリンなし。
ガソリンが来るまでその町で足止めしているとダカールに間に合わなくなる。
どうにかして進みたい。

燃料計の表示を信じれば、あと、150キロ走れると出ている。
確実にガソリンがある今日の目的地、サンファンまで160キロ。

こうなったら、燃費を最大に伸ばす運転をしていけばなんとかなるんじゃないかと懸けに出て、出発!

町まであと70キロ時点で、燃料残計は、100キロ走行可能と表示されている。
おー、なんとか、なりそうだ^^。
と安心した束の間、

「ボボ、ボボ」

エンジンがたまに息継ぎする。

一瞬、エンジンがふけない感じだ。

完全にガス欠の前兆だ。

かー、まだ100キロ走るんだろー?!

その症状が何度か繰り返された後、

・・エンジンが止まった。
DSC07326

















気温は灼熱の38℃。

砂漠地帯の荒野の真ん中に伸びる道。

この道を押していくのか・・。

辛いなー。

まだ町まで60キロくらいあるぞ。

そして怖いのはこの道を行く車両が限りなく少ないこと。

ヤバい、ヤバい!

ついに大晦日に南米でガス欠かい!

と、セルを回すと、またエンジンがかかった!

まだタンクに少しはガスが入っているようだ。

それを繰り返していると10キロ近く走ることが出来た。

そんな中、ぽつんと店が見える。

荒野の中に立つ食堂だ。

店の脇に立っていた初老のおじさんに何とかガソリンを分けてもらえないか、聞くと、どれだけ?と。

3リッターあれば・・と言うと、ちょっと待っててと。

おお!分けてもらえるか?

ここの家族の子供がペットボトルに入れたガソリンを持って来てくれた!
DSC07324


















(レンズカバーの不作動で全開になっていません)

有り難い!!

泥だらけのバイクに給油します。
DSC07323

















助かった〜。
今回も何かに助けられる奇跡が起きました。
神様、仏様、無事を祈念してくれている皆様に感謝です。

今日は移動中、突然の川の出現により思いっきり水中に突っ込みました。
転倒もなく無事でしたが、半身、バイク全体は泥まみれに。

宿について衣類、ブーツの掃除をします。

また、昨日からですが今日も移動中、あちこちで

「ダカールを見に行くの?」と聞かれます。

この地域を通過する国際的に有名なレースなので町中、国中が盛り上がっています。

写真





























ホテルロビーになったタウン誌?

明日は私がダカール参戦・・じゃなくて、観戦の拠点にする町、サン・ラファエルへ向います。

【アルゼンチン】トゥクマン〜ラ・リオハの旅

過去にジャストギビングを通じてセカンドハーベストへご寄付頂いた皆様を紹介しています。

有り難うございます。皆様のご声援をしっかりと受け止めて毎日、走っています!

☆ジャストギビング山田達也のチャレンジ応援ページ:http://justgiving.jp/c/799

********************************
【アルゼンチン】トゥクマン〜ラ・リオハの旅
[Argentina] Tucumán to La Rioja 

2011年12月30日(金)

走行距離:310キロ
出発時間:9:30
到着時間:15:00
天候:曇りのち雨のち晴れ
気温:36℃以上?
Friday, December 30th, 2011
Distance: 310 kilometers
Departure: 09:30
Arrival: 15:00
Weather: Cloudy, but then rainy and sunny later on
Temperature: Over 36°C?


朝、雨が強く降り出したトゥクマンの町を発ちます。
I left Tucumán this morning.  It was raining very hard.

1

















大音響が聞こえ、何かの宣伝カー?と思ったら、でかいスピーカーがつけている馬車が歩いていました。
ウマの力は欠かせない町です。
I thought that there was an advertising car outside when I heard a loud noise. It was a horse-drawn carriage with a big speaker.
A horse is a must in this town.


暑さを感じたのでヘルメットのシールドを開けると余計暑い!
これは体温を越えた気温の時に起こる現象だ。中国ぶりかな?
It became even hotter when I opened the shield of my helmet!
This happens when the temperature goes higher than a human’s body heat. It happened when I was driving in China, too.

2

















真夏の空がとっても気持ちいい!!
It felt so good underneath the blue summer sky!!


ガソリンが減って来たのでスタンドに入ると「ない」と言う。
次の町までいくと、最初のガソリンスタンドはバイク、車、トラックで長蛇の列。
When I went to a gas station, I was told that they didn’t have any gas.
I went to the gas station in the next town. There was a long waiting line of bikes, cars, and trucks.

通過して次のガソリンスタンドへ行くも、結構ならんでいたのでパスし、その次の誰も並んでいないところへ行くとガソリンがないとのこと。
結局、先ほどのスタンドへ戻って列に並ぶ。
怖いのは自分の番が来る前に配給が終了してしまうこと。
I kept going until I saw another gas station, but this one had a long line, too. I went to the station where there was no line, but then I was told that they didn’t have any gas either.
I decided to go back to the one that had the long line.
I was scared that they wouldn’t have enough gas for me.

3

















なんとか、私の分までまわったあー。ほっ。
I was able to get gas there. I felt so relieved.

アルゼンチンはバイク天国。
沢山のバイクを見かけるわけだが、他の南米諸国と違うのは現地女性のライダーをよく見かけること。
It is bike heaven in Argentina.
I see many riders in South America, but the difference is that there are many local women riders in Argentina.


とある小さな町の信号待ちで隣にきたバイク乗り。
They stopped next to me when I was at a red traffic light.

4





















キャブむき出しです。ww
速そうだけど、エンジンの寿命も早そう。
The engine of the bike was exposed. It had no fairings.
The bike looked like it would go fast, but it also looked like it would be short-lived.

ラ・リヨハの町へ到着!
宿に荷物を下ろしたら町を散策。
I arrived in La Rioja!
I went for a walk after I unloaded my stuff at the hotel.

5

















ほーんと、シエスタが徹底しています。
まるで死んだ町のようほとんど人が歩いていない。
Siesta (long lunch) was thoroughgoing here.
It looked like a ghost town.

6


















7

















8

















9

















ここまで誰もいないとは。。
It really did look like a ghost town…

10

















町中の犬もみんな、シエスタ。
Dogs here were also taking part in the siesta.


この店はやっています。
This store was open.

11

















ここ、実は昨日もトゥクマンでも入ったアイスクリーム屋で値段は手頃なのに量が多く、美味しいんです☆
I actually went in this shop yesterday. It was an ice cream shop, and they had delicious, reasonably-priced ice cream in good portions. ^^


12

















広場に面するカテドラル。
There was a cathedral in an open area.


フレスコ画が美しい主祭壇があります。
They had main altar painted with beautiful frescos.

13

















が、ここもまったく誰も居ませんでした。
誰一人いない教会に入ったのは初めてかも。
There was nobody in there.
I think that this was my first time that I had gone into an empty church.

一旦、宿に戻り、20:00になったので夕食に出かけます。
すると、通りにはどっと人が繰り出して、車も多い!
I went for dinner at eight o’clock pm after I went back to the hotel.
This time, there were many people and cars in the town!

14





























スペイン/マドリッドでお世話になったマイカさんが言っていたが、スペインでも田舎町に行くと、シエスタを完全に徹底している場所があるのだと。
I remembered a story about how some country towns had throughout siestas in Spain. Mica-san (whom I met in Madrid, Spain) told me about it. He did many things for me while I was there.
 

このアルゼンチンでここまで完璧にやっている町に出会うとは。
I was surprised that there was a town in Argentina that has throughout siestas.

あとは、宿でインターネットでダカールラリー情報を収集。
やっと、私が滞在する町の付近での観戦場所を知ることが出来た。
I collected some information about Dakar Rally when I returned to my hotel.
I managed to find out that the location of the race was close to my hotel.

いやー、メチャメチャ楽しみです!
鈴鹿8耐レースを遠くから見に行く人の気持ちがわかりました。(笑)
I’m so excited!
Now I know how the people who go see the “Suzuka 8 Hours Endurance Road Race” from long distances feel. (Haha)
 
Translated by Maki & Angela Trolio

【アルゼンチン】サルタ〜トゥクマンの旅 [Argentina] Salta to Tucumán

今までにジャストギビングを通じでセカンドハーベストへご寄付頂いた皆様を紹介させてしています!
こちらのご寄付から丸一年なんて、信じられない!!
人生はホント、あっと言う間ですね^^;
完全燃焼の毎日を益々、送っていきたいと思います!

☆ジャストギビング山田達也のチャレンジ応援ページ:http://justgiving.jp/c/799


********************************
【アルゼンチン】サルタ〜トゥクマンの旅
[Argentina] Salta to Tucumán
DSC07267

















2011年12月29日(木)
走行距離:310キロ
出発時間:10:00
到着時間:14:00
天候:晴れのち雨
気温:33℃
December 29th, 2011 (Thursday)
Distance: 310 kilometers
Departure: 10:00
Arrival: 14:00
Weather: Sunny, but rainy later on.
Temperature: 33°C

さすがに4泊も同じ街に滞在すると友達も沢山出来た。
Over the four days that I stayed here, I’ve made a lot of friends.

DSC07262

















彼はファービアン。
ホテルに隣接するカフェのウェイターで心優しいイケメン君だ。
数少ない英語の話せる男で、たまに通訳をしてくれた。
His name is Fabian.
He was a good looking, kind waiter at the cafeteria next to my hotel.
He sometimes translated for me because he was one of the few people who could speak English.

