株式会社 山木商行 FUKUDA サンシャインスキューバ アライヘルメット ラフ&ロード スピード☆スター RKジャパン ツアラテックジャパン 岡田商事 YONEZO

#WORLD DREAM TOURING

“世界の子供の希望と夢を発信します”

Mauritania(モーリタニア)

ヌアディブ(モーリタニア)~ダクラ(モロッコ)の旅

 

2011年4月14日(木)


今日はいよいよアフリカ大陸最後の国、モロッコに入国します!

温めてくれたパンとコーヒーの朝食を済ませた後、チェックアウト。仲良くなった守衛とお別れの挨拶をし、ホテルを後にする。

40キロ先にモーリタニアとモロッコ(西サハラ)との国境がある。その途中でも子供インタビューがどこかで出来ないか考えながら走るがやはり人影が全くないに等しく難しそうだ。

DSCF4674







そして、寒い!!
気温は18度。
バイクで時速100キロ以上で走ると冬を思わせる寒さになる。
オールシーズンタイプのライディングジャケット(ラフ&ロード)の上にレインウエアを着る。

国境へ行く道が工事で寸断されていたので少し回り道。
どこを走って良いか判らないww(汗) 
道というより、砂漠の上を車が走ったあとを通るだけ()
タイヤの跡を見失ったらアウトだ。(怖)

DSCF4679






モーリタニア側の国境に到着。
私の旅程では、改めて黒人社会が終わったことを知らされる。
もう、国境係官に黒人は存在しない。 


モーリタニア側の国境で、イミグレーションに行きパスポートに、カスタムではカルネにそれぞれハンコを押してもらう。
次は現金の両替。モーリタニアでしか使わないウギアからモロッコ/ディルハムへ変える。両替屋さんも皆、必死ではあるが良心的なレートだと思う。 

ついに出国と思いゲートを出るとジェンダメリー(憲兵)に呼び戻される。

「オフィスでのパスポートチェックを行っていないのでなんで出る~!!」

と怒っているが笑顔で対応しているとすぐに終わりどうでもよくなる()

ついにモーリタニアを出国し、いよいよアフリカ最後の国、モロッコへ。ただこのモロッコは「西サハラ問題」というものがあり、「西サハラ」という亡命政府が存在し、モロッコの南半分を独自の国であると主張している地域になっている。クーデターや戦争は現在起こっていないが国際問題の一つ。
ただ事実上は完全にモロッコ政府がコントロールしている。

モーリタニア国境を出てから3キロほど道でない道(悪路)を行くとモロッコ側の国境に着く。
ここでは時間がかかった。
イミグレーションでのハンコはすんなり。
ただカルネに変わるバイクの一時輸入許可証をもらうのに人が多いのと、フランス語がわからずいろんな人に尋ねて回った為、モロッコ国境を出たのはほぼ正午。
ただ、モーリタニア、モロッコともに手数料/賄賂の請求は一円もなく、人も良い。
困っていると誰かが寄って来てアドバイスをしてくれる。


私の旅は一人だから困ることが多い。困るからなんとかしようとする。なんとかしようとするから手を貸してくれる人が登場してくれる。そして苦しいから親切に対し、深く感謝できる。今まで不感症になっていた大切なことに敏感に感じることが出来てくる。

さあ、いよいよにダクラに向かう。ちなみに日本語表記だと「ダクラ」だが、現地の人の発音は「ダカール」。

セネガルのダカールとほぼ同じで混乱することが多かった。

ダクラに向かうにあたってお腹がすいたので国境出口にあるレストランで食事をしようかとも思うが時間も遅くなっているため、とりあえず出発することにした。

ここからまだ350キロほどあるので途中、休憩するときにでも何か食べようかと。


・・3時間半後・・・

無休憩でダクラに到着。


途中、ガソリンリザーブタンクのコックをオンにするために停まった以外はずっと走り続けた。

実は、途中、休憩する町がなかった(笑)

