私への応援をジャストギビングを通じ、私が応援するNPO、セカンドハーベストへご寄付して下さっている方を紹介しています。

サムライフ

挑戦そして達成を信じています。

私の希望と夢=山田達也

全てがうまくいくことを願っています

坂田武士
このチャレンジに12,850円寄付します!

サムライフさん 2010-12-19 01:45:20


yukki

山田さん、これからの世界を担う子どもたちのためにも、成功を祈ってます! この軌跡が、これからの日本や先進国の学校教育のあり方に大きな影響を与える布石となると感じています。by yukki_silver
このチャレンジに5,798円寄付します!

yukkiさん 2010-12-14 01:11:27


いつもいつも有り難うございます。
皆様のご声援を胸に、まだまだ挑戦を続けて参ります!

☆ジャストギビング山田達也のチャレンジ応援ページ:http://justgiving.jp/c/799

********************************
【ボリビア】オルロ〜ウユニの旅
【Bolivia】 Oruro to Uyuni

2011年12月22日(木)
走行距離:310キロ
出発時間:7:00
到着時間:13:00
天候:晴れ
December 22nd, 2011 (Thursday)
Distance: 310 kilometers
Departure: 07:00
Arrival: 13:00
Weather: Sunny


さあ、今日はついにウユニだぜ!ってことで早起きします。
どの情報を見ても、首都ラパス〜オルロ間はいいのですが、その先は悪路、とあるので少々緊張です。
I woke up early with excitement to head to Uyuni today.
From the capital La Paz to Oruro are suppose to have a good road conditions according to most of the information I received.  However, I became nervous because the rest of the road after Oruro is supposed to get bad.

前日、ホテルのパーキングにバイクを入れた後、「明日、6時に出発したいけど大丈夫?」と言うと「NO,Probrem」と返答があった。
When I asked the hotel staff after I parked my bike, if it’s ok to leave at 6:00 am tomorrow morning?  “It’s no, problem”.  The hotel staff replied.

チェックアウトしてパーキングへ行くと、
げげ!
私のバイクの後ろに車がびーっしり!入ってしまっていて外に出られないじゃないか!
I was surprised when I went to the parking lot after checking out of the hotel.
There were many cars parked behind my bike, so I couldn’t get out!

ホテルスタッフに車を移動してもらうように要請すると、車の持ち主に連絡し、眠気眼のドライバー達が移動しに来てくれた。
中に私に文句を言う人もいるが私的にはそう言われてもね、という感じ。
I asked the hotel staff to move all the cars.  They called the owners of the cars, and sleepy owners came outside to move their cars.
Some people complained to me, but I didn’t mind.

なんとか7時にはオルロを出発!
I managed to leave Oruro by 7:00am!

暫く走ると情報通りダートに変わる。
The road became dirt as the information stated, after I drove for while.
no title

















土がしまったダートは問題ないが、たまに出現する深砂の部分は要注意。
I didn’t mind the hard dirt, but I had to be cautious in the deep sand area.


おっやーっ?!
川だぜ! 川!
この広さはアフリカ以来か?!
この時期は雨季なので、道が川に飲み込まれてしまっているところがたまにある。
What?!
It’s river!  Yes, a river!
I haven’t seen a river this vast since Africa!
Some roads were underwater because of the rainy season.

1

















向こう岸には立ち往生?して渡るタイミングを見計らっているトラック達が何台かいる。
There were some trucks that couldn’t move on the other side of the river.  They seemed like they were waiting for the chance to cross the river. 

私がどうしようか考えていると向こう岸のトラックドライバーが、そこを渡れ、と指示してくれる場所がある。
One of the truck drivers told me where to cross, while I was thinking what I needed to do.

確かに見た目、浅い部分がある。
それを信じて、バイクで突入しようと思ったが、念のためアフリカ時と同様、事前に徒歩で確認。
There was an area that it looked not deep at glance.  I was going just go with my bike trusting the driver.  However, I decided to make sure by wading in like I did in Africa just in case.

川の中に足を踏み入れて10歩ほど進むと・・
When I took the 10th step in to the river…

ズボッ!!Oh No!

げっ、突然、足がはまった!
My foot got stuck!

川底の柔らかい砂の部分がまるでぬかるみ状態になっていた!
It was a muddy area because of the soft sand.

中々足を引き抜くことが出来ない。
I had a hard time to pull my foot out of it.

ブーツの中に、水と、砂が入ってくる。

Water and sand started coming inside of my boot.

時間をかけてやっとの思いで岸へ戻った。
It took for while to pull my foot out and I managed to go back to the shore where I started from.

もし、そのままバイクで突っ込んでいたらとんでもないことになっていたな。
It would be a really bad situation if I went with my bike.

やっぱり自分の足で確認しないと。
It is always good thing to check it by walking.

今度はトラックドライバーが線路(写真左)の上を通れという。
One of the truck drivers advised me to use the railroad next.  (On the left side of the picture)

見ると、地元の人が自転車を押して渡っている。
I saw some local people pushing a bicycle on the railroad.

見に行くと、幅は線路の部分しかない。
そして、枕木の間隔が広く、足を踏み外したらアウトだ。
そして、渡っている最中に、もし列車がきたらどうすんだ?!
I found out that the size of the railroad was the only area I could use to cross the river when I took a closer look.
On top of that, the gap of each railroad tie was wide.  If I miss the step, that’s it.
A train might come while I’m crossing?!

