株式会社 山木商行 FUKUDA サンシャインスキューバ アライヘルメット ラフ&ロード スピード☆スター RKジャパン ツアラテックジャパン 岡田商事 YONEZO

#WORLD DREAM TOURING

“世界の子供の希望と夢を発信します”

Guatemala(グアテマラ)

[Guatemala] Guatemala City Part 3

Tuesday, November 1st, 2011

I realised that even tough it is my last day in Guatemala city I haven't really seen anything of the city. Hence I decide to go down town.

First of all: the cathedral.
1




















It is exquisite!
2




















I don't have any information on the cathedral as I neglected to look it up, but the interior was completely clean and well preserved, so it must have a new building.
3




















There were a lot of people praying at different locations and altars of the cathedral.
 
On my journey I have learnt that as humans there is always a need to pray, to ask for help, or just to entrust information. This is a consistent pattern across the globe.
 
Parque Central
Central Park
4




















In front of the cathedral there is a square where the citizens congregate in large numbers.

As today was 'Dia de los muertos' (Engl. Day of the Dead), the square was particularly busy.
This said, it's a rather awkward way how to call a day, don't you think?

Palace of the national culture.
5




















At the back of this, and in one corner of the central park there is the presidential palace.
 
In the park, there are a lot of vendors with carts.
6




















There are also some rather strange corners ….
7




















What is she foreseeing?
And that's what I tried out ;)
8




















She offers to have people weighed.
Guatemala is a bit of a deja-vu of all the things I've often seen on my way from Africa to Iran. :D
The principle through fair.
9




















The buildings would probably be colonial.
10




















Not sure if by chance this may be a shop closed to the national holiday.
 
There are a lot of performers that entertain the crowd of passers-by.
11




















Michael.
He really was only good at moonwalking!
12






















13





















16-1




















16




















Is this a bike store? Or an electronics store?
15




















This kind of patterns nothing unusual in a developing country.

This said, didn't they also sell electric bicycles etc. in Akihabara?
 
Guatemalan policeman.
17-1




















And this – is this the military or the riot police?
17-2




















When I turned towards them with my camera, even a lady armed to her teeth and with a grim face broke into smile for me!
 
In front of the national theatres, public transport buses are on stand by.
18




















This really conjures up a typical Guatemalan feeling.
 
The church of Saint Francis.
19




















The church is small in comparison to the cathedral I visited in the beginning, and although it looked new, I didn't expect very much.
20


















But the interior was absolutely gorgeous.
 
Plenty of incense had been burned, and the rays of the sun played with the risen smoke and steeped the church into a solemn atmosphere.
21


















And then, right in front of a man-sized statue of Christ, a life orchestra was playing. The scene made rather an impact on me.
22
























The rays of the sun shine beautifully across a single stained glass in the window.

【グァテマラ】グァテマラシティ滞在3

2011年11月1日(火)

グァテマラシティ滞在最終日なのに全く街をみていないことに気付き、ダウンタウンへ出かけました。


まずはカテドラル
1












立派でございます!

2












情報が全くないのと確認を怠りましたが内部はとても奇麗で新しいものでした。

3












多くの方が、教会内に点在するサイトでお祈りを捧げています。

人は、祈りたいこと、解決したいこと、報告したいことが永遠にあり、それは時空を超えて世界共通であることが伝わってきました。

Parque Central (中央公園)
4












カテドラルの前の大きな広場に沢山の市民が集っています。
今日は「死者の日」という祝祭日でもあって大変賑わっています。
それにしてもスゴイ名前の日だ。

国立文化宮殿
5












中央公園の一角でこの裏に大統領官邸があります。

公園には沢山の屋台が出ています。
6















不思議なコーナーも目に入ります。
7












何かの予言者?


私がウケたのはこれ。
8












体重測定屋さん。

アフリカ〜イランあたりまでよく見かけていたものがグァテマラで復活しました。(笑)


一番の目抜き通り。
9














最もコロニアル(植民地)様式を思わせる建物。
10












休日で閉まっていたので何屋さんが入っているのか判らず。


行き交う人を楽しませるパフォーマーが沢山います。
11












マイケル。
ムーンウォークだけは上手だった!


12












13













16-1













16















バイク屋?電気屋?
15












このパターンが途上国では多いです。

あ、でも、日本でも電動バイクは秋葉原で売る事になったとかでしたっけ?


グァテマラのポリスマン
17-1












こちらは軍警察か機動隊?
17-2












ものすごいマシンガンをものすごい怖い顔(笑)で提げてた女性もカメラを向けるとにこやかに応じてくれました☆


国立劇場前に待機する路線バス
18












グァテマラらしい雰囲気を醸し出しています。


サンフランシスコ教会
19












最初に入ったカテドラルに比べて小さく、新しく見えたので期待していなかったのですが・・


20












中が素晴らしかった!

お香が大量にたかれ、窓から入る光がそのスモークによって荘厳さを演出しています。

21












そして何と、等身大の横たわるキリスト像を前に、生のオーケストラが礼拝の音楽を奏でていたのには感激しました!

22





















たった一つしかないステンドグラスが傾きかけた陽に美しく映えています。



【グァテマラ】USA出張

 2011年10月24日~11月1日


皆様、お久しぶりです!

USAへの一週間の出張から戻りました。


この期間のご報告をさせて頂きます。


早朝、まだ辺りが暗い中、グァテマラ空港へ向かいます。

空港の敷地に入ると何やら一部だけ明るくなっています。


エンジンから火を噴いている車が!!
運転手らしき人が一生懸命消そうとしていて、どんどんパトカーや消防車が集まってきています! 


