株式会社 山木商行 FUKUDA サンシャインスキューバ アライヘルメット ラフ&ロード スピード☆スター RKジャパン ツアラテックジャパン 岡田商事 YONEZO

#WORLD DREAM TOURING

“世界の子供の希望と夢を発信します”

South Africa(南アフリカ)

スプリングボック/オキープ(南アフリカ)~ケープマンスフープ(ナミビア)


アフリカ大陸北上、最初の国はナミビアです。
両サイドに岩山が多く見える国道をずっと走ってきました。
当初の予定では今日はスプリングボック(オキープ)からフィッシュリバーキャニオン(ナミビア)を目指す予定でしたがそこをスキップし一気にケープマンスフープに到着です。

フィッシュリバーキャニオンも行きたかったのですが、手配出来た宿の所在地が前日夜になって判りスプリンボックからの道程を確認すると、最短距離を調べるとどうも途中で道がなくなっている可能性が高い。宿泊予定だった宿からの情報ではこの時期はその道は閉鎖しているかも・・とのことだし、その道を避けた場合もかなり田舎の国境を超えてその先の道もミシュランの紙地図では道の表示がない。
またその道が仮にあったとしても宿の情報ではその方面から来た場合、宿までの道のりは4WD車両でなければ通ることが出来ず、また時間が相当かかると記載がある。
スプリングボックを相当朝早く出発したとしても到着が暗くなる頃を考えると一泊しか滞在しない今回のスケジュールでは無理に到達することは得策ではないだろう。
またかなりのリスクを負う。

私の旅の目的はなんだ?自問自答の結果、フィッシュリバーキャニオンは見送ることにしました。
 

The first country is Namibia which I've started to go up north in Africa.
I had been driving the national road which I can see rugged mountains both of the side. Although my original schedule was due to aim at the Fish River Canyon (Namibia) today from Springbok (O'kep), that was skipped and I arrived Keepmanshoop.
I wanted to go Fish River Canyon also but I found out the location of the hotel currently arranged on the night of the previous day, and the route from Springbok was checked then the shortest distance was investigated, it also turned out that a possibility that the way is lost on the way is high.
I got the info from the hotel which I planned to stay and it said the road might be closed this season, and also when I avoid the way, the way of the point is not showed of a way with Michelin's paper map across the country border considerably, either. Moreover, for the information from the hotel, even if there was the way, when it comes from the direction, it is written that it cannot pass along it if the distance to a hotel is not 4WD vehicles, and it takes time fairly. 
If I consider that the time arrival becomes dark even if I leave Springbok for very early morning, it will not be a best idea to reach by force to this schedule at which I have only an overnight stay. 
Moreover, I will take a remarkable risk.

I asked myself that "what is my purpose for this journey?" and I decided that I give up on Fish River Canyon.



南アフリカ出国、ナミビア入国の国境手続きは順調にいきました。
南アフリカ出国時に最初のゲートで1、2、3の枠がある小さな用紙を渡され、順番にスタンプラリー(?)をして最後のゲートで渡すというもの。
南アフリカ出国国境の特徴ですかね。
また南アフリカ入国の際に係官がカルネはいらないよと言ったが私が出る時にたぶん困ることになるからちゃんとスタンプを押してくれてと頼んで押してもらった。
今回出国ではやはり当たり前のようにカルネの出国スタンプを押す作業をした。
もし入国時にその係官の言葉を信じていたらどうなっていたんだろうと思うとちょっと怖い。
大きめの川にかかる国境の橋を渡る。

「Good Bye, South Africa!」と叫ぶ。
 

I left South Africa and the process for getting into Namibia was going smoothly.
When I leave South Africa at the first gate, I was given one small form which has 3 frames.
I had to get a stamp at  each frame and give it to an officer at the last gate.
Maybe it is the feature of the South Africa departure-from-a-country border.
When I entered South Africa, one officer said that I don't need the carnet but I thought I will be in trouble when I departure this country, so I asked him to put the stamp on it. 
This time, there was a process for being stamped at the carnet on a routine basis.
When I think about what was it happened if I didn't get it when I have entered the country, I feel scared. I cross the bridge of the border concerning a larger river. And I shout

"Good Bye, South Africa!"

 

ナミビア入国国境では、オートバイの国境税というものに130ND(ナミビアドル)を請求されたがUSドルしかないと言うと100ドルで受領された。
 

On the Namibia entrance-into-a-country border, although I was charged 130ND (Namibia dollar) by the frontier tax of the motorbike, 100 dollars was received, when I said that I have only US dollar currency. 


無事、国境を通過しナミビア国内に入り、「Hello! Namibia!!」と叫ぶ!
 

Safely I came across the border and entered Namibia then I shout "Hello Namibia!!"
 

この道中、ケープタウンから続く風が困る。
天気は最高に良いのに「暴風警報発令中」といったカンジ(笑)でかなりバイクが振られる。
特にスペアタイヤを積むようになってから後部加重がさらに増しているのでフロントが軽くなっているためにこの暴風はかなり怖い。
 

I was having hard time with strong wind from the direction of Cape Town while I was driving.
The weather is great but the wind is like having hurricane warning and it makes me and motorbike shake. Since the rear load is further increasing and the front is light, especially I feel scared of strong wind.
 

到着したケープマンスフープの町は小規模だけど楽しそうな町。
予約してあるロッジを探すためにガソリンスタンドに入るといきなり停電。
ガソリンを入れることが出来ません。
ロッジに到着し荷物を全て部屋に運び込み荷物をほどいたらシャワーを浴びて洗濯をして、町に必要なものの買い出し、現地通貨の両替(南アフリカランドとナミビアドルは全く同じレートでナミビア国内中、ランドがそのまま使えるそう)などをした。町で白人をまだ見かけるがやはりその数は一気に減った。
 

Keetmanshoop which I arrived today seems fun town even it is small.
I went to a gas station to look for the lodge which I've booked then suddenly the power blackout.
I cannot fill gas to my motorbike.
I arrived at the lodge,  put all my stuff to my room and unpack the stuff.
After that I took shower, did my laundry, went to the downtown for getting necessary things and exchange currency. (South Africa's currency and Namibia's are same rate, so I can use South African currency while I'm in Namibia.) I can see some white people in the downtown but definitely getting decreased the number. 


このロッジも予約時にはインターネットが使えるとのことだったが、Wi-Fiの電波はキャッチするが町でWi-Fiのバウチャーカードを購入しパスワードを事前に準備しておく必要があった。
気がついた時には販売時間が終了していて今日もウェブにアップすることができなかった。
 

I was said that I can use internet when I booked the lodge but although I caught Wi-Fi, I needed to buy a voucher ticket at a store before I use.
When I found out about it, the selling hours was over, so I couldn't upload the article today either. 
 

食事をするためにロッジのレストランに行くと日本っぽい方が三人いらっしゃる。
お互い目が合うが通りすぎる。
食事を終えて改めて私から声をかけてみた。
 

When I went to the restaurant in the lodge, there were 3 people who look like Japanese. 
Our eyes met each other but we came through. When I finished my meal, I talked to them. 
 