ついにやってしまった。
アメックスのカードを紛失!
たぶん、昨日の昼に行ったレストランで受け取るのを忘れたみたい。
朝、行ってみるも昼の営業まで開いていない。
仕方なく、カードを停めて再発行のお願いをする。
アメックスはとても対応がよくサポートが受実しているのでオススメです!
I did something bad.
I lost my credit card!
I think I forgot to get it back from the cashier when I left a restaurant for lunch yesterday.
I had no choice other than to stop my card and go through a renewal process.
My credit card company, AMEX, has good customer support. I recommend them to everybody because of their good quality service!

今日の移動は、実質、アルゼンチンに入って二回目。
Today was the second time to travel since I came to Argentina.

DSC07273





























標高が下がり、気温27℃くらいというものあるが、やはり道路が良いので最高に気持ちいい!
It felt so good to be riding because of the good road condition. The lower altitude helped, too, by decreasing the temperature at 27 degrees.
 

と思いきや、トゥクマンの街に入ると気温が一気に30℃を超し、暑い!
・・暑いって、久ぶりだな。
本当、日本の真反対にいることを感じさせられます。
However, as I entered the town Tucumán, the temperature increased to over 30 degrees. It was hot!
It’s been a long time since it’s been this hot..
It made me realize that I was in a place totally opposite from Japan.
 

ここトゥクマンの街は特別な観光地はないのですが「母を訪ねて三千里」でマルコがとうとう母親に再会を果たす感動の地なのです。
There aren’t any special sights to see in Tucumán. However, this is the place that Marco (from the Japanese anime series 3000 Leagues in Search of Mother) finally met his mother. I was very moved by that scene.
 

せめてマルコが降り立った駅ぐらいは見ておこうと思ったのですが、ディーラーに行ってバイクのメンテナンスを少々せねばなりません。
I needed to go to the dealer shop for some bike maintenance before I headed to the station where Marco got off the train.

DSC07295

















珍しく、バイク専用のディーラーです。
2キロほど離れたところに4輪専用のディーラーもありました。
It was a very rare to see a dealer shop, especially for a bike.
There was another dealer shop for four-wheel vehicles about two kilometers away from here.

DSC07291

















シエスタ(長い昼休み)が終わるのを待ち、17:00に工場へバイクを入れます。
ちなみにここはやはりスペイン文化。
クリスマス休暇はあってもまったく年末年始休暇というものはありません。
29日の今日も、30日の明日も普通に営業しているようです。
I took my bike to the work shop and waited for them to finish their siesta (long lunch).
Spanish culture is the majority here.
They don’t have any end of year and New Year holidays. They have a Christmas holiday though.
It seems like they are open on the 29th and 30th.
 

オイル交換と、ブレーキパッド交換、そして雨漏りが酷くなってしまったパニアケースの修理を依頼します。
I asked them to change my oil and break pad. I also asked them to fix my luggage case because the leaking was getting worse.

あと、ついでに、度重なる転倒の影響でパニアケースのステーが曲がり、垂れ下がり気味の形状になってしまったものも直せたら、とお願いしてみます。
I also asked them to look at the bent stay on the luggage case. It got bent from several falls and it was coming down a little.

しばらく待ったあと全て完了、となりましたがなんとなくメカの表情が暗い。
After I waited for a while, the mechanic came out looking downwards. 

パニアケースのステーを直している最中、力の入れ過ぎでヒビを入れてしまったと。
He said that he cracked the luggage case while he was trying to fix it. He put too much strength onto it.
 

あーん?!・・結構、ショック。
What?! The news made me feel blue… 
 

日本のディーラーならおそらく責任もって修理をするまでやると思うが、そこが南米。
If this was in Japan, they’d take full responsibility and fix it. But I’m in South America…
 

「このままでも、たぶん、大丈夫だと思う」と言う。(苦笑)
“I think you should be okay,” he said. (-_-‘)
 

まあ、たしかに今まで相当転倒してきたのでステーが弱くなってきていたと思うけどね。
But then again, the stay of my luggage case was beginning to become weak over the many falls.
 

明日なら修理出来る、と言うが先を急がねばならないので断った。
どこかの町で溶接工場を見つけて直すしかないな。
They offered to fix it tomorrow, but I told them not to worry about it because I had to leave.
There was no choice but to find a welding shop sometime along the way. 
 

作業そのものは一生懸命やってくれたし、お詫びのしるし?に帽子とステッカーを出してくるところが憎めなかった。
I couldn’t get mad at them because they did work hard on my bike. They also offered me a hat and a sticker.
 

世界中のディーラーを随分と回って来たなあ、としみじみ感じる。
I realized with a deep feeling that I went to so many dealer shops around the world. 
 

さあ、明日は、ラ・リオハという町へ向かいます!
I’m going to head to La Rioja tomorrow!
 
Translated by Maki & Angela Trolio 

【アルゼンチン】サルタ滞在3

私の旅の活動の応援を、NPOへの寄付という形をとってくださっている方を紹介しています。
有り難うございます!

ruto

目標達成おめでとうございます。更なる高みへ、言ってらっしゃい♪
このチャレンジに1,290円寄付します!

rutoさん 2010-12-27 03:12:49

カリヨン

片手カウントダウンとなりましたね。
夢を叶えるって言葉は簡単だけど、計画し遂行することは勇気とチャレンジがどれほどか、想像を絶します。
1年3ヶ月、ブログと山田さんの背中?を見ながら私も頑張りますよ~!
無事に帰ってきて、シャンパンをぜひ開けてくださいね!

このチャレンジに5,798円寄付します!

カリヨンさん 2010-12-26 10:27:08


あっと言う間に、出発から一年ほどになります。
ここまでこれたのは皆さんのこの貢献のお陰に他なりません。
あと3ヶ月、頑張ります!

「一周年記念&あけましておめでとうご寄付」お待ちしています^^!

 ☆ジャストギビング山田達也のチャレンジ応援ページ:http://justgiving.jp/c/799

********************************

【アルゼンチン】サルタ滞在3
0
















2011年12月28日(水)

今日は朝から、ブラジル領事館へ。
正確には領事館探し。。

まずは、グーグルマップで表示された場所へ向かう。
いやー、かなり貧しいエリアじゃないか・・。
こんなところにブラジル大使館があるのかな。

その近辺について道端に居た方に聞くと、ボリビア領事館だった。

くわーっ!

ということで近くのガソリンスタンドに飛び込んで聞くと、従業員5人がかりくらいで探してくれ始め、20分くらいで場所が判った!
全然違う場所だった。
皆さん、有り難う!!

新たに判った地区に到着すると、そこは高級住宅街。
おお、ブラジル領事館がありそうだ!
当該住所に着くと、そこは一般住宅になっていて領事館ではない。
インターフォンに出た方はここは違うと言っているがそれ以上は言葉がわからず。。

うーん、困った。
また近くのオフィスに飛び込むと、そこは裁判所関係の事務所だったが、そこで働く3人の女性がかなり親切に調べてくれた。
30分ほどかけて判ったことは一時撤収していて、今はサルタにないと言う。
念のため、ホテルに戻ってフロントで確認してもらうも同じだった。

元々の旅程では、私がブラジル国境近くの町に到着するのは大晦日、さらに土曜日。
アルゼンチン側のその町でブラジルビザを発給してもらえる可能性はかなり低い。

いろいろ考えた末、イグアスの滝を見に行く予定だったがきっぱり変更することにした。

ブラジル側の滝を見る事を諦めて、アルゼンチン側だけ見る事も考えたが、
決断した理由はダカールラリーの情報が飛び込んできたからである。

情報の発進元はマドリッドでお世話になったペンティさんだ。
(ペンティさんは私と同じく、バイクの元TTーF1クラスのレーサーで今はノキア社のお偉い様ww)
「Don't miss the see」(アルゼンチンに居て、ダカールラリーを見逃すな!)ときたもんだ。


2012年1月1日、ブエノスアイレスから300キロほど南のMar Del Plataという町をスタートしてチリを経由してペルーのリマがゴールだ。 

近い将来、このダカールラリー参戦を視野に入れていることもあるし、新年の始まりにレースの現場にいられることは、私の生粋のレーシングスピリッツに火をつけてくれる。

ラリーの通過ルートを調べて付近の町に向かうつもりです。
いやあ、益々楽しみが増えた!燃えて来た!!(笑)


ブラジル領事館を散々、探しまわった挙げ句、無いとわかり疲れたので広場のカフェでブレーク。
このサルタの町は西欧チックでとっても気分がいい☆
1

















コーヒーと、チョコレートケーキね^^!とウェイトレスに注文すると、コーヒーにチョコレートが入ってきた。
「何、聞いとんじゃい!」
叫びたかったが、私の説明が悪いんだねー。
変な顔している私に気付き、姉ちゃんが「大丈夫?」と聞く。

「Vale! Vale!!」(大丈夫)と笑顔で答えてしまうあたりが日本人だなあ。


サルタの名所、考古学博物館を訪問。

有名な、ミイラになっていないミイラの少女。
2

















500年前、インカの生け贄として神に捧げられたものが標高6000mのアンデスの山頂に埋められ、ー20℃、微生物の存在なし、の環境だったため一切ミイラ化せずに見つかった。
これにはかなりの衝撃を覚えた。

全部で3体見つかり、別のものはしっかりした管理の館内の冷蔵施設に保管され、今も研究が続いている。
3

















実は全く期待していなかったが、この博物館は素晴らしかった。
4


















ランチの為に入ったレストランでアルゼンチン名物を注文。
6

















エンパナーダ。
これ、焼き肉まんって感じ。
中身はチーズや、各種肉が選べて一個5アルゼンチンペソ(90円)
結構、旨いです。

この広場の周りだけでも20を数える教会がある。
7





























サンフランシスコ教会。
外観のセンスがとってもイイ。
ただ広場に面したカテドラルも含め、中に入ることが出来なかったのが残念。


サルタ、というかアルゼンチンにもビックリ!
人は親切で最高だし、道や街も基本、よく整備されている。
物価が高いのがたまにキズかな・・。


明日からの移動が楽しみです! 

