株式会社 山木商行 FUKUDA サンシャインスキューバ アライヘルメット ラフ&ロード スピード☆スター RKジャパン ツアラテックジャパン 岡田商事 YONEZO

#WORLD DREAM TOURING

“世界の子供の希望と夢を発信します”

Western Sahara<SADR>(西サハラ)

【モロッコ】ラユーヌ〜アガディールの旅

2011年4月17日(日)


今日は西サハラ地区北端ラユーヌから、モロッコ王国アガディールに向かいます。
昨日に続き、今日は650キロほどの長距離移動です!


写真 1









ラユーヌの街は暗くなってからが本番?夜になってどんどん人が繰り出します。

私はお酒を飲まないのでどの街でも夜の街を楽しむ事なく早く寝ています。


写真 2西サハラ地区で、コーヒーを頼むと必ずカフェオレです。

ホテルの朝食時はホットミルクに、ネスカフェのインスタントパウダーが付いてきました(笑)






1穴一つ無い、キレイな道が続きます!
(モーリタニアから)

同じアフリカでもこれだけ違うことに驚きます。 




2モロッコに入ってから久しぶりに見た事故。(故障して止まっている車も少ない)

この直前には、トラックと大きいラクダが衝突してトラックの前部が結構、壊れていた。その先では、ラクダが苦しそうな表情で倒れて(死んで?)いて、その姿が目に焼き付いてしまった。

思わずアクセルが緩みペースが落ちる。


3大西洋岸壁でテントを張り、釣りを楽しむ人達。

週末の楽しみか、はたまた生活の糧でしょうか。



4二階建てのヤギ運搬専用トラック。

私に向けて、めーめー、鳴かれても。。








5砂漠の国立公園を突っ切る道。

左右は砂丘。






6砂丘と水辺が共存する珍しい景色を見ることが出来た。







6−1思わず声が出る場面に何度も出くわす!








6−2砂岩を切り開いて作られた道。

この近辺はかなりのワインディングで事故も多発。




6−3もう〜、次から次へと素晴らしい景色が出現するのです!






7途中の集落の家屋1

四角い土塀に穴を開けたもの。

低い山の中腹にあります。



8集落家屋2


広大な土地の真ん中に位置しています。





9羊の放牧が目立ってきました。

その世話を女性がする姿は今までのアフリカでは見なかった光景。




10建物の高さが全部、同じ街。

今まで見てきたモロッコの街の特徴でもあります。




11立派なガソリンスタンドが多い。
セルフではなく親切でフレンドリーなスタッフが入れてくれます。





写真 3上記のガソリンスタンドではありませんが併設されたレストランのマスターにお腹が空いているというと作ってくれたオムレツ。

飲み物込みで150円。




12アガディールの街並み。

欧米で見慣れた店が目に着くようになってきた。

もう黒人の姿はなく、純粋な白人が増えて来ました。


1122


600キロを大幅に越える移動はもちろん疲れましたが、風光明美なモロッコはずっと走っていても飽きが来ません。

旅行に行くならモロッコが、か・な・り、オススメです!^^


11【BEST WESTERN ODYSSEE PARK MAD500(5000円)フル完備/朝食別】








ホテルについて部屋の時計を見ると一時間進んでいる。
もう、しょうがないな〜、間違った時間をセットして・・
なんて思ったが、もしや?と思いTVをつけてもその表示をしているのでフロントに電話すると、西サハラとここで、すでに時差があるという。アフリカで国境を超えてない所で時差があるのは初体験。

バスタブがある部屋だったのでお湯を張り、ゆっくり長めに浸かりる。お陰様でだいぶ疲れが取れます。

夕食も外出やホテルのレストランに行く気になれなかったので電話でルームサービスを依頼すると元々ルームサービスはないそうだったのですが、わざわざ部屋まで私の希望を聞きに来てくれてその後、依頼したもの(パスタ)を届けてくれました。

いろんな情報で確認していましたが本当にモロッコ人は旅行者に優しく、とっても親切!特に英語が上手く話せない場面でもかなり好意的に接してくれます。

モロッコはヨーロッパ、アラブ、ブラックアフリカが交差・経由する貿易大国であり、豊富な観光資源、快適な気候などの理由で国の豊かさを感じることが出来ます。

モロッコ人の気質の良さを説明するにあたりこの「豊かさ」は切り離すことが出来ないものなのでしょう。

それに対し残念なことに人の心や政府が荒れている国はなかなか豊かさを手にいれらないでいます。

 

あらためて「豊かさ」が与える影響は大変大きいものと感じます。

【モロッコ】ダクラ〜ラユーンの旅

2011年4月16日(土)

ダクラから西サハラ地区の北の町、ラユーヌに向かいます。500キロ超えの移動です。


DSCF4878日の出が最高に美しい♪








DSCF4884街を出るときに見えた砂丘の麓にある集落。

来る時は気付かなかった。




DSCF4897景色を見て、感動して涙が出たのは生まれて初めてだった。


「幻」を見ているような風景だった。




DSCF4901ごく珍しい大規模な自然集落が砂漠の真ん中にある。

家屋の間隔は、ずっと見て来たアフリカより広く、モーリタニアより狭い。



DSCF4926小さなグランドキャニオン(?)を無数に見る事が出来る。







DSCF4930砂漠のど真ん中に突如、きちんと区画整理されて計画都市(集落)?がたまに現れる。

どんな基準の人が住んでいるんだろう?