なんだかグァテマラらしさ?を感じました。(笑)


グァテマラ空港
DSC03322













想像以上に奇麗です。


DSC03321












専用の機械があったため、eチケットのチェックインを簡単に行うことが出来ました。

進んでいますね〜。
 

グァテマラ出国のイミグレでは係官がとても親切です。

なーんか、陸路の国境とは全然違ってストレスが全くありません。(笑)
 

経由地のダラス空港でのUSA入国がちょっと不安でした。

一ヶ月前のUSA出国時に国境オフィスで何も確認ないまま出てしまっていたので。

でも問題なくUSAに無事、再入国!


そしてダラスから乗り換え、ソルトレークに到着し空港でレンタカーを借ります。


そこで事件発生!


今回は日本から妻が来て会うことになっており、妻の到着を待つ間レンタカーを空港のピックアップエリアに置いておきました
無事、妻と合流したあと車に向かうとなんと・・、車がない!


駐車違反でレッカー移動?と思うが路面にも何処にもチョークで書いていない・・。


盗まれた?!!!!


すぐにレンタカー会社に行って相談すると、警察に確認。

やっぱりレッカー移動でした。

ユタを甘く見てました。

50ドル払って手続き終了。あたた。


翌日、ユタの南部、アーチズ国立公園までドライブ&観光。

DSC03327












「Balance Rock」の前で。


天候が良くなかったけど10ヶ月ぶりの妻と過ごす時間はとっても嬉しいものになりました。

日帰り900キロの移動は疲れたけど、でも車ってラクチンだねー。

一人旅もいいけどやっぱり愛する人と素晴らしい景色を見るって最高です☆

 

先月定休日で行けなかったソルトレークシティのBMWディーラーを訪問。

DSC03343












こちらはトライアンフのディーラーも兼ねています。 


円高を利用して、穴があいたグローブを買い替えようと行ったがちょうど私の手のサイズだけ売り切れていて購入出来ず、残念。



今回の出張は私の会社が代理店をする本社企業のコンベンションに参加して来ました。

DSC03389












普段は新しい情報を聞く機会なのですが、今回は久しぶりに沢山の友人、知人、バイク仲間に再会出来たことが何よりも嬉しいことでした。



あっと言う間に終わったコンベンション期間の翌日、2回目の妻とのドライブ観光。

ネバタ州境に近い、グレートソルトレーク国立公園です。

ソルトフラッツとか、ボンネビルと呼ばれる所です。
DSC03399







 






乾季には固く真っ白な塩の大地になり、延々と続く平らな大地を利用してギネスに載る最高速を競うレースが行われます。


季節外れの今は、水が張っていて湖になっており、塩の大地に車や徒歩で入って行く事は出来ませんでした。


USAを離れる前にレースに関わる場所を訪問出来て凄く良かった。

レースに関わるところにくると不思議と心が落ち着くのです。(笑)


今までよく日本が恋しくならない?と聞かれることがありましたが和食以外は全然なかったです。

ただ、こうして妻と一緒にいる時間を過ごした後は別れ惜しく、子供にも会いたくて仕方なくなりました。(泣)
ここまで世界を旅してきて一番大切なものは家族だと改めて知ったからかな。 


無事グァテマラシティへ戻り、再度ホリデイインにチェックイン。

フロントの女性スタッフや他のスタッフも覚えていてくれて歓迎ムードで嬉しいです。


さて、妻が日本から運んでくれた荷物の整理や今後の旅の準備をして明日からまたバイク一人旅の再開です。


朝一番にディーラーでバイクを引き取った後、エルサルバドルへ向かいます。


引き続き、ニッポンの元気、多くの方への勇気に繋がる活動を一生懸命行って参りたいと思います!


[Guatemala] Guatemala City part 2 / Kid's Interview

 Sunday, October 23rd 2011

0
















The person I wasn't able to meet yesterday due to the Kid's Interview contact me, and now it is certain that I will be able to meet her.


We had agreed not to meet up in the hotel I'm staying, but rather in a restaurant located in a building close by. Hence, I direct my steps into that direction.


A ten minutes walk later, I grasp sight of the place: It's very modern, new building!

The restaurant's neon sign is visible from outside the building.


As soon as I enter the building, a women approaches me with a smile and asks 'Mr. Yamada'?

1−1












 







Entering the restaurant, she directs me to seats at the far end of the room, and in our conversation it turns out that Mrs. Gretel is not only the mother of the child I'll be allowed to interview, but she is also the owner of this restaurant.


Finally! I managed to meet her  :D


The restaurant's menu is a Japanese-Chinese style fusion kitchen, the interior is Asian casual and modern. The atmosphere is friendly, and overall it is a really nice, comfortable place.

Restaurant's name is 'DimSum', and it is located on the Design Centre's 1st Floor.


Immediately I start the interview.

The 9 year old boy I interviewed.

3




















     Also present: his cute younger sister.

2













 






In comparison to other children I interviewed so far, the boy had a really good knowledge about Japan. When I asked how come, it turns out that my acquaintance had been at one time a Spanish teacher in Japan.


I was also told that another reason why she decided to launch a Chinese-Japanese restaurant is that her paternal grandfather was Chinese.


And her maternal grandfather was German.


Both of her grandfathers ended up getting married in Guatemala.


On this trip I've repeatedly realised that countries like Japan with hardly any immigration happening are rare, and that the societies of most countries were created through by people from different cultures and backgrounds mixing together.


A country like Japan with a nation formed of principally one race is very, very rare.

4



















Once the Kid's Interview was over without any hitches but a lot of laughs, it's lunch time


I was served the house's recommended menu item.


It's DimSum.(^0^)/ 


Hmm, for how many years did I crave this again? :D

 

Chinese restaurants are generally easy to find in any of the larger town, but this is the first time that they serve DimSum.


It was really, really nice food.