 

【アルゼンチン】サルタ滞在2【Argentina】Salta Day 2

ジャストギビングを通じて私の応援するセカンドハーベストへご寄付頂いている方を紹介しています。
I would like to introduce people who made donations to NPO Second
Harvest through Just Giving that I support.

It has been a while. I am Muramatsu. Do you remember me from Suzuka 8
hour Endurance Road Race? I was the Penguin one. My friend told me
about your blog. I am supporting your wonderful activity. Please have
a safe trip home.
I donated 49,000yen.
From Soreike.


Mr. Tatsuya,
Run through it and please share your fabulous experience with us!
I donated 3,486yen.
From David Goki


I donated 3,486yen.
From Yamatetsu.


私への応援を社会貢献という形に賛同して頂き深く感謝申し上げます。
頑張るぞ=!
I appreciate your contribution to show your support for my touring.
It encourages me.

☆ジャストギビング山田達也のチャレンジ応援ページ:
http://justgiving.jp/c/799

Just Giving Tatsuya Yamada’s Challenge: http://justgiving.jp/c/799

********************************

【アルゼンチン】サルタ滞在2
Argentina~ Salta Day 2

2011年12月27日(火)
12/27/2011 Tues.

今日はお昼に保険証書を受け取りに保険屋さんへ。
あとはブログのアップ。
My plan for today is to go to the insurance company office to get the
insurance policy, and to upload my blog.


ブラジルのビザのことで気が付いた。
ブラジルのビザの取得日が大晦日になっている。
国境近くの領事館ってそんな時期にやっているのかな?
About obtaining the Brazil visa, I realized the appointment day will
be on New Year's eve.
Is the consulate by the border open on such a day?


道祖神さんに問い合わせると現地で確認をとのこと。
I asked Mr.Dososhin, and I was told to ask the consulate office.

明日、サルタのブラジル領事館で確認するしかないようだ。
It looks like I need to call the consulate here in Salta tomorrow instead.

サルタ4泊決定。ww
So I am staying in Salta for 4 days.

Translated by Ikue Boucher

【アルゼンチン】サルタ滞在

ジャストギビングを通じでセカンドハーベストへご寄付くださっている方を紹介しています!

たまちゃん

jambo!^^

山田さん、人類発祥の地アフリカからの出発。
きっと、素晴らしい経験と景色と出会いがあることでしょう。

応援してますよ~!

Take it easy~♪
ハクナマタ~タ☆


このチャレンジに11,579円寄付します!

たまちゃんさん 2010-12-21 00:38:45


皆様からの貴重なご協賛に感謝いたします!
日本の寒い年末、年始、食に困る家庭がなくなることを遠い空から祈ります。

☆ジャストギビング山田達也のチャレンジ応援ページ:http://justgiving.jp/c/799


********************************

【アルゼンチン】サルタ滞在

2011年12月26日(月)

さて、今日は朝から忙しいぞ!
まずは午前中いっぱい、溜まっているブログのアップを出来るところまで。

ただ、ステアリング固着の修理をしないといけないためバイク屋へも早めにいかないとならない。年末の休みにかかってしまったら大変だ。

昨日会ったアルドに教えてもらった工場に向かっている途中、何故かiPhoneのマップが機能しなくなったためバイクを停めて確認していると、自転車のおっちゃんが俺が案内してやる!と言って1キロほどの距離を先導してくれた。

アルゼンチン人、本当に素晴らしい!
1

















アルドが何度も言った「場所は悪いが、腕はいい」初老のメカ、ジレルモのところへ到着。

たしかに看板もない倉庫内でやっているのだが、こういうところは私は慣れている。

日本でもこんな店、バイク屋が沢山ある。
匂いが一緒だな、なんて当たり前のことを感じてみたり。

手慣れた手つきで、私のバイクのフロント回りが外されて行く。
2

















問題は確かにベアリングだったのだが・・
3

















目で見てわかるほど、ベアリングレールに凹みが出来ている。
これは酷い。
これがつい先日の滞在したラパスで新品に交換されたものだとしたら、塩の影響ってそんなにスゴイのか?

そして新しいベアリングに付け替えるためには、ステアリングステム(三つ又)に圧入されている内側の古いベアリングを外さねばならない。

ただしここの工場は正規のBMWディーラーでないためベアリングを引き抜く専用工具がない。
なので、このジレルモの長年の経験で作業が進める。

まずは、ガンガン叩くw。(笑)

外そうにもない。

次は、
4













工業用ドライヤーでベアリング部分を熱する。ww

でも無理。

次の手は、
5













サンダーを持ち出してwww削り落とす!

何となく見ちゃいられなくて、工場の外を散歩したり・・。(笑)

待つ事、3時間半、作業が終わりバイクは完璧な状態に戻った!
修理費はベアリング代込みで100USドル(7800円)。

あのハンドルでのライディングの大変さや、転倒のリスクがなくなるのであれば高い金額ではない。

この二人、確かに最高の腕前を持っているとみた。
6













サルタにマイスターメカニック在り、だ。

その後、アルゼンチン含めこの先のブラジルとチリもカバーする保険に加入をしたいので保険屋へ。
私より数ヶ月前に私と近いルートを走る既述の三郎氏にフェースブックを通じて保険屋の場所を教えてもらう。感謝、感謝。
時期が近い経験者の情報は特に有り難い。

が、保険屋へ行くと、閉まっている。

アルゼンチンが他の南米と違っている部分としてシエスタがスペイン並みに徹底していること。
7













この営業時間、見てー。
8:30に仕事を始めて、14:00まで。
昼休みが、17:30まであって、仕事の終わりは20:00です。
なるほど、だからスペイン並に夕食の時間が遅く、ダンスに繰り出す時間は深夜2:00になるわけだ。

またあとで出直そう。

その後、銀行のATMで現金を下ろしたあとふとバイクを見ると、

うげっ!

なんとチェーンケースカバーが損傷しているじゃないか!ww

3カ所で固定されているのが、二カ所が割れてしまって脱落、またはチェーンに干渉して危険な状態だ。

8













そういえばウユニから走ってくる途中から小さな異音が気になっていたがその理由が判った。

うーん、さすがに走行距離75000キロを越えてきたのであちこち、疲労してきているみたいだな。
でも核となる、エンジンやミッション、フレーム、そして一番厄介な電気系は全く問題がないので本当に丈夫で有り難い。

この部品を交換したいがジレルモの工場には在庫がないため、サルタのBMWディーラーへ行く。
アルドがこちらの情報もくれていたのでとても助かった。
ここもシエスタで閉まっていたが夕方の営業再開まで店先で待っていると再出勤してきた女性スタッフ達が専用工場へ連れて行ってくれた。
9












10












11














この工場に代替部品があるのか?と思っていたら損傷部分を上手に直してしっかり固定し直してくれた。
うん、ここの作業も完璧だ。

バイクが絶好調に戻ったことは私にとって自分の身体の調子が良くなったように嬉しい。

バイクの保険のことをこのディーラーの女性に聞くと提携している保険屋があるからと連絡をいれてくれた。
12













彼女達のお陰で保険屋でもとってもよくしてもらい話しは早かった。

警察で承認が必要だとかで保険証書は明日のお昼に受け取れることになった。

サルタで3泊決定。


トゥピサ(ボリビア)〜サルタ(アルゼンチン)の旅 Tupiza (Bolivia) - Salta (Argentina) Trip

クリスマスの今日、ジャストギビングを通じセカンドハーベストへの貢献を頂きました!
We got donation to Second Harvest through JustGiving on Christmas!
Merry Christmas! 
I will donate 2000JPY for this challenge!CHIE-SAN 2011-12-25 23:41:04

I could know the wonderful activity of Second Harvest through Mr. Tatsuya Yamada's challenge blog. I wish people would be able to greet Christmas and new year with smile as many as possible.
I   I will donate 5000JPY for this challenge!
Maki-SAN 2011-12-25 07:21:57



私の願いにご賛同くださり、有り難うございます!
最高のエネルギーになり、益々頑張れます^^
Thank you for consenting to my wish!
This becomes the highest energy for me and I can do my best increasingly.


☆ジャストギビング山田達也のチャレンジ応援ページ:http://justgiving.jp/c/799
* JustGiving Tatsuya Yamada's challenge aid page: http://justgiving.jp/c/799 * 

********************************

トゥピサ(ボリビア)〜サルタ(アルゼンチン)の旅
Tupiza (Bolivia) - Salta (Argentina) Trip

2011年12月25日(日)
走行距離:490キロ
出発時間:8:30
到着時間:16:00
天候:雨のち晴れ
気温:20℃
 
Sunday, December 25th, 2011
Distance: 490 km
Starting time: 8:30
Arrival time: 16:00
Weather: Rain, fine later
Temperature: 20℃


時に強く降りしきる雨の中、トゥピサの町を出発します。
昨日までのボリビアの悪路が嘘のようにきれいな舗装路が続きます。
I leave the town of Tupiza in the rain it sometimes rains incessantly strongly.
Bad road in Bolivia by yesterday is not sound true bad but a beautiful pavement road continues. 


野天修理工場ののおっちゃんがいうようにハンドルの動きは最悪だがこれならハイペースで移動できそうだ。
Otchan movement of the handle to the repair shop says it is, but it can be moved ifthe worst pace.

