株式会社 山木商行 FUKUDA サンシャインスキューバ アライヘルメット ラフ&ロード スピード☆スター RKジャパン ツアラテックジャパン 岡田商事 YONEZO

#WORLD DREAM TOURING

“世界の子供の希望と夢を発信します”

Mexico(メキシコ)

チェトマル(メキシコ)〜ベリーズシティ(ベリーズ)の旅

2011年10月 17日(月)
Monday,October 17 2011

no title












走行距離:157キロ
出発時間:9:30
到着時間:13:30(時差ー1時間)
天候:曇り時々雨&晴れ
気温:25℃ー30℃
Travel distance: 157km
Starting time: 9:30
Arrival time: 13:30 (Difference in time -1 hr)
Weather: Cloudy and partly rainy and sunny
Temperature: 25℃- 30℃

お、今日は雨が降ってない!嬉しいぞ!
少し青空も見える。
と、窓から外を確認。
朝食を済ませて、チェトマルのホテルをチェックアウトしてバイクに荷物を積んでいるとポツポツと雨が・・。
Yes! it's not raining! I'm happy!
I checked outside from the window and I can see the blue sky little bit too.
Finished up to have breakfast and checked out from the hotel in Chetumal, and while I was putting my stuff on my bike, it started rain...

梅雨ならぬ、熱帯地方の雨季というものはこういうものなんでしょうね。
It's like a rainy season in the tropics.

今日は国境越えです。
ベリーズへ向かいます。
I'm going to cross the border today, and going to Belize. 

書籍「地球の歩き方」や、経験者のブログにベリーズにビザ無しで陸路で越境するのは結構大変で、場合によっては5〜6時間待たされると記事がある。
少々、ビビリながらの突撃です!
There are articles at the book "Chikyu no Arukikata" and blogs of people wrote who has been to Belize before, and they said that if we don't have visa and cross the border by land route, it is very difficult to cross over and might have us wait 5 through 6 hours.
I feel little nervous to go!

まずは、メキシコ側の出国手続き。
(詳細は下部)
混み合っていないこともあり、スムーズに各種手続きが進み、約30分ほどで終了。
First, I do embarkation procedure at Mexico side 
(Details are following.)
It was not busy, the procedure went smooth and it took just 30 mins.  

そして、時間がかかると言われているベリーズ側に向かう。
Then I go to Belize side that is said takes time to go through.

数台、前を走る車の後に付いて行くと、一人の男性が私だけを呼び止める。
メキシコとうって変わって英語だ。
I was following other cars and the man stopped only me.
It's different from Mexico. He speaks English. 

「あなたは保険に入らなければいけない」
"You must buy an insurance."

保険屋の呼び込みを兼ねている国境に従事する人が言う。
保険に加入していないで警察に捕まった場合、500ドルの罰金だという。
The person who engage in the border and is gee man of insurance store also says that if people don't buy an insurance and caught by police, the fine is $500. 

保険の手続きを済ませ、次は車両の消毒だ。
その消毒もこの保険屋の呼び込みの男性が行い、費用を彼に払うと、さらに少しチップを欲しいとねだる。
The formality of insurance was finished and next is sterilizing of my bike.
The man who is the gee man of insurance shop sterilizes and I paid the expense to him. Then he asked me tip.

僅かに残っていたメキシコの小銭を渡すと少し悲しそうな顔をしたが
ベリーズの国境屋は性格がよく潔ぎよかった。
I gave him rest of my changes from Mexico then he looks little sad but the border person in Belize was good personality and manly. 

次はベリーズビザを国境で取得(BUY:買うという)する。
Next step is to "BUY" Belize's visa at the border. (To get a visa is said "BUY".)

担当の係官が少し気難しそうだったがフレンドリーに接すると、速やかにビザを発給し入国スタンプを押してくれた。
なんのことない、こちらも僅か30分で終わった。
Though the agent looks difficult, I tried to be friendly to him then he issued a visa promptly and gave me an immigration stamp.
It was no problem at all and finishes just in 30 mins. 

最終ゲートを出る際、荷物検査の担当者も、前のトレーラーの荷台はチェックしていたが私の荷物は触れることもなく無事入国!
Though the person who is in charge of security check checkedcargo of a trailer before me, he even didn't touch mine when I passed through final gate, then I could get info Belize safely!

ベリーズに入り時差の関係で時計の針を一時間戻す。
There is the time difference in Belize, so Iset my clock back by an hour. 

ほっとしたところで、
When I felt relieved,  

「Good bye Mexico, Hello! Belize!」

と、呟いとく。
Imurmured that "Good bye Mexico, Hello! Belize".

珍しくメキシコを離れるのは寂しい気分になった。
For a change, I felt lonely to leave Mexico. 

ベリーズシティに向けて出発!
私のGPSのナビゲーションは、メキシコまでしかデータがない。
ここからは、今までの多くの国のように、iPhoneのマップ機能と方角だけを示すGPSを頼りに目的地に向かう。
I go off toward Belize City! 
My GPS navigation has data until Mexico.
From here, like many countries that I have been, I depend for GPS which shows only the map function and direction of iPhone, and go to the destination. 

事前に調べてあった道順を進むと、地図上から外れて下道を走っていることが判った。
When I followed the route currently studied in advance, I found out that I goes off from a map and drive on a local road. 

私が走りたいのはハイウェイであって下道ではない。
I wanted to drive on a highway and not a local road. 

あれ、分岐があったかな? と思いつつUターン。
I was wondering there was a bifurcation then I made U-turn. 

それらしい場所まで戻ると、確かに一本道がある。
When I return to the place appropriate for it, surely there is a road.  

しかし、
But 
2













これは、ダートであってハイウェイじゃない。
This is dirt and not highway.  

ローウェイだ。
これからハイウェイを作る道がマップに表示されていたのかな。
Maybe was the road which will make an highway from now on displayed on the map?  

再度、一般道に戻り標識を頼りにベリーズシティへ向かう。
I return to a local road again and go to Belize City to follow signs.  
3













国境からの国道。
The national highway from the border.  

ベリーズシティに到着!
ハリケーンが多い為、現在はベルモパンに遷都される前までは首都だった街ということもあり国内では最も活気がある。
様々な人種が目に入る。
Arrived at Belize City! 
Since this town had much hurricane, the capital was moved to Belmopan now, but since it was a capital before, it is the most active town in Belize. 

アフロ・ヨーロピンと呼ばれる黒人、メスティーソ(混血)、そして白人、チャイニーズも。
There are Black who is called Afro European, Mestizo (mixed breed), Caucasian and Chinese also.  

道の舗装は良くなく、幅の狭い道が入り組み、一方通行が多い。
 The road doesn't surface well, the road where width is narrow and complex, and there are many one-way traffics. 

