株式会社 山木商行 FUKUDA サンシャインスキューバ アライヘルメット ラフ&ロード スピード☆スター RKジャパン ツアラテックジャパン 岡田商事 YONEZO

#WORLD DREAM TOURING

“世界の子供の希望と夢を発信します”

Burkina Faso(ブルキナファソ)

ボボディラッソ(ブルキナファソ)~シカソ(マリ)

2011年4月1日(金)

 

朝、出発しようとするとフランス人のヤノさんが声を掛けて来た。

長年、アフリカで仕事をしているとことで、フランスの自宅には

ヤマハとハーレーを持つバイク好きだ。

「もう、お金は必要としないが仕事を維持させて、楽しむ人生を送っているよ」

と。うらやましいことを仰る。

アフリカに来てビジネスで成功した人と会うことが多いが、

ラッキーや譲り受けたものでなく皆、

最高にベストを尽くした結果だとオーラで感じられる。

 

そして家族は?と聞くと

 

「finish.」

 

と答えた(笑)

二人の子供は成人してそれぞれニューヨークとドバイにいるという。

皆いろいろ人生、面白い。

ヤノさんから名刺をもらい、フランスに着いたら是非連絡をするよう言われる。

今から再会が楽しみだ。

 

世界中に友人が出来ることはこの旅の醍醐味。

それも多くの方が向こうから声をかけてくれるので助かる。

 

マリに向かうに当たり、ルートを変更した。

当初は景勝地でもあるモプティ、セグといったマリ北部方面に

行く予定だったがやめてシカソを経由しバマコに向かうことにする。

 

理由は、

 

腰の痛みが強くなってきているので

しばらくは少しでも短い移動距離にしておきたいこと、

 

近況のマリ北部はアルカイダの活動が活発になっており

外国人が拉致、殺害される事件が起こっていること、

 

私の旅の第一の目的は景観地を見ることでないことなど・・

 

を総合的に考えボボディラッソから直線的に首都バマコに向かうルートをチョイスすることにした。

 

道のコンディションが若干不安ではあったが、

出発してみると終止良い状態だった。

 

ブルキナファソの西端地区は家屋の作りが南部と違っていることもわかる。

オーソドックスな円形の壁に藁葺きの屋根だ、

 

何か儀式があったらしく、

上半身、裸の男性のいくつもに分かれた小隊が道を行進している。

 

上半身裸体の女性もたまに見かけるが、

これは部族による習慣のようだ。

 

下半身を丸出しにして、街の中心を歩く男性も見かけたが、

たぶんそれはただの変態のようだ(笑)

 

ブルキナとマリの国境も、皆、好意的で簡単に終了できた。

ブルキナファソはカルネ加盟国なので、入国時と同様に出国スタンプを押してもらい、

マリ共和国はカルネ非加盟国なので、カルネを出さず一時輸入許可証?カルネ代わりになる書類を作成してもらい順調に終了。

(書類作成料:5000セーファー;850円)

 

国境を超え50キロほど走るとシカソの町に入る。

マリは90%の国民がイスラム教と言われており、

特徴的な服装の方の多さがそれを物語る。

 

また途中の道に牛の放牧が一段と増えてきた。

ヤギは相変わらずどこでも飼われていて道を往来している。

どこにでもいるのだが、赤ちゃんヤギはいつ見ても可愛い。

 

ちなみに、皆さんは知っていました?

ヤギの赤ちゃんは何と鳴くか。

 

「やーぎ」「ヤーギ」

 

ですよ(笑)

 

地元の人の足となって活躍するミニバスには

利用者の荷物が屋根に山ほど積んである。

自転車やちょっとした家具や、その他何でも。

あるとき、赤ちゃんが泣くような大きな声が

するのでその方向に目をやると、車の屋根にヤギの赤ちゃんが積んであり、

それを下ろす時に、すごい声を出して鳴いていた。

 

 

シカソの町に入る。

小さな町だが活気があって楽しそう。

停車して足を地面に着く度に激痛が走るので

町のあちこちを撮影出来ないのも辛い。。

 

予約してないが、ロンリープラネットに掲載されていた

ホテルを訪れると空きがあるのでチェックイン。

【ホテルタタ 2400円 エアコン/お湯シャワー/TV不調】

※インターネットなし

 

昼食がまだだったのでホテルのレストランに行くと、

メニューにオムレツがあるので頼んでみた。

1000セーファー(170円安!)