約一時間で、アルゼンチンとの国境の町、ビジャンソンに到着。
両国側とも無難に手続きを終えて通過!
I reached Bijan Son of the town of the border with Argentina in about 1 hour.
I finished the procedure by the side of both countries, and passed safely!


Good-bye, Bolivia!  Hello!! Argentina!!!

アルゼンチン側に入ると、急に雰囲気が変わった!
今までの南米と違うのは、まずは道の良さ。
噂どおり、先進国チックを感じます。
When I come into Argentina, atmosphere has been changed suddenly!
First of all, road is good and different from passed South American countries.
I have a feeling like advanced nations as I've heard.


そして、どっから湧いて来た?!・・というほど突然、ブルジョワツーリングライダー達が増える。
ハーレーに、BMWに、ヤマハのビッグバイク、女性ライダーまで。
カルチャーショックですな。
And, Suddenly  bourgeois touring riders are increase like I was wondering where do they come from?!
Harley-Davidson, BMW, big-bike of Yamaha and also female riders.
It's like a cultural shock.


今日は実質500キロ近く走ったのにかなり順調に目的地のサルタに到着しました。
バイクのメンテナンスを考え、当初寄るはずだったフフイをスキップします。
I arrived in Salta of the destination today at about 500 km of real run favorable condition.
I consider about the maintenance of my motorbike, so I skip to drop by Jujuy though I was planning before.


「地球の歩き方」掲載の高級ホテルかつ手頃な値段という「HOTEL Colonial」を訪ねると330アルゼンチンペソ(6000円)で町の中心の広場に面している部屋が空いていたのチェックイン。
"HOTEL Colonial" called a first-class hotel and a handy price was published at "Chikyu no Arukikata", and when I called at there, the room which faces the open space of the center of a town at 330 Argentine pesos (6000 yen) was vacant, so I checked in.
1




















なんと、サルタの町は完全にヨーロッパだ!
Salta is completely Europe!
2














今までの南米とまったく違う雰囲気=!
あか抜けている!!
It's completely different scenery from other South American countries!
It's so natty!!


でもその分、人がタカビーって聞いていたので少々不安。
もうすっかり夕方なのでバイク屋探しは明日だな、と思っていたところ、ホテル前に一台のBMWのバイクが停まっているではないか。
近くにいた紳士グループに訪ねると、その内の一人のものだった。
ヤマハのビッグバイクを所有する英語が話せるアルドが対応してくれて、私の要望を真摯に聞いてくれると、BMWディーラーを含む4カ所のバイク屋と初老ながら最高の技術者だ!とイチオシのメカニックのいる工場の住所、電話番号を教えてくれた。
But since it was refined, I heard that people of Argentina are high-handed, so I am little worried.
I thought that it's already been evening so I need look for a motorbike shop tomorrow, then I found a motorbike of BMW in front of the hotel.
I asked a group of gentle men near the bike, and it's one of them motorbike.
A guy whose name is Aldo who has Big-bike of Yamaha and can speak English corresponded to me and listened sincerely what I tell him. He strongly recommended 4 shops including BMW dealer and one shop which there is the best mechanic even he's middle-aged, and told me those addresses and phone numbers.


そして、
「俺たちはバイク乗りだからブラザーだ」
といいながら自分の電話番号、メールアドレス、フェースブックを教えてくれ
「アルゼンチンで困ったことがあったらいつでも電話をしてくれ」
となんとも初対面の外国人にいきなり、親切にしてくれる。(涙)
And he said that "We are bikers so we are borothers." and told me his phone number, email address and FaceBook. And also he said "if you need any help in Argentina, please call me.". He is kind to the foreigner of the first meeting. *impressed*
3
















3人ともバイク乗り。
左がアルド。中央がBMWのオーナー。

3 of them are bikers.
Left guy is Aldo. The guy of middle is owner of BMW bike.


しょっぱなからアルゼンチン人の優しさ、親切さにぶち当たった!(嬉)
I could crash into kindness and  tenderness of Argentina! *happy*

目当ての中華食堂へ行くも休み。
どころか、町中、クリスマスかつ日曜なのでどこも開いていない。
なので広場に面し、観光客が利用しているオープンレストランに座る。
Although I went to an aimed Chinese restaurant, it's closed.
Even worth, it is Sunday and also Christmas, so anywhere is closed.
Then I sat at one open restaurant for tourists face to the open space.

4


















夕闇にライトアップされるカテドラルが美しい。
The cathedral lit up by twilight is beautiful.

5


















アルゼンチンといえば、ステーキ!!!!
Speaking of Argentina, it is a steak!!!!

おいおいおい=!!!
ホントに、うめ=======!!!
Hey hey hey!!!
It's really yummy!!!!


主食はステーキとアルゼンチン人がいうのも頷けるほどの絶妙な味。
これなら毎日食べられるね。
食べないけど。
It's right taste which I can totally agree with that Argentina says steak is the staple food.
I can have this every day.
I don't have it though.


隣の席の二人組の男性達と会話が始まった。
I started conversation with 2 gentle men next my seat.
6



















この男(ファービアン)、コメディアンのようの面白いやつだった。
This man whose name is Fabian was very funny like a comedian.
7


















会話はお互いのスマートホンの翻訳ソフトを使って会話。
便利な時代になったもんだ!
When we have conversation, we use an application of translation by our smart phone.
It became a convenient time!


相方はエクトル。彼の職業は詩人だと。
Another man is Héctor. He is a poet.
8



















へー、流石アルゼンチン!
詩を売っているみたいでそのファイルを見せてもらった。
That's just what I'd expect from Argentina!
He sells his poems and he showed me his file.

9















すると私には特別に詩が入ったCDロムをプレゼントだって!
なんとビールまでゴチそうになってしまう。
Then he specially game me the CD-ROM which his poems are in!
And he treated me a beer.


その後、踊りにいこうよ、ビールを飲みに行こうよ!と誘ってくれたので、珍しく、OK、行こう!っというと、2時スタートね、て。
深夜かい!
アルゼンチンの夜は遅いなー。
夕食も皆、22:00から始まるみたい。
After that, they asked me to go dancing and have beer. For a change, I said OK and let's go!then they said let's start at 2 am.
The night in Argentina is so long.
Their dinner time starts from 22:00.


なのでやっぱり丁重に断りました。
So I refused politely.



<国境情報> ビジャンソンVillanzon(ボリビア)
<Border information> Villanzon (Bolivia)

【ボリビア側】(20分)イミグレ:出国スタンプ。
税関:ペルソナ書類の返却のみで完了。
[Bolivia side] (20 mins) Immigration: A departure stamp
Customs: It completed that I returned Permiso documents only.


【アルゼンチン側】(40分)
税関:オリジナルのバイク登録証とパスポート提出でペルミソを作成開始。
作成終了までに時間がかかるので、この時間を利用して、一旦パスポートを持ち出し、イミグレで入国スタンプをもらいました。
イミグレでバイクの諸元情報を聞かれるのでバイク登録証のコピーが手元にあると便利。
[Argentina side] (40 mins)
Customs: It is a creation start about Permiso by an original motorbike registration certificate and passport. Since it takes time to complete, I used this time that I bring my passport to go get an immigration stamp at the immigration.
It is convenient if there is a copy of a motorbike registration certificate at hand, since the specifications information on a motorbike is heard by immigration.


双方無料。各種コピー不要。

Free at both of countries. No need for copies of each documents.


<Mika Igisu for Tatsuya Yamada>

【ボリビア】ウユニ〜トゥピサの旅

私への応援をNPOセカンドハーベストジャパンへの寄付という形で貢献して下さっている方を紹介しています。
ごめ

師匠、ブエノスディアス

師匠の居ない六本木のイルミネーションはちょっと寂しい。

私からのささやかなクリスマスプレゼントです。
このチャレンジに1,000円寄付します!

ごめさん 2011-12-24 14:16:18

ムチョグラシアス!(有り難うございます。)
クリスマスイブの最高のプレゼント、頂きました!バーモス!(さあ行こう!)
☆ジャストギビング山田達也のチャレンジ応援ページ:http://justgiving.jp/c/799


********************************

【ボリビア】ウユニ〜トゥピサの旅

2011年12月24日(土)
走行距離:234キロ
出発時間:8:45
到着時間:15:30
天候:晴れのち曇りのり雨
気温:12℃ー18℃
 



塚田ご夫妻と朝陽を望む。
DSC07120















素晴らしい縁に巡り合えるのは旅の醍醐味。
DSC07124














またいつかお会い出来ることを願って!

出発の支度をしているとホテルが突然、停電になる。
オスカルが、
「申し訳ない、停電になってしまったので水道が使えなくて洗車が出来ない」

仕方ないので、みんなと別れた後、ウユニに町中へ行き、洗車屋を探す。
最初はガソリンスタンドで水道を借りるもホースもなく、さらにチョロチョロレベルしか水圧がない。
場所によっては2センチほど堆積している塩の塊を取り除くまでに日が暮れてしまう。

町外れに洗車屋を見つけ、高圧ホースを借りて自分で洗車。
15ボリビアーノ(170円)を支払ってウユニの町を後にします。

ボリビアの難関はさらに続き、今日の目的地トゥピサまで道が悪い。
出来るだけペースを上げて進んでいきたいがダート路がたまにガレて(石がごろごろ)いたり、時折、深い砂があるので慎重に進まねばならない。

前を走るトラックに追いついた。
激しい土誇りを舞い上げているので早めに抜き去りたい。
私の存在をわかってか左に寄って右側を開けてくれる。
そこを無難に通過し、ドライバーに挨拶の手を上げる。


その後も暫くダート路を走り続ける。
ウォッシュボードが酷くなってきたため、路面の良い場所を選んで走る。
比較的、道の両端は凹凸が少ない。
ただあまり寄ると今度は左右から浸食している砂漠にハンドルを取られかねない。

DSC07126














と、その時、意に反して砂地にバイクがはまる!
行きたい方向へいけない!
なんとか挙動を抑えたいがどんどんハンドルがとられる。
ついに道を外れ、右側の砂漠地帯へバイクが飛び出した!