Finally, I gave them as a little thank you the Kid's Interview sponsors' stickers, and then wanted to say goodbye as soon as I had paid the bill. However, they didn't want to accept money ...


When I wanted to pay, I was informed “This goes on Guatemalan hospitality”

 

… Thank very much! Much appreciated.!!!!m(__)m


This is the side effect of the trust relation ship between Leslie Asturias and Ikue Boucher who introduced me to Ms. Gretel.

I'm deeply indebted to this place and grateful the hospitality.


I not only am allowed to interview a kid, but also am invited for lunch – I like Guatemala the longer the better :D


Returning to the hotel I take a different way than on the way coming – and end up in completely the wrong place :D

5



















Today is Sunday, hence the streets aren't all that busy.

However, evidently one of the principle reasons for traffic jams is the streets' narrowness.

The side walk is rather narrow too, so it must be dangerous also for pedestrians.


Guatemala city is located in this place as the result of the former capital Antigua's relocation due to the frequently occurring earth quakes, and is currently experiencing the proverbial population explosion.


I'm relieved and happy that today, too, I managed to fulfil my duty and managed to do an entertaining Kid's Interview.

I'll upload the result soon, so please have a little patience.


From tomorrow, I'll go for a week to the US on business.

In that time I'll also upload information in relation to that travel.


Which reminds me … I sometimes get asked the following:


Are you returning on bike to the US?


No, I don't think so (obviously, ;))


By air plane.


After all, it's nearly November, and there is a chance that there'll be snow in Utah.


That's it! Ciao!

【グァテマラ】グァテマラシティ滞在2/子供インタビュー

2011年10月23日(日)

 

0













昨日、子供インタビューでお会い出来なかった方から連絡があり、確実に会えることになりました。


待ち合わせは私の滞在ホテルでなく、近くのビルの中のレストランに来て下さい、というのでそちらを訪問することに。


10分ほど歩くと突如現れた、近代的かつ、洗練されたビル!

建物の外からそのレストランのネオンサインが見える。


ビルの中に入ると、

1−1












「Mr. YAMADA? 」と女性が笑顔で声を掛けてくれる。


レストランの方で、奥の席に案内されて話しをすると、この方が子供インタビューを受けてくれる子供のお母さんであり、さらにこのレストランオーナーのグレテルさんだった!


おお!やっと会えました。(笑)


お店のメニューは中華と和食を揃え、店内はアジアンカジュアルで、ファッショナブル、そしてフレンドリーライク、というとっても居心地が良い店。

【店名:ディンスン】(デザインセンタービル1F)


早速、インタビューを初めてさせて頂きます。

インタビューは9歳になるお兄ちゃん。

3















同席していた妹も可愛い!!
2














今までインタビューした子供達の中で、日本についてかなり知識があるほうだったので聞いてみると
親戚の女性が、日本でスペイン語の先生をしていたそう。


また、中華と和食のレストランを営まれている理由として、グレテルさんの父方のおじいさんが中国人だからだと教えてくれた。

母方のおじいさんはドイツ人だと。

そして、それぞれがグァテマラの方と結婚なさったということです。


この旅で、度々感じることとして、日本みたいに移民が殆ど居ない国は珍しく、他の多くの国では沢山の人種が混じり合った方々が社会を形成している。

本当に日本のように基本一人種という国家は極めて稀だ。

 

4













子供インタビューが無事、そして楽しく終わったところで食事です!


オススメを出してくれました。


点心でーす(^0^)/ 


いやー、これ長年?食べたかった~~~。(笑)

中華レストランは大きめの街に行けば大体あるのですが、点心にありつけたの初めてかも。


とっても美味しかったです☆


さて、私から子供インタビューのお礼としてスポンサーステッカーをお渡しし、お会計を済ませて失礼しようと思うと、なんと食事代を受け取ってくれない。。


ここは負けじと支払いをお願いするが、


「グァテマラのおもてなしですから」


とひいてくれず。。


・・ごちそうさまでした!!!!m(__)m


これもグレテルさんをご紹介頂いた、育江Boucherさん、Leslie Asturiasさんの信頼関係の賜物です。

この場をお借りして深くお礼申し上げます。


子供インタビューはさせてくれるわ、食事はごちそうになるわで、益々、グァテマラの方が大好きになりました。(笑)





帰りは来た道と別の道でホテルに戻ろうと歩くと全然違う場所に出てしまった。(笑) 

5














今日は日曜日なのでさほど道は混んでいない。

ただ渋滞の原因の一つとして道幅が狭い。

歩道も狭いので歩行者もちょっと危ないかも。


このグァテマラシティは過去、首都があったアンティグアが地震が多いために遷都された場所であり現在では爆発的に人口が増加しているという。


今日も私の任務かつ、楽しみの活動の子供インタビューが出来てほっとしたのと嬉しい気持ちで一杯です。

(*後日のアップをご期待下さい☆)


さて明日から一週間ばかりUSAへ出張に行って参ります。

(その期間中も旅に関連する情報はアップしていきます。)


そう言えば、たまに聞かれることがあります。


「バイクでUSAに戻るんですか?」


そんなこたあ、ありません。(キッパリ・笑)


飛行機です。

11月に近いユタは雪の可能性もありますからねー。


それでは! Ciao!!

[Guatemala] Guatemala City (Part 1)

Saturday, 22nd October, 2011

Today I'll visit a bike dealer to have my bike maintenance checked, and I've also scheduled a Child Interview. 
 

After waking up, I eat the fruit I bought yesterday night in the vicinity of the hotel, together with the bread I've bought the other day in Tikal.
I can boil water in the room, and hence prepare myself some instant coffee.
When on the road, I feel that Nescafé really is miraculous and good thing!
 

