株式会社 山木商行 FUKUDA サンシャインスキューバ アライヘルメット ラフ&ロード スピード☆スター RKジャパン ツアラテックジャパン 岡田商事 YONEZO

#WORLD DREAM TOURING

“世界の子供の希望と夢を発信します”

Italy(イタリア)

ヴェネチア(イタリア)〜子供インタビュー〜リュブリャナ(スロベニア)子供インタビューの旅

2011年5月14日(土)


今日は子供インタビューをさせて戴く東イタリアのロゼッラさん宅を訪問後、スロベニアに向かいます。

 

ヴェネチアを出発してから1時間半ほどで到着。10:00が約束の時間なので早めに余裕を持って出ると予定どおり30分前に付近に到着。何でも先方の家庭ではBBQなどを用意してくれてたりと手厚い準備をしてくれているそうなので何か差し入れを持って行こうと通りにあるスーパーのようなお店には入ってみました。ワインを探すと沢山並んでいるワインが全て1ユーロ(100円以下)以下。。相当なディスカウント店だったようです。さすがに購入を躊躇して違う店を探していたところで時間切れになってしまった。。時間厳守を優先したため結局そのまま手ぶらで伺うことに。なんという痛い失敗をしてしまったのだろう。後悔と反省。

ナビを頼りに目的地周辺まで行くとある家の前で大勢の子供が手を振っているではないか!・・うっわ〜!!もう、ここから感動。。
敷地内にバイクを誘導され、歓迎を受ける。
 

1庭に面した壁にはこんなものが・・☆
また感動なんですけど。。







DSCF6690インタビューを受けるために集まってくれた子供がなんと10人近く@@!なので座談会方式ですることにしました。
天気予報を見たロゼッラさん曰く、明日日曜から天気はかなり崩れるそうで、今日は良い天気で最高のにラッキーとの事。
素晴らしい青空のもと、楽しく大笑いしながら行うことが出来ました。
人数が多かったこともありますがバラエティに富み、また心打つ意見も多く聞かれました。

2子供と、親、そして地元小学校の先生も!






4-1ロゼッラさんのお父さん。
元々、レストランのシェフだったとのことで今日はピザを振る舞ってくれました。
「子供の頃は毎週日曜になるとこうしてピザを作ってくれたのよ」とロゼッラさん





4-2ちなみに今回、こちらのお宅での子供インタビューが成功出来たのはこの写真のカルメンさんのお陰です!ロゼッラさんはカルメンさんのお姉さんなのです。カルメンさんはヤマハモトGPチームの秘書の方で、根岸さんからの打診によって快諾してくれイタリアの子供インタビューは私に任せて!とおっしゃって戴けました。本当に感謝です。私はまだお会いしたことがなくメールだけのやり取りですがいつか直接お会いしたいと思います。


4ロゼッラさんのご主人とご友人の方がBBQの準備をしてくれています。皆バイク乗りのため大人のほうも楽しい話しで盛り上がりました。





65子供達の笑顔があまりにも可愛いかったので思わずシャッターに手が行く。




3
そして子供達、一人一人が私のサインと共に「自分の名前を日本語にして」と言うので一枚一枚メモに書く。
しかし、字が下手だな〜。
そしてこの後、後からみて下さいと言われた子供達からの寄せ書きを戴きました。


7あっと言う間にお別れの時間に。
バイクの前で記念撮影。
家を出発すると子供が走って追いかけてくる。アフリカを思い出すなあ。





さて、いよいよイタリアを離れる日が来ました。

8まだEU(ヨーロッパ連合)なのでパスポート検閲などのための国境オフィスは存在しませんがスロベニアに入国するといきなり標識がスロベニア語に変わります。まったく縁がなかった言語です。



9ロゼッラさん宅で聞いていたので良かったのですが、高速道路の料金を払う代わりに通行税をステッカーで買うのです。入国したら出来るだけ近いガソリンスタンドで購入するという仕組みです。高速道路の料金所ではこのシールのチェックをする警官がいます。

10スロベニアの首都、リュブリャナに近付きます。
この街の特色であるオレンジ、薄い黄色の家が並んでいます。




ホテルにチェックイン後、フロントのスタッフに子供インタビューの主旨を伝え協力を要請するが難しいということだったので、街に出ることにする。

11プレシェーノフ広場。その名の19世紀の詩人の像が中央に立つ。





12リュブリャニツア川のほとりには素敵なカフェが一杯☆







13世界一周をした?している?ドカティと取り巻きの方々の一団と談笑する。





丁度、10歳くらいの男の子を連れた親子が見つけられたので話しかけると英語はできないとのこと。
あー、残念・・と思っていると、隣に座っていた別の家族連れの男性が「May I help you?」と言ってくれたので主旨を伝えるとこちらの親子に伝達してくれた。するとお母さんが了承してしてくれ取材が出来ることになりました♪

14通訳をしてくれた男性家族はその後、別れてしまったので、その後はスロベニア語の子供の声を収録することになりました。
どんな意見をいってくれたかは、映像の完成を待ちたいと思います(笑)