そしてついに・・
And finally... 
4













海だっ!
カリブ海だっ!!
北大西洋だっ!!!
It's the ocean!  
It's Caribbean Ocean!! 
It's North Atlantic Ocean!!! 

ロシア、ウラジオストックぶりの海岸線に感動。
I was impressed by the coastline since I have seen at Vladivostok in Russia.  

向こう側はアフリカです!
The other side is Africa!  
5-1














5-2






















半年前にはアフリカに居て、そこからユーラシア大陸を横断し、アメリカ大陸を南下して来たことを考えると、地球をぐるーっと一周したことが感じられた。
I had been in Africa a half year ago and crossed the Eurasian Continent from there, and have gone the U.S. continent south. When I think back, I felt that I have gone around the earth. 

「地球って本当、丸いんだっ!」
"The earth is round for real!" 

鳥肌が立った。
I got goose bumps.  

さて、このベリーズはたった一泊だけの滞在です。
なので、今日中に子供インタビューをしなければなりません。
Well, I stay in Belize only one night.
Therefore, I have to finish all interviews with kids by end of today. 

実は、このベリーズでは前々からお願いしてあった方がいらっしゃったのでとっても楽しみにしていました。
I was looking forward to coming to Belize because I have asked the person to help me for kids interviews. 

なんと、紹介者はカメルーンの子供インタビューでお世話になった「寺子屋」のお二人のうちの矢田直美さんです。
 2 ladies from the small private school called "Terakoya" have helped me for kid's interviews in Cameroon and one of them whose name is Ms. Naoko Yata introduced the person to me.

矢田さんとJICA(協力隊)繋がりだったゆみさんという方がベリーズ在住で、半年後、彼女を訪ねて下さい、ということでそれが実現しました。
Ms. Yata has related with the person whose name is Ms. Yumi through JICA (Japan International Cooperation Agency)and Ms. Yumi lives in Belize, so she told me that please visit her a half year later.And it was fulfilled.

いやー、地球の270°くらい反対側からの約束を果たして頂けるってスゴイ!
友達の輪って、ハンパない。
It is great that the promise was fulfilled from about 270 degrees opposite of  the earth.
The friendship is wonderful.

じゃん!
Here she goes! 
6













ゆみさんです。
大変素敵な方です。
This is Ms. Yumi.
She is very wonderful. 

1ー2ヶ月前から連絡をとらせて頂き、初めてお目にかかることが出来ました。
現地の学校で音楽の先生をしていらっしゃいます。
I have contact her since 1 to 2 months and it was the first time to be able to meet her. 
She is a music teacher in a local school.

新婚ほやほやで、ご主人はベリーズ人で超イケメン。
ご主人様のリヨンさんはなんと、空手の道場を運営なさっていてそちらを訪問しました。
She just got married and her husband is Belizean and very handsome.
Lyon who is her husband runs a Karate training hall and I visited there.
7













ブルーの道着、黒帯がリヨンさん。
リヨンさんは黒帯2段、全中米で3位という腕前で、3年前、世界空手選手権にベリーズ代表として日本武道館に来日されたそうです。
The person who wears blue uniform is Mr. Lyon.
He has a second degree black belt in Karate and was in 3rd prize of all middle American countries. He came to Japan to come in World Karate Championships as the representation from Belize 3 years ago. 

またこのリヨンさんの空手道場が素晴らしいのは、このような情操教育が途上国にある場合、得てして富裕層の子供達が参加することが殆どなのだが、ストリートチルドレンの更正の場としても貢献しようとしていて、努力する子供/少年には奨学制度として無料で学べるチャンスを提供しているのだそうです。
感動です!!!
When a developing country has such cultivation of aesthetic sensitivity, it is mostly wealthy's children participate, but Mr. Lyon's wonderful karate training hall is contributing also as a place of street children's rehabilitation and if a child/boy who tries to make effort, they are provided with chances which can be studied for free tuition as a reimbursement program. 
I am so impressed!!! 

私の活動を地元のメジャーTV局が取材しに来ました!
The major local TV station came to give interview for my project!  
8-1












私の旅のルートを説明して下さいというので。
あとインタビューにも応じます。
しかも、英語ですよ。英語。
放映出来るのかな?(笑)
They asked me to explain about the route of trip. 
And I replied their interview. 
Furthermore, it's in English. ENGLISH.
Can they broadcast it? *laugh* 

8













走行シーンを撮りたいと。
They said they want to take a video of driving scene. 
夕方のニュース/情報番組で明日にでも放映されるそう。
It will broadcast at the evening news/information program tomorrow. 

うーん、私は見れなくて残念。。
そして子供インタビューはこの空手道場に通う子供達が協力してくれました。
今までとは違ったコメントで面白いです☆
Hmm... too bad, I cannot watch..
And children who are from this Karate training hall cooperated to have interviews.  
It is interesting that the comments were different from before.

数日後にアップの予定です。ご期待下さい!
I will upload in few days. Please look forward to it! 

ついに、ベリーズで50カ国目達成です。
At last, it is the 50th countries achievement in Belize.  

長いようで短く、その逆も思う。
そして、本当に6万キロも走ってきたのか、とも思う。
本当に不思議な旅です。
It was like long way but it was short, and I have the opposite feeling too.
And I also feel amazing that I've driven 60,000 km.
This journey is really intriguing.

明日はグアテマラに向かいます!
I'm going to Guatemala tomorrow! 


<国境情報> 場所:チェトマル(メキシコ)
【メキシコ側出国】
<The border information> 
Place: Chetumal (Mexico)
[Departure from a country of Mexico side ]  

イミグレーション:出国スタンプ押印/ツーリストカードと支払い済みレシート提示
Immigration: Departure-from-a-country stamp imprint /  To show tourist card and the paid receipt. 

税関:ペルミソ(車両一時輸入許可証)のキャンセル:係官がバイクをチェックし、キャンセルの証明書類を発行。デポジット金の返却の説明を受ける。
Customs service:  Cancellation of permiso(Vehicles temporary import permit) --> An agent check the bike and issue proof document of cancellation. Was explain about returning of deposit money.