埋まりそうな砂地と、硬いブッシュが次々とやって来る。
バサバサ!!ゴンゴン!! 
大きな衝撃がバイクと身体を襲う。
何とか転倒を免れようと必死にバイクをコントロールする!

時速70キロくらいでコースアウトしたので結構な勢いがついている。

モンゴルの経験を思い出し足を出さないように頑張るも、一瞬ステップから外れた足が路面の何かに当たったようで傷みが走る!

スピードがだいぶ落ちたところでハンドルをとられ、こらえきれず転倒!!

エンジンが掛かったままのバイクは虚しく後輪が宙を回転しつづけている。

くー、やってしまった。。

エンジンを切り、バイクを確認すると、損傷はなさそうで大丈夫だが起こすのは大変だ。

遠くから車の音がする。
先ほど私が抜いていったトラックだ。

手を振ると、運転手が降りてきてくれて、バイクを起こすのを手伝ってくれた。
私の身体に怪我がないか心配もしれくれる。

僅かな小銭のお礼を渡し、再スタート。

バイクのチェックをしながら走行すると異変に気が付く。

ハンドルが切れなくなっている。

正確には、ハンドルが直進方向で固着気味になっていて、スムーズに舵が効かない状態だ。
センター付近にガクっと深いくぼみがある感じで、ヘッドパイプベアリングがへたってきた時の症状と同じになっている。
実は、塩湖を走っている時にその兆候が少し出ていたのだが、当該ベアリングはラパスのディーラーで交換したばかりのはずなので洗車すれば直るだろうと思っていた。

しかし結果は逆で、洗車後、そして、この転倒後、走っているとその症状はどんどん酷くなって行く。
塩がベアリングを浸食したのだろうか。

とりあえず転倒の原因が判ったのは私的にはスッキリした。

しかしこれはとっても、走りにくくて危険だ。
またいつこの影響で転倒するかわからない。
早めに何処かの町で修理をしなければ・・。


DSC07127














そんな不安に苛まれている中、ウシ、死んでるし。

深い砂が行く手を阻む。
DSC07130














これはまだいい方。

川渡りは、もうええって。
DSC07139














乾季には川が存在しないから橋など作らないのでしょう。

標高も2000m台に下がったと思えば、一気に4000mまで駆け上がる。
DSC07155














稀にやって来る対向車に気を使う。

DSC07156














奇景、絶景が織りなすが、バイクの調子がよくないため全く楽しめない。

南米のグランドキャニオンと呼ばれる場所が点在。
DSC07158














気が付くと手のひらにマメが出来て来た。
正常に動くバイクの素晴らしさに改めて気が付く。
手に力を入れずとも、バイクを寝かせればハンドルは行きたい方向へ自然に曲がっていくんだもんね。

DSC07160














しかし、この悪路をトラブルを抱えたバイクでいくことになろうとは。


オスカル曰く、4時間で行けるよ、のトゥピサまで6時間近くかかってしまった。
DSC07166














町に着いたはいいが宿情報が不足している。
地元の方に聞くと親切にバイクで行ける道を教えてくれた。
車で先導してくれる人もいて、町一番のホテルを教えてくれた。
HOTEL MITURUという所を訪ねると、トイレ、シャワー共同で60ボリビアーノ(670円)/1泊、部屋付きなら110ボリ(1240円)で朝食付き、ガレージ付き。
町一番のホテルでもインターネットはダメだった。

荷物をおいた後、ホテルスタッフにバイク屋を教えてもらう。
なんとか、ベアリングの清掃とグリスアップを自分で行うと思ったが手持ちの工具では不可能だった。

教えてもらったバイク屋へ行くとシャッターが降りて閉まっている。
シャッターを叩くと、屋根の上から「休みだよ、誰もいないよ」という男性が顔を覗かせた。
そういえば、町の多くの店はシャッターが下りている。
そうか、今日はクリスマスイヴだからもう休みなのかな。

町の中心にいた二人乗りのバイクに私の希望を伝えると、よし、ついて来い!と先導してくれる。
皆、優しくて、めちゃめちゃ有り難い。
結局、向かったのはさっきの閉まっていたバイク屋。
次に向かったのは野天の修理工場。
バイクをいじっていたおっちゃんに私のバイクの症状を告げると、もう夕方だし今日やるのは厳しいなあ・・と。
確かに今日はクリスマスイヴだから、誰でも早く家に帰りたいよな。
そして完全の野天でやっているから暗くなったら整備が滞る。

おっちゃんは私がこれからアルゼンチンに行く事を知ると、あー、大丈夫だよ、
道が完全に舗装されているから、このまま、行ける、行ける、って。
おっちゃんが整備していたバイクは小型のものばかりだったから私のようなバイクをいじるのは嫌だったかも。

結局何もしないまま、ホテルに戻り転倒で歪んだパニアケースを修理する。
明日はアルゼンチン入りだ。
早めに出発してなんとか中堅都市のサルタまで行きたい。
そこでバイクのメンテナンスが出来ればと思う。

夕食のためにホテルの向かいの店に入る。
1














誰もいない食堂だ。

ピザしか出来ないといわれたのでそれを注文。

小さなクリスマスツリーが飾られた店で、独り、ぱさぱさの美味しくないピザを食べる。
こんなクリスマスイヴを迎えることをイメージしていた。

確かに寂しい。
2

























救いはこの店の店主が好きなのか、チェ・ゲバラの写真が壁に無数に飾ってあったこと。
彼の故郷のアルゼンチンはもう隣町だ。

大志を為すため、彼が遂行した南米バイクの旅の後半は孤独だった。


【ボリビア】特別編 ウユニ塩湖動画


塩の大地を走行


天空の鏡
http://www.youtube.com/watch?v=Co6oNjfkKHg&feature=youtube_gdata_player

 

【ボリビア】ウユニ滞在 【Bolivia】 Uyuni

ジャストギビングを通じてセカンドハーベストへ寄付して下さる方を紹介しています。
Please check our web has been introduced through the Just Giving to donate toSecond Harvest.
ピンクドラゴン

世界中の子どもたちに…メリークリスマス‼
この世の中に生ある全てのものが幸せでありますように…
このチャレンジに30,000円寄付します!

ピンクドラゴンさん 2011-12-23 00:24:41


実はたまに登場するこのピンク・・はウチの家内です。子供達と一緒に毎日小額の貯金をして定期的に送らせて頂いています。
理解ある家族に感謝です。
This is actually pink cottage in the occasional appearance. Let me and sent periodically to the small savings daily with children.
Thank you family understand.

☆ジャストギビング山田達也のチャレンジ応援ページ:http://justgiving.jp/c/799
Tatsuya Yamada Challenge Just Giving page support: http://justgiving.jp/c/799

********************************
【ボリビア】ウユニ滞在
[Bolivia] Uyuni

2011年12月23日(金)
December 23rd 2011 (Friday)


部屋の中まで塩で出来ているこのホテルの寝心地は最高なんです!
ベッドがかなり良いですね〜。
It is very comfortable staying in this hotel even if the inside of the hotel made with salt.
Especially the bed, it is very comfy.

さて、今日のブログの写真はほとんど塚田さんご主人が撮影して下さったものを使わせて頂きます。
*写真をクリックすると大きく見ることが出来ます。
Most of today’s pictures were taken by Mr. Tsukada.
*You can enlarge them by clicking the pictures.

私が撮影したものはバイク上から写しているものだけです。
塚田さん、本当に有り難うございます!
The pictures I took were only a few from on top of bike.
Thank you very much, Mr. Tsukada!

ホテルのロビーの柱も、フロントのカウンターも、椅子も、暖炉も全部、塩!
Pole in lobby, front desk counter, chairs, and fireplace are all made with salt in this hotel.
2


















レストランも!Restaurant, too!
3


















じゃーん!Tada-!
4
















塚田ご夫妻です!
めちゃめちゃ楽しい方です。
孤高の旅人を気遣い、本当によくして下さいました。
This is Mr. and Mrs. Tsukada!
They were very fun people.
They were very kind and cared about me on my journey.

さて、出発!!!
Let’s go!!!
5



















若干22歳(!)だけど、しっかりもののガイド、オスカル君が運転するトヨタ/プラドに着いて行きます。
I followed the Toyota that Oscar drove.  He is only around 22 years old!
6



















ストレスがなく、最高に気持ちいい!!
これは、ウユニを満喫出来そうだ!
I felt so good without any stress!
I already knew at this point that I could enjoy Uyuni!

7


















8

















要所要所でガイドのオスカルの説明を聞く事が出来ました。
I was able to listen to the guide, Oscar, explaining about each view point.
10












ちなみにこれは慰霊碑。
2008年にこの場所で、観光客を載せた4WD同士が正面衝突をして、日本人5人を含む12人が亡くなった事故現場だと。
見通しがよくても道がないことの怖さを伝え続けている。
亡くなった方の冥福を祈ります。
This is a memory tower.
12 travelers including 5 Japanese people died here in tragic accident in 2008.  Two four wheel drive vehicles had head-on collision. The tower is a message reminding people of the risk of the open area without roads.
I pray their soul may rest in peace.