DSCF4943どこまでも深みのある蒼い空








DSCF4963休憩がてら、大西洋を望む岸壁まで。

もう少しバイクを前に停めてたら崖崩れが起きそうなところでかなり危なかった。。

こんなところで海に落ちても誰も発見してくれないだろうな。。


DSCF4970








DSCF4972








DSCF4973








DSCF4984海抜ゼロメートルから雲が発生する超常現象?!







DSCF4986その後、この雲の中に突入!








DSCF4987土煙ならぬ、雲が舞う中に存在する不思議な町「Boujdour」







DSCF4993バイクを停めた時、ラクダがしばらく私を見つめるんです。。







DSCF5002ラユーヌまであと5キロくらいの地点から道は「スーパーハイウェイ」状態に(嬉)

片側、二車線。広い中央分離帯付き!




写真 1写真 2














DSCF5007ラユーヌの街並。

すでに地中海を思わせる建物の作りです。






DSCF5012








DSCF5010そうそう、一度ポリスに「そこの一時停止、停まらなかったね。」と注意されましたが、この文字は読めません。。






DSCF5013大きく高いビルはこれくらいでしょうか。








写真 1裏路地で遊ぶ子供達










写真 2ついに例のマフィンを購入!

「アラビキ・フォブス」というそうです。 

これが意外に美味しい^^! 一個20円 。


左手首が腱鞘炎になり、ここにもテーピングをして走っています。。


素晴らしい景色の連続に、今までの大変さが全て報われる想いがあります。
ただ、どれだけ感動する景色に出会ってもそれを分かち合う仲間や、大切な人が一緒にいたらどれだけもっと楽しいか・・それをいつも考えます。

アフリカ22カ国を周り、人が暮らす多くの集落を見て来ていますが、一軒だけ立つ家を見ることはありません。

誰もが適度な距離を持ちつつも、やはり人は誰かと支え合っていることを判らせてくれる旅になっています。

【モロッコ】ダクラ滞在

2011年4月15日(金)


人口6万人の静かな港町、ダクラ滞在記です。

1岸壁の崖の側面を利用して作られたホテル。

駐車場は特になく入り口付近にバイクを泊めさせてもらう。よほど治安が良いよう。



2部屋の窓からの眺め。

窓を開けても何も音がしない。

風もない、波もない。



3こんな所に長期滞在も良いかね。








4海が遠くまで澄みわたる。








5イスラム系の街はモスクを中心に栄えています。

この近くのモスクは撮影は禁止でした。




5−1標識や看板はアラビア語が多く、意味不明でございます(笑)







6この大きなパン?マフィン?をいつか食べてみよう。







7イスラム特有の雑貨屋さん


なんでもトロフィーに見えてしまうのは私だけか?





8鳥肉屋さん。。ww








9牛肉屋さん。。。wwww








10総菜屋さんもあります。





 

10−1道具を見る限り、排水管の掃除を請け負う人だとみましたが、違う?(笑)
 








11イケメン&めちゃめちゃフレンドリースタッフのカフェに入ると美味しいカフェオレを出してくれました。

一杯50円。



12軒先のおやじさん達が

「まあ、まあ座っていけよ」と。






13チャイをゴチになりました。

みんな気さく^^!






14奥に別のモスクが。

ちなみに、この街の歩道はピカピカなのです☆






15礼拝中。

多くの方が祈りを捧げています。






16ダクラで多く見るバイク。

なんて言うんだろう?






17 宿泊ホテルのオーナーが紹介してくれたダクラの小学校で子供インタビューを行うことが出来ました(^0^)/

かなり上級の学校とお見受けしました。



18授業風景です!








19学校経営役員の女性(超美人@@)から逆にいろいろインタビューを受けました。 





結果的に子供インタビューは成功したのですが、最初はフランス語とアラビア語のみの方々ばかりでかなり困りました。。(汗)

ただ学校中で英語が出来る先生を探してくださったお蔭て通訳が見つかったのと、インタビュー内容をフランス語で記載したiPadを使ってなんとか良いインタビュー映像を撮影することが出来ました。
モロッコの方も皆さん大変、協力的でとっても助かりました。

子供達は、夢をしっかりと持っていて言葉はわからないけどインタビューをしていて私が大変、幸せな気持ちになりました。

各国でのインタビューは容易ではありませんが、本当に嬉しい活動をさせて戴いていると実感しています。

多くの方が私をジャーナリストだと言います。インタビューをしてその内容をウェブサイトで公開し、その国の状況をレポートしている。そう言われればそうだなと思います。

地球中をこの先も回る中で、どんな夢を語る子供達に出会えるかとっても楽しみです!

またこの活動を手伝ってくれる現地の方との出会いが大変貴重なものになっています☆

まさにドリームチームと呼ばせて戴きたい。
和光小学校 岐阜市立鶉小学校

世界各国の子どもたちの声をお届けします。

Twitter


結婚レシピ
チャリティプラットホーム・ジャストギビング
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