山田「ニイハオ!」(笑)
相手「違いますよ」
というジェスチャーの方に
「わかってますよ。日本人ですよね、珍しいですよね」
とお互い認め合う。
話してみるとケープマンスフープとウインドフークに住んでいるJICA(海外青年協力隊)の方だった。
アフリカに来てから日本人と会って話しをするのは初めてだった。
お陰様で翌日のセスリエムまでの道の情報を教えて戴くことができて助かりました。
 

"Nihao!" (lol) They expressed "we are not Japanese" by means of gestures, so I said "I knew it. You are Japanese, aren't you? It's rare." They are   from JICA (The Japan Overseas Cooperation Volunteers.) and live in Keetmanshoop and Windhoek. It was the first time for me to talk with Japanese sine I came to Africa. I thank them that I could get information about the route for Sesriem.
 

そろそろ寝ようとするころから雨の音。どんどん強くなる。さらにかなり強くなる。
今度は雷が鳴りだした(苦笑) 近くに落ちた(爆)・・さて、明日私は無事出発出来るのでしょうか?
 

I could hear the raining sound when I try to go to bed. And getting strong. And more. Then next is the thunder. *bitter smile* And got struck by lightning near here... Well, can I depart here safely tomorrow?

DSCF2180

まるで盛り土をしたような巨大な奇山。

A huge strange mountain in which it is banking. 





DSCF2184

北へ向かうので影は左にある。

Since I go up to north, a shadow is on the left. 




DSCF2186

まだ8時台だというのにすでに31度超え。灼熱。

Even it's still around 8am, it's already been over 31℃. It's fiery.




DSCF2188

ほぼ砂漠状態の大地が延々と続く。もの凄い乾燥地帯。

The ground of a desert state continues for a long time. It's dry region.


 


DSCF2189







DSCF2191







DSCF2193

道路脇の標識に、ガスステーションもホテルもお店もあると出ていたので休憩のために国道を外れて寄ってみたが人っ子、一人もいない不思議な町だった。

There was a sing board which said there are a gas station, a hotel and a store, so I dropped by there for taking a break. But there is no people even one and it was a strange town.




DSCF2194

急に寒くなってきたと思ったら高度が高くなってきた。1500M近いのはこの旅で記録かな?

An altitude will become high when I felt that it is getting cold suddenly. 
Isn't about 1500m record in this journey?

 

 

 DSCF2198







DSCF2200

一人記念撮影(笑)をしているところに通りがかりのトレーラーが挨拶のフォーンを鳴らしてくれた瞬間。
The moment the passing trailer blew the salutatory horn when I was taking a commemorative photo myself alone.





DSCF2201

ガソリンスタンドで停電。町中が停電になっているよと。カメラを向けて写真を撮ると嬉しそう。

The power blackout in a gas station. The whole town has the power blackout. He seems to be glad when I take picture of him. 


 
 
DSCF2202keetmanshoopの町

It's the town of Keetmanshoop.



.


<Mika Igisu for Tatsuya Yamada>



【南アフリカ】ケープタウン~スプリングボックの旅


いよいよ、アフリカ大陸北上を開始しました!

Finally I have started to move toward to the north in Africa!
 

ケープタウンを抜けたハイウェイのガソリンスタンドで声をかけられました。「ケープタウンから北上かい?イワン・マクレガー達はリビアからケープタウンまで走った「LONG WAY Down」だったから君は「LONG WAY Up」だな!まさにこの道を走ったんだよ」と。
 

One person spoke to me in the gas station of the highway which escaped from Cape Town. He said  "Are you going up North from Cape Town? Since Ivan McGregor and others were "LONG WAY Down" which drove from Libya to Cape Town, you are "LONG WAY Up"! They drove this way."
 

まだ南アフリカ国内ですが、北へ進むということだけでムードが一気に変わって行きます。町は少なく人も歩いていません。ほとんど変わり映えしない景色にかなり眠気が襲ってきます。再び赤道方面に向かうことになるわでですが既に激アツです!今日の走行中、最高気温は38度を記録!@@。今までは走行中、景色も、途中の町も沢山あって走っていて飽きなかったので目的地まで一気に走りきれることも多かったのですが今日は長かった~。はー。途中の木陰を見つけてバイクを停車させて休むと必ずいるのがハエ。ナミビアに近くなればなるほど増えています。なんででしょう?
 

Although I'm still in South Africa, the atmosphere has been changing when I'm going up to the north. There are few towns and people are not walking along either. Sleepiness attacks considerably at me for the scene which hardly changes. I've been moving toward to the equator, and it's already been VERY hot! While I was driving today, the highest temperature became up to 38℃! There are also many towns on the way and the scene was also able to be completed to the destination until now in many cases, so I didn't get bored while I was driving but I felt so long driving today.Oh well... When I make a stop for my break time at a shade under a tree, there are always flies.  When I'm coming close to get to Namibia, those are increasing. Why?
 

今日、到着したホテルはスプリングボックという町の外れで、オキープという地域にあるホテルと言う名のロッジです。【オキープカントリーホテル:$65朝食込み】ここは60年ほど前まで炭坑で栄えた町だったようでホテル内のあちこちにその当時を思い起こさせる数々の思い出の写真が飾ってあります。今はかなり廃れてしまった感が町に漂いますが静かで人も優しそうな所です。
 

I arrived today's hotel which is located suburban of Springbok and called O'Kelp and it is the lodge. [O'Kelp Country Hotel: $65 including breakfast] Here was the town which prospered before about 60 years in the coal mine shaft, many pictures which make that time recollect have decorated many places in the hotel. Although it seems that it has gone out of use considerably now, it is a place which seems to be quiet and be gentle also as for people. 
 

明日はナミビアに入国です。

I'm coming into Namibia tomorrow.
 

このホテルは予約時にはインターネットがフロント付近であれば使用出来ると案内されていたので行ってみると、フロントのPCを貸してあげるとのこと(笑) 親切です。貸してもらったのはいいのですが日本語対応でないものだったので何も出来ずじまいでした。普段はツイッターだけは出来るのですが何故か今回は不可能でした。そういえば、ボーフォートウェストのロッジもインターネット使用可能!と案内をもらっていたので「インターネットが使えるって聞いたんですけど」というと、フロントの年配女性が究極の笑顔で「はい^^!道を渡った所がインターネットカフェですよ^^」と。。面白過ぎる!
 

I was said that I can use internet service around the fron desk area when I booked the hotel, so I came to that area then they offered me to use their computer.(lol) Very kind. But it doesn't support Japanese so I couldn't do anything. Normally I can tweet but I cannot this time. I don't know why though. Well, I was said that I can use internet in the rodge in Beaufort West, so I asked the lady at the front that "I was said that I can use internet.", then she said "Yes. An internet cafe is across the street. :-)"... It's too funny!


DSCF2104ケープタウンでのこの部屋は贅沢だった。お陰でいろいろと準備が進んだ。
The room was gorgeous in Cape Town. I thank that I could be done my work well.






DSCF2106

ベランダから僅かに海が見えてた(笑)

I could slightly see the ocean from the balcony. lol




DSCF2107

スペアタイヤを積むと世界ツーリングやってる!ってカンジに(笑)

When I put the spare tires on the motorbike, I feel that I'm having the world touring! lol




DSCF2111

ケープタウン出発時、約9000キロ。ヨーロッパ到達まであと20000キロほどある。

It was about 9000km when I started Cape Town. There is about 20000km until getting to Europe.




DSCF2113

ナミビアへ向かう途中の風景

The view which is on my way to Namibia.




