株式会社 山木商行 FUKUDA サンシャインスキューバ アライヘルメット ラフ&ロード スピード☆スター RKジャパン ツアラテックジャパン 岡田商事 YONEZO

#WORLD DREAM TOURING

“世界の子供の希望と夢を発信します”

Gabonese(ガボン)

リーブルヴィル(ガボン)~エメロウド(カメルーン)の旅

2011年3月13日(日)
昨日の土曜日、在ガボン大使館員の古川さんが私の泊まっているホテルまでわざわざ来てくれ、ガボン他、私が今後向かう国について多くの情報を伝えてくださった。またナイジェリアのビザの入国の有効期限が迫っていることが改めて確認出来たので旅の移動を急がねばならない。今日は出来る限りカメルーンに近づきたいのでオイエムに到着出来れば最高!・・と思いながらリーブルヴィルを早朝6:00過ぎに出発。ホテルを出てN1国道に向かう時右側に奇麗な砂浜があることに気付いた。街を離れる日になってのことだ。ここ数日、風景をゆっくり楽しむ余裕がなかったことに改めて気付く。ビフンまでは首都につながる唯一の国道なのにアスファルトが穴ぼこだらけ。注意していないとバイクなら大転倒につながる箇所もいくつもある。多くの車が足回りをやられエンコしてその場で修理、または道端に置き去りにしてある。しかしながら私にとってこのアスファルトの道は極楽そのもの。結果的にこの日は一部未舗装路を含め700キロ弱を一気に走り切り、オイエムを過ぎ、ガボンを抜けカメルーンに入国した。コンゴではこの距離を走るのに一週間かかったが今日は一日だ。まるで親のカタキをとるように(?)アスファルトの道を攻め続けた(笑)。 途中、いくつものポリスストップがあったがガボンの警察や憲兵は一度も私を停めることなく「通過して下さい」と言うだけ。国境も含め、賄賂の請求も一円たりとも無かった。道を走っていると多くの人が素晴らしい笑顔で手を振ってくれる。「Give me money」のジェスチャーではない。トラックの荷台に乗っている人までも素敵な笑顔で挨拶を向こうからしてくれる。ロペ近くの村でコーラを飲んだ時、その店主が「ガボン、セボン(good)」とフランス語のシャレを言っていたが凄く納得する(笑) 道の良さと人の温厚さや、政治情勢の安定性は比例していると肌で感じた旅である。「罪を憎んで人を憎まず」に則って考えれば、アンゴラの途中からDRC(コンゴ民)、コンゴ共まで憲兵、ポリス、国境役人などの賄賂の請求はすごい(酷い)ものがあったが様々な意見、情報を聞く中で納得も出来てくる。彼らはとても低い賃金でその職に着き、有事の際には最前線で活動せねばならない。ほとんどまともな訓練も知識も受けていないという中でだ。一般の方同士でも沢山の人がお金のやり取りをしているのを目にする。ちょっとしたことを頼めばお互いチップの支払いを日常的に行う。だから役人が旅人を見ればお金を持っている人とみなし、経済学的に言えば本能的に税金がわりに徴収してそのまま自分の収益にして収入を確保するという微妙なバランスをとっているようにも思えた。
さて、道の状態が良い事に一気に国境まで行くと、ガボンの出口オフィスで、カルネのスタンプはお押すけど、パスポートの出国スタンプはここから30キロ戻ったビタムという町のイミグレーションでハンコを押してもらわないといけないという。仕方がないので戻ることに。また一つ、国境に関する勉強が出来た(笑)。カメルーン側の国境でパスポートに入国スタンプを押してもらったのが17:30。もう暗くなり始めている。国境過ぎにすぐ村がありホテルらしき看板があり人がいたので聞くと泊まっていけという。そしてその人は警察官でカルネは500m先のジェンダメリーオフィスでというので行くとすでにパジャマ姿になった役人が出て来てハンコを押してくれた。皆とても親切。ホテルはベッドだけがある部屋。
【ホテルEMERAUDE 10000シーファーフラン(1700円)素泊まり】
夕食をお願いすると何が食べたい?と聞くので無難なチキンと答えると、そこの中学生くらいの娘が食材を買いに出ていった。するとチキンがもう無いのでフィッシュでもいいかというのでOKだよと。小一時間ほど待つと魚料理の夕食を出してくれた。何の魚か不明だが(笑)美味しくいただけた。コーラ込みで約1500円。総じてアフリカの食事は比較的高いです。。
辺りが真っ暗になったところで宿の発電機のエンジンが掛かった。部屋の電灯がつく。真夜中になって発電機が停まると共に部屋の電気も使えなくなる。あとは供給されたアルコールランプだけが頼り。風呂も水道も無いが宿を確保出来ただけでも一安心なので熟睡する。