このスロベニアでも見ず知らずの親切な方と、理解深い母親に助けらることになったのです。

「毎日、何してるの?」

たまに聞かれることをお伝えしてみようと思います。
とりあえず昨日、一日の行動内容です。(ヴェネチア→リュブリャナ)

6:00起床
7:30朝食
8:00チェックアウト/出発
10:00経由地到着
10:00イタリア子供インタビュー
14:00出発
16:00目的地到着/チェックイン
17:00スロベニア子供インタビュー/街の撮影
18:30ホテルに戻り作業:
       タンクバッグ修理
       ブログ作り
       メール、twitの交信
       映像作り打ち合わせ
       この先のルート、目的地情報の確認
       宿の手配
       ヘルメット洗浄
       夕食(カップ麺^^;)
       GPS入力
       走行ログ送信
       撮影データ移行
       領収書整理
12:30入浴/就寝

ここにバイク整備が一日おきに入ります。
(タイヤ空気圧調整/チェーン張調整、給油/トラブルあれば修理など )
洗濯は三日に一回くらいですかね。

【イタリア】ベネチア滞在

2011年5月13日(金)

正確には海に浮かぶ島町のベネチアに繋がる陸側の町、メストレという町の小さなホテルに滞在しています。昨日、ドロミテ山脈からこの町に到着し、ホテルに入る前にベネチアの島を一周しようと行ったのですが、なんと島の入り口までいけるのですが島の中に入って行く道がわからないままぐるぐる入り口近辺を回っているうちにまた島から陸へ戻る高速道路のような道へ出てしまい戻ってしまいました(恥)。その日はあきらめて今日、再挑戦しようと思います。

午前中は各種作業を行い、午後にホテルの人に島の中、例えば有名なサンマルコ広場へバイクで行く方法を尋ねると、なんとヴェネチア内は車、バイク、自転車まで全ての車両は乗り入れ禁止だと言う。知らなかった〜!

00−11−1今日はバイクは動かさないで交通機関を使っていくことに。

ホテルからベネチアまではタクシーで島に入る。



島内=ヴェネチア地区を移動するには徒歩か、水上バスか、水上タクシーの3択となり、おかの上は徒歩用の道があるのみです!何と特殊な立地!!


タクシー&バスターミナルからは徒歩でサンマルコまで向かってみる。タクシーの運ちゃんは歩くと30分ほどかかるから、水上の交通機関を使ったほうが良いと言うので一応、水上タクシーに聞いてみると60ユーロほどだという。水上バスも何やらチケットを買う人で混んでいる感じだったので歩いていくことにしたら大正解!
見るもの全てが珍しく、全く飽きないでサンマルコに行き着きました。
1「水の都」とは良く耳にしたが、意味がよく判った。水が豊富にあるのでなく、そもそも海上に存在する街だからですね。多くの中小の河川がこの地域に流れ、無数の橋が存在する。

ある橋を渡ろうとしたらその先は人の家の玄関だった。。
ドア開けるとこでしたよ。






23午前中、衣類を全て洗濯してしまったのでテック3から戴いたチームシャツを着ています!





4街にはお土産物屋さんが星の数ほどあり、最も多く目についたのがこのオペラマスク。

家にあったら怖いと思うんだけど。








4−1到着しました!サンマルコ広場。
観光客がもっとも集中している場所です。





5サンマルコ寺院
入り口に描かれている絵がとても素敵でした。





6−1内部に一歩、足を踏み入れた瞬間、何故か込み上げるものがあり目が潤みました。何だったんでしょうか。・・不思議です。

ちなみに、ドレスコードの入場制限があり、半ズボン、背中などが広く露出している衣類の女性などは入る事が出来ませんでした。


6広場のカフェに座り、コーヒーと小さいアイスを注文し、一気に食べる。

会計時、23ユーロと判りびつくり@@ ゆっくり食べれば良かった。。




7まあ、真横で美女が素敵な音楽を奏でてくれていたのでよしとします(笑)











8ベネチア地区のバスターミナルへ戻る時は水上バスを利用。6.5ユーロ。
船上からの景色もとっても楽しめます。





109ベネチアからホテルに戻る時も公共のバスを利用。
値段は、・・タダだった。よかったのかな?
だって、乗る時も、下りるときも払う場所も人も居なかったので。


ヴェネチアは何度も、またまとまった日数かけて訪れたい場所♪ 遠くない将来、また必ずくるぞ〜!

写真前後しますが到着日の昨日はホテル近くがチャイニーズタウンがあり、ラーメンとチャーハンを戴きました。特にチャーハンが旨かった〜^^

お客さんの90%が中国人でした。


箸袋が日本語なのがウケる。





今日の夕食はKOREA/JAPANESEレストランというものがこちらも近くにあったので行ってみた。
写真ちげスープと石焼ビビンバ♪♪

この旅、初の韓国料理です!!

これは嬉しかった!!

ちなみにこの店のお客さんは90%が韓国人でした。






明日は、イタリアでの子供インタビューです☆
スロベニアの国境に近い町に行きます。
こちらはかなり盛り上がっていろいろ準備をしてくれているそうなのでまたまたとっても楽しみです!!