DSCF2115

途中沢山の工事渋滞があった。どんどん道が良くなっていくんだね。

There are many traffic jam on the way because of constructions. The road will be getting better.




DSCF2118

なんにもない(笑)

There is nothing. lol




DSCF2120

珍しく何度も休憩をした。

For a change, I took break many time.




DSCF2122

バイクが暑がっている。。延々と日陰がない。。

My motorbike is getting hot. There is no shade for long time.




DSCF2123

あぢ=よ~!!・・あ、日本は大雪でしたっけ?(笑)

So hot!! Oh... it is heavy snowing in Japan? lol




DSCF2137

岩を切り出した道が後半続いた。

The road had continued which hewed out rocks for second half.




DSCF2142

ずっと天気が良かった^^

It's been good weather :-)




DSCF2143

と思ったら、あの判りやすい雲はなんだ?(笑)

I thought that then what is THAT cloud? lol

どこで雨が降ってるか判るから面白い。

It is interesting that I can tell the place where is raining.

結局あの雨に突入してびしょ濡れに。。

Actually I got into that rain so got wet...

でも数分後にはカラッと。

But it become dry few mins later.


DSCF2144

その後、38度を記録@@!

After that it became 38℃!




DSCF2147

ホテルの裏にバイクを停めさせてもらいました。

I parked my motorbike the space behind the hotel.




DSCF2148

部屋はこんなカンジ。

This is my room.




DSCF2150

ホテルのすぐ外に巨大な煙突が寂しくそびえ立っていた。

60年前の遺品。

There is a huge chimney pipe near the hotel. 
It is the memento from 60 years ago.


DSCF2151

ホテルの外観。

The outlook of the hotel.





DSCF2152

廃墟と化した炭坑の施設。

It is an institution of the coal mine shaft used as ruins. 





DSCF2154

誰もいないリビングを報告書作成などの作業時に使わせてもらいました。

I was allowed to use the living room which is nobody there when I wad doing my paper works. 




DSCF2156

壁には沢山、昔の繁栄を物語る数々の写真達。

There are many pictures which are telling the old glory on the wall. 





DSCF2157当時の活気ある声や炭坑の音が聞こえてきそうだ。

The sound of animate voice of those days or a coal mine shaft is likely to be heard. 





DSCF2158

夕食をロッジで戴く。まず飲み物は?というので私はアルコールを飲まないのでグリーンティーを注文すると「withモーク?」というモークって何?と聞くと説明出来ないので現物を持ってきた。ああミルク(Milk)ね(笑)アフリカ人の方の英語はちょっと聞き取りにくいことがある。紅茶と同じ扱いをするのが面白い。
 

I had dinner at the lodge. The waiter asked that "what would you like to drink?" I don't drink alcohol, so I ordered green tea then he asked me "with moke?" So I asked him that "what is moke?" He couldn't explain it so brought it to me. It was MILK. (lol) It is hard to listen African English for me sometime. And they categorize green tea same as black tea that is interesting.   


DSCF2159

夕食の何にするか決めあぐねていたのでオススメは?と店の方に聞くとスプリンボックで有名な料理は「ラムネック(羊の首)です」というので頼んでみたらこれが絶品!でした。
 

It was hard to decide what to have for dinner, so I asked him the recommendation. then he said that "ram neck" is famous dish in Springbok, so I ordered it. It was great!




<Mika Igisu for Tatsuya Yamada>




【南アフリカ】ケープタウン最終日

今日はバイクの引き取り!いつものように朝4:30に起きて朝食の時間まで事務作業。
結構、あるんだなこれが。
一番時間をとられるのが宿の手配と走行ルートの確認です。
道に迷うことがタイトなスケジュールで行く私の旅にとって最大の敵になります。事前準備を万端にしておかないと。
 

Today is the day that I can receive my motorbike! I get up 4:30 in the morning as usual and do office work until the time of breakfast.
Actually there are many office work. 
It is arrangements of hotels and checking of the route that time is taken most. 
It becomes the greatest enemy to get lost for my trip which goes by the tight schedule.
I have to prepare well.

 

ケープタウン滞在中に普段の洗濯に加えて、いよいよ異臭を放ってきた?(笑)
ライディングパンツの洗濯です。
ドライクリーニングは避けるようにラフアンドロード社からの取説指示が付いていたので普通のランドリーサービスをホテルで利用することに。
メチャメチャきれいになって戻ってきたのでかなり嬉しいです。
特にブラワヨからフランシスタウンの川の中をいくつもバイクで通過した時から泥だらけ状態でしたのでさっぱりしました。

バイクの引き取り時間にBMWのディーラーに行くと、私のバイクがエンジンをかけた状態で待機状態にある。
するとワークショップからちょうどシェーンが出てきて、「テストドライブに行ってくるよ」と。
そして「リアサスペンションは新品だよ!^^」颯爽と長い手足がかっこいいシェーンが私のバイクに乗って外出して行きました。
戻って来るともう一人のメカを呼んで細部の調整をしてくれた。
チェーンの張りを調整する際には外してあったパニアケース(トランク)を敢えて取り付けて荷物の積載状態で行ったり、とにかく作業内容が的確であり、また早い!
日本のディーラーと違ってこちらはゆっくり作業で、へたするといい加減なのかなと思ったら大間違い!人の動きが異様なほど早く、次から次へと仕事をこなしていく状態を見てかなり驚きました。
また接客態度、人格も高い人が多いことに気がつきました。
かなりの競争社会の影響ではないかと思う。
ケープタウンの労働者は月収中央値が30万円超えというから稼ぐ人は稼ぐ。
街中で最新型のフェラーリも2回見た。
 

While I'm staying in Capetown, I wash my usual clothes and my riding bottom which is getting smelly (lol). Since the operation manual directions from Rough & Road were attached so that dry cleaning might be avoided, I decided to use ordinary laundry service in the hotel.
I'm so happy that it came back to me very clean. 
I passed through many inside of the river in Francistown by motorbike from Bulawayo especially and it was muddy, so it refreshed. 
When I go to the dealer of BMW at the taking over time of my motorbike, it is stand by as my motorbike has started the engine. 
Then, Shane came out exactly from the shop and said to me, "I go to a test drive."
And also he said "The rear suspension is new one! :-)"
Shane who has long arms and legs rides my motorbike and went out for testing.
Once he comes back, he brings one mechanic and adjust detail of it. 
When they adjust the tension of a chain, they attach the removed pannier case to it purposely, and carry out by a load stacking. 
Their contents of work are exact anyhow and it is quick!
I thought that a dealer from here is lazy and so slow if I compare with Japanese one but I was totally wrong! They move and work so quick and are done work from one to the next and it made me surprised.
And I realized they have very good 
attitude toward helping and taking care of the customer and there are many people who have high personal qualities. 
I think that it is influence of a competitive society.
The workers of Cape Town are said for the median of a monthly income to exceed 300,000 yen. 
I also looked at the newest Ferrari in a town twice. 
 