DSCF3214

ここもいつかゆっくり来てみたい街だ








DSCF3215

明け方の海岸線を走る








DSCF3217

分岐点になっているビフンという町。もしコンゴでドリジー経由で北上してきたらこの標識でいうと右から来る事になっていた。結構、感動。




IMG_2755

ミシュラン地図の赤線が破線になっているところは要注意部分。アンゴラ、コンゴではエライ目にあったところ。












IMG_2761

しかしこのガボンではこの通り超~美しい完全舗装路!何を信じればいいの!?(笑)











IMG_2763

カメルーンの国境を超えた村。ホテルの看板と経営者で女性警察官でもある。











IMG_2764

魚料理と食用バナナ。結構、美味。







【ガボン】ロペ~リーブルヴィル

2011年3月11日(金)前日に朝食を6:30にと頼んでおいたのでその時間に食べる場所に行ってみると用意していないという。これもアフリカ、もう慣れました(笑)

フランスヴィルでもらったパンが一つ残っていたのでそれを部屋でかじりサプリをとって朝食終了。チェックアウトを済ませ今日も霧の中、ロペのモーテルを出発。霧のせいでシールドが曇り中々ペースを上げて走ることが出来ない。コルゲーション(波状路)がかなりひどいがコンゴの道から比べると天国!(笑) インターネットが使えなくなって早10日ほど経つので確実に使える首都リーブルヴィルに行く事にした。ロペからリーブルヴィルまで360キロほど。その内の3分の1くらいがダートだ。ただアスファルト部では穴がひどく、よけて走るのには苦労する。到着したホテルはかなり設備が充実しているため値段は高いがインターネットが必要なたまった作業が出来るのでよしとする。
【Oukoume Palace International USD232 】
インターネットをノートPCにつないでみると膨大なメールが届いている。連絡がとれず多くの方に大変ご迷惑をかけた。この場を借りてお詫びいたしますm(__)m 家族に連絡してわかったのが日本で東北沖大地震があり多くの方が被災したと。このガボンのホテルのロビーでも、部屋のTVでもずーっとCNNでこのニュースが流れている。アメリカの友人、マット&リサからも私の旅のことについては短く終わらせて(笑)、日本の私の家族、知人について心配のメールをよこしてくれた。世界中の人が日本を心配している。被災された方、その知人の方に深くお見舞いを申し上げたい。
コンゴで多大にお世話になった在コンゴ日本大使館の方から改めて私の安否の確認と在ガボン日本大使館の連絡先を知らせるメールが届いていた。早速、ガボンの担当者の方に電話をかけてみると既に私の存在を知っていた。コンゴの日本大使館の方以外に、私と入れ違いでリーブルヴィルを出発し、アフリカをバイクで走っている二名の日本人から私の存在を聞いたという。そのご夫婦は私のブログを見て頂いて知ったと。また偶然にもフランスヴィルのホテルで一緒だったアメリカ人親子もこのお二人と出会っていて私に話しをしてくれていた。(業務連絡です(笑):TAKAOさん?このブログを確認されたらよろしければご連絡下さいtrp@jp.bigplanet.comまで)そういえば、私がブラザビルを出発して二日後に到着したロテテという町で出会ったバイクが壊れてトラックに積んでいたドイツ人ライダーのことをアメリカ人親子がガボン入国前で出会っていてバイクが元気な頃の(笑)彼のことを知っていた。世界に出ていても世の中狭い!と感じた。
このホテルはなんと、バスタブがある!!久しぶりにゆっくり浸かってみた。超、幸せ。。

しかし改めて日本の惨状の新しい情報を見る度に胸が痛む。早く余震が収まりますように。そしてこれ以上の被害が出ないように祈ります。



DSCF3201
ロペは国立公園がある素敵な場所。朝日を浴びて出発。





DSCF3204

こんなに低い位置に雲がかかる。








DSCF3205

いくつもの川を渡りながら国立公園を抜けて行く。







DSCF3210

やっとリーブルヴィルのホテルに到着すると日本が大惨事に!!