独りぼっちじゃない観光はこの旅始まって以来だ。
This is the first time to do sightseeing with somebody else since I started this journey.
11














記念撮影をし合うなんて旅行者みたい。(笑) 
たまにはこんなのもいい。
I felt like I was in a traveling tour, we took pictures of each other (haha).
I like this kind of traveling sometimes.

塩湖の中のホテル、プラヤブランカにもWDTのステッカーを貼らせてもらいました。
行かれる方は是非、見つけて下さい!^^
The hotel in salt flat, Playa Blanca, they let me put my WDT sticker.
Please look for my sticker when you visit there! ^^

12













ここから、塩の大地を西へ向けてしばらく走ります。
路面コンディションの良い部分だと、時速120キロ超で走れる!ww
We drove west on the salt for while.
We were able to drive in 120 kilometers in good ground conditions!


んん、あ、あれは・・
Umm, what is that…
13



































あれが噂の、幻の天空の鏡なのか!!
Is that a reputed and rare sky mirror!!
 (When salt flats are covered with water, it becomes one of the largest mirrors on Earth)


14


















15


















16


















17


















18


















19


















20


















21


















22


















23



















25


















26















【ボリビア】ウユニ滞在(続き)【Bolivia】 Uyuni(More)


27


















28


















29


















30


















31


















32

































33






























34




















35














言葉は、不要です。
Words cannot describe these pictures. 

この景色の中に自分がいることが信じられない。
I just couldn’t believe that I was actually there.

この天国のような光景は、特定の自然の条件が揃わないと出会えないもの。
These views are like heaven, and are only available in certain conditions.

全く波も立たないほど薄く水が張った状態が蒸発するまでの間にしか見れない。
It becomes visible when a still thin layer of water on the ground evaporates.

さらにその条件が整う季節は雨季の間だけ。
And this happens only in the rainy season.

一日目の昨日だけでも大感動だったのに、今日は100倍のそれ。
I was very moved yesterday, but today was 100 times better.

この旅が始まる前や、途中には、実は南米まで行き着けることを信じていない自分もかすかにいた。
I have to admit that I did not believe it completely when I reached South America.  Before I started the journey, and middle of my journey I never thought I would get here.

しかし遂に日本から7万キロ彼方のこの地に辿り着いた。
However, I did arrive here that is 70,000 kilometers away from Japan at last.

そして、不思議なことに、この旅、最高のハイライトのウユニでのライディングを撮影して下さる方に出会えたことって奇跡以外の何ものでもない。
Amazingly, I met people who were willing to take pictures of me riding on my journey; the best highlighted spot, Uyuni.  This is nothing but miracle.
36

















白い天使のような車は、私にとっては、まさに水先案内人であり、命の恩人だ。
This car is my guide and saved my life.

塚田ご主人がずっと撮影してくれた。
Mr. Tsukada continued taking pictures willingly for me.

37



















ここまでして・・。(感涙)
At this point… tear… tear…

この旅の途中で、日本人を後ろに乗せて走るのは初めてじゃないか。
This is very first time to ride with a Japanese person behind me on my bike on my journey.
24
















このタンデムは一生、忘れることの出来ない思い出となる。
I won’t forget this moment (tandem) for the rest of my life.
38

















「是非、ハイビジョンで見て下さい」というビデオ撮影までして下さった。
“Please watch with HD” Mr. Tsukada said while he was filming.

塩湖の端に位置するホテルから80キロ西に走り到着した「魚の島」
This is “Island of the fish” we arrived after driving 80 kilometers to west from the hotel; it is at the edge of salt flat.
39

















島内には数千本の自然のサボテンが生息している。
The island has coupe thousand wild cacti.

41


















42












島の頂上まで3人で息を切らしながら登る。
ここが海だったことを無言で物語るように珊瑚の岩がいくつも横たわる。
白の大地を360°見渡しながら数億年の歴史に触れた瞬間だった。
Three of us climbed up to the top of the island.
There were many coral rocks on the ground, and it’s telling us that this area was once an ocean.
This was the moment that I felt like I experienced history while I was completely surrounded by white salt flat.


次に向かったのはトゥヌパ火山。
今度は塩湖の北端だ。
白の4WDとシルバーのバイクの
ランデブーツーリングは前後左右、入れ替えながら100キロ以上の移動を果たす。
We headed to Tunupa Volcano next.
This was located on north side of salt flat.
Four wheel drive car and a silver bike accomplished driving more than 100 kilometers while passing each other.

43














塚田ご夫妻と共に私を救ってくれたガイド、オスカルと。
次回、ボリビアを訪れた時には必ず再会しようと約束。
With Mr. and Mrs. Tsukada and also Oscar who saved my life.
We made a strong promise to meet each other again when we visit Bolivia.

後ろがトゥヌパ火山と麓の村。
山頂まで上るトレッキングコースがあり、途中に二体のミイラが放置されているそう。
ハードスケジュールなので私達は山には入りません。
There is Tunupa Volcano and village at the foot of the mountain in the background.
I was told that there was a hiking trail to top of the mountain, two mummies were left there.
We decided not go in there since we have a tight schedule.

山の麓だけあり、このあたりは雨が多く、深い水たまりがいくつもある。
There were many deep puddles in this area since it is at the foot of mountain and receives a lot of rain.
44
















一旦、ホテルに戻るため一気に100キロ近くを走る。
なんと、二日間で塩湖内だけを270キロも走った。
We decided to go back to our hotel, so drove about 100 kilometers without stopping.
Surprisingly, I drove about 270 kilometers on the salt flat in only two days.

DSC07105
















バイクは塩まみれ。
*しかしこれが後にとんでもないことになろうとは誰も知る由もなかった。
My bike was covered with salt.
*No one could expect the things, because of this situation, would happen later.

明日、ウユニを後にする前に一緒に洗車をしに行こうとオスカルがいってくれる。
どこまでも親切だ。
Oscar offered to go get my bike washed before I leave Uyuni tomorrow.
He is such a kind person.


夕方再度、塩湖に出た際、遠くの前方から一つだけ光るヘッドライトが見える。
We saw one head light coming towards to us when we went out to salt flat in the evening.

バイクだ。
It was a bike.

世界共通、暗黙の了解で、お互いバイクを近付けて停め、どちらともなくバイクを降りたらがっちり握手。
This is a common rule among riders that we parked our bike next to each other, and got off our bikes, and shook hands firmly.
IMG_6346















お互いの旅談義が始まる。
We started talking about our journey.

その光景を見て、日本ではライダーでもある塚田さんが思わず開口。
Mr. Tsukada who is a rider in Japan said the following when he saw us talking

「やっぱりライダー同士って不思議だね。車同士じゃこうはなんないもんね!」
“Riders are mysterious.  This situation won’t happen if both of you were in cars!”

まさにこの瞬間がたまらない。
互いの敬意と健闘を確認し合っての記念撮影。
Exactly! I love this moment.
We respect each other as riders, praying for each other’s good luck.  We took a picture.

IMG_6360













スイス人ライダー、マルクス。
ヘルメット横に取り付けてあるビデオカメラで動画を撮影しつづけユーチューブにアップしているそうだ。
とってもファニーな奴だった。
またどこかで会えるといいよな。
He is a Swedish rider, Marcus.
He’s been filming with his camera that is attached to his helmet while he’s riding.  He is broadcasting his movie on YouTube.
He was really funny guy.
I hope that I will see him somewhere again.

その後、私のわがままで見ていなかった製塩工場に連れて行ってもらった。
We went to see the salt production which we haven’t seen yet.  They were so kind to take me there.
IMG_6393













小さな倉庫内で手作業で塩を袋詰めしている。
このノスタルジックな光景もウユニの別の味でもある。
Workers were packing salt in a bag by hand in a small warehouse.
This nostalgic view is another taste of Uyuni.

この旅のハイライト中のハイライトのウユニ塩湖への訪問は、奇跡の出会いによって真っ白の大地の塩の中の結晶のような輝きを満たしてくれるものとなりました。
Uyuni was the best of the best spot in my journey. By this miracle meeting, this journey was filled with blight salt flakes on the pure salt flats.

まだまだ、生きていてご褒美をもらえることがあったのだと何に対してか判らないので、とにかく全てのものに感謝する日となりました。
I was not sure who I was more thankful for.  However, I was grateful that I received gifts for living in this world.  I just felt so grateful for everything today.
 
Translated by Maki & Jim Trolio

【ボリビア】オルロ〜ウユニの旅 【Bolivia】 Oruro to Uyuni

私への応援をジャストギビングを通じ、私が応援するNPO、セカンドハーベストへご寄付して下さっている方を紹介しています。

サムライフ

挑戦そして達成を信じています。

私の希望と夢=山田達也

全てがうまくいくことを願っています

坂田武士
このチャレンジに12,850円寄付します!

サムライフさん 2010-12-19 01:45:20


yukki

山田さん、これからの世界を担う子どもたちのためにも、成功を祈ってます! この軌跡が、これからの日本や先進国の学校教育のあり方に大きな影響を与える布石となると感じています。by yukki_silver
このチャレンジに5,798円寄付します!

yukkiさん 2010-12-14 01:11:27


いつもいつも有り難うございます。
皆様のご声援を胸に、まだまだ挑戦を続けて参ります!

