私の旅の活動の応援を、NPOへの寄付という形をとってくださっている方を紹介しています。
有り難うございます!

ruto

目標達成おめでとうございます。更なる高みへ、言ってらっしゃい♪
このチャレンジに1,290円寄付します!

rutoさん 2010-12-27 03:12:49

カリヨン

片手カウントダウンとなりましたね。
夢を叶えるって言葉は簡単だけど、計画し遂行することは勇気とチャレンジがどれほどか、想像を絶します。
1年3ヶ月、ブログと山田さんの背中?を見ながら私も頑張りますよ~!
無事に帰ってきて、シャンパンをぜひ開けてくださいね!

このチャレンジに5,798円寄付します!

カリヨンさん 2010-12-26 10:27:08


あっと言う間に、出発から一年ほどになります。
ここまでこれたのは皆さんのこの貢献のお陰に他なりません。
あと3ヶ月、頑張ります!

「一周年記念&あけましておめでとうご寄付」お待ちしています^^!

 ☆ジャストギビング山田達也のチャレンジ応援ページ:http://justgiving.jp/c/799

********************************

【アルゼンチン】サルタ滞在3
0
















2011年12月28日(水)

今日は朝から、ブラジル領事館へ。
正確には領事館探し。。

まずは、グーグルマップで表示された場所へ向かう。
いやー、かなり貧しいエリアじゃないか・・。
こんなところにブラジル大使館があるのかな。

その近辺について道端に居た方に聞くと、ボリビア領事館だった。

くわーっ!

ということで近くのガソリンスタンドに飛び込んで聞くと、従業員5人がかりくらいで探してくれ始め、20分くらいで場所が判った!
全然違う場所だった。
皆さん、有り難う!!

新たに判った地区に到着すると、そこは高級住宅街。
おお、ブラジル領事館がありそうだ!
当該住所に着くと、そこは一般住宅になっていて領事館ではない。
インターフォンに出た方はここは違うと言っているがそれ以上は言葉がわからず。。

うーん、困った。
また近くのオフィスに飛び込むと、そこは裁判所関係の事務所だったが、そこで働く3人の女性がかなり親切に調べてくれた。
30分ほどかけて判ったことは一時撤収していて、今はサルタにないと言う。
念のため、ホテルに戻ってフロントで確認してもらうも同じだった。

元々の旅程では、私がブラジル国境近くの町に到着するのは大晦日、さらに土曜日。
アルゼンチン側のその町でブラジルビザを発給してもらえる可能性はかなり低い。

いろいろ考えた末、イグアスの滝を見に行く予定だったがきっぱり変更することにした。

ブラジル側の滝を見る事を諦めて、アルゼンチン側だけ見る事も考えたが、
決断した理由はダカールラリーの情報が飛び込んできたからである。

情報の発進元はマドリッドでお世話になったペンティさんだ。
(ペンティさんは私と同じく、バイクの元TTーF1クラスのレーサーで今はノキア社のお偉い様ww)
「Don't miss the see」(アルゼンチンに居て、ダカールラリーを見逃すな!)ときたもんだ。


2012年1月1日、ブエノスアイレスから300キロほど南のMar Del Plataという町をスタートしてチリを経由してペルーのリマがゴールだ。 

近い将来、このダカールラリー参戦を視野に入れていることもあるし、新年の始まりにレースの現場にいられることは、私の生粋のレーシングスピリッツに火をつけてくれる。

ラリーの通過ルートを調べて付近の町に向かうつもりです。
いやあ、益々楽しみが増えた!燃えて来た!!(笑)


ブラジル領事館を散々、探しまわった挙げ句、無いとわかり疲れたので広場のカフェでブレーク。
このサルタの町は西欧チックでとっても気分がいい☆
1

















コーヒーと、チョコレートケーキね^^!とウェイトレスに注文すると、コーヒーにチョコレートが入ってきた。
「何、聞いとんじゃい!」
叫びたかったが、私の説明が悪いんだねー。
変な顔している私に気付き、姉ちゃんが「大丈夫?」と聞く。

「Vale! Vale!!」(大丈夫)と笑顔で答えてしまうあたりが日本人だなあ。


サルタの名所、考古学博物館を訪問。

有名な、ミイラになっていないミイラの少女。
2

















500年前、インカの生け贄として神に捧げられたものが標高6000mのアンデスの山頂に埋められ、ー20℃、微生物の存在なし、の環境だったため一切ミイラ化せずに見つかった。
これにはかなりの衝撃を覚えた。

全部で3体見つかり、別のものはしっかりした管理の館内の冷蔵施設に保管され、今も研究が続いている。
3

















実は全く期待していなかったが、この博物館は素晴らしかった。
4


















ランチの為に入ったレストランでアルゼンチン名物を注文。
6

















エンパナーダ。
これ、焼き肉まんって感じ。
中身はチーズや、各種肉が選べて一個5アルゼンチンペソ(90円)
結構、旨いです。

この広場の周りだけでも20を数える教会がある。
7





























サンフランシスコ教会。
外観のセンスがとってもイイ。
ただ広場に面したカテドラルも含め、中に入ることが出来なかったのが残念。


サルタ、というかアルゼンチンにもビックリ!
人は親切で最高だし、道や街も基本、よく整備されている。
物価が高いのがたまにキズかな・・。


明日からの移動が楽しみです!