DSCF3211

ひっきりなしに日本の地震についての報道が行われ、ホテルにいる人もTVに釘付け。






【ガボン】フランスヴィル滞在2

2011年3月9日(水)

朝食後、トムの娘(ジャネット)とお互いの地図を広げ情報交換。また車の保険について情報をもらったので今日、このフランスヴィルの町で加入することにした。ランドリー第二弾をホテルに預けホテルフロントで保険屋の場所を聞いているとホテルスタッフ、サクリーが一緒に行っていくれると言う。ガボン人とても親切!一緒にタクシーに乗りホテルとセンター市場(ポトノ)の間くらいにある保険屋の事務所にいって8カ国ほどカバーする保険に加入した。日本円にすると20000円超えで痛い出費だが警察に停められ面倒な話しをすることも含めて考えると無論加入しておいたほうがいい。昨日行った銀行に行くと今日はビザカードが使えなくなっていた。マスターカードでチャレンジすると大丈夫だった。

ホテルに戻りバイクの整備を開始。今日はついにフロントブレーキパッドを交換。(走行距離:15000キロ)あとわずかでパッドが無くなるギリギリだった!(焦)このバイクのブレーキパッドを交換するのは初めてだったの一部作業が進まなくなった時に日本で24時間体制(笑)でいてくれる岐阜のバイクショップ経営の小藤さんに電話(日本時間1:00くらい)。 お陰様で構造の確認が出来たのでその後は順調に進んだ。チェーン調整、オイル給油。タイヤ空気圧チェック。その他、各部調整。その作業をしている最中、トムとジャネットのランドクルーザーはコンゴへ向かうため別れの挨拶をした。荷物の整理、清掃をしているとあっという間に日がくれた。明日のルートを確認しながら一人で夕食を取る。ここの料理はとても美味しかったので疲れも癒された気がする。もう数日ゆっくりしたいがそうもいかない。すでに当初の予定より半月の遅れが出ている。しかい焦ることなく安全第一で進んで行きたい。

1

フランスヴィルの観光地?珍しいピラミッド型の教会。













2













DSCF3178

フランスヴィルホテルの部屋。この普通さに感動!!(笑)






DSCF3180

バイクは部屋のすぐ前に置かせてもらう。







DSCF3181

思わず飛び込んだプール!(嬉)








DSCF3182

このゲートをくぐった時、「助かった・・」声が出た(笑)







DSCF3183

フランスヴィルは丘陵地の美しい町。








DSCF3184

ホテル玄関








DSCF3186

こんな素晴らしい食事にありつけた(涙)キバサとマルタンにも食べさせたかった。。






【ガボン】フランスヴィル滞在1

2011年3月8日(火) 夜寝てる最中、足の筋肉のひどい痙攣に見舞われ悶絶した。原因は水分不足の状態で筋肉を酷使してきたためだろう。体をしっかり休めるためにゆっくり、じっくり寝ていたいが朝一で警察署に行きパスポートに入国スタンプをおしてもらわないといけない。早めに起き、朝食をとり、洗濯をし、いくつかはホテルのランドリーサービスに頼んだ。ホテルを出て警察に行き、無事パスポートとカルネにスタンプをもらった。実はカルネはコンゴで入国は押してもらったが出国がバンマバという不思議なイミグレーションで押してもらわないまま出てしまったので少々不安だったが問題がなかった。ただこのフランスヴィルもパスポートのスタンプを押す人(イミグレーション=入国審査)と、カルネにスタンプを押す人(カスタム=税関)は普通違う窓口なのだが同じ人が同じハンコで押していて不思議だった(笑) 確認してみるが大丈夫だと言う。若干不安だがまあいいか(苦笑)今日も作業メニューは多い。町を走っていると車の整備工場があったので入り口にいる人に声をかけると笑顔のよい若者(アッセン)が少し英語が話せたので転倒とトラックにバイクを積んで移動した際に損傷した部分を直してもらいたい旨を説明するとすぐやるという。ハンドルが曲がってしまってハンドルロックが出来なくなってしまった部分と、サイドスタンドが湾曲してしまったためバイクが倒れてしまうところを直してもらう。約一時間くらいの作業後、ほぼ良い状態に直してくれた。ガボンのメカニック達はかなり日本人的で良い腕前だった。「コンビアン?(いくら?)」と聞くとみんながビールが飲めれば良いよと。5000シーファーフラン(約850円)と言われ支払った。有り難い。

