株式会社 山木商行 FUKUDA サンシャインスキューバ アライヘルメット ラフ&ロード スピード☆スター RKジャパン ツアラテックジャパン 岡田商事 YONEZO

#WORLD DREAM TOURING

“世界の子供の希望と夢を発信します”

Greece(ギリシャ)

テッサロニキ(ギリシャ)~ブルガリア経由~イディルネ(トルコ)の旅

2011年5月25日(水)

神話の国の遺跡群、エーゲ海の美しさ、そして子供インタビューの苦戦(笑)・・というギリシャを離れ、向かうはトルコです!
いよいよ本当にEUと別れ、中東に近付いて行きます。

1テッサロニキで滞在したホテルの窓から。
街の雑踏のど真ん中のホテルでした。

夜遅くまでレストランやカフェでワイワイ、ガヤガヤが続く通りでした。
夜も暑いのにエアコンが壊れていたため窓を開けっ放しで寝たのでその声がずっと聞こえていました。ギリシャの風情、風習を知る思い出になります。

2バイクは真下の通り、ホテルの玄関前に置かせてもらえました。

あれ?・・なんかおかしい?

なんか乗っている?


3猫ですな。
ペルシャ猫ならぬ、ギリシャ猫。値打ちなさそー。





4トルコへ向けて走っている最中、田舎町に入ると、
あれ?・・なんかいる?





5コウノトリが電柱のてっぺんでデカイ巣を作ってました!

この後も沢山、見かけました。この地方の特有なのでしょう。




やっとの思いで、トルコ国境に着きました。ちなみにギリシャ最後の悪あがきで国境付近の学校にも訪問して子供インタビューを試みるがあえなく終了となりました。

ギリシャ出国の国境で、トルコでのバイクの保険を所持しているか聞かれたので持っていないと答えるとここから100キロ戻って、別のトルコとの国境へ行くように言われる。そこでしかトルコの保険を売ってないからだと言う。今までの経験であればギリシャ出国はおとがめなく、トルコ入国時に保険の有無について正されることになると思っていたがここでは少々習慣が違うようだ。
またこの国境係官の態度がとっても横柄だったが、こちらも強い態度に出るといきなり優しくなった(笑)総じて(二日の滞在しかなかったが)ギリシャ人の気質は今までの国の方とちょっと違った感じがした。下手に出ることより、毅然とした態度で接したほうがウケ?がいいような気がする。
結局、「100キロも戻るなんてとんでもない!往復200キロになってしまう。他に方法あるでしょ!」と言い、私がこの国境を越えてすぐのイディルネの街で宿の予約があることを告げると、ではブルガリア経由で言って下さいと言い直した。
EUであることから入国が簡単なブルガリアに一度入り、そこからトルコに向かうところにある国境で、保険が売っているという。そのルートであれば、40キロほどの道のりだ。
7ブルガリア国境

思わぬブルガリア訪問となって少々嬉しい。
ただ、あまり豊かな国でないことは入国後、すぐに建物などで判断が出来た。



7-1ささやかな思い出として、幹線道脇のレストランで昼食をとることにした。
ダンプが通る度に土ぼこりが舞うところだ。





89いや、しかし、この料理が旨かった~^^!

チキンスープと、チキングリルがめっちゃ美味なんです!
(飲み物込み:6.5ユーロ)


10-1ブルガリアを抜けトルコへ入国した国境。

実は、ここでは保険についてはEUをカバーする保険を確認しただけでトルコの保険については一切、聞いてこなかった。。一体、なんだったんだ?!(苦笑)



10「Welcome to Turky」嬉しいね!






11そして最初の驚きは、いきなり巨大モスクのお出迎え!
その後、無数のモスクを見る事に。。

文化です。歴史です。トルコ独特の異文化が炸裂しています!!



無事、イディルネのホテルに到着しチェックイン。
なにしろビックリしたのが従業員の方々の親切さ。バイクの置き場、荷物運びの手伝い、翌日の朝食についての相談もすべて丁寧な対応。全然一流ホテルでないのに。。

あ、本当の一流ってこういうものなんだ☆

【テッサロニキ】滞在

2011年5月24日(火)


ここのところ連日の走行だったのでここ、ギリシャでは連泊することにした。

昨日中に子供インタビューが出来ると思ったが甘かったー。。

さて、今日も人が集まる観光地を回りながら、ベストシチュエーションで子供インタビューを成功させたいと思う。


no title

万里・・というものではないけど、長く続く城壁。ところどころ崩壊しているところがあるがもし損失していなかったらどんな長さで、形になっていたのか見たかったな。

 



そしてこの長城の先まで行くと小高い山の上に城が見える。

オフロードバイクの利点を活かして車では登れない道を駆け上がる。

途中で、一人旅だというブルガリア人の男性と談笑。日本にも3ヶ月前にきたそう。


1

こんなにきれいにギリシャの街を見渡せる場所があったとは!







2

古城。







3近くで見ると歴史の息づかいに感動。







この古城周辺、そして再び、ホワイトタワー付近、街の中心地で子供インタビューを試みるがことごとくだめ。。ホテルスタッフのアドバイス通り、田舎に行けばいいかも・・ということでエーゲ海の中心に位置し、テッサロキニから伸びる半島の最先端まで行く事にした。


「子供を尋ねて往復200キロ」です^^;


4はー、到着う!

もう絵に描いたような景色が広がっています☆

付近は超高級別荘街になっています。




5

突端の小さな教会にて。







jpg最も感動したのは、信じられないくらいどこまでも透き通る水の色。

純粋な子供の心を表しているよう。

実は、テッサロニキの港で見た海は結構、汚れていて少々期待と違っていたのでここまで来て本当のエーゲ海を確認することが出来た。



そして、この付近の街に二カ所ほど立寄り、子供連れの家族に複数声をかけるが木っ端みじん状態で全然だめー。。もう、信じられないくらい警戒心が強い。

酷いときは、「あのー、」と言っただけでNoですよ。笑っちゃいます。


そしてまたテッサロニキの街に戻り、主要な人が多いスポットを歩いてみるが皆様の反応は全く同じ。

ついにホテルに戻ろうかと思い近くの公園まで来た時、ちょうど良さそうな子供達と大人がいる。大人に声をかけると英語が通じない。

すると「あの売店の人が英語が出来る」という主旨を伝えてくれ話してみると、「わかりました。協力しますよ^^」と!

ついに「キタ~!」です(超嬉)

「ただ、今まだ仕事中なので8時に終わるのでその頃また来て下さい。」

と言われたので約1時間半後に行くことに。

その人は雰囲気も、顔つきもどこか、イエス・キリストに見えた(笑)

一度ホテルに戻り、バイクから徒歩仕様に着替えて時間を調整して行くと、


DSCF7471

もうそこに彼はいなかった。。 





うーん、かなり良い経験させてもらっています!

その後も街を歩いて何人かに依頼するが快諾しかけた方は、ギリシャ人でなかったり、話しを聞いてくれた方はビデオ撮影があるとわかった瞬間、No,だったりで今日も時間切れ。


ただ、本当に多くの事を学ぶ。「失敗からしか学べない」まさにその通り。


和光小学校 岐阜市立鶉小学校

世界各国の子どもたちの声をお届けします。

Twitter


結婚レシピ
チャリティプラットホーム・ジャストギビング
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