夕食はスバゲッティ、こちらも1000セーファー!^^

もちろん、味はソコソコ。。

 

ここでも早めに休養し明日のバマコへ向けて体調を整えたい。

バマコの滞在中に、電話を使ってのラジオ出演がある。

またマリでは子供インタビューのアポがとれていないのでこのバマコで

何とかトライしたいと思う。

 

子供の純粋な夢を語る内容は、私にとって元気の源。

そして今、大変な日本の方への力になれるとも強く信じている。



DSCF3960ヤギさんならぬ、ヤノさん。

何かで成功を収めた方はどこかしら良いオーラがある。




DSCF3963裸祭りか?!







DSCF3965広大な田園風景が広がるマリ







DSCF3968シカソの町に到着。







DSCF3970中心地のマーケット







DSCF3971ホテルのレストランで頼んだオムレツ。

フランスパンと、まさに卵のみ。

これで170円なのでOK!

【ブルキナファソ】ワガドグ~ボボディラソの旅

2011年3月31日(木)

 

「我が屋」http://www5.hp-ez.com/hp/wagaya/page1

の飯田さんからボボディラッソに向かう途中の見所を教わった。

「町を抜けて10キロほど向かったところに面白いところがあるよ」と。

 

なんでもワニが沢山生息しており、そこで生きたニワトリを200~300円ほどで

買うことが出来、釣り竿のようなものに餌としてそのニワトリをぶら下げて、

ワニの頭上に垂らすと、ワニが水中からがぶっ!!!

と出て来ると。。

ニワトリは必死の雄叫びを上げ、
ワニはワニでニワトリを懸命に食べようとする。

そんな光景を見るんだそう。。スゴイところだ。。(苦笑)

 

しかし、なんと今朝、道を一本間違えてしまいそこを通ることが出来なかった。

飯田さん、せっかく教えて頂いたのご免なさい。

 

またボボディラッソから50キロほど先にいったところに溶岩の後が滝で覆われている景観が素晴らしいところがあるとこちらも教えて下さった。

ただ、今朝、問題発生。。持病の腰痛が再発してしまった。

レース時代、ずっと抱えていた爆弾で最後は引退の原因となった。

手術をしてもう8年経つが、ここのところの異常な暑さでバイクに乗る時はいつも装着していたスポーツコルセットをクマシから外したことが原因になってしまった。

しかしコルセットって凄い。
また装着するとすぐに痛みが半分ほどに和らぐ。

うーん、侮れない。
日本と違い凹凸がすごい道路事情なのでなめてちゃダメだね。

 

なので今朝、ブルキナでもう一泊か・・?ということも考えたが、

次の町に進まないとならない日程の理由があるので痛みをこらえ出発。

 

そういえば、ブルキナに入ったらiPhoneのローミングが再び途切れた。

そしていろんな国で購入したSIMを専用携帯に入れてみると、

ガボンで購入したSIMがこのブルキナで使える。これも不思議(笑)

 

ボボのホテルは予約をしていなかったが目指す所に訪問すると空きがあるとのことで

チェックイン。

Hotel Restaurant Les 2 Palmiers 39500CFA(7000円)エアコン/TV

 

またホテルの至近に洗車場があったので依頼した。370円。

 

早めにボボに着いて今日は安静にしていようと思う。

ただ、バイクのルーティン整備はしないとならない。

明日は、もうブルキナと別れマリに入国。

ルートを変更してシカソ経由でバマコへ向かう予定。

 

 




DSCF3920
ワガドグのホテル外観リビアホテル改めライコホテル






DSCF3922

ブルキナに入ってから急に増えたロバ車。

 

ちなみにこれは、一匹なので一ろば力。

2ろば力まで見ることが出来た(笑)




DSCF3924道を間違えてダート路に。

この先がまた深い砂!こえ〜!






DSCF3925道を間違えたことで見ることが出来た風景。

田舎から町に自分の商品を朝早く運ぶ人達。







DSCF3930

前車の土煙がスゴイのでマスクで完全装備。








DSCF3934

ボボへ向かう幹線道は穴はたまにあるが基本的に素晴らしい!







DSCF3943広大な景色が広がる







DSCF3945ブルキナの子供、大人もすぐに手を振ってくれる。






DSCF3946どこまで遠くにいっても人と、動物がいる







10)水辺の風景が気持ちを癒してくれる

静かに生活する人々






DSCF3953

ボボディラッソの町に入った!