【ベリーズ側入国】(メキシコ側国境から数十メートル先)
強制車両保険:2日滞在だと24ベリーズドル(12USドル)
車両消毒:52ベリーズドル(26USドル)を300ペソで支払いました。
ビザ購入&入国スタンプ押印:50ドル (顔写真1枚必要)
[Immigration of Belize side] (From the Mexico side border to tens of meter beyond.) 
Compulsive automobile physical damage insurance: Two-day stay for 24 Belize dollar. (US$ 12)
Vehicles disinfection: 52 Belize dollar. (US$ 26) I paid by 300 peso.
Purchasing visa and immigration stamp imprint: 50 dollars ( Required head-shot)

【メキシコ】パレンケ〜チュトマル

2011年10月16日(日)

走行距離:472km
出発時間:10:40
到着時間:16:30
天候:大雨時々曇り
気温:20℃ー30℃


昨日の700キロ越えの移動はさすがに走り応えがあった。
人はそれを「疲れた」とも言います。(笑)

2日、いや3日分走った感があります。
遅い時間に到着し、毎晩のルーティンワークをこなすと就寝は2時。
さすがに今朝の出発はゆっくりになります。 

上手くいけば、朝、世界遺産の古代マヤ文明パレンケ遺跡に行こうかな・・と少し考えていましたが朝、カーテンや窓を開けるまでもなく、その音の大きさで大雨と判り断念です。

動画を載せようと思ったのですがうまくいきません(^^;)
DSC03020












ヤシの葉を強く叩く雨。

このメキシコ南東部は熱帯性気候でジャングルエリアを多く目にします。



今日の移動は500キロ弱と長いほうですが昨日と比べると楽です。
ただ、強い雨脚が断続的に続くので、・・面白かったです。(笑)

なので、今日は移動中の画像が全くありません!!!

途中、晴れ間になる時があります。
いわゆるスコールが通り過ぎた時のように。

ちなみにメキシコは雨期が5月ー10月とされているので今、私がいる南東部はまさに雨が多くなる場所なのでしょう。
10日前、アメリカからメキシコに入国したあたりでは乾燥が酷く、リップと保湿ジェルが手放せないほどでしたが、昨日あたりから気温と湿度が急に高くなってきました。

そして今日の走行は忙しい。

大雨から始まり、晴れ、雨、晴れ、雨、晴れ、雨、・・これを多分、20回近く繰り返したんじゃないでしょうか。

もう、今日はずっとカッパを来ていました。

お陰で短い睡眠時間でも眠くならずにすみます。

今日は、ランチ休憩もとらず一気に走ります。
途中、一度だけ、軍の検問で荷物チェックの10分間停車したのみ。
あとは、町で給油して走りだしたら、470キロノンストップです。

出発から到着まで約6時間走りっぱなし。
自分でもよくやるよ、と思いつつもバイクに助けらていることを感謝します。
本当に楽なんですよ、このバイク。

いつも走っている時、何考えているかというと、仕事のこと、家族のこと、友人の事、社会の事、いろいろですが、あまりにも考える時間が沢山あるのでたまに疲れます。(笑)

だって、走っている間、何にも出来ないんですよ。
メールも、電話も、パソコン作業も、そして読書も・・。

出来ることは運転と写真撮影くらい。(晴天時)
あ、あとは歌も唄えるな。(笑)

つねにカラオケの練習状態です。
最近は、ミスチル唄っていますねー。

ボンジョビも唄えるようになるとカッコいいな。


チュトマルの街に到着!
DSC03022













街に入った途端、雨が上がりました。
全身ずぶぬれ状態で宿の前にバイクを停めます。

ちなみにこの宿に向かう時、ナビに入れた住所が間違ったらしく指定の場所に行くも目当てのホテルがない。

すぐ近くに居たタクシーの運ちゃんに聞くと、気持ちよく教えてくれ、その方向に進んで行く。
中々、出てこないので、もうちょっと先なのかな・・とゆっくり走行をしていると横から声がする。

さっきの運ちゃんだ。

私のことが気になったらしく、結局、宿の前まで伴走してくれた。

そしてアバヨ!と去って行った。

ここでお金を請求してくる国の人が今まで多かったのに、なんてメキシコは気持ちがいいんだ!!

さて、メキシコはあっと言う間の10日間でした。

本当に楽しかった!

チワワで会えたホテルスタッフのLolys.
メキシコシティで子供インタビューを手伝ってくれたMarco.

友達が出来ただけでなくメキシコのイメージがとっても良いものになった。

そういえば、メキシコは基本、トイレで紙を便器で流していけないんですよ。

また、チップの習慣があるとされている国ではありますが、多くのホテルスタッフは貰うのが当たり前のように待つ姿勢はほとんどなかったですね。

入国前には相当、治安の悪さ、麻薬問題関連で脅かされていましたが全くきな臭いことはない滞在となりました。

人は親切、明るい、物価も安い、言う事無しです☆

まさに、VIVA Mexco!

【Mexico】to Palenque from Oaxaca

Sut.15th.Oct.2011

Distance
:750km


Departure time:8:30


Arrival time:20:30


Weather Clear with some clouds, occasional showers


Temperature:7ー33


 

 

In preparation of today's long journey I planned to set up rather early, and went – as previously informed - for 7am to hotel's breakfast room.
Just to find it closed.

Asking the staff, I'm told 'in 10 minutes'.



In the end, they opened at 7.20am

I've might an appointment for 8am at the parking lot where I left the bike to pick it up, but the staff didn't unlock the entrance until 8.20am



Well, I've learned to understand the Mexican sense of 'time' ;)


Off to Palenque – a 750km journey.


If I believe the Navigation system, the road will climb progressively up a mountain.


The speed rises.



I'm going higher and higher up.


When I look at the Thermometer is just 7°C.



The altitude is more than 3000m over sea level.



The car ahead suddenly does an emergency break. 

1












DANGEROUS!



The reason: A land slide




Like this, there is now way I now can keep up with my planned timing ...

 


When I left Oaxaca, I saw a beautiful sunrise, but ...


DSC02994













… thick fogg, rain keep me now company and make things difficult.



But obviously it's not only the weather that is a challenging.


Army check points.

3












Of course, I'm here as a friend.




I do as I'm told: “Open these pannier cases and show their contents' says the soldier. And next: OK, go can continue ;)


Well, yes, we're all humans.



The most important thing is communication, isn't it.



Further along the way are many road workers, the roads are awful and on several occasions I nearly fell over.


 


I drive on while pushing myself to the limits.

 


That I didn't have a larger accident till now is thanks to my own skill – NOT, actually it's just really down to luck.

 



To be pride myself even a little bit, to make light of it, is probably taking it a bit too far.

 

Correct: jungle

DSC02997
















It does grow nicely, doesn't it!

Rubbish!





In reality, I've descended very rapidly from a the cold and high altitude, and drops of water formed on the camera.

 


Just behind the next curve I find a large rock that had fallen quite recently.



This time around, too: Narrow escape!



Must be the effect of this for the season untypical weather!


 

Next, I drive for 200 kilometers on a narrow

, zigzagging road over a mountain pass.

And it's already 1pm



I've still got over 500 kilometers ahead ...


Will I managed to get to my destination still today at all?!


 


When I reach a place that is just 5m over seas level, quite suddenly air humidity reaches a high level.

DSC03000












And then I spot palm trees.

And I get close to the Atlantic Ocean.



As I've still got a long way ahead of me, I start to search for a place where to have a meal – and discover a place with chicken on the grill.

w1












Half a chicken, rice, salad, tortilla, and a coke all for 45 Peso (260 yen)!



w












The owner of the place bids me goodbye.