While eating this breakfast, I create a summary for what needs to be checked during the bike's maintenance.
I have to make sure that I explain it all perfectly to the dealer.
I've still got close to 50'000 kilometre of journey ahead of me, hence my favourite vehicle (Hero) will soon have over 100'000 kilometres on the tachometer


Leaving the hotel's parking lot, I rely on GPS coordinates in order to reach the dealer. 
And I arrive without any further trouble, discounting some troubles with a one way street and a traffic jam. 
 

1
















As I park the bike in one of the available parking lots, a giant of a man emerges from the garage. 
 

Hey, Tatsu---ya----!

It's the shop manager Jose with whom I have exchange some emails recently.
He's Caucasian

 

At his side there is another Caucasian male with a smile from one ear to the other. 
 

Oh, looking closer, it's the Polish guy I met yesterday, Jareck!!!
 

A bit unexpected, really!
 

Jareck turned back to the capital to have his bike repaired by this dealer
as something was wrong with the sound of his bike.

2
















Jareck turned back to the capital to have his bike repaired by this dealer
as something was wrong with the sound of his bike.
 

Jareck's website: http://www.jantarek.com/
He's immediately published me ...
 

Just like Jareck the day before, when the shop manager saw my bike, he started to noisily admire it's beautiful customisations. 
In particular, the 'Big tank' from Tour
atech, of which I had world's first made, has a good reputation. 
It goes without saying that it feels nice when people admire by own bike.
 
We enter the shop.
3

















They've just moved into the premises, so there is still plenty of empty space.

4

















The bike workshop where all the maintenance work takes place is on the 2nd floor behind glass doors. 

 

And... then … This!

5


 











Next to the show room doors, there are permanently security guards with shot guns.
Not even in Africa I have seen anything the like, but Guatemala ...is it so dangerous around here?!
 

When I arrived at the shop it was 10am. But, after explaining my maintenance requests, getting the paper work done, leaving the bike in the garage, chatting a little bit with Jareck and the shop manager it suddenly is 12pm noon. 
 

The taxi to the hotel is organised and paid for by the dealer.
 
This type of service is a first for me.

 

I return to my hotel and start working – after all I'll have to go one a one week business trip to Salt Lake city starting the day after tomorrow. Working away all afternoon, the time for the Child Interview has come. 
 

I prepare the camera, the sponsor stickers which I'll give away as a thank you, the leaflet explaining
my journey and the charity system, the special sticker with my website etc. and then take it all to my appoint in the lobby.
 

But I can't see any kid ...

Twice a child was accompanied by an adult, but when I asked them they where not the people I was waiting for.
 

10 minutes
 
 
20 minutes.
 
 
30 minutes.


The traffic jams in Guatemala city are really bad, and there is a chance that if they'd be coming by car, they might be late for the appoint.
 
Assuming that this is the case, I wait relaxed.
 

1 hour.

Hmmm, they didn't come.

Possibly.

Or did I get the time wrong due to the time difference?!
Checking with the hotel clock though, the times are correct.


Some more waiting.
 
An hour and a half.


Maybe, something happened...

Well, for the rest of today, I decided to wait to be contacted by the person who introduced me to the potential interviewees, and hope for better luck tomorrow


Now, I'd like to let everyone now that Tatsuya Yamada will be on the radio!
 
The same World Flower Network that featured me in Morocco for the first time, invited me for the second time around.
 
Day and time schedule is as follows: November 2nd, 2011, 16pm Japan Time. 
 
Day and time schedule is as follows: November 2nd, 2011, 16pm Japan Time. 
 
 
Local time it will be 1am in the morning (not funny!)
 
 
I inform you of further details one of the upcoming days. 
 
 
I'm already getting nervous :D


【グァテマラ】グァテマラシティ滞在

【グァテマラ】グァテマラシティ滞在


2011年10月22日(土)


今日はバイクのメンテナンスためディーラーを訪問するのと、子供インタビューを行う予定です!


朝起きて、昨晩、宿の近くの店で買った果物と、ティカルの村で買ってあったパンを食べる。

部屋でお湯が湧かせるのでインスタントコーヒーを作ります。

旅先ではネスカフェも不思議と美味しく感じる。


そんな朝食を摂りながら、メンテナンスメニューをまとめます。

ディーラーではきちんと伝えて完璧に仕上げてもらわねばなりません。

この先、まだ5万キロ近い旅が待っていて、我が愛機(Hero)はすぐに10万キロを超えて行くでしょう。


ホテルのパーキングを出て、GPSの座標を頼りにディーラーに向かう。

一方通行の煩わしさと渋滞を除けば、ストレスなく到着出来ました。

1













バイクを駐車スペースに停めると、ガレージの中から巨漢の男性が出て来るなり、

「Hey! Tatsu~ya~!」


事前にメールでやり取りしていた店長のホセさんだった。白人だ。


そして横には、満面の笑顔の白人男性がいる。


おお!よく見ると、昨日出会ったポーランド人のヤレックじゃないか!!!


なんと奇遇!