ご期待下さい☆

【イタリア】ヴェローナ〜ドロミテ山脈の旅

2011年5月11日(水)/12日(木)

イタリアでの子供インタビューを土曜日にさせて戴くことが決定 したのでこの時間を利用してイタリア北部の山岳地帯へ行くことにしました。
ヴェローナを出発して、ドロミテ山脈の玄関口、ボルツアーノの町へ向かいます。

1高速からスイス方面の山々が見えてきます。
山頂には雪が!

ドロミテはイタリア、チロル地方、東アルプスにあり地図上でいうと左がスイス、上がドイツ、右がオーストリアに近い場所です。


2ボルツアーノの町に到着。歴史的な古い建造物があちこちで見られます。
冬はウインタースポーツを楽しむ観光客で近隣のホテルは一杯になるそうです。




34部屋にいると外から気持ちいい音楽が聞こえてきたので窓を開けると、町の中心地の広場でバイオリンを弾く方がいました♪




他にもアコーディオンでイタリアならではの素敵な音楽を奏でる方もいました☆



5広場に出てちょっと遅い昼食を。
イタリアなのでパスタが食べたい!と思い、「オススメパスタ」を頼むと、マカロニタイプでした。
普通のがよかったんだけどなあ。


その日はほぼ部屋にこもって各種作業をこなして終わり!

一夜明けて、朝食後チェックアウトをすませドロミテ山脈に向かう。根岸さんオススメのボルツアーノ〜コルティーナ・ダンペッツオのルートへ。

6ルートの所々、材木の切り出しが沢山目に入る。
実家が材木屋なので余計気が付く?





7最初は天候がよくなく心配したがなんとか持ちました。
雪がかかった山々がどんどん近くなってくる。





8点在する町に入ると可愛いホテル、ペンションなどが沢山あります。






9そろそろ本格的に上りになって行く地点。






10山肌のすごさに感嘆の声が出る。






11うーん、かっこいい。(笑)

何度も言っちゃいますが、ホント素晴らしいバイクです。
完璧なメンテのお陰で新車のように絶好調です!



12キターーーーーーーっ!!て感じですか。(笑)

息を飲むほどの素晴らしい景色に出会えました!!




13すぐ近くでは野うさぎがお出迎え。
実はかなりデカいんです。





14この渓谷、足がすくみます(怖)











15この白っぽい集まりはなんだ?!






16ひ、羊じゃーん!(驚)


めーめー、言っとりました。



17さあ、どんどん進み、あの最高峰の山まで行くぞ!!











ついに到着!!!!!!
1819標高は2230mです!

い、息が苦しい・・
ということはありませんでした。



212324






20こんなワイディングを走れるとは!
最高です☆






この後、コルティーナ・ダンペッツオの町を経由して二時間ほどでベネチアに到着しました!
今日はまさしくツーリングらしいツーリングを堪能させて戴きました☆
この感覚はこの旅で初めてかも?!


【イタリア】マドリッド〜ヴェローナの旅

2011年5月9日(火)




今日は、この旅のヨーロッパで多大にお世話になっている根岸さん宅を出発し、ミラノ市街地経由でヴェローナに向かいます



DSCF6324出発の朝、わざわざ会いに来てくれた長野さん。
長野さんは長年、世界グランプリを転戦していた有名な名メカニックの方。現在は世界スーパーバイク選手権を担当している。日曜に開催されたモンツア大会に招待して下さったのですが間に合わず。。


この後、根岸さんはルマンへ、長野さんはバルセロナへ、私はヴェローナへ向かってそれぞれ出発です。

DSCF6350ドゥオモ(ミラノ大聖堂)に到着。
荘厳かつ繊細な作りに固唾を飲む。
本来は車両は進入禁止だったようですが優しい婦人警官が私の撮影が終わるまで待っててくれました。


DSCF6351DSCF6362ミラノも見所一杯!
バイクで走った石畳の感触が体に残ります。





ミラノから二時間ほど高速を走るとヴェローナに到着です。
DSCF6374予備知識がほとんどないまま、街の中心地に到着すると絵に描いたような美しい風景が見えて来てかなりビックリ。。




DSCF6383ヴェローナは遺跡が最も発見されている町だとか。
そして町全体が世界遺産なのです。





DSCF6406夏は野外オペラが行われることで有名。普段もコンサートなど多くのイベントを開催される。




DSCF6420

DSCF6422沢山の観光客でにぎわっています。

日本人はかなり少ないですねー。 







DSCF6441DSCF6443カステルヴェキオ城
ガヴィ門




ヴェローナといえば、「ロミオとジュリエット」の舞台となった土地として有名です。
ジュリエットの家、ロミオと愛を確認したベランダの窓はかなりの観光客でにぎわっているようです。私は今回時間がなかったこともあり訪問することが出来なかったので将来、再訪した時の楽しみにしておくこととします。

いつの時代も、夢、そして愛が大切だと感じるヴェローナでした。


和光小学校 岐阜市立鶉小学校

世界各国の子どもたちの声をお届けします。

Twitter


結婚レシピ
チャリティプラットホーム・ジャストギビング
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