ごくわずかガソリンスタンドとそこに併設する店が二軒ほどあったがこの区間ほぼ村も、集落も、ほぼ無いといっていい。

今までのアフリカとまったく違う点のまた一つだ。

ポリスストップ(検問)も一つもない。あれだけ頻繁にあったモーリタニアと全然違うのでビックリ。。この制度の違いはなんだと思う。。

最後、ダクラの街に入るとき、一度あっただけ。

モーリタニアあたりから運転のマナーが良くなってきた。バイクの私を抜いてい車はほぼウインカーを出すし、私が追い越そうとする時は運転手がわざわざ手を出して抜いて良いよというジェスチャーをしてくれる人も多い。

あと虫が全然、飛んでない。

今までは一日の移動が終わるとヘルメットのシールドにびっちりと虫の死骸がへばりついていて、走行途中、またホテルでそれを取り除くことが日課となっていたが一匹もついていないことに驚く。よほど乾燥しているからなのか。虫が寄る植物が存在しないからなのか。。


DSCF4686道の右と左。空の色が違うのがわかりますか?

右は地面に反射され白っぽく、




DSCF4688左は大西洋の海の青さが反射しています。

空の色まで変える大地と海。






DSCF4700この世のものとは思えない景色が続きます。







DSCF4711海辺にあった3軒のみの村。

海を前に何を考え、どんな生活、どんな人生なんだろうか。






DSCF4721まるでスキー場!?と思わせる白い砂漠の大地







DSCF4722








DSCF4737








DSCF4753何かいる!!

・・またラクダでした。。






DSCF4757疲れが吹き飛ぶ、景色!

「ウオー!!」

と叫びながら走っています(笑)



35)蜃気楼に遭遇!ww







DSCF4780大西洋へ向かうダクラ半島








DSCF4783砂で出来てた海岸線






01














DSCF4795ダクラ市街地が見えて来た!








DSCF4800何とも言えない街の入り口のゲート(笑)










DSCF4802街はとってもきれい!








DSCF4804集合住宅?








DSCF4806美しい街並み!








DSCF4807空港近くにリージェンシーホテルがあった。







DSCF4809海沿いの道もとっても素敵な作り♪








DSCF4810この先の左側が私の滞在ホテルです。






【BEST WESTERN BABAL 100MD(1万円)フル完備 Wi-Fi無料/超速】

(気候が良いためエアコン設備なし)

ホテルに入りTVを確認すると全てアラビア語と一部フランス語で英語の番組は皆無でCNNさえ映らない。

でも笑ったのはTVショッピングの番組は日本同様やっていて盛況のようです。

売っている商品はイスラム教に関するグッズ(容器?)だった(笑)

 

気がつくとセネガルのダカールを出発して連続走行が4日目となり、その内、国境超えが二度ありました。

このホテルが気に行ったのと休息を兼ねてもう一泊することにします。

部屋の目の前は大西洋の入り江で、透き通るエメラルドグリーンがきらめいています☆

 

アフリカ最後の国に入国し思うことは全ての国で人が優しかったこと。困っている人を助けようとする気持ちが強い人が多いこと。

 

でも、今の日本は全然負けていない。遠くから日本を見ていてそう思う。

 

【モーリタニア】ヌアクショット〜ヌアディブの旅

2011年4月13日(水)

モーリタニアの首都ヌアクショットを出発し町の中心でガソリンを入れヌアディブへ向かいます。

 

 

バイクを停める度、物乞いの子供が寄ってくる。

町を走る車は高級車も多く、人の暮らしは悪くない気がするが実は貧富の差がとても大きい。

またこのヌアクショットは人口はすごい勢いで増えているそうだが、砂丘の拡大に悩みを持つ町になっているという。本当に砂だらけの町だ。

 

町を抜け、ヌアディブに向かう幹線道に入るといきなり走りやすいハイウェイ!