バイクの整備を完璧にしてもらいディーラーの方々と別れを惜しみつつ店を後にする。
皆口々に、
お元気で!良い旅を、気をつけてね、また是非南アフリカに来て!
・・と、面々が声をかけてくれる。

私の場合、バイク屋に居る限り異国の地にいる気がしなくてほっとする空間だったが一旦外へ出るとまた南アフリカの世界。
信号待ちで年配の白人が「日本から来たのか!?」声をかけてくれる。
バイクに貼っている「J」マークですぐ判るようだ。
今日は日本に送る荷物を出すために海外宅急便のDHLのオフィスに行くため、バイク屋から9キロ離れた所まで走った。
ホテルまで往復18キロ。
ホテルのフロントのスタッフに「日本に荷物を送りたいのでDHLを教えて」と言うとその場所が最も近いというのでそこに足を運んだ。
バイクの確認走行にはちょうど良かった。
DHLのオフィスに着いて手続きを終える際に、シーポイント(私の泊まっているホテル)近くにはDHLは無いんだよね?と聞くと、私のホテルから歩いて5分のところにあると言う。
ガクッ。
これも教訓になった。
何か調べる際は複数の方から情報を得ること。
 

They've done the maintenance for my motorbike perfectly, then I'm reluctant to part from them and leave the shop.
Everyone say "Have a safe trip! Take care! Please come back here again!" to me.
For me, while I was in the motorbike shop, I feel like I'm in home and don't feel I'm in foreign country but once I go out from there, I feel I'm in South Africa.
When I stopped at a red light, one white guy asked me "You are from Japan?" 
It seems that people understands immediately by the "J" mark stuck on my motorbike.
I drove to DHL office which is 9 km away from the motorbike shop today due to send the package to Japan. It is 18 km for the round trip.
I asked to the hotel clerk that "I want to send my package to Japan so could please tell me DHL location?" then the clerk told me that DHL which is the closest distance from the hotel so I went there.
It was good distance for checking my motor bike after the maintenance.
When I arrived at DHL officeand finished the process for my package, I asked the staff that there is no DHL near by Seapoint which is my hotel, right? then the staff told me that there is one just 5 min away by walk.
It teaches me a good lesson.
When I search something, I should get information from a number of people. 
 

明日ついにケープタウンを離れ南アフリカ最後の町スプリングボックに行く。
500キロ以上の距離があるため明朝早く出発する。
出発の為のオートバイの準備をしたあと軽く早めの夕食を取ろうと近くの和食屋へ。
そしたらここがとにかく遅い・・メニューにうどんと焼きとり?とあった(嬉)のでそれをオーダーをしたら、30分近くしてやっとうどんが来た。
でもこれ絶対、うどんじゃない(笑) 
うどんぽいものを食べ終わるころに焼き鳥が来たと思ったら凄いちゃんとしたミール。
食べきれない!!大変もったいないことに残してしまった。
セカンドハーベストに申し訳ない(笑) 
またこちらに来て大好きになってしまったものがある。
コーラです。
とにかくこちらは味が濃いのでコーラが合うのです。
とはいってもアフリカでも南に来れば来るほど味が濃くなっていると思うのは気のせい?
九州みたい(笑)
 

Finally I leave Capetown and go to Springbok which is the last city in South Africa tomorrow.
I will leave early morning tomorrow because the distance is more than 500 km.
Due to my early departure tomorrow, I went to Japanese restaurant for having early dinner after I completed of checking up my motorbike.
Then the serving meals are very late here... there is Udon noodle and Yakitori in the menu, so I ordered those.
I waited about 30 mins then Udon noodle came.
But this is definitely not Udon (lol) I finished to eat Udon then Yakitori came.
But it was a big meal, so I couldn't finish!!
I feel very sorry but I left it some.
I feel also sorry to Second Harvest.(lol)
Since I came here, I'm into one thing. It's coke.  
Taste of foods have strong flavor, so coke match with those. 
It might just be me but when I come getting south in Africa, flavor is getting strong.
It's like Kyushu in Japan.
 

町を歩いていると今日も「ニイハオ」と言われた。
今回の相手は中国人からだ。
南アフリカでも中国人は沢山見る。
日本人は全然と言って良いほど見ない。
これも時代の波、国際情勢を物語る風景なんだろうと感じた。
 

When I walked alone in the town, I was said "Nihao". Chinese greeted me this time.
I can see many Chinese people in South Africa.
And I hardly see Japanese.
I felt that it would be the scenery that this also tells the wave of a time, and the international situation. 


あとケープタウンは夜、風が凄い!!!
毎晩、台風が来ているみたいにホテルの近所でいろんな物が倒れたりものが落ちたりで?様々な音が聞こえる。
夕方バイクで走っていてもまっすぐ走れないこともあるくらいでした。
 

And it is very stron win at night in Capetown.
I can hear various sounds that many kinds of things fall down or  over near by the hotel, and it's like a typhoon day every night.
When I've driven at one evening, I couldn't drive straight sometimes. 


1ケープタウン滞在したホテル
【ハイドホテル:約$150朝食込み】
かなり快適でリフレッシュできました^^!

The hotel which I stayed in Capetown.
[Hyde Hotel: About $150 including breakfast]
It was very comfortable and I could refresh :-)







2−1BMWパビリオン!
ケープタウンの人は誰でも知っている有名な建物でした!
BMW Pavilion!
This is a famous building which everyone knows it in Capetown!




DSCF2086

新品のサスペンションが装着された私のオートバイ
My motorcycle by which it was equipped with the new suspension.





2シェーンがテストドライブに
Shane went to the test driving.






3このバイク屋のガレージには宝物だらけ!
ダカールラリー出場マシンのようです。
It is full of treasures in garage of this show!  
It seems to be the Dakar rally participation machine. 




4







6変わった形のバイクだな〜、新型か!と思ったら・・
When I thought it is the unusual formal motorbike so maybe a new model...











7事故車でした(笑)
It was an accident motorbike. (lol)

明日は我が身と気を引き締めました。
ライダーがどうか無事でいますように。
It's possible that something could happen to me, so I pull up my socks.
May the rider be safe in how! 






5こんな物まである!
BMW F1チームが使用したスクーターのようです。
There is even such a thing! 
It seems to be the scooter which the BMW F1 team used. 




8ワークショップの掲示版には、
映画スターウォーズの俳優イワン・マクレガー達が行ったオートバイアフリカ大陸ツーリング「LONG Way Down」到着地パーティをこのディーラーが協力したようでした。
It seemed that this dealer cooperated the motorcycle African continent touring "LONG Way Down" place-of-arrival party which Ivan McGregor and others, the actor of movie Star Wars, held. 



9この掲示板に私のワールドドリームツーリングのステッカーを貼らせてもらいました!
I was allowed to stick the sticker of my world dream touring on this bulletin board!






10シェーンが帰ってきてすぐに作業。
まるでサーキットのピットワークのようでした。
When Shane came back, they started to work on immediately. 
It was like the pit work of the circuit.

 


11仕上げに洗車までしてもらった!(感謝)
They washed my motorbike! *thanks*

わかりますか?洗車は全員、黒人の方です。
Can you recognize? Staff members who are washing it are all black people.



12請求書:7万円ほど。前後タイヤ交換、リアスペアタイヤ購入を考えると思ったより高くなかった。
It costed about 70,000 JPY. It was not so expensive than my expect that order to tire exchange and rear spare tire purchase were considered. 