This was really nice food!

 


From here own, I follow the meandering highway for a long stretch.





On the way there are plenty of road works, it starts to rain, stops again, I'm constantly putting on and taking off my rain gear.


z












In the meantime, it's gone completely dark.


The headlights reflect on the road surface ;)
 

I finally arrive in Palenque, but it's so late that there is clearly no point in trying to do site seeing around this UNSECO world heritage site.
 

To the contrary, I have to make sure that I still get something for dinner.

Once I have figured out where my place of accommodation is, I go to the super market and buy a sandwich.

z1












The supermarket's name is 'Che'

Probably after the famous Che Guevara.


 


I get the feeling that Cuba must be close.


 


Which reminds me: Once when I was in Las Vegas, a hotel employee in his 40s said to me “I'm a Cuban citizen”. When I joked “Che Guevara I presume?” he answered with 'no, THAT really is an old story”


 

 

But, what do South American folks really think about Guevara?



【メキシコ】オアハカ〜パレンケの旅

2011年10月15日(土)

走行距離:750キロ
出発時間 :8:30
到着時間:20:30
天候:晴れのち曇り時々雨
気温:7℃ー33℃


長距離移動に備えて早く出発するために、
宿の朝食レストランが7:00からだというのでその時間に行くと開いてない。
ホテルスタッフに聞くと

「あと10分。」

結局、開いたのは7:20分。
少し離れた駐車場にバイクを取りに行くと8:00の約束がスタッフが鍵を開けたのが8:20分。
メキシコ時間の感覚が判って来た。(笑)

750キロ先のパレンケに向けて出発!

ナビ通りに走ると、どんどん山を登る。

駆け上がる。

標高が上がる。

気温が一気に下がり確認すると7℃。

標高は3000mを越えた。

途中、前方を走っていた車が急減速!
1












あぶねー!!!
崖崩れです。

こんなのにタイミングが合ってたらイチコロです。。


出発時は見事な朝陽だったのですが・・
DSC02994













深い霧、雨、が行く手を阻みます。

行く手を阻むのは天候だけではありません。

軍の検問。
3












私はとにかく、好意的に接します。

すると、

「このパニアケース開けて、中身を見せろ」

と言っていた兵士も、

「行っていいよ^^」

となります。(笑)

やはり皆、人間。

大切なのはコミュニケーションですよね。



さらに工事も多く、悪路も何度もあり転倒しそうになることも。

かなり強く自分にカツを入れながら走ります。

ここまで大事故が無かったのは私の腕・・では全くなく、ただの運と奇跡。

ちょっとでも驕ったり、舐めてるととんでもないしっぺ返しがきて、それは取り返しのつかないものになることでしょう。


まさにジャングル。
DSC02997
















上手に、霞んでいるでしょう!
なーんて。

実は高い標高の寒い場所から一気に下りてきたことで、カメラに滴露が付いてしまいました。


この先のカーブを曲がると落ちたばかりの巨大な落石がありました。
ここでも命拾い!!!
不順な天候のせいでしょう。

なんと、つづら折りの峠道を200キロ、5時間走りました。。
すでに、13:00。
まだ、500キロ以上ある。
今日中に着けるのか・・。


標高5mのところになると湿気がとたん高くなりました。
DSC03000












そして、ヤシの木、登場です。
大西洋も近付いてきました。



まだまだ先が長いのでしっかりと腹ごしらえをしようと食事処を探すと、鳥を焼いている店発見!!!
w1












チキン1/2、ライス、サラダ、トルティーヤ、コークが付いて45ペソ(260円)!


w












見送ってくれるご主人。
ごちそうさま!!



この先はハイウェイを長く、延々と走る。

途中、工事の悪路あり、雨が降ったり止んだりで、その都度カッパを来たり脱いだり。

z












真っ暗になってしまいました。

ヘッドライトカバーの網が路面に映る。(笑)

やっと、パレンケの街に到着するも、もちろん世界遺産の観光など出来るわけありません。

それどころか、夕食を確保しないとなりません。
宿の場所を確認したところでスーパーに行ってサンドイッチを購入します。

z1












スーパーの名前は「チェ」

英雄、ゲバラの事でしょう。

キューバが近いことを感じさせます。

そう言えば、ラスベガスの初老のホテルマンが「俺はキューバ出身だよ」と言った時、「チェ・ゲバラだね」と私が言うと、

「古い話しさ」

といなした。

今、中南米の人はゲバラをどう思っているのか。

チャンスがあればこの先の旅で聞いてみたいな。

【メキシコ】メキシコシティ〜オアハカの旅

2011年10月 14日(金)

走行距離:450キロ
出発時間:9:30
到着時間:15:45
天候:晴れ
気温:11℃ー29℃
最高標高:3200m


最高の思いでになった首都メキシコシティを離れ、向かうは世界遺産の街、オアハカ。

400キロ以上の道のりです。

途中のサービスエリアにあった建物。
さすが、メキシコでしょ!
真っ青な空と真っ白な建物。
DSC02860





















実はトイレなんですが。

「へー、こんな景色、メキシコにあるんだ!」
DSC02887












失礼なこと叫ぶほど、風光明美な景色が広がる楽しい移動です。
今までは砂漠地帯が多かったですからね。

山、一面、サボテン!
DSC02874












しばらく続く「サボテン山脈」を抜けて行きます。
そして、この辺りは標高が高く、寒かった!
ハワイより緯度は南なのですが。


街の入り口で見かけたお店。
車の修理&部品屋さんのようです。
1












日本の技術力の認知度を利用しての商売なのか、日本人経営者なのか。。



オアハカのセントロ(中心地)へ入りました!
DSC02902












世界遺産に指定されている街並です。
DSC02906













原色をベースにした美しい街です。
DSC02915














緑の店を撮影すると、
DSC02907












あ、自分が写っていた!たは。


この街は芸術の街でもあります。
あちこちにギャラリーがあり、
DSC02918












アートなグッズを売る少年が沢山いたり、
DSC02946












レインボードラゴンがいたり、自由な発想の作品、商品を並べる店が沢山あって楽しいです。


うーん、
DSC02914





















これはアートなのか、ただのどっきりなのか。
少々、戸惑います。


世界遺産:サントドミンゴ教会
DSC02920












14世紀から、こちらも100年かけて作られた巨大な教会です。

夕陽に照らされる姿が優美で素晴らしい。

中に入ると、礼拝が行われていたので参加。
DSC02930





















この内壁には圧倒されました!!
ヨーロッパで沢山のモスクや教会を見て来たので少々のものでは驚かないのですが、この「ウルトラバロック」(隙間なし)と呼ばれる様式の内部装飾は圧巻!!感動!!