彼もバイクの調子が芳しくないため、首都に戻ってこのディーラーに修理に来たという。

2













左から、ホセ店長、ヤレック、私

ヤレックのサイト:http://www.jantarek.com/
早速、私を掲載してくれていました。

ヤレックもそうだったように、店長のホセさんは私のバイクを見るなり、その美しいカスタムぶりに唸っていた。

特に世界第一号で作ってもらったツアラテック社製のビッグタンクは世界中で評判がいい。

自分のバイクを褒めてもらえるのはやっぱり嬉しいもんだね。


店内に入る。
3












移転したばかりということでまだスペースがかなり空いている。

4












バイクのメンテナンスは二階にあるスタジオのようなガラス張りの中で行われる。

 

そ・し・て、これ。

5


 










ショールームの入り口ではショットガンを構えたセキュリティが常駐!。

アフリカでも居なかったのに、グァテマラ・・、そんなにヤバいんかい?!(笑)


10:00に店に到着後、メンテナンス内容をリクエストし、手続き完了でバイクを預けることになったが、その後もずっとヤレックと店長のホセさんと話しをしていたらあっと言う間に12:00になった。


ホテルまでタクシーを手配してくれ代金もディーラーが持ってくれると言う。

こんなサービスは初めてだな。


宿に戻り、事務作業と、明後日から仕事関係の出張で、一週間ソルトレークへ行く準備をしていると子供インタビューのアポの時間が近付いてきた。


カメラ、スポンサーから預かったお礼のステッカー、私の旅とチャリティシステムを説明するフライヤー(ちらし)、ウェブサイトアドレスが記載されているスペシャルステッカー、などを万全に準備して待ち合わせのロビーで待つ。


それらしき親子が見当たらない。


2組ほど、子供を連れた方がいらっしゃったので聞いてみるがご本人達ではない。


10分。


20分。


30分。


グァテマラシティは渋滞が酷いため、もし車で向かっていたら約束の時間に到着出来ないこともあるだろう。


そんな事情も判っているので気長に待つ。


1時間。


うーん、いらっしゃらないねー。


もしや。

時差が発生していて私が時間を間違えているかも?!

ということでホテルの時計を確認しにいくと、合っている。


そして待つ。


1時間半。


たぶん、何かあったのだろう。

とりあえず、今日は紹介者の方からの連絡を待つことにして明日に期待しよう。




ここで皆様に、山田達也のラジオ出演のお知らせです!!


前回、アフリカ(モロッコ)で出演させて頂いたワールドフラワーネットワークに第二回目の登場をいたします。


日時は、日本時間11月2日(水)16:00の予定です。


現地時間は深夜1:00です。(苦笑)


詳細は後日お知らせいたしますね^^



あ、もう緊張してきた。(笑)


[Gutatemala] Rio Dulce to Guatemala City

October 21st, 2011

Distance:280 kilometres
Departure Time:10:00
Arrival Time:16:00
Weather:Blue skies with some scattered clouds
Temperature:27 ℃

Today we'll go on towards Guatemala City.

Yesterday night I didn't notice, but when I went this morning to the restaurant to have breakfast, this beautiful landscape is what I encountered :D


1















Well, I relax considerably indeed!
The mountains are nice too, but I really like the seaside
And you, which do you prefer? The mountains
or the seaside?

By the way, this is Guatemala's largest lake: Lake Izabal.
And today, for the first time in quite some time, it's beautifully nice weather, which really feels nice!

I immediately enter the road that goes towards the capital
2






























Around here it's fine, but the closer I get to the capital, the worse becomes the state of the road.
I have to drive while all the time being mindful of potholes.

In the parking lot of the petrol station in a place called Rio Hondo I adjust the load of the bike
I exchange greetings with an elderly man that had been watching me all the time, and have him tell me the location of the closed ATM.
By the way, in Spanish an ATM is called 'cajero'
3

















This little town was actually quite cute.
It's an ATM with a 'PLUS' sign, but I draw money not using my City Bank card, rather – like always – I use my Visa Card's Cashing Service.

Bit by bit the road gets worse, until eventually it turns into a mountain road
Paying attention to the cars coming in the opposite direction, I over take the slow driving trailer trucks one by one. 
 
In one of the ascending sloped I surprisingly get a hand wave from an oncoming bike.
I just barely manage to raise my hand and wave back.

It was a touring biker on a BMW
Since I had left the US and entered Mexico, thankfully I
had not met any other bikers anymore.

A further 15 minutes on

Suddenly the sound of a loud horn, right behind me.

A check in the back mirror confirms: it is the previously oncoming BMW driver.

He'd done a U-turn and caught up with me

4














At the petrol station a little bit further we'll be able to have a little 'rendezvous' to chat

When he parks his bike in the neighbouring parking space, we take pictures of each other's bikes :D
5




















It's a fairly powerful GS1150

His name is Javeck, from Poland
6



















He ask all bikers he encounters for a autograph!
Well, seems like a nice idea

Me, too, I give him an autograph

And also his bike is full of ideas!
7



















He just started his journey. He flew from Poland to Canada's east side, and is now on his way South

He's going on till Argentina, so we promise to meet again sometime along the way, and part ways

A further 100 kilometres on, there long traffic jams start
8



















It's the entrance to Guatemala city.

And from white bikes, it's black bikes now.
9



















They use Honda's small light weight vehicles.
Guatemalan policemen are also friendly

Well, here in Guatemala city I've got plenty of meetings arranged, and am booked solid.
Tomorrow morning I've got an appointment with a local BMW dealer for a maintenance check of my bike.
As I approach the whole of South America, I want to be 100% sure that the bike is in perfect condition.

And in the evening, I was able to arrange for a Child Interview

I'm looking forward to tomorrows update

【グァテマラ】リオドゥルセ〜グァテマラシティの旅

2011年10月21日(金)

走行距離:280キロ
出発時間:10:00
到着時間:16:00
天候:晴れ時々曇り
気温:27℃ 

 
今日はいよいよ、首都グァテマラシティへ向かいます。

昨日の夜は気付かなかったが、今朝の朝食時にレストランへ行くとこんなに素晴らしい景色だった!(笑)
1












いやー、かなり落ち着きます!
山もいいけど、やっぱり私は水辺が好きです。

皆さんはどっちですか? 山派? 海派?