13シェーンと固い握手!
本当にどうも有り難う^^!
I had hard handshaking with Shane!
Thank you so much! :-)




DSCF2101夕食に「エビうどん」を注文すると、ほとんどスープが入っていない!これはうどんと言えないでしょ(笑)
I ordered "shrimp Udon noodle" for my dinner then there is no soup almost! It cannot be said Udon. (lol)






DSCF2103大好物の焼き鳥にはありつけなかった。。
I couldn't have my favorite Yakitori here...







<Mika Igisu for Tatsuya Yamada>





【南アフリカ】ケープタウン滞在記

ケープタウンに着いたのが土曜なので、滞在ももう三日目となります。
今日は朝7時にBMWのディーラーへ行きました。先週の金曜に電話をかけたところ、土日は休みだけど月曜は朝7時からやっているからというので行く事にしました。約一ヶ月ここまでのオートバイの疲労をリフレッシュすることと、ケープタウンを離れたら隣国のナミビアを除けば次にBMWのバイクディーラーがあるモロッコまで2万キロほどある。。そこまでバイクが快調に走ってくれるためにはここで沢山の項目のメンテナンスをこなさないといけない。ただアンゴラのビザの期限が気になるので早くケープタウンを出発したいので整備も出来る限り早く完了してもらいたい。なので少しでも早く店に行って整備を開始してもらおうと思うのだが、日本の常識だとバイク屋が朝7:00からやっているなんて考えられない。ちなみに私がよく行ってたバイク屋は午後から開けていた(笑)
バイク屋はホテルから3キロほど離れた所にあるので6:45くらいに出て7:00ちょうどくらいに到着したら、本当に従業員が沢山いてバイク屋の敷地の中から私に手招きしている人がいる!「シェーンかい?」日本から何度もメールを送って今回のメンテナンスを依頼していた相手がシェーンと言う。「そうだよ^^!」ということでバイク屋に入ろうとしたけど・・、このバイク屋・・と呼べないほど巨大@@なビルディング。こんなバイク屋見た事ない。どこから入っていいのかわからなくて迷っているいるうちになんとか入り口を見つけガードマンがゲートを開けてくれた入場口を通過しやっとディーラーの敷地内へ。改めてシェーンと挨拶しがてら日本からのお土産と少しのチップを渡して今回の整備内容の確認の打ち合わせをする。英語が出来ない私でもバイクの整備については意思の疎通が容易だったのは嬉しい。
整備内容は「10000キロ点検」とプラスアルファ。

・オイル&オイルフィルター交換
・ブレーキオイル交換
・エアクリーナー交換
・バッテリーチェック
・タイヤ前後交換(フロントはまだ余裕があるがこの先を考えると仕方ない)世界一周の先輩シゲさんhttp://tobanaibutaha.blog37.fc2.com/のアドバイスの通り耐久性の高いコンチネンタルTKC80に変更。さらにリアタイアをここで購入しバイクに積んでヨーロッパを目指す。
・ラジエターチェック
・チェーンとスプロケは大丈夫と。
・ブレーキパッドもスペアを持っているなら今は交換の必要がないとのこと。
・エンジンヘッドから若干オイルのにじみが所見できたのでシール交換をすることに。これはBMWの保証で無料だから大丈夫だと。
・フロントフォークシールチェック
・リアショックのシールも少しオイルのにじみが見えるので、ショックアブソーバーごと新品に交換!(@@)することになったがこれもBMWの保証で大丈夫とのこと(驚/嬉)ただし、ジョハネスブルグの部品センターから取り寄せるため一日かかるので明日の午後、バイクを受け取りに来てほしいということになった。帰りはディーラーの方がトラックでホテルまで送ってくれた。(感謝)
ケープタウン滞在中にやらなければならないことが沢山ある。撮影データや書類を日本への送付すること。手持ちのGPSナビが使えるのは隣国のナミビアまででアンゴラ以降はヨーロッパまで使えないので、iPadに地図情報を入力する作業が膨大にある。向こう一ヶ月(2月いっぱい)の宿の手配もアメックスに依頼するがインターネットが使用出来るところはかなり限られている様子。ミシュランの紙地図で確認すると今までのような舗装路でないところもあるようだ。コンゴ近辺の国の情勢を考慮すると結構、緊張せざるを得ない。電話で母と話したところ、毎日私の無事を祈って千羽鶴を折っているとのこと(涙)。「もう31羽になったよ」と。そうか、もう日本を発って一ヶ月になるんだ。ここからが正念場。厳しい旅になるかもしれませんがこの旅のタイトルはワールドドリームツーリングです。あくまでも夢を多くの方へ提供出来る旅を続けて参ります。引き続きご声援を宜しくおねがいします。そして今までジャストギビングを通じてセカンドハーベストへの寄付を下さった方に深く御礼を申し上げます。
この輪がさらに広がることを考えて毎日走っています。皆様、今後ともご支援のご協力を宜しくおねがいします。ご支援はこちらからお願いいたします。→ http://justgiving.jp/c/799

1ケープタウンのウォーターフロントの最高の立地に立つBMWオートバイディーラー
「アトランティック・モトラッド」




2まだ工事中の大きなビル






3「BMWパビリオン」と書いてある!






4荘然とオートバイが美しく展示してある






5






6ウェア類の展示も豊富に






7






8-1何故かヤマハのモトクロッサーが(笑)






8日本で売られている金額とほぼ一緒のよう






9レースにサポートしているようでした






10-1整備を待つ間に雑誌の記事に目が止まった。
義足状態でオートバイで旅をするライダー。

私なんかまだ甘い。

22まだ8時なのに全開で皆、働いている。労働意欲が凄い。。
失業率25%超えのケープタウンだからか。








11パビリオンの壁はサーキットの写真(嬉)






12ショールームの階下がワークショップスペース。
男性がショーン。トムクルーズ似のナイスガイ!^^



13バイクのおもちゃがいっぱい!働く人もみんなかなりのバイク好きのよう^^





14いきなり足下にリアショックアブソーバが。何のバイクのだろう?





15パーキングエリアだけでもこの広さ@@ ぶったまげた!





23パーツセンター

ちなみにメカニックや事務職は白人。その他の雑用の労働者に黒人やカラード(混血)の方が働いていることが印象に残った。

25整備エリア1






26整備エリア2






DSCF2019整備エリア3
整備エリア4まであり、そこではコンペティションマシン(競技用)の整備が行われていました。



27早速、私のマシンもストリップ状態に。






28どんどん作業が進んでいきます








DSCF2066話しは変わりますが南アフリカの観光雑誌。カルー地方という有名な山脈が南アフリカにあります。私が履いてきたタイヤの名称が「カルー」でここからの由来だったんですね




DSCF2067地図を広げ、入念にこの先の道のりをチェック!






DSCF2069お腹が減ったのでアグラス岬の町で購入したインスタントラーメン?を食べる。

ま、まずい。。
どうしたらこんな味になるんだろう。(笑)


【南アフリカ】子供インタビュー/喜望峰、到達!

今日は兼ねてから子供のアポイントを受けて下さっていたケープタウンのとある教会の牧師さん(ゴニ・バブさん)を訪ね子供のインタビューをさせて頂きました。(紹介者:太田美和さんーロポ尚代さんーゴニバブさん)

10:00に伺う約束だったのでホテルを早めに出て、明日、整備のために行くBMWのディーラーの場所を下見確認してから教会へ向かうことに。ホテルから17キロくらい離れたところです。南アフリカは持ち込んだGPSナビが使えるので迷うことなく行きたいところに行けて大変便利。見知らぬ土地、それもアフリカの大地をスイスイ走れて最高に気持ちいいです!