「すげー!」

出ました。


教会前
DSC02926












市民の憩いの場として多くの方が思い思いの時間を過ごしています。



ソカロへ向かう途中の広場。
州立のカテドラルがあります。
DSC02949












金曜の今日は偶然、フェスタが行われていました。

DSC02951












野外コンサートが行われていて思いがけずラテン音楽を楽しむ事が出来ました!

このオアハカにも有名なマーケットプレースがあります。
DSC02976












屋台で食事をしようとしたところ、私の真横に車いすに乗った流しのギタリストが歌を唄い演奏をしてくれます。

私自身、車椅子生活が半年以上あったり、息子が障害児なのでこういう方をつい応援したくなります。

僅かですがお金を渡すととても喜んでくれて、しばし談笑しました。

注文したものが来た。
DSC02970












こんなデカイとは。
でも、これ半分に折って食べるのです。
ラユーダと呼ばれるものです。

マーケットを覗いてみます。
DSC02978












ハロウィンが近いこともあり、お化けグッズが多い!
この陳列されたお面の中から、店主が顔出していました。(笑)
撮影失敗。。

夜のオアハカの街も楽しいムードです。
DSC02982





















かなり治安は良いそうです。

しかし、メキシコは楽しいなー!!

でも一日の走行距離が長いので少し疲れるのと、街を見る時間が僅かなので本当に次回来た時のための下見状態です。

明日も世界遺産、マヤ遺跡があるパレンケへ向かいます。

ええっと、移動距離は、と、

・・750キロ。

はー。

【メキシコ】サラマンカ〜メキシコシティの旅/滞在/子供インタビュー

2011年10月12日(水)

走行距離:290キロ
出発時間:10:30
到着時間:15:00
天候:曇りのち雨
気温:17℃


今日は首都、メキシコシティに向かいます!

1












標識が沢山、出て来た!

イヤッフー!!

昨日、アイチューンでダウンロードしたボンジョビを全開で聞きながらハイウェイを走ります!

気分は最高です


・・なんですが、
2













また、ぶた君山積みのトラックに遭遇。
今回は二台、連なっていました。



今日はとても早く感じたメキシコシティ到着です。
ただ、街にさしかかったあたりから渋滞が酷くなりました。


なんと、人口は2000万人弱で東京よりも多い!
3












中心地のレフォルマ通りです。



夕方、遅いランチ兼、夕食をとる為に外出すると雨。
4












メキシコの人も傘をさす人は少ないです。




向かったのはこちら
5












日本食屋です。

和食が食べたかったのと他に理由があります。

【子供インタビューメキシコ編】を成功させるためにいつものように協力者を探します。

日本食屋=日本人経営→私の活動を伝える→協力受託→メキシコ人の子供を紹介して頂く・・という算段です。

店に入ると、笑顔満面のアジア人夫妻と10歳くらいの子供がいる。

奥さんが私に日本語で「日本人ですか?」と言いながらメニューを持って来た。

「はい、あなたは日本人?」と聞くと、

「いいえ、私は韓国人です。」

まあ、わかってましたが一応、聞いてみました。(笑)

まず、食事。
ラーメンがあったので迷わず注文!


写真 1












うーん、やはり袋ラーメンを使っているが、韓国風キムチスープの工夫がされていて私にとっては美味しかった。
そしてこれ、50ペソ=250円くらいなのでヨシです。

そう言えばウラジオストックで食べた、中身はサッポロ一番塩ラーメンなのに、値段1000円は高かったな。

もう一品。
写真 2












ドラゴンロール☆

これは、旨ーい!!!!
値段はミネラルウオーター込み全部で1000円超。
メキシコでも都会価格で安くはないです。

食事後、子供インタビューのことを話すととても協力的になってくれたのですが残念ながらすぐにメキシコ人の子供を呼べる状態ではなかった。

「私の娘は11歳で、ほとんどメキシコ人なんだけどねー」なんてもおっしゃてくれるが、生粋のメキシコ人を希望していたでNGでした。

店を出て街を歩くと、

お、10歳くらいのまさにメキシコ人の子供がいる☆
露天商のお父さん?の店の前で遊んでいる。
お父さんに声を掛けるが、英語が出来ないのでこちらもNG。

ホテルに戻り、チェックイン時からとても良い対応をしてくれる話スタッフの中年男性マルコに相談すると

「私の娘、12歳と9歳ですよ!喜んで協力します」

さらに、

「私、バイクが大好きで、貴方みたいな人生、憧れるなー」

なんて言ってくれるではないか!

翌日、マルコの出勤前に娘さんの学校へ一緒に行く事になりました。

やった!アポイント成功!!

さて、メキシコ人の女の子はどんな夢を語ってくれるのか、とっても楽しみです!!

しかしこの活動はアポの取り付けから悪戦苦闘するが、多くの人と、多くの会話をしてコミュニケーションをとる必要があることがとても旅の価値の厚みを増してくれています。



2011年10月13日(木)
天候:曇りのち雨

メキシコシティでは二泊します。

たまに滞在日を作らないと、身体がキツいのもありますが、事務作業と洗濯が間に合わなくなります。
事務作業は、この先訪問する国の越境情報や、バイクのメンテナンスのためのディーラーへの予約や、その他諸々やることがイッパイです。

そう言えば、北米に入ってからほとんど東京の家族と実家の親とスカイプしてないなあ。
時差の影響は結構、大きいです。


お昼前にマルコとホテル前で待ち合わせをします。
ホテル従業員も皆、私の活動をマルコから聞いたようで何だか良い雰囲気です。
1













マルコのバイクはYAMAHA FZ16という150CCのスポーツバイク。
独身時は大きいバイクに乗ってたそう。
ちなみに、メキシコでは、ヤマハをジャマハと発音するため、私のことも何回か、ジャマダと言うのです。
やな感じ(笑)

渋滞箇所では子供まで働いています。
2













平日の昼間なのに。
学校へ行けない子がメキシコでもいるんだ。


マルコの娘さんが通う学校に到着です!
3













どこの国の学校も同じで、親が迎えに来ています。
そして学校の前は車両乗り入れ禁止になっています。


下校時になると、学校前に露天が並びます。
4













うん、商売上手だ。(笑)


どやどや子供達が出て来る時間になりました!
5













親達が我が子を見つけると手を振って呼びます。

実はこう見えて、私は子供好きなのでめっちゃ嬉しい時間でした。


マルコの下の娘さんが出て来るなり見せてくれたもの
6













宿題を手に書いたよ

かわいいー。

校舎前でお姉ちゃんと一緒にインタビューが出来ました!