そうこうしているうちに、一台づつのトラックと4WD車が川を渡っていった。
二台とも、同じ部分を通過した。
再び、徒歩でその川の中を歩いてみると、水面はヒザ近くまであり深いが川底は固くしっかりしている。
Meanwhile, one truck and an ATV crossed the river.
Both vehicles crossed the same area.
I walked the same area in the river.  The depth was below the knees, and the ground was hard and firm.

川の流れがそれほど強くないのでそこを渡ることにした。
The stream was not fast, so I decided to cross in this area.

トラックドライバー達が見守る中、川渡り、成功!
I crossed the river successfully while truck drivers were looking at me with support!

彼らに手を上げながら通過し、再びウユニに向かう。
I raised my hand to greet them, and head to Uyuni.

その後は、ウォッシュボード(洗濯板状の道=コルゲーション)が酷くなりペースも落ちる。
The road conditions became worse, it was a washboard.  My driving pace decreased.

しかし、距離的にはそれほど長くないのでじっくり進んで行く。
However, the distance was not too far, so I took my time to drive.

標高が4000m付近になると、リャマやアルパカの群れに出会う。
たまに、野生のビクーニャも。
ビクーニャは
アルパカ達と違って、
カモシカのように早く走っている。
バイクと競争すると楽しい。
I encountered Lamas and Alpacas at 4,000 meters.  I also saw wiled Vicunas.  Vicunas were running fast like deer unlike Lamas and Alpacas.  I had fun racing them with my bike.

アップダウン、右へ左へと続くダート路でのワインディングは少々疲れる。
Winding up and down and right and left on dirt made me tired.

そんな道が長く続いたあと、チラリと白い大地が見えた!!
I saw the edge of while mother earth after I drove the harsh road conditions.

ウユニ塩湖だっ!
It is a Salar de Uyuni!

その瞬間、ここまでの疲れが吹き飛んだ!

At this moment, my tiredness disappeared!

そこからさらに30キロほど走ると目的地が近付いてきた。
向かうは「丘の上に立つ」塩のホテルHOTEL LUNA SALADAだ。
I continued driving about 30 kilometers and my destination was getting closer.  
My destination was a salt hotel build on top of hill, and it is called “Hotel Luna Salada”.

ダートの幹線道の脇にホテルの看板が立っているところまで来た。
GPSを見るとここから90°西へ進路を変えたところにあるらしい。
荒野の中にうっすら、車の轍が見える。
これを行くんかい!?
道とは言えないが、ホテルに行くにはそこを通るしかないようだ。
I came to the place with a sign of the hotel, next to dirt express way.
According to GPS, the hotel is supposed to be at 90 degrees east from where I was.
I saw slight trace of car in middle of the desert.
Do I need to follow this path!?
It looked like I didn’t have a choice even if the road didn’t look like a road.
I need to cross over the railroad track to go to the hotel.

途中、荒野に横たわる線路もまさに乗り越えて進む。
ホテルが見えてきた!
The hotel was getting closer, it was in my view!
2

















着いたー!I made it!

3

















塩湖を見下ろす高台にあり、白い大地までは3〜4キロほど離れている。
事前にホテルに予約をいれておいたので出迎えがあると思ったが誰も出てこない。
それどころか、中に入って呼べど叫べど何の反応もない。
結局、バイクから荷物を降ろし、ホテル前にある椅子に腰掛け、昼食代わりに手持ちのものを食べ終わったころ、従業員がどこからかやってきた。
The hotel was located on the hill, and it was about three to four kilometers away from the white mother earth.
I thought someone would come out to greet me since I made the reservation beforehand. However, there was nobody. No one came out when I went inside and kept calling.
I started unloading my gear off the bike, and eating some snacks I had for lunch while sitting on the bench outside of the hotel.  When I about to finished eating, the hotel staff came out of nowhere.

無事、チェックイン!
ほっとする。
I was able to check in safely!
I felt relieved.

思ったより早めに着く事が出来たので、早速、塩湖に出たい!
とはいっても、塩湖は広すぎで何処に何があるかさっぱり判らない。
I wanted to go see salt lake since I got to the destination earlier than I thought!
However, I was not sure where to start since salt lake was huge.

ホテルの従業員に塩湖内の見所の場所について訪ねると英語が出来ず、判る人がいなかった。
I asked the hotel staff where the recommended places in salt lake were, but they didn’t speak English.

これは想定外。
塩湖の中にはいくつかの見所となる島などがあるのだが、さてどうしたものか。
I was not expecting this situation.
There are some islands in salt lake that it is good for sightseeing, but how I’m going to get there?

考えていても始まらないのでバイクにまたがり白い大地へ突入!
Nothing is going to happen even if I stay here and think, so I decided to get on my bike and head to the white mother earth!

おおーーっ!
Ohhhh!

本当に、塩の大地だ!!
This is really salt mother earth!!

アメリカユタ州にあるソルトフラットともまた違う!
気が遠くなるほどの広大さもさることながら、このアンデスの高地に位置する澄んだ空気や深い空の色が南米独特。
It was different from Salt Flats in Utah, USA!
Not only vast, but also it has a South American characteristic it is located on high field, with pure air, and a deep blue sky.

<続く>Continue