GPSどおりの場所に到着するとそこに教会が!中から大音響で歌が唄われている!ここだ、ここ!10:00まであと10分ほどあるので外で待とうと思っているところに、中から牧師さんらしき方が出てきて話しかけてくる。「ゴニバブさんですね^^!」「え?・・違いますよ。でもよかったら中に入りませんか?^^」「いやいや、私、アポイントがあってこのあたりにある教会を訪問することになっているんです」というとこの牧師さんが親切に私が行きたい教会を探すのを手伝ってくれた。結局、50m離れたところの別の教会でその前で私を待つ人が手を振っている(笑) しかし、教会が50mおきくらいに沢山あるってとってもビックリ!コンビニが集中している町のように教会が集中していました。そこの教会の前でゴニバブさんの娘さんが迎えてくれ、中では今日は、子供を無くしたある家族のための儀式をしている最中でした。その中に私が招かれそれも最前列、中央に誘導され最後には皆さんの前で挨拶をさせて頂きました。紹介者の方の影響力が大変強かったようで、とても温かく迎えて頂きミサの終了後、教会の外の広場で子供のインタビューをすることが出来ました。ここでは男の子はとっても恥ずかしがり、ビデオに映りたがろうとしません。結局3人とも女の子の撮影となりました。ビデオのアップを楽しみにしていて下さい。(タンザニア以降のビデオのアップを日本のボランティア協力チームが一生懸命やってくれておりますのでもうしばらくお待ち下さい)
どこの国も子供の声は改めてインタビューしていて楽しいです!その語ってくれる表情が最高ですね!そして南アフリカの子供達は日本のことをどう語ってくれたかは・・こうご期待です(笑)
またインタビュー終了後ランチに預かり、ミサの参加者や子供達と一緒に頂きました。食事の最中は子供達が逆に私に質問攻めです。基本的には私の持っているものについてです。しかしさすが大都会の子供達です。iPadも知っていましたし、iPhoneについても理解していました。日本についてのことはほとんどしらない子供達だけど、あまり見ない日本人と、ドイツ製の大きなオートバイに興味津々で私にまとわりついて離れない。皆、可愛い。
あと教会関係者で年配の方が私の旅についていくつか質問をされてきた。その方の顔がなぜだか不思議なカンジがしたのでよく見るとヒゲはきれいにそってあるのに鼻毛がもの凄い(爆)ヒゲがあるくらい伸びていた(笑) さすがにどう理由を付けていいか解らず写真は撮れなかった。

教会での滞在も終わり、バイクにまたがり走り去ろうとすると沢山の子供達が追いかけて来る。教会を出てハイウェイに向かう交差点で遠く私が走り去るのを手を振って見送ってくれる沢山の子供達。教会から離れながら泣けてきました。

DSCF1916見事にテーブルクロスが見えた!






DSCF1919牧師さんのお言葉は力強く、それでいて温かい。





DSCF1924私のスピーチに皆さん温かく応えてくれた






DSCF1935バブさん親子と





 
DSCF1937インタビューを受けてくれた子供達。






DSCF1938ミサが終わると子供達は教会脇の遊具で遊び、食事をとる





DSCF1942オートバイの前に集まり一部の子供達と記念撮影







DSCF1952希望峰に向かう途中、初めて見るエメラルドグリーンの海の色に目を疑った!





DSCF1966喜望峰に到達!
このオートバイの素晴らしい安定性に感謝。。




DSCF1969






DSCF1970わかり易い(笑)






DSCF1975ケーブルカーで頂上までいきます。往復だと5ドルくらいだったかな?





DSCF1976






DSCF1977






DSCF1980











DSCF1984旅の思い出を残そうとする人たちのメッセージが一杯。





DSCF1990






DSCF1986その昔、ここから多くの旅人がそれぞれの目的地に向かったのだ。











DSCF1988






DSCF1989











DSCF2007山を下りる途中にある建物の裏路地











DSCF2003






DSCF2011カモメが沢山飛んでいました!

【南アフリカ】アガラス岬〜ケープタウンの旅/ [South Africa] Trip from Cape Agulhas to Capetown

DSCF1864静かなロッジから海を見ながらの朝食。
向かい側に、オーストリアから3ヶ月の休暇でオートバイツーリングに来た夫婦がいた。私のこの先のルートを聞いて閉口。。
I had breakfast with ocean view from the quiet lodge.
There was a couple who came from Australia for 3 months vacation for their motorbike touring at my opposite side. They became quiet when they heard about my former route from here...

DSCF1866ロッジの中には沢山の絵画が。
There are many art works in the lodge.






DSCF1867日本の船が座礁した絵が多かった。有名な事件だったのかな?
There were many pictures in which the Japanese ship ran on a rock. Is it the famous accident?





DSCF1870ロッジの外観。
ここにもまた訪れたい。
This is an appearance of the lodge.
I want to visit here again too.




DSCF1871風が強いため巨大な風見鶏型の家庭用風力発電機(だと思う)が全開で回る!
Since it is very windy, a huge home weathercock type aerogenerator (I think) turns by full power!





DSCF1874南アフリカ大陸の下側を走行中!
I'm driving below the South Africa continent!






DSCF1877いよいよケープタウンを掲示した標識が増えてきた!
Finally the signs which put up Cape Town have increased in number!






DSCF1879急勾配の峠を上りきり、下りにさしかかるといきなり眼下に広がる吸い込まれるように海に伸びる町。その先がケープタウン。
When I go up the peak of a steep slope and I comes to getting down, the town which spreads toward the sea so that it may be inhaled suddenly will spread in my view.
Cape Town is over there.


DSCF1888どんどん大都市的な道の作りに変わっていく。
It changes to structure of a big city road rapidly.






DSCF1898本日最もショックだったこと。異臭を感じた思ったらスラム街(いっていいだろう)が広がっており、またそれが延々と続いた。その距離、十数キロはあると思う。本当に、本当に長く続いた。南アフリカの光と影。
Today's the most shocking thing that the slums (probably, I may say) will spread out, and it continued for long right after I felt the unusual smell. The distance is about ten of km I think. It continues really really long. It is the light and the shadow of South Africa.

DSCF1902街に近づいてきた!
ケープタウンの象徴、テーブルマウンテンがよく見える!
I'm getting close to the town!
Table Mountain which is a symbol of Cape Town can be clearly seen!




DSCF1909大都会、ケープタウン!!
Capetown!!






DSCF1912林立するビル群!
The building group which stands close together!






DSCF1915こんなに栄えているとは!@@
So surprised that here is very  flourished.






IMG_2187ホテルから歩いてすぐのシーサイドの公園。
The sea side park which is located at walking distance from the hotel.






IMG_2190






IMG_2192






IMG_2193季節は夏。海水浴を楽しむ人たちも。
The season is summer. There are people who are enjoying sea bathing.






IMG_2195ケープタウンの街中
Downtown  Capetown.






IMG_2196






IMG_2198






IMG_2199中華料理やも日本食やも事欠かない。
Neither the restaurant of Chinese food nor the restaurant of Japanese food is in need.

この店の名前はなんだ?(笑)
What's the name of this restaurant? (lol)


IMG_2200町外れまで来ると絵になる教会が。
There was a church which is like an art when I come outside of the town.