ちなみにここはグァアテマラ最大の湖、イサバル湖畔です。
そして今日は久しぶりの快晴で気持ちがいいー☆



首都へ向かう道をひた走ります。
2





















このあたりは良いのですが、首都に近付くに連れて路面状態が悪くなっていきます。
多くの穴に注意しながら走らねばなりません。


リオホンドという町のガソリンスタンドの駐車場でバイクの整備をします。
ずっと私を見てた初老のおじさんと挨拶を交わし、ATMの場所を教えてもらいました。
ちなみに、ATMはスペイン語でカヘロといいます。
3












この小さな町はなんだか可愛い町でした。
PLUSのマークがあるATMなのですが、シティバンクのカードが使えずいつものようにビザカードでのキャッシング扱いで現金を下ろします。

どんどん道の状態が悪くなり、さらに山越えになる。
先行のスロー走行するトレーラーを対向車に注意をしながら次々と抜きながら進む。

ある上り坂で手を振ってくるバイクが反対車線を走りすれ違った。
私もギリギリ手を挙げて挨拶に間に合った。

BMWに乗るツーリングライダーだった。
USAを抜け、メキシコに入ってからはすっかり別のライダーと出会いがなくなっていたので嬉しかった。

そこから15分ほど走った頃だろうか。

至近距離の後方から大きなクラクションがなる!

ミラーで確認すると、なんとさっきすれ違ったBMWのライダーだ。

Uターンして追いかけ、追いついて来たのだ。

4













先のガソリンスタンドで話そうといってしばしのランデブー。

隣同士にバイクを停めるとお互いのバイクを撮影大会!(笑)
5












かなり気合いの入ったGS1150だ。

ポーランド人のヤベックさん。
6












出会ったライダーにサインを貰っているそう。
うん、いいアイディアだ☆

僕も書かせて頂きました。


また彼のバイクもアイディア一杯!
7













ポーランドからカナダの東側へ来てからツーリングを開始し、アメリカ大陸を南下する旅だそうです。

アルゼンチンまで行くとのことなので今後、またどこかで会おう、という約束をしてここではお別れすることにしました。


そこから100キロほど走るといきなり渋滞が始まった!
8












グァテマラシティに突入です。


白バイならぬ、黒バイ。
9












ホンダの小排気量車を使用しています。
グァテマラポリスマンもフレンドリーです。

さて、ここグァテマラシティは予定がぎっしりで充実です。
明日の午前は予約してあるBMWのディーラーにメンテナンスのため預けに出します。
南米大陸走破に向けて万全な状態にしておきたいと思います。

そして夕方は子供インタビューのアポが取れました!

明日の報告をお楽しみに!!

[Guatemala] From Tikal to Rio Dulce

Thrusday, October 20th 2011



Distance:260Km
Departure Time:10:45
Arrival Time
:16:30
Weather
Blue skies with some clouds and occasional shower
Temperature:25C

Well, actually I was planning to arrive in Coban today, but it turns out that at that geographical location a different town was located :D



This is one of Guatemala's high ways.
1


















On occasions they are surprisingly similar to Japanese country side roads.


This said, it's not only the landscape, but sometimes I feel as if Guatemalans also are a bit similar to Japanese.

 

They're not too close, but not to different either – it feels like just about the right degree of 'different'


Some I feel at peace despite driving on roads.



This is the townscape of Flores, the starting point for site seeing around Tikal.
2



















There are a lot of three wheeled taxis around!

 

The number vehicles with people riding in the back of the trucks has increased.
3−1












The short stretch of highway leading to Coban goes progressively worse: from being suitable for high speeds to dirty road.

And then it goes from bad to worse.

The whether is going to change by the looks of the sky.

 

Scene I saw on my way.
4














At a rubbish tip, garbage scavenging children.


Today is a weekday, so actually at this time of the day they should be in school.

Close by, children riding a 'pick up' bicycle.


Probably they're going back and forth between the rubbish tip and some other place.
5













It's pretty painful the understand why there aren't any smiles in their faces.


Since I didn't have a guide with me, I couldn't strike up a conversation with them and cannot judge. But I do feel as I've caught a glimpse of Guatemala's shady side.


The road gave the impression to continue throughout as a dirt road, and now it seems as if it would start to rain any time soon.


I remembered that the hotel staff had told me that the Japanese person I met yesterday, Heikichi-san, had left me a message saying that there had been landslides in the mountains, and that some of the roads had been cut off.


Also, the tyres I'm using are on-road tyres that, to make matters worse, are approaching their end of life as it stands ...


Let's change roads.


Even if it isn't the shortest way, let's find a paved road.


I hence trace by way on the road I've come from for the last 30 kilometres, to a paved road heading towards Guatemala city.

On the way I discover a tea house on top of a mountain pass.

Suddenly it's already 2pm, and time for lunch break.

 

As soon as I enter the place a group of locals having a party (?) ushers me to their table. Time for a souvenir photograph

6














Today's lunch.


7



















The chef's recommendation is Chicken soup. What I was served slightly digressed from what I expected when ordering.


This is chicken WITH soup. :D


It was really nice. (40 Quetzal = 400 Yen)


Judging from the map, it seems as if at Rio Dulce there will be a crossing with a national highway going West.


I guessed that if I'd drive that way, I'd certainly arrive at Coban.


All went fine until I arrived in that town. But then, the sign post was hidden by a tree, and I drove to far.


When I the turned back, I was chatted up by a local on a motorbike.


He didn't speak any English, hence we had to communicate with gestures.


Essentially, what they guy said was, that the road leading from this place to Koban was an outrageously bad road to drive.

He instructed me to proceed to Guatemala City and turn back from there towards Coban.

NO way, if that`s the case, then`ll go straight to Guatemala city


Thinking this, I check the time on my watch, and indeed it's already past 4pm.

 

The whether wasn't exactly brilliant so far, and it's starting to get dark already.

 

While in the US and in Mexico this might still be OK, I have a feeling that driving at night time in Guatemala might not be a good idea.