7













通訳はパパ。

最高の家族です。

近日中にアップ出来ると思います。
是非、お楽しみに☆

子供の夢や、幸せについての価値観を聞かせてもらっていると、心が和むし、浄化されるような気になるし、元気が湧くし、勇気ももてるし、悩みもなくなるようなこともあるし、やっぱ、いいな。(笑)

帰り、マルコとツーショット。

8













一旦、マルコは家に帰って家族と食事をしてからホテルへ出勤だそうです。


ビートルのタクシーが多くて、楽しいムードですよ。
9














これには笑った。
メキシコシティの信号待ちは長いので、
9−1













赤で止まった車達に向けてパフォーマンスが始まった。
この人はピエロの顔を書いてあり、踊りながら手品を披露していた。

その手品が、チョーくだらないのと、ピエロの顔がヘタだったんだけど、すっごく一生懸命で、悲壮感に満ちあふれていた。
そしてお金をもらいに車を回る時、とても遠慮がちな姿が可哀想な感じだった。

中華ならフードコートに行くといいよと言われ
10






















行ってみると高級なSCだった。

ランチ!
11













餃子とチャーハン!
結構、美味しかったです。

観光もちょっとだけしとこう!
ということでここへ行きました。

ソカロ地区
12






















メトロポリタン・カテドラル
スペイン征服時の14世紀から15世紀に、100年間かけて作られたものだそうです。

メルセー地区(マーケット)
13














もー、
14






















ぐっちゃぐちゃのぐっちゃぐちゃです。(笑)
そして上野のアメ横の100倍の広さくらいなのでは? 
マジで。

特にこの辺りは例に漏れず、闇の組織が根付いており各種犯罪の温床になっている場所なのだとか。

せっかくだから少しでも中をのぞきたくて、通りにバイクを停めると露天商のおばちゃんが、トルティーヤをかじりながら近付いてきた。

バイクを停めるな、と言いにきたのかと思うと、

私のパニアケースを指差して、

「この中にスシでも入っているのかい?」

笑顔で言う。(憶測)

ちょっと写真を撮りに一回りしてすぐに戻ると言うと、

私がバイク、見ててやるよ、と。

グラシアス!(有り難う)

と言ったはいいけど後からお金の請求があるかも?とちょっとだけ思う。

バイクに戻ると、

「ちゃんといつも鍵はかけて、大事なものは持って歩くんだよ」

と笑顔で忠告して手を振ってくれた。
とっても気のいい優しいオバちゃんだった!


15













アディオス!(さよなら)
そこを出発した。

ホテルに戻り、勤務についたマルコに会いに行く。
16













あらためて今日のお礼と、連絡先の交換、記念撮影とすると、
なんと、私にホテルからプレゼントだと。

17













旅の途中で使ってと、ポロシャツをくれた!!ww

I wish you a great trip all over the world.
(偉大な世界一周の旅の完走を願っています)

いやいや、またこのメキシコシティでも、泣かされるとは・・。
参ったね。

メキシコ、最高!! VIVA!! Mexico!!!

【Mexico】From Zakatecas to Salamanca

Tue.11.Oct.2011

Mileage:350Km
Departure Time10.30am
Arrival Time4pm
WeatherClouds with rain later in the day
Temperature:16

In the window frame of my accommodation in Zacatecas there were plenty of cracks, an it got rather cold at night …

Through these mice or squirrels could probably get in, I suppose?

I rolled up in the sleeping bag and feel asleep.

Sleeping bag – thanks much!!!

Today the sky is clouded, so departure was in rather cold weather.


Stepping out from my accommodation, that's what I saw on the first corner.
1












Well, it seems all are wearing Ten-Gallon hats!

All these labourers won't be buying Sandwich for breakfast, but rather Tacos.


Avoiding the town centre, I get unto the national highway.

Oh, something smells.  
2











It's difficult to see on the photograph, but this is a full load of cattle.

Beef stuffing it was ;)



Again, some other odour mounts into my nose.
3












Horses.


Well, it's a relatively spacious transport this time.


Oh, this time a lot of white, soft and feathery stuff comes flying from the front. 
4












An extra large trailer full of chicken!

The pork transporter was rather awful, however ...

They were piling on top of one another like in a sardine can!

The smell was horrific, so I quickly separated from the truck without taking any pictures before dying of suffocation.

A church in Aguas Calientes, a not so small city en route.
  
5
























On the next intersection, I was chatted up by a white bike
6












Of course, in every country, white bikes are cool!

In fact, as a kid I longed to be also part of the 'white bike' club.

What is that stuff that they sell at road crossings and other places where cars have to stop?
7












This time, let's buy and see what it is.



On a highway layby I stop and oil the chain.

In order to but the centre stand upright, I night to unfasten the left and right pannier case

But as I refasten them, no matter how, they keep moving.

If they move enough, I'm sure they'll eventually fall off.


It started raining, so I need to dress my raingear.
  
DSC02729












I take them out of the right pannier case, and head off again as soon as I put it all on.

And then something happened!

Suddently the bike started to behave strangely, and slightly leaning to the side

And in that moment I heard a loud  BANG! Coming from the back!

Looking into the back mirror, I see one of my panniers dashing over the road surface ...


Ahhhhhh!


My right pannier has gone!
Verifying that there wasn't any car coming on right behind me, I pull an emergency break,


and then stop on the really small right side shoulder. 
DSC02730











Go and get it back!? 

Or rather leave it behind!? 

I can see the pannier in the far distance. 

I finally decide to go and get it back. 

DSC02732












I rush. 

Pannier case! - Please! I hope you survived! 

Ouch.
DSC02737











It's lying on its back. 


DSC02739












The bike looks a sad and ugly with only one pannier. 


Carrying the really heavy pannier in my arms, I walk back to where the bike is standing.


I worried as I strapped the pannier case back onto the bike after it had fallen off at 80 km/h and slid back over a considerable distance on the road, made me feel worried.
Carefully, carefully strapping the pannier back on, 

DSC02740












no problem surfaced and all was fine.

Luckily, the metal mechanism used to strap the pannier to the bike had remained gracefully on the upper side and undamaged by the fall the subsequent sliding and rolling around.


Wow!

On the down side, the sponsor sticker that was on the outer, and hence bottom, side of the pannier had survived the incident not quite so well …


I'll have to stick a new one on at the first opportunity.

The only explanation for the pannier falling of was evidently my own negligence in mounting and strapping it on properly

Thinking about, given what may have happened, I was lucky. What if a trailer had been behind me, or it had collided with another car behind me, or if had this heavy piece of luggage with metal sticking out of it had fallen off in the middle of the city and smashed into a someone walking 

From now on, I'll do my best to guard the sponsor logos better, and will take care to be more careful when strapping on the gear.



Salamanca city

DSC02750












The view from the hotel room.


There's nothing special. It's a quite city.

It rains softly, but somehow this fits the city perfectly.

Watching MTV, 
DSC02745












even the male vocalist in a promotion video wears a Ten-Gallon hat.

Seems like indispensable in Mexico for a guy to be stylish.