☆ジャストギビング山田達也のチャレンジ応援ページ:http://justgiving.jp/c/799

********************************
【ボリビア】オルロ〜ウユニの旅
【Bolivia】 Oruro to Uyuni

2011年12月22日(木)
走行距離:310キロ
出発時間:7:00
到着時間:13:00
天候:晴れ
December 22nd, 2011 (Thursday)
Distance: 310 kilometers
Departure: 07:00
Arrival: 13:00
Weather: Sunny


さあ、今日はついにウユニだぜ!ってことで早起きします。
どの情報を見ても、首都ラパス〜オルロ間はいいのですが、その先は悪路、とあるので少々緊張です。
I woke up early with excitement to head to Uyuni today.
From the capital La Paz to Oruro are suppose to have a good road conditions according to most of the information I received.  However, I became nervous because the rest of the road after Oruro is supposed to get bad.

前日、ホテルのパーキングにバイクを入れた後、「明日、6時に出発したいけど大丈夫?」と言うと「NO,Probrem」と返答があった。
When I asked the hotel staff after I parked my bike, if it’s ok to leave at 6:00 am tomorrow morning?  “It’s no, problem”.  The hotel staff replied.

チェックアウトしてパーキングへ行くと、
げげ!
私のバイクの後ろに車がびーっしり!入ってしまっていて外に出られないじゃないか!
I was surprised when I went to the parking lot after checking out of the hotel.
There were many cars parked behind my bike, so I couldn’t get out!

ホテルスタッフに車を移動してもらうように要請すると、車の持ち主に連絡し、眠気眼のドライバー達が移動しに来てくれた。
中に私に文句を言う人もいるが私的にはそう言われてもね、という感じ。
I asked the hotel staff to move all the cars.  They called the owners of the cars, and sleepy owners came outside to move their cars.
Some people complained to me, but I didn’t mind.

なんとか7時にはオルロを出発!
I managed to leave Oruro by 7:00am!

暫く走ると情報通りダートに変わる。
The road became dirt as the information stated, after I drove for while.
no title

















土がしまったダートは問題ないが、たまに出現する深砂の部分は要注意。
I didn’t mind the hard dirt, but I had to be cautious in the deep sand area.


おっやーっ?!
川だぜ! 川!
この広さはアフリカ以来か?!
この時期は雨季なので、道が川に飲み込まれてしまっているところがたまにある。
What?!
It’s river!  Yes, a river!
I haven’t seen a river this vast since Africa!
Some roads were underwater because of the rainy season.

1

















向こう岸には立ち往生?して渡るタイミングを見計らっているトラック達が何台かいる。
There were some trucks that couldn’t move on the other side of the river.  They seemed like they were waiting for the chance to cross the river. 

私がどうしようか考えていると向こう岸のトラックドライバーが、そこを渡れ、と指示してくれる場所がある。
One of the truck drivers told me where to cross, while I was thinking what I needed to do.

確かに見た目、浅い部分がある。
それを信じて、バイクで突入しようと思ったが、念のためアフリカ時と同様、事前に徒歩で確認。
There was an area that it looked not deep at glance.  I was going just go with my bike trusting the driver.  However, I decided to make sure by wading in like I did in Africa just in case.

川の中に足を踏み入れて10歩ほど進むと・・
When I took the 10th step in to the river…

ズボッ!!Oh No!

げっ、突然、足がはまった!
My foot got stuck!

川底の柔らかい砂の部分がまるでぬかるみ状態になっていた!
It was a muddy area because of the soft sand.

中々足を引き抜くことが出来ない。
I had a hard time to pull my foot out of it.

ブーツの中に、水と、砂が入ってくる。

Water and sand started coming inside of my boot.

時間をかけてやっとの思いで岸へ戻った。
It took for while to pull my foot out and I managed to go back to the shore where I started from.

もし、そのままバイクで突っ込んでいたらとんでもないことになっていたな。
It would be a really bad situation if I went with my bike.

やっぱり自分の足で確認しないと。
It is always good thing to check it by walking.

今度はトラックドライバーが線路(写真左)の上を通れという。
One of the truck drivers advised me to use the railroad next.  (On the left side of the picture)

見ると、地元の人が自転車を押して渡っている。
I saw some local people pushing a bicycle on the railroad.

見に行くと、幅は線路の部分しかない。
そして、枕木の間隔が広く、足を踏み外したらアウトだ。
そして、渡っている最中に、もし列車がきたらどうすんだ?!
I found out that the size of the railroad was the only area I could use to cross the river when I took a closer look.
On top of that, the gap of each railroad tie was wide.  If I miss the step, that’s it.
A train might come while I’m crossing?!

そうこうしているうちに、一台づつのトラックと4WD車が川を渡っていった。
二台とも、同じ部分を通過した。
再び、徒歩でその川の中を歩いてみると、水面はヒザ近くまであり深いが川底は固くしっかりしている。
Meanwhile, one truck and an ATV crossed the river.
Both vehicles crossed the same area.
I walked the same area in the river.  The depth was below the knees, and the ground was hard and firm.

川の流れがそれほど強くないのでそこを渡ることにした。
The stream was not fast, so I decided to cross in this area.

トラックドライバー達が見守る中、川渡り、成功!
I crossed the river successfully while truck drivers were looking at me with support!

彼らに手を上げながら通過し、再びウユニに向かう。
I raised my hand to greet them, and head to Uyuni.

その後は、ウォッシュボード(洗濯板状の道=コルゲーション)が酷くなりペースも落ちる。
The road conditions became worse, it was a washboard.  My driving pace decreased.

しかし、距離的にはそれほど長くないのでじっくり進んで行く。
However, the distance was not too far, so I took my time to drive.

標高が4000m付近になると、リャマやアルパカの群れに出会う。
たまに、野生のビクーニャも。
ビクーニャは
アルパカ達と違って、
カモシカのように早く走っている。
バイクと競争すると楽しい。
I encountered Lamas and Alpacas at 4,000 meters.  I also saw wiled Vicunas.  Vicunas were running fast like deer unlike Lamas and Alpacas.  I had fun racing them with my bike.

アップダウン、右へ左へと続くダート路でのワインディングは少々疲れる。
Winding up and down and right and left on dirt made me tired.

そんな道が長く続いたあと、チラリと白い大地が見えた!!
I saw the edge of while mother earth after I drove the harsh road conditions.

ウユニ塩湖だっ!
It is a Salar de Uyuni!

その瞬間、ここまでの疲れが吹き飛んだ!

At this moment, my tiredness disappeared!

そこからさらに30キロほど走ると目的地が近付いてきた。
向かうは「丘の上に立つ」塩のホテルHOTEL LUNA SALADAだ。
I continued driving about 30 kilometers and my destination was getting closer.  
My destination was a salt hotel build on top of hill, and it is called “Hotel Luna Salada”.

ダートの幹線道の脇にホテルの看板が立っているところまで来た。
GPSを見るとここから90°西へ進路を変えたところにあるらしい。
荒野の中にうっすら、車の轍が見える。
これを行くんかい!?
道とは言えないが、ホテルに行くにはそこを通るしかないようだ。
I came to the place with a sign of the hotel, next to dirt express way.
According to GPS, the hotel is supposed to be at 90 degrees east from where I was.
I saw slight trace of car in middle of the desert.
Do I need to follow this path!?
It looked like I didn’t have a choice even if the road didn’t look like a road.
I need to cross over the railroad track to go to the hotel.

途中、荒野に横たわる線路もまさに乗り越えて進む。
ホテルが見えてきた!
The hotel was getting closer, it was in my view!
2

















着いたー!I made it!

3

















塩湖を見下ろす高台にあり、白い大地までは3〜4キロほど離れている。
事前にホテルに予約をいれておいたので出迎えがあると思ったが誰も出てこない。
それどころか、中に入って呼べど叫べど何の反応もない。
結局、バイクから荷物を降ろし、ホテル前にある椅子に腰掛け、昼食代わりに手持ちのものを食べ終わったころ、従業員がどこからかやってきた。
The hotel was located on the hill, and it was about three to four kilometers away from the white mother earth.
I thought someone would come out to greet me since I made the reservation beforehand. However, there was nobody. No one came out when I went inside and kept calling.
I started unloading my gear off the bike, and eating some snacks I had for lunch while sitting on the bench outside of the hotel.  When I about to finished eating, the hotel staff came out of nowhere.

無事、チェックイン!
ほっとする。
I was able to check in safely!
I felt relieved.

思ったより早めに着く事が出来たので、早速、塩湖に出たい!
とはいっても、塩湖は広すぎで何処に何があるかさっぱり判らない。
I wanted to go see salt lake since I got to the destination earlier than I thought!
However, I was not sure where to start since salt lake was huge.

ホテルの従業員に塩湖内の見所の場所について訪ねると英語が出来ず、判る人がいなかった。
I asked the hotel staff where the recommended places in salt lake were, but they didn’t speak English.

これは想定外。
塩湖の中にはいくつかの見所となる島などがあるのだが、さてどうしたものか。
I was not expecting this situation.
There are some islands in salt lake that it is good for sightseeing, but how I’m going to get there?

考えていても始まらないのでバイクにまたがり白い大地へ突入!
Nothing is going to happen even if I stay here and think, so I decided to get on my bike and head to the white mother earth!

おおーーっ!
Ohhhh!

本当に、塩の大地だ!!
This is really salt mother earth!!

アメリカユタ州にあるソルトフラットともまた違う!
気が遠くなるほどの広大さもさることながら、このアンデスの高地に位置する澄んだ空気や深い空の色が南米独特。
It was different from Salt Flats in Utah, USA!
Not only vast, but also it has a South American characteristic it is located on high field, with pure air, and a deep blue sky.

<続く>Continue

【ボリビア】オルロ〜ウユニの旅(続き)[Bolivia] Oruro to Uyuni(More)


面積は、南北100キロ×東西250キロ。
世界最大の塩の量に加え、電気自動車に使用されるリチウムの埋蔵量は地球上の半分以上を占めるそう。
The size is 100 kilometers to south and north, and 250 kilometers to east and west.
It has not only the largest amount of salt in the world, but also more than half of amount of lithium on the earth  for electric cars is buried here.