I decide to change my plans.

Tonight, I'll stay in this town.

There was an inn at the outskirts of the town, where I check in.


Then I call the hotel in Coban where I had a reservation and cancel.


How many times did I already have to change my plans on this journey?


Travelling in unknown areas, doing the unreasonable is a taboo, and adjust and decide depending on circumstances is a must.

 

【グァテマラ】ティカル〜リオドゥルセの旅

2011年10月20日(木)

 


走行距離:260キロ
出発時間:10:45
到着時間:16:30
天候:晴れのち曇り一時雨
気温:25℃

本来、今日はコバンを目指したのですが、到着してみるとそこは違う町でした。(笑)

グァテマラの国道です。
1















一瞬、日本の田舎道と錯覚することがあります。


というもの、風景だけでなく、グァテマラ人は日本人と感覚が少し似てるかも?と感じます。


寄り付き過ぎず、よそよそし過ぎず、ちょうど良い距離感を保っている気がします。

 


なんとなく道を走っていても安心します。

 


ティカルなどの観光地の拠点となるフローレスの町並み。2
















三輪タクシーがとにかく沢山!


荷台に人が乗っている車が増えました。

3−1















コバンへ向かう最短距離の国道が早い段階からダートになる。
そしてさらにその荒れ具合は酷くなる。
空模様も不安定ときてる。 

その途中で目にした光景

4

 

 

 

 

 

 

 

 







ゴミ捨て場で、ゴミをあさる子供達。


その近くで通りかかる荷台付きの自転車に乗る子供。
たぶんゴミ捨て場とどこかを往復をしているのだろう。


5














今日は平日だから、本来なら学校で行っている時間だ。


 笑顔のない理由が判るようで辛いな。


会話が出来ず、ガイドがいないので何も判らないが、グァテマラの陰の部分の一端を見た気がした。

その道はずっとダートが続く気配であったのと、今にも雨が降りそうな天候だった。
ホテルスタッフからと、昨日会った日本人のへいきちさんの情報から山道は崖崩れで遮断されている道があることを思い出した。

そして今、履いているタイヤはオンロードタイプかつ、交換時期が近いすり減ったタイヤだ。

道を換えよう。

最短距離でなくても、舗装路を探して行こう。

ということで来た道を30キロほど戻り、グァテマラシティへの舗装路を行く。

途中の山の峠に茶屋を発見。
すでに14:00近くになっていたのでランチ休憩。
店に入るやいなや、現地人グループの宴会?に連れ込まれ、記念撮影!
6















今日のランチ。

7













オススメは、「チキンスープ」というので、それを注文したら想像と違う物が出て来た。

これはチキンと、スープだ。(笑)

旨かったです。(40ケツアール=400円)

地図を見る限り、リオ・ドゥルセという町の中に西へ向かう国道の交差点がある。そこを曲がって行けばコバンへ到着出来るはず。

その町に入ったはいいが、標識が繁った木に隠れていため、一瞬、通り過ぎてしまった。
戻って迷っているとき、バイクに乗った地元のおっちゃんが話しかけてくれた。
英語が出来る人でなかったため、お互いジェスチャーでやりとりする。

おっちゃんが言うには、この町からコバンへ向かう道は酷い悪路だと言う。
グァテマラシティ近くまでいってから、向かうようだよ、と教えてくれる。

いやいや、それだったら、もう直接グァテマラシティへ行くよ。

と思いつつも時計を確認するとすでに16:00過ぎ。
天候が芳しくないため日が陰り始めている。
USAやメキシコならまだしも、このグァテマラでの夜間走行はやばいものがありそうだ。

思い切って予定変更。

今日はこの町に泊まることにした。

町外れに宿があったのでチェックイン。

予約してあったコバンのホテルに電話してキャンセル。

こんな予定変更もこれまでの旅で何回あったかな。

未知の世界の旅は無理は禁物、そして臨機応変に状況を判断していかねばならない。


[Gutatemala]・Tikal

Wednesday, October 19th, 2011

When I meet some people while traveling, they try to find a timing to ask something to me.

"How is your family?"

Ha ha, that's right question, isn't that?

I will have left Japan for 15 months, moreover I understand that normally people think that if we have a family, we won't travel around the world including Aflica by a risky bike.

Yes, I have ONE wife (Of course) and sweet 2 kids (10 & 12 years old).

It's been a long time to talk with my family on skype this morning.
It was morning in Guatemala and night in Japan.
1





























Well, Development of civilization is wonderful, isn't it?!
Now, we can talk with looking at each other's faces for free even from the other side of the earth!!!

I think about the hardship of travelers from the passed, my journey is nothing.
Because when I feel lonely, I can communicate with my people with like this tools.

I finished all my errands in the morning, and I go visit to Tikal National Park from the afternoon!
2

















The woods are becoming deeply.

I arrive when we drive a little more than 30 km from the hotel of Lake Pete'n Itza.

After parked my bike and go to entrance gate by walk then there is one Japanese there!
3



















He is from Fukuoka and travel around the world as a backpacker. He is Mr. Heikichi Heima.
His name is easy to remember.

He said he is leaving here, so gave me the park map.
It was very helpful.

This is Mr. Heima's blog. http://heikichiblog.wordpress.com/
It's very wonderful!

We had exchanged information and had chat for a while. He will be back to Japan next May which is close to my returning, so we promised to see each other in Japan again and said good bye.

Have a nice trip & see you again!

Well, I go into the maximum oldest ruins city of Mayan civilization at last.

People live here from B.C. and it is to have carried out prosperity till around era 800.
Since the deforestation had been repeated for city maintenance or development, harvest of agricultural products had become difficult and it became impossible to overcome the famine of the certain time. And people had gone away and it traced the history of being buried in again deep forest.