At the entrance to the inn, 5 national flags are displayed (I can see it from the top).

DSC02749












When I realised that one of them was a Japanese flag, it felt somehow emotional.


I have become a pride Japanese in my heart.
Probably would never have been the case, if it were not for having started on this journey.

【メキシコ】サカテカス〜サラマンカの旅

【Mexico】From Salamanca to Zacatecas
2011年10月11日(火)/Tue.11.Oct.2011

走行距離/Mileage:350Km
出発時間/Departure Time:10:30 /10.30am
到着時間/Arrival Time:16:00 / 4pm
天候/Weather:曇りのち雨/Clouds with rain later in the day
気温/Temperature:16


サカテカスの宿の窓が、隙間だらけで夜は寒かった・・。
たぶん、そこからねずみやリスくらいは入れるんじゃないかな?
寝袋にくるまって寝ました。
寝袋、有り難う!!!


今日は曇りで、少し寒空の中を出発です!

宿を出た最初の曲がり角。
1












ね、みんなテンガロンハットでしょ!
労働者の方が朝食のためにサンドイッチならぬ、タコスを買っています。


街を抜けて、ハイウェイ、国道と乗り継いで走ります。

お、何か、匂う。
2












写真では見えにくいですが、これは牛満載!
ギューギュー詰めでした。


さらに、匂います。
3












馬。

比較的、ゆとりのある運ばれ方でした。


お、今度は何やら、白いフワフワしたものが前方から沢山、舞っているぞ!


4












ニワトリ一杯の超大型トレーラーです。

しかし、ブタの運搬車は酷かった。。
すし詰め状態を通り越し、重なり合ってました。

匂いが凄くて、早くトラックから離れなければ窒息死しそうだったので写真はありません。



途中のアグアスカリエンティス(Aguascalientes)という大きめの街で見た教会。
5
























次の交差点で白バイに話しかけられる。
6













やっぱ、どこの国も白バイはかっこいいな!
実は子供の頃は白バイ隊員にも憧れていました。


交差点や、車が集まる場所で売っているあれはなんだろう?
7












今度、買ってみよう。

ハイウェイ沿いのパーキングでチェーンに注油をする。
センタースタンドを立てるため、左右のパニアケースを一旦外す。
再度、装着するとぐらぐらしている。
何度も転倒しているためでしょう。


雨が降って来たのでレインウェアを着る。
DSC02729












右側のパニアケースから取り出し、着込んだら出発!


事件発生!!

突然、バイクに挙動があり、少し振れた。
その瞬間、ガシャーーーーーーン!!

と音がして、それは後方に残った。

バックミラーを見ると、なんと、パニアケースが路面を疾走してるではないか!!!

はあああーーーーーーーーーーーっん????????!!!!!!!!

見ると右側のパニアケースがない!!!

後方に車両が居ないことを確認して急ブレーキ!
そして、とても狭い右側の路肩に停車。




DSC02730












取れちゃったってか!?

落ちちゃったってか!?


はるか彼方にパニアケースが見えます。



拾いに行きます。


DSC02732














駆け寄ります。



パニアケースうう!! 生きててくれよ=!!っと祈りながら。




ありゃーーーーーー
DSC02737












仰向けです。


片方のパニアケースがないバイクは
DSC02739












かっこわるくて、寂しそうだ。

重い、重い、パニアケースを抱えながらハイウェイを歩いてバイクの所まで戻ります。

さて、時速80キロから落下し、路面上、かなりの距離を滑走したパニアケースが、元通りにバイクに装着できるかとっても不安でした。

恐る恐る取り付けてみると、

DSC02740












問題なく装着!!!!

ゴロンゴロンと転がることなく、取り付け金具の部分が上になった状態で滑っていったようだったのでバイクと接する部分は全然大丈夫でした!

ほっーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!

逆にスポンサー様のステッカーが貼ってある面が下になったため、傷だらけになってしまいました。
すぐに張り替えねば。

パニアケースが落下した原因は、私の取り付け方が不完全だったからに他なりません。
考えてみると、このトラブルが起きた時、もしも後続にトレーラーがいて踏まれたり、他の車両に衝突したり、ハイウェイでなく、街中で歩行者に向けてこの重い金属の塊が飛び込んでいったり・・と考えると、本当に不幸中の幸いです。
今回はスポンサーの皆様が守ってくれて、さらに気を引き締めるよう神様からのお告げだと強く感じた次第です。




サラマンカの街
DSC02750












部屋の窓からの景色。
何もありません、静かな街です。

しとしと降る雨が、何故か似合っています。


MTVらしきものをみると、
DSC02745












男性ボーカリストのPV(プロモーションビデオ)でもテンガロンハットを冠っています。
メキシコの男性のオシャレの必須なんでしょうね。

宿の玄関口に5本の国旗が。(上から見てます)

DSC02749












その内の一本が日本のものだと判った時、何故かジーンときた。

日本人として心から誇りを持てるようになった。
この旅に出なかったらそうじゃなかっただろうな。

【メキシコ】トレオン〜サカテカスの旅

MexicoFrom Torreon to Zacatecas
2011年10月 10日(月)/Mon.10.Oct.2011

0





















走行距離:420Km

出発時間/Departure Time:10:30 /10.30am
到着時間/Arrival Time:16:00 / 4pm
天候/Weather:晴れのち曇り/Clear Skies with clouds later in the day
気温/Temperature:20

 

今日は街全体が世界遺産のサカテカスという街へ向かいます。
到着時間によっては観光が少し出来るかもしれないので楽しみです。

Today I'm on the way towards Zacatecas, whose historic centre is a UNESCO world heritage site. 

All going according to plan, I should be getting there early enough to be able to do some sight seeing. Really looking forward to it.



トレオンの街を抜けて順調に走ります。
Since I'll not be driving through the centre of Torreon, all should be going smoothly.
1












メキシコの青空も青い!(笑)
Mexicos blue sky are blue too ;)

「この空、ひれー!!(広い)」

叫びながら走っています。

I'm driving , repeatedly shouting out to myself “these skies really are wide”.



休憩で止まると
As I stop for a break,
2












そこにはカウボーイが居ます。
there's a Cowboy by the road side.

ステーキになる牛が沢山います。
There are a lot of cows, too, that will certainly end up as a steak sometime soon.



サカテカスの街に到着!
Arrival in Zakatecas!
3












ホテルの部屋から街が一望!
From my hotel room I have an undisturbed view of the whole historic centre.


街を歩く前に遅いランチで腹こしらえ。
But let's have lunch before exploring the town.
4












うーん、なんというモノなんでしょうか。
Hmmm, what is that?!

分厚いトルティーヤに、好みの具をいれたものです。

It's a really well filled tortilla, with all my favourite ingredients.


結構、イケます。
It's a lot of would, but I did manage to eat it all.