IMG_2203散髪しちゃいました!(笑)
【27ランド=約300円】
I had had my hair cut! (lol)
[27 Land = about 300 JPY]










IMG_2204中華料理が食べたかった!(嬉)
I wanted to have Chinese food! *happy*











IMG_2213皆様、ご心配おかけしました。お陰様で余裕を残しケープタウンまでタイヤが持ちました!(感謝)
I am sorry that I have caused so many worries It left the margin luckily and has maintained the tires to Cape Town! *thank you*








IMG_2210大西洋に沈む夕日。 
The sunset  which sinks in the Atlantic Ocean.







<Mika Igisu for Tatsuya Yamada>

【南アフリカ】ボーフォートウェスト〜アガラス岬の旅 /[South Africa] Trip from Beaufort West to Cape Agulhas


DSCF1724朝日を背に走ります。
I drive the morning sun to the back.

DSCF1716いよいよアフリカ初の海との出会いに向けてひた走る
Finally I continue to drive to have the first encounter of the ocean in Africa.

DSCF1712南アフリカの最高速度は120キロ
The maximum spped of South Africa is 120 km.

DSCF1721大型トレーラーも後続車を確認するとわざわざ路肩走行までしてくれて道を譲ってくれる。追い抜きざまに手を上げるとお返しのパッシングが嬉しい。
A large-sized trailer also checks a succession vehicle and if there are no vehicles, he drives at even a road-shoulder for me specially and a way will be yielded to me. When I raise a hand when it passes me, the driver give me the passing shot and I'm very glad to receive it.

IMG_2183
ボーフォートウェストの宿の朝食時間が遅かったためキャンセルして早く出発した。
途中のサービスエリアにファーストフードショップがあったので早めのブランチ。窓越しにバイクが見えるので安心。
The breakfast time was late at the hotel in Beaufort West, so I canceled it and left there.
I found a fast-food shop at a rest area on the way, so I had late brunch there. I can see my motorbike from the window, so I can be relieved.






DSCF1740長い峠を抜けます。
 I pass through a
DSCF1777この植物は何だろう?
What is this plant?





DSCF1773岩を切り出した道の地域を一時間ほど走る
I have driven the area of the way which hewed the rock for about 1 hour.





SANY0085あと少しで海が見える!!
I can see the ocean soon!!






DSCF1780海が近くなってきたことを表すように風が強くなってきた!バイクが斜めになったまま走ります(笑)
A wind is becoming strong so that it may mean that the ocean is becoming near! While the motorbike has become slanting, I drive. (lol)

そして広大な牧草地が広がってきました。
And the vast pasture has spread.

DSCF1787アガラス岬はもうすぐそこ!
アフリカは英語表記に違うものがたまに見られます。
Cape が、KAAPとか。
Agulhas will be there soon!

I look at the difference from the English notation occasionally in Africa.
Like Cape is KAAP etc.


DSCF1859
町の雰囲気が一気に変わってきた!
The atmosphere of a town has changed at a stretch!






DSCF1792いやああったああ!!!!!
ついに到着!!!!!
Yaaaaay!!!!
Finally I'm here!!!!




DSCF1809この石碑の場所が本当のアフリカ大陸の最先端。
左がインド洋で右が大西洋。
The place of this monument is at the true southernmost tip of African continent.
The left side is Indian Ocean and the right side is Atlantic Ocean



DSCF1799(画像をクリックすると大きく見る事が出来ます)
(When you click the photo, you can see it as bigger size.)





DSCF1817






DSCF1819






DSCF1822






DSCF1827






DSCF1828変わった形の岩が沢山見ることが出来ます。
I can see many rocks which are interesting shapes.





DSCF1829






DSCF1830海の色は普通(笑)
なめたら味が薄かった(笑)
The color of the ocean is normal. (lol)
When I tasted it, the taste was weak. (lol)




DSCF1832






DSCF1834人影はまばら
There are few people.





DSCF1835あの灯台まで行ってみよう
Let's go to the lighthouse.






DSCF1839話しかけてくれた家族と一緒に旅行に来ていた投資家の方。私の旅の目的であるチャリティ活動に興味を持っていた。今後連絡を取り合うことに。
He is an investor who came with the family that talked to me. He was interested in the charity activity which is the purpose of my trip. We promised to keep in touch each other.


DSCF1842灯台はこんなポーズでいいのか?!(笑)
Is it a correct pose for the lighthouse?! (lol)





DSCF184317ランド(200円くらい?)で上ること出来ます。
Can come up to the top as 17 land (about 200 JPY?)





SANY0098灯台のライトをこんな近くで見る事は初めて@@
It was first time for me to see the light of a lighthouse as this close distance.






SANY0099このハシゴで昇降しますが急で怖い!
I used this ladder when I go up and down but it is scared!


上を昇るおばあさんのパンツは見たくなかった(失礼)
I didn't want to see a grama's underwear that she was right top of me. *my bad manners*


DSCF1844この景色は凄い!!@@
こっちは大西洋!
This view is amazing!!
This side is Atlantic Ocean!




DSCF1845こっちはインド洋!!
This side is Indian Ocean!!





DSCF1850嬉しいぞ!
So happy!






DSCF1852このポストから日本へ届くとのこと
Seemingly, a letter will reach Japan from this mailbox.











IMG_2185珍しく絵はがきを。
誰に書いているかはナイショ(笑)
I write a picture postcard uniquely.
It is secret who I wirte for. (lol)




DSCF1853











DSCF1854






DSCF1855







DSCF1858







IMG_2186南アフリカにきてようやくオートバイツーリングの方々と多く遭遇することに。話しかけてくれた親子にワールドドリームツーリングのステッカーを渡すといきなり自分のバイクに貼ってくれました(笑)
「何かあれば、力になりますよ」と名刺をくれた。(感謝)
Finally I could have chances to see some people who are having touring since I came to South Africa. When I gave the World Dream Touring sticker to the parent and child who talked to me, they put it on their motorbike. *smile*
He gave me his business card and also said "if you need any help, I will support you." *thank you*




SANY0086南アフリカは公共の標識に、ホテル情報を掲示している。
South Africa has put up hotel information for the public sign.







SANY0091






SANY0103






DSCF1860ここのロッジは良かった!オススメ!
【アグラスカントリーロッジ$70朝食込み】
This lodge was good! I can recommend to you!
[Agulhas Country Lodge $70 including breakfast]




DSCF1861部屋ごとにバルコニーが付いている^^
The balcony is attached for every room  :-)






DSCF1862夜8:00なのでこの明るさ
Even it's 8:00 pm, it is like this lightness.

夜中は寒かった。。
It was cold at midnight.




DSCF1863朝日!
The sun rise!