ものすごく気持ちがいい♪

ヌアディブまで460キロほどだがこの調子だと4~5時間で着きそう☆

人口の少なさに起因してか、人の飛び出しや遅い車にひっかかることなどもない。

唯一、注意しなければならないのはラクダの横断。ラクダと衝突したらどんなだろう?とわけのわからないことも考えてみるが、実際に、はねられたものがたまに横たわっている。

 

最も想定外で時間がとられるのがポリスストップ。距離30キロ~50キロ毎くらいにありその都度パスポートのコピーの要求する。パスポートのコピーの用意などしていないのでその旨を告げると半分以上の場所で控えを取るためパスポートを5分ほど預ける。結局、ヌアディブまで10回ほどそれがあった。

もちろん彼らのお蔭で犯罪者が入国、また活動を未然に防いでいるわけなので気持ちよく協力することにする。そして警官全員、気持ちよい対応をしてくれる人ばかりで良かった。

一度、超イケメンの警官がターバンを巻いていたので写真を撮っていいか尋ねて許可を得て撮影しその検問を去るとなんと次の検問で、

 

「前の検問で撮影したものを削除してくれ」言う。

 

律儀だね(笑)

 

ヌアディブまでは砂丘を駆け下りてくる強風の道のりだった。

そして、怖いほど人がいない道が長く続く。

 

460キロの走行後、ヌアディブに到着。

驚くのは寒いこと!午後一なのに20度ほどまで下がっている。

そしてここは半島を二分して片方はモロッコ(西サハラ)の領域だ。

西サハラ側がどうなっているかが気になるところ。

 

予約はしていないが目当てのホテルに到着し空きがあったのでチェックイン。

セネガル以降の特徴として比較的価格が手頃できれいな作りでセンスも良い。

連泊してもいいと思うホテルが増えて来た。(笑)

 

【HOTEL SAHEL 27500UG(8200円)朝食付き フル完備(バスタブはなし)】

 

子供インタビューをここで挑戦したいと思いホテルスタッフに相談するが、

このあたりは子供がいないと言って断られた。人口が少ないことがここでも影響した。

 

ホテルの近くに中華レストランがある!

このヌアディブは西アフリカの最果ての地というイメージをバイクで走って来て思ったが、

本当にどこにでも中国人が居ることに驚く。

アフリカを旅しての私の実感する脅威として中国とイスラムの台頭が挙げられる。

その中華レストランに行き子供インタビューの依頼を兼ねて食事をしにいく。

英語が出来ないようなので子供関係は難しそうだったが食事は美味しく、やはりたまには箸で食べる食事をとるとほっとする。

 

~画像集~

DSCF4576全ての家、お店の軒先は砂で覆われています







DSCF4584町を離れてすぐの幹線道はとってもきれい!







DSCF4590幾度もある検問。

砂漠のど真ん中に、ポツンとあります。

砂嵐の中で警官達は仕事をしています。




DSCF4593点在する村の住居

 

 

 

 

DSCF4597何かいる?








DSCF4598ラクダです^^!








DSCF4601気温は23度。これくらいなら調度いいです。







DSCF4613一軒、一軒が離れて生活しています。

これも今までのアフリカと違うところ。






DSCF4615大西洋沿岸の空の砂漠の中をひた走ります!







DSCF4623








DSCF4627砂丘群







DSCF4631この先が国立公園







DSCF4634








DSCF4636








DSCF4647強風で傾いた家








DSCF4668ヌアディブ半島に入り込む入り江の始まり








DSCF4671ヌアディブの中心地

小さく静かな町です

IMG_3252

際立って良いホテルがありました






IMG_3251
100mほど離れたところにある中華レストラン







IMG_3250少なめで注文したら、全て小鉢でラーメン、チャーハン、水餃子を出してくれました。

ミネラルウォーター込みで900円








明日は、モロッコ入国です!!^^





















 

 

和光小学校 岐阜市立鶉小学校

世界各国の子どもたちの声をお届けします。

Twitter


結婚レシピ
チャリティプラットホーム・ジャストギビング
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