コークライトがついて、38ペソ(220円)!
Including a can of Diet Coke: 38 peso (220 Yen).



さて、街に出ると突然、ヨーロッパに逆戻りした錯覚を覚えました。
Then, walking into the historical centre, I unexpectedly feel as if I an optimal illusion had transported me back in time to Europe.

街全体が世界遺産であることが頷けます。
I can appreciate why the city is a UNESCO world heritage site.

徒歩5分でカテドラルに到着。
After a 5 minute walk, I reach the cathedral.
5






















荘厳です。
It's rather impressive

13体の彫刻体の名前が書いた物がありましたがいたずら書きが酷く認識できませんでした。
There were stone carvings of 13 saints and their names, but I didn't manage to decipher any single one of them. 






ファティマ寺院
Fatima church
6





















こちら幽厳な感じです。
It gives a grand and solemn impression



水道橋
Viaduct
7












補修作業が行われていました。
It's undergoing maintenance and repair works.
イスタンブールで見た水道橋を小さくした感じです。
It looks smaller than a similar viaduct I've seen in Istanbul. 


ペドロ・コロネル
Pedro Coronel
8
















旧サン・アグスティン寺院
Former church of San Agustin

9

















遊覧バス
Sight seeing bus
9−1
















えー

Let me see.. 

10






















誰?
Who is that?



こちらは、
and this one
11






















誰?
who was that?

申し訳ありません。勉強不足です。
I'm sorry, I've skipped out on homework it seems.


街のあちこちに可愛いお店が沢山あります。
Scattered across the whole city there are many adorable little shops.
12





















ガス灯を売っている店の前で足が止まりました。
I stopped in front of a shop that is selling gas lights.

何故か、調理道具屋に売っているんです。
For some reason, they sell second hand cooking equipment.

ガス仲間だからか?
Maybe the shop belongs to a gas company?




キリスト好きにはたまりません。
Irresistible to Christians.
13















駄菓子屋さんもよくみかけます。

I see quite a few small-time candy stores, too.


14















そして、多いのは
Also frequently seen:
15












路上ミュージシャン。
Side walk musicians.
ギタリスト以外にもベース弾き、バイオリン弾き、アコーディオン弾きの方々を見かけます。
In addition to guitar players, I've also seen base, violin and accordion players


テンガロンハット姿の男性がとっても多いのはメキシコならでは!
And typical for Mexico: lots of men wearing ten-gallon hats.
16
















パトカーニュータイプ?
Is this the newest type of police patrol car?
17















一休み。
Ice cream break.
写真 3






















このジェラート、10ペソ(58円)
This ice cream was 10 Peso (58 Yen)

美味しい!
Nice!


人気の少ない街の裏通りを歩く。
Rather deserted side street.
18













スペインの領土だったメキシコの過去が、ここにある。
Indeed, here I have found memories of the bygone days of Mexico under colonial Spanish rule.


300年間に及んだの期間の長さは、街の特徴として永遠に残るものなんだな。
Over the course of 300 years the city's character has been preserved. 

【メキシコ】チワワ〜トレオンの旅

【Mexico】Go to the Torreon from the Chihuahua
2011年10月9日(日)/Sun.9.Oct.2011

走行距離:480キロ
出発時間:9:30
到着時間:16:00(時差+1時間)
天候:晴れ
気温:18℃ー33℃

さあ、どんどん暖かくなってきました!
緯度で言うと、沖縄を越えてハワイと同位置です。
午後になると一気に日差しが強くなりウェアを夏使用に替えなければなりません。



朝、走行距離を確認すると
1












気が付いたら、6万キロを超えています!

よく走ってくれているよ、このバイク。
もー、可愛くて仕方ない。(笑)



ハイウェイは、道も良く、快適ですがしょっちゅう、料金所があります。
1−1












すでに、何回払ったことか。
ちなみに、このゲートでは98ペソ(560円)でした。




料金所ゲート脇にあるトイレと自販機。
2












ドリンクを買おうとしたら、ペソを持っていなかったので買えませんでした。(悲)


メキシコで初給油です!
3












セルフではなく、サービススタッフが入れてくれます。
世界一周のルート図を見て感激していました。

ちなみに、このハイウェイ脇のGSはひとつ逃すと次は100キロ先までありません。(怖)


しかし、眠くなる・・zzz
4












音楽をイヤホンで大音量で聞いても効果無し。。

眠気覚ましに、バイクを停めて休憩。
食事のタイミングを逸したのでついでに、ピーナッツとチョコレートをかじる。



感心したのは、道路の美化活動です。
5












かなりの割合で定期的にごみ箱が設置してあります。
これでドライバーはポイ捨てはしないことでしょう。

道路脇に散乱するゴミはかなり僅かです。


そうそう、ゴミは少なくて良いのですが、多いのは、動物の死体。
犬、猫、牛、鹿、等を多く見かけます。

私はメキシコではまだ動物を跳ねそうになったことはありませんがかなり怖いです。




ロシアでも、この形のものを沢山みかけました。
6












       <威張っている鉄塔>



トレオンの街に到着!
7












真っ青な空と


8













原色が多い街並は、メキシコらしさを象徴しています。
今日は日曜日で多くの店がしまっていました。



街中での風景1
9















街中での風景2
10
















公共バス
11












最もアグレッシブな運転の車両でした。


観光、とまでは時間も目的もなかったので食事だけでもと外出。
ホテルのスタッフに

「どっか、近くに食堂ない?」

と聞くと、

「あります。送ります!」
なんと車で送ってくれたところが結構、高級レストラン。
先客は皆、襟付き、スラックス。
女性はワンピースを着用している。

俺は、ナイキの短パンに、「愛」なんて書いてあるいつものTシャツ。
そして裸足にクロックス。

なんか場違いだけど、ま、いいか。

オススメはTボーンステーキだと言う。
ランチもろくに食べてないのでそれをオーダー。

いや、ビックリ!! これが最高に旨い!!!

値段は198ペソ(1100円)と高いが、日本で食べたら5000円コースの逸品でした!
(画像、後日掲載します。)

流石、メキシコ☆



12












ムードある夕暮れのトレオンの街並。




今日は走行中、10年ほど前にメキシコに来たことを思い出しました。
その時は、飛行機で来たので空港を出た途端の景色の違いに驚いたことを。

そして今回の旅は陸路での移動なので、どの辺りから英語が通じなくなるのか、ドルを受け取らない店が増えてくるのか、白人の姿が減って来るのか、
・・陸路での移動ならでは感じられることが沢山あります。



バイクで走っていて強く感じることがあります。


「世界は一つ、地面はすべて繋がっている。」
和光小学校 岐阜市立鶉小学校

世界各国の子どもたちの声をお届けします。

Twitter


結婚レシピ
チャリティプラットホーム・ジャストギビング
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