【ブルキナファソ】ワガドグ滞在/子供インタビュー

2011年3月30日(水)

 

朝9時に飯田さんの店「我が家」で待ち合わせする。

「バイクで訪問すれば子供達が喜びますから」

とのことで、飯田さんのプジョーと私のバイクの二台で小学校へ向かう。

 

10分ほど走った後、幹線道を外れ未舗装エリアへ。

そこを5分ほど走ると小学校に到着。

 

この学校は土地開発が激しいワガドグで、立ち退きに遭い、

行く所がなくなった村人のコミュニティが学校を作ることになったとのこと。

飯田さんはその学校の運営支援をしている。

生徒のほとんどが貧しい家庭の子供で授業料は一切なく、

教師も皆、ボランティアだ。

事実上の運営は協力団体からの補助と、

数少ない経済力がある家庭からの寄付でまかなわれているという。

 

校舎はなく、教室は簡易で建てられた「枠」だ。

屋根とカーテンが取り付けられ、

子供達はそこにまとまり、勉強している。

教室を覗いた時、皆、一生懸命ノートを取りながら学ぶ姿が印象的だった。

 

教室付近で地面を這う小さな子がいた。

足のかかと付近にケガをしているが薬がないため化膿し虫が傷口にたかっている。

衛生面、医療面の問題に直面するブルキナの方の悩みを物語る一面を見た。

 

授業のまっ際中に飯田さんが教室に入って行くと先生、子供達が一斉に起立する。

よほど先生や、生徒からも信頼されていることが解る。

私の紹介、子供インタビューの主旨、質問内容について飯田さんが説明して下さり、

代表の子供を先生に選んでもらってくれた。

 

3人の子供がやや緊張した面持ちではあるが、しっかりと自分の夢を語ってくれる。

このブルキナはフランス語を使う。

飯田さんの通訳のお陰でインタビューを無事終えることが出来た。

 

バイクで学校を訪問したことはとても正解だった。

インタビュー終了後、バイクの周りに子供達が整列して記念撮影し、

それが終了すると、先生方もバイクに喜んでまたがったりして撮影大会になった(笑)

ブルキナに限らず今のアフリカはかなり多くの方が携帯電話を持っている。

靴を履かない裸足の人でも携帯を持っているほど。

携帯に付属しているカメラはとても重宝しているようだ。

 

ブルキナは特にオートバイが多い街で、

良いバイクに乗る事が特に男性のステータスだそう。

インタビューが無事終了してから、先生、学校校長、学校コーディネーターと、

飯田さんと共に近くのちょっとした食事が出来る場所に移動し懇親会?を開いてくれた。

 

沢山、ブルキナのことについて教えて戴いた。

ご自身の今後の夢。皆、今も崇高な夢を持っている。

またブルキナの問題点についても深く語ってくれた。

やはり健康面、政治の面について懸念を持っているとのこと。

 

豚肉を焼いた料理が大変、美味しかった。

全て飯田さんにお世話になってしまった。

 

突然訪問した見ず知らずの旅人に対し、何から何まで信じられないほど

手厚いご親切を頂だいたことに深い感謝と言葉に代えがたいほど尊敬の念を抱きます。

 

ホテルに戻り事務作業をこなしているとすでに夜中になってしまった。

本当は早く作業を終え、今晩も「我が家」に行き、

今日はラーメンを戴きたかったのだが、こちらは夢叶わず・・(笑)

DSCF3873教室の風景







DSCF3876新校舎を皆で協力しあい建てている







DSCF3877風がふくと壁が舞う?!







DSCF3881大変お世話になった飯田さん

最高の人間性。

こういう大人になりたい。



DSCF3884飯田さんの通訳で始まった!







DSCF3886私のプロジェクトに大きな拍手を送ってくれた。






DSCF3893インタビューに答えてくれる代表の子供。

かなり緊張していた様子。










DSCF3897バイク共に記念撮影、このあともみくちゃ状態に。。






DSCF3907アプリコットの根のジュースを凍らせたもの。

甘くて美味しい。

5円ほど。


DSCF3908この豚肉の料理が大変、美味!

ラビレというスープが絶妙な味を出す。





DSCF3912大人にも夢を語ってもらうと崇高な話しをしてくれた。

皆さん、異口同音に誰かの役に立つために成功したいと言う。



DSCF3914「マキ」(隠れ家という意味)と呼ばれる食事処がコミュニュティ(村)の中にある





和光小学校 岐阜市立鶉小学校

世界各国の子どもたちの声をお届けします。

Twitter


結婚レシピ
チャリティプラットホーム・ジャストギビング
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