次は携帯電話のSIMカードを買いたいがアフリカの他国のように道ばたで売っている気配がない。人に聞いても町の中心地にいかないとないという。途中ガソリンスタンドで満タンにし併設のコンビニ店で必要品を購入し、中心地「ポトノ」へ向かう。途中で日曜大工用品店のような店によりマルタンにあげた軍手の変わりを探すが同じものがない。似たもの見つけて妥協。その後、やっと携帯電話ショップを見つけた。このフランスヴィルでは日本と同じように身分証明の情報を入力して始めて電話番号を得るSIMカードを購入することが出来るようだ。センター市場を少し歩いたあと、バイクの洗車をしてもらった。汚れが激しい途上国の道路事情なのでどの町にも洗車屋さんがある。この町では1500シーファーフラン(260円)だった。銀行によりお金を下ろしたいが二件目の銀行でビザカードが使えた。ただかなり動きが不安定でたまに機械が停止していた。あっと言う間に陽が傾き始めたころホテルに戻りまだ暑さがひかないので思わずホテルのプールに飛び込んだ。ドエライ(岐阜弁でスゴイ)気持ちいい!!また生きている実感がしみじみ湧いて来た(嬉) プールで話しかけてくれる人がいる。スイス在住の初老のアメリカ人(トム)で娘さんと二人で車でスイスから南アフリカまで行く人だった。ちょうど私がこれから行く道を彼らが走ってきて、私が走って来た道を彼らが行くところだったのでお互い貴重な情報交換が出来た。彼らはほぼ良い道を走って来たので私の情報を聞き、これから経験するだろうひどい悪路について頭を抱えて苦笑していた。


IMG_2678

かなり適切な作業で修理を進めてくれた。








IMG_2679

修理工場の人々と仲間達!








IMG_2681

丘の上に大統領の像がそびえ立つ。このあたりの出身だそう。







IMG_2682

街で最も広い道の両脇に観覧席がある。軍隊のセレモニーを行う時に使うとのこと。







IMG_2684

ポトノの町中。日本人の私を見ても誰も珍しがらない、気にしない、今までのアフリカ他国と違うと感じた。






【ガボン】フランスヴィル(代筆)

代筆です。
 
It's on behalf of Tatsuya Yamada.

ようやくコンゴ民主共和国を抜け、ガボンに入国しました。
今日はフランスヴィルという街に着きました。
インターネットはまだつながりませんが、2・3日滞在する予定です。
2・3日後にリーブルヴィルに向かうか、直接カメルーンに向かう予定です。
 
Finally I passed through DRC Congo and came into Gabon.
I arrived at Franceville today.
I still cannot have internet connection but I will stay here for few days.
I'm planning to go toward to Libreville or Cameroon directly after few days.


WDT事務局が代筆しました~

- WDT Head Office wrote this on behalf of Tatsuya Yamada-

~WDT事務局による追記です~
フランスヴィル(Franceville)という町は、緯度経度:-1.646349,13.595581 (GoogleMapsで検索するとその地点が表示されます)付近
コンゴ共和国のコモノ(Komono)から道のりベースで北方向に約265kmの地点です。

-Been added by WDT Head Office- 
A town called Franceville,
Latitude longitude: -1.646349 and 13.595581  (It will be displayed if it refers to GoogleMaps). 
It is about 265 km point for north directions on Komono of Republic of the Congo to a distance basis. 

<Mika Igisu for Tatsuya Yamada>
和光小学校 岐阜市立鶉小学校

世界各国の子どもたちの声をお届けします。

Twitter


結婚レシピ
チャリティプラットホーム・ジャストギビング
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