It is just the leeson of present-day global warming.

And about 300 years ago, it has forgotten about in 2000 and the shut door was opened.
The Spanish missionary who escaped the persecution from indigenous people and entered the hinterland of this forest met with the mysterious building.
4



















I walks inside the garden.
It takes 30 minutes, even if I walk in a hurry without stopping on the way from the first gate to a temple at the very back.
It is a 16-square kilometer vast ruins city.

It's a pure white tree of seiba.
5





























It is said holy tree of Maya

I arrived at the popular venue which is Grand Plaza.
6





























The No.1 temple.

It is said that 10,000 people lived at least.
7






















8




















There is the No.5 temple beyond one mountain.

Well, the Spanish missionary who found these had been probably surprised!!

We can meet many animals in the park.
9




















Piculet.
It is moving the wooden trunk, making a hole all the time.
9−1




















Coati.
This is cute
9−2




















Colorful and very beautiful "toucan" .
It was shining in woods.

While I am walking along the way, I hear some sounds above my head.
9−3




















It's a "spider monkey".
Just like a Tarzan, monkey crosses a tree from next to next!

Oh, it's not. "Tarzan crosses like a monkey", doesn't it?

I climb the No. 4 temple which is proud of the highest height in this city.
In the history, this is the building which had been the most highest in the Americas until Columbus has gone on land.

These stairs are long!
I ascend being short of breath.
I take a break on the way.

When I arrived here, it was 16:00ish.
Other tourists have left already and it was really quiet.

It is a cry like howling of gorillas, and the sound of the tree passage of monkeys and the voice of wild birds that can be heard.

When I arrived at the Pyramid temple, there was one security guy but he left like switching with me. *laugh*

I sit down at the top of the stone step and overlook the endless forest. 

10












A deep deep sigh comes out.

Although it is a wonderful view, it is not suitable in the word "superb view."

"The place made to consider one's life"

that I would say...

Although I stayed for about 3 to 4 hours, I think that I saw about 1/5 of the whole.
I would like to visit also here with my family and pleasant friends next time.

Before I returned to the hotel, I thought that it was a cafeteria and I entered, but it was a restaurant with the sufficient view of the hotel combination which has a pool in the back in fact.
11












The local couple is talking love together?

Since I don't understand even if I look at a menu, I ordered a restaurant's recommendation.
写真












The fish which was able to be caught in Lake Pete'n Itza was set up.
It is a white fish called Pell Kad Blanco.

Though there was a bad smell slightly, this was nice!

Thanks to development of civilization, I could talk with my families who are in Japan this morning.
And the afternoon, I saw the city which became The Lost World, as a result of developing civilization further.

Although it is said that history is repeated, people nowadays live in this time can continue living this time wisely and for a long time however.

【グァテマラ】ティカル滞在

2011年10月19日(水)


旅先で出会う方が、タイミングを見計らいなから?私に問いかけることがあります。

「ご家族は?」

はは、そうですよね。

15ヶ月も日本を離れて、しかも普通に考えたらリスクがあるバイクで、アフリカを含む世界一周の旅をしているなんて、家族持ちがすることじゃない、と思うのも無理ないでしょうね。

はい、私は妻が一人(←当たり前)と、可愛い子供(12歳&10歳)が二人います。


今朝、久しぶりにスカイプで家族と話します。
グァテマラの朝は、日本の夜になります。
1





















しかし、文明の発展ってスゴイですよね!
今は、地球の裏側でもこうして顔を見ながら話しが出来してしかも無料!!!

過去の旅人のご苦労を考えると私の旅なんて全然です。
なんせ、寂しいと思えばすぐにこうしてコミュニケーションをとることができる訳ですからね。

午前中、諸作業を済ませ、午後からはティカル遺跡見学へ出かけます!
2












どんどん森が深くなっていきます。

ペテン・イツァ湖の宿から30キロ余り走ると到着です。

バイクを停め、徒歩で入場ゲートに向かうと日本人がいるではないか!
3












福岡を発ち、世界をバックパッカーで回られている、平間平吉(へいまへいきち)さん。
覚え易い良いお名前です。

もう僕は帰るので、といい、園内のマップをくれた。
とっても助かりました。

平間さんのブログ。http://heikichiblog.wordpress.com/
とっても素敵です!

しばし情報交換と談笑をし、帰国は私と近い来年の5月だというので日本で会いましょう、とお別れです。

Have a nice trip & see you again!



さて、ついにマヤ文明、最大最古の遺跡都市へ突入します。

ここは紀元前から人が住み、大隆盛したのは紀元800年頃まで。
都市の維持・発展をするためにその周辺の森林伐採を繰り返したあまり、農産物の収穫がいつの日か困難となり、ある時期の飢饉を乗り越えることが出来なくなった。
そして人が去り、結果、再び深い森の海に埋没するという歴史を辿る。

まさに現代のグローバルウォーム(地球温暖化)の教訓になっている。

そして2000年近く忘れ去られ、閉ざされた扉が開いたのは約300年前。
先住民からの迫害を逃れてこの森の奥地に入り込んだスペイン人宣教師が不思議な建造物に出くわしたのだ。


4













園内を歩きます。
最初のゲートから一番奥の神殿まで、寄り道無く急いで歩いても30分かかります。
16平方キロの広大な遺跡都市です。


真っ白のセイバの木
5





















マヤの聖なる木だそうです。

代表的な見所、グランプラザに到着です。
6





















一号神殿。

少ない時でも1万人が暮らしたという。
7
















8












一山向こうにある、5号神殿。

しかし、これらを見つけたスペイン人宣教師、びっくりしただろうな!!




園内では沢山の動物に出会うことが出来ます。
9












キツツキ。
ずっと穴を空けながら木の幹を