<Mika Igisu for Tatsuya Yamada>

【南アフリカ】キンバリー~ボーフォートウェストの旅/ [South Africa] Trip from Kimberley to Beaufort West

キンバリーの町には意外とダイヤモンド販売店がなかった。観光地にありがちなお土産用の宝石店がよく見かけるのに。ダイヤ店があれば、このブログを見てくれている皆様にダイヤモンドをパーっと買ってきて皆さんに配ろうと思ったのにザンネン!!!(笑)

There was no store of diamonds that it was unexpected in Kimberley. I can find common jewelry stores for souvenirs often such as a tourist resort though. If there is a diamond shop, I would buy diamonds for all of you who have read this blog but unfortunately there isn't!!! lol


それからこのキンバリーの町にはBMWのバイクの専門店があるそうです。時間があれば行きたかった^^; 
またハボローネとキンバリーの間にある、Mafikengという町でタイヤ交換をしようと思ったがまだもちそうだったので寄らなかったがこの町は自動車関係のお店がかなり充実したところでした。下記はバイクのタイヤショップの専門店だそうです。
Wayco Spares (Pty) Ltd  5 1st Ave , Industrial Site, Mafikeng 2745, South Africa

And it is said that the specialty store of the motorbike of BMW is located in Kimberley. I wanted to go if I could have time. ;-/ Moreover, although I thought that I would do tire exchange in a town called Mafikeng which is between Gaborone and Kimberley, since it was still likely to maintain, I did not drop in, but automobile-related stores in this town was very substantial. I heard that the following address is a specialty store of the tire shop for motorbikes.
Wayco Spares (Pty) Ltd 5 1st Ave , Industrial Site, Mafikeng 2745, South Africa


町を離れる際にガソリンスタンドに寄ると白人の店員が多い。そこがアフリカでありアフリカでない所を物語る。それが南アフリカ。

Before I leave the town, I dropped by a gas station, and there are many white staff. It is Africa and tells that it is not Africa. That's South Africa.


いや~しかし、今回は走行していて眠くなりました。それくらい超安心して走行できるほど道はきれいで、沢山のロードサービス従事者が働いているため路上の落下物、はねられた動物も少ない。不毛の地とまではいきませんが荒涼とした大地が果てしなく続きます。本当の地平線を南アフリカに来て初めてみることが出来ました。また空の青さが益々、濃くなって来ます。かなり地中海に近い色かなと感じました。途中、ハイウェイの脇にずーっと線路がありました。キンバリーはブルートレインの発着駅だそうですのそこからの線路かなと見ていました。ただアフリカに来て線路を走る汽車はまだ一度も見ていませんが。

Well, while I was driving this time, I felt sleepy. The road is so good that I feel relieved very much to drive, and since many road service pursuers are working, there are also few falling objects or hit animals on the road. Although it is not a barren ground, the desolate ground continues endlessly. Moreover, blue of the sky becomes increasingly deep. I felt that the color is similar to Mediterranean. On the way, there is the rail track on the side of the highway. Since Kimberley is an arrival-and-departure station of the Blue Train, I thought that it would be the track from there. But I've not a train which runs on a rail track since I came to Africa though.


ボーフォートウェストの町に着くといきなり雰囲気が変わります。南欧を彷彿させます。この町はオランダ改教徒の教会が有名な観光地で宿泊したロッジからすぐそこに見えます。

When I arrived at Beaufort West, the atmosphere is totally changed. It's reminiscent of South Europe. This town is a tourist resort where the church of the convert of the Netherlands is famous and I can see it very closely from the lodge that I stayed.


ロッジのおばさん曰く、「この辺りは夜でも一人歩きでも安全だよ」と。確かに町を歩いても他国と違い、日本人だからといって珍しがって見る人は少なく違和感がないです。そう言えば、一昨日のハボローネのスーパーの総菜売り場のおばちゃんに日本から来たよというと「ニイハオ」と言われました(笑)。「あのね、それは中国人の言葉だよ」と言うと「日本人と中国人は同じだと思った」と(驚)。これは子供インタビューだけでなく大人にも「日本について知っていることを聞かせて下さい」をやらないといけない!と思った次第です。(笑)

A lady from the lodge said "Here is safe area even you walk alone at night." Actually even if I walk along the town, there are less people who look at me because I'm Japanese as unlike other countries, so I don't feel uncomfortable. Well, when I went to a supermarket in Gaborone, I told the middle-age lady from the Deli here that I came from Japan then she said "Nihao" to me. (lol) I said "Well, it's Chinese. " then she said "I thought Japanese and Chinese are same." *surprise* I thought at that time that not only I give kid's interviews but also I need to ask to grownups that "Please tell me about Japan that you know."


DSCF1636キンバリーのホテル
【SAVOY HOTEL:$109 朝食込み】
住所は"De Beers"です!ダイヤの町^^!
夜中、町中で大騒ぎのパーティ?がありウルサかった。私はいつもレースで使っていた耳栓をしているので大丈夫でしたが。

The hotel in Kimberley
[SAYOY HOTEL: $109 including breakfast]
The address is "De Beers"! It's the diamond town! :-)
It was noisy at night because there is a big party(?) in the town in all night. I used my earplugs which I had used at my race, so I was fine though.


DSCF1641アフリカに来て初のマック発見!!入りたかった。。(笑)

I found the first Mc Donald since I came to Africa!! I wanted to go... lol






DSCF1645ガソリンスタンド。
白人の店員のほうが多いくらい?

Gas station.
There are more a white's salesclerks?






DSCF1646 15-31-40ハイウェイの脇をブルートレイン?の線路が走る。

The rail track of the Blue Train (?) runs the side of the highway.






DSCF1648休憩エリアも立派に完備されているところが南アフリカ!

It is wonderfully equipped fully with break area in South Africa!






DSCF1651空の青さに見とれてつい空だけ撮影してしまいました!(笑)

I was fascinated by the blue sky and I have taken picture only the sky in spite of myself! (lol)






DSCF1655影の自分取り(笑)

Take picture of my shadow by myself. (lol)







DSCF1663BMW、調子良く走ってくれています。

BMW is working well.







DSCF1665やったばかりのトレーラーの事故

It's just happened the accident of the trailer.







DSCF1669正午近くなっても寒いままなので不思議に思っていたら高度がどんどん高くなって行きました。(標高1300M超え)

Since I feel still cold even it became near noon, when I was wondering, the altitude became high. (Over altitude 1300 m)





DSCF1681寒いのでカッパを来ています。

I'm wearing my rain-wear because it's cold.







DSCF1689荒涼とした大地が永遠に続く

The desolate ground continues forever.







DSCF1692ピラミッドか!と思ったら自然の造形物でした。

I thought it's the pyramid but it was just the object from the nature.






DSCF1695ボーフォートウェストの町並み

The townscape of Beaufort West.







DSCF1697オランダ改教徒が作った教会

It is the church which converts of Netherlands built.







DSCF1698営業中の店でもほとんど鉄格子で閉められている入り口が多い

Even it is opened, there are many entrances at which almost is shut by the iron grille.






DSCF1699 15-40-10ハングリータイガーという私が好きだった店が日本にあるが、ここはハングリーライオンだって(笑)

Although there is one of my favorite store in Japan which is called Hungry Tiger, it is even Hungry Lion here. (lol)





DSCF1700やっているのか、閉まっているのか?(笑)

Is it opened or closed? (lol)







DSCF1704 15-31-40タイヤ空気圧ゲージを購入した店で案内してくれたお姉さん。ちなみにロッジのオバ(あ?)ちゃんも白人女性でした。

It is young lady guided in the store which I purchased the air pressure gauge of tires. The old lady of the lodge was also white.



<Mika Igisu for Tatsuya Yamada>
和光小学校 岐阜市立鶉小学校

世界各国の子どもたちの声をお届けします。

Twitter


結婚レシピ
チャリティプラットホーム・ジャストギビング
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