水浸しになっている部分が点在し、完全に乾燥して白い大地になっている場所はまだ先のようだ。
There were many spots that were covered by water.  I needed to go further to see the area that it was completely dry and a white mother earth.

数台の車と人影が
塩湖に入ったあたりにえたので観光客だと思っていたら、塩の採掘者達だった。
I saw some cars and people in salt lake, and thought they were travelers.  However, they were mining salt.

この先を見渡すが、誰も、何も、見えない。
不安が一杯だがとりあえず進んでみるか。
I couldn’t see anybody and anything when I looked forward.
I was very nervous, but I kept going.

何が不安かって、塩湖内には道もなければ標識もないのだ。
The reason why I was nervous was because there were neither roads nor signs.

観光客が向かう場所のGPSの座標さえ知っていれば間違いないのだが、それも知らない。
途中、塩湖内でぬかるみにはまってスタッグでもしたらどうしよう、とも。
こんな時、ソロ(単独)ツーリングは辛い。
It would be better if I have the point that travelers usually go in my GPS.   I didn’t even have that.
I started thinking about having bad situation like getting stuck in mud at salt lake.  This is the hard part when I travel by myself.

そう思いながら少し走って行くと、遥か彼方前方からきれいな白いトヨタの4WDが来て、私の横で止まった。
While I kept driving thinking about this kind of thing, I saw a clean white Toyota track coming towards to me.  It stopped right next to me.

運転手が窓を開けて「May I help you?(何か困っている?)」と言う。
The driver rolled down the window and said to me, “May I help you?”

この場所でその言葉は、天の声に聞こえた。
His voice was like an angel’s voice in this situation.

そして、車内には日本人のカップルがいらっしゃるではないか!
運転手はその日本人ツーリストのガイドで、オスカルといった。
またこいつが恐ろしいほどのイケメンで、トムクルーズと、キアノリーブスを足して2で割ったような顔してる。
And I found out that there was a Japanese couple in his car!
The driver was a Japanese travel guide, Oscar.
He was very handsome; he looked like the combination of Tom Cruise and Keanu Reeves.

私が行きたいと思っている場所のGPS座標をオスカルが親切に教えてくれる。
写真は日本人夫婦のご主人、塚田さんが撮影して下さった。
He showed me the way of the place I wanted to go in my GPS.
This picture was taken by Mr. Tsukada who was a husband of the Japanese couple.

3-1















なんと塚田さんご夫妻は、旦那さんがライダーで、その影響で奥さんもつい最近バイクの免許をとって大好きになったのだと。
Surprisingly, Mr. and Mrs. Tsukada were both riders loved bikes.  Mr. Tsukada is a bike rider, and Mrs. Tsukada got a bike license recently because of his influence.

ガイドのオスカルも同じく、バイク大好きライダーだった。
Oscar was also a rider and loved bikes.

こんな奇跡のような組み合わせの方々だったので、塩湖で彷徨う旅人ライダーにとても親切にしてくれた。
さらに聞けば同じホテルだった。
It was a miracle to meet group of people who all love bikes.  They were very kind to me.
As we talked more, we found out that we were all staying in the same hotel.

そして、
And also,

「明日、私達は塩湖内のツアーに行くのですが一緒にどうですか? 私達の車について来てもいいですよ」
“We are going to tour in Salt Lake tomorrow.  Why don’t you join us?  You are welcome to follow our car”.  They said.

またまた、奇跡の天の声==!!wwww
Another angel’s voice!  AWwwww

ということで明日は朝から行動を共にさせて頂くことに。
一旦、そこでお別れ。
I accepted their kind offer and will join them tomorrow.
We said good bye to each other.

オスカルから教えてもらった方角へバイクを進めると有名な「塩湖の中にある」塩のホテル、プラヤブランカに到着。
私達が泊まる「丘の上に立つ」塩のホテルとは違うものだ。
I arrived in the renowned hotel where in salt lake, Playa Blanca, after I drove the direction that Oscar showed me.
This was different from our hotel.  Our hotel is on the top of the hill.

4

















真っ白の大地の中にポツンと佇むように建っていて、屋根以外のほとんどが塩で作られている。
とても話題性が高いホテルだが、想像以上に傷みが進んでいて正直、泊まりたいと思わない。
This hotel lingered in the pure mother earth, and built with salt except for the roof.
It is very popular hotel, but it was crumbling.  To tell the truth I didn’t want stay there.

ホテルの前には多くの国旗がたなびいている。
There were many flags in front of the hotel.
5

















いやったっ=!
ついにきたんだ、ウユニに!!
この日本の国旗を見た瞬間、かなり熱いものが込み上げてきた。。
Yay!
I made it to Uyuni!!
When I saw the Japanese flag, something warm inside me welled up.

さらに進むと、360°地平線が広がる塩の大地の真ん中に行き着いた。
I arrived in the area where it was surrounded by salt 360 degrees.  I was in middle of the mother earth.

独り撮影大会スタート〜!!It’s a self picture time!!
6



















7















8















9

















なんちゅう、気持ちがいいんだ!!!!What a wonderful feeling!!!



10












かーっ!!!たまらん、たまらん!!!
Ohhh!!! I can’t describe this wonderful feeling!!!


11

















塚田ご夫妻が声をかけてくださり、夕食をご一緒に。
さらに共通の知人がいることが判り大盛り上がり!
またお二人の素晴らしいお人柄に感激しきりです。
I accepted Mr. and Mrs. Tsukada’s offer, and had a dinner with them.
We were excited to find out that we had a friend that we all knew!
I was moved by their great personality.

息をのむほど美しいサンセットを見ながら、美味しい食事と共に久しぶりにワインを開けます。
It’s been awhile since I opened wine.  We had a delicious dinner while watching the breathtaking sunset.

ウユニ一日目、素晴らしい出会いもあり最高でした!
明日もとても楽しみです。
I met great people and my first day in Uyuni was wonderful!
I’m looking forward tomorrow.
 
Translated by Maki & Jim Trolio

子供の声49 ボリビア/ラパス 撮影日2011年12月20日Child Voice #49 Bolivia/La Paz, Filmed on December 20th, 2011


編集協力:トンパテレビ様

関連記事:
【ボリビア】ラパス滞在2
Related Article: [Bolivia] La Paz Visit #2

今回の子供インタビューは、私が街を歩き、この子!という子を見つけてアプローチをしてみました。
I decided to approach this child while I was walking around the town.

ある意味、とてもボリビアらしい生の声を取材出来たのではないかと思います。
そして今回は、子供は夢を持っているのは当たり前!という私の思いが崩れ去ったことにカルチャーショック以上のものを受けたのです。
I think that this interview was the one that captured the true messages from Bolivia. All ideas that I had about all children having dreams was crushed during this interview. All the while, I was in culture shock.

一人目のダニエラちゃんはしっかり文字は読めて、私からの質問内容は理解出来たのでしたが、その答えは全て「ない」でした。
残念に思うのはこのインタビューではインタビューさせてもらう子供の詳しいバックグラウンドまで知る事が出来ないことなのですが、なんとなく、自由や、希望を持ち合わせていない環境を想像出来てしまったことにたまらなく辛い気持ちになりました。
これが世界の一面の現状なのでしょう。
子供インタビューをしてきて、49カ国目にして新たに肌で感じた部分でした。
The first girl, Daniela, could read well and understood all my questions. However, to all of my questions, her answer was “No.”
Unfortunately, I couldn’t find the backgrounds of the children I interview. This interview made me deeply sad inside, because I had just found out that there are environments where people cannot have freedom and hope.
This is the present situation of some countries in the world.
I realized, once again, how hard their situation was when I interviewed the child in the 49th country.


また二人目のガブリエラちゃんは、やはり平日の昼間でありながら親の仕事の手伝いをしているので学校に行っていないわけですが、親族と一緒に楽しく過ごしていることは伝わってきました。
それが「夢、幸せについて」をしっかと語ってくれた理由だと感じます。
彼女達が住むエリアはとても貧しい場所ということを後から知りましたが、「人に分け与えることが私の幸せ」と言い切るあたりはしっかりとした信仰を持っている表れであると感じます。
The second child was named Gabriela. I was able to see that she was spending quality time with her relatives. However, she stayed home on the weekdays, not even going to school, to help her parents.
This is why she had a strong dream about happiness. She gave me her message.
I found out that the place they lived in was a very poor area. When she mentioned that her happiness is to give something to others, I thought it was based on their beliefs.

また、日本について?の答えに回答は双方なしだったわけですが、ボリビアは街を走る車は99%日本車です。
でもこういうことにも知識がなく、意識を向けることもないだろうボリビアの子供達の余裕のなさは政情不安が長く続き、貧富の差が南米一の地域の象徴であると感じざるを得ません。
90% of the cars in Bolivia are made in Japan, but both children answered no to my question about Japan.
I can’t help but thinking that this symbolizes how in Bolivia, there is a tremendous gap between the rich and the poor. There is also a persistence of political unrest. This is one of the reasons why children in Bolivia can’t afford to look at their surroundings and gain knowledge.

一日も早く、皆が平等、までいかなくとも笑顔で幸せなクリスマスを迎えられることを切に願わざるを得ません。
I sincerely hope that everyone will have a fair opportunity and have a happy Christmas with a smile.

Translated by Maki & Angela Trolio
和光小学校

世界各国の子どもたちの声をお届けします。

Twitter


結婚レシピ
チャリティプラットホーム・ジャストギビング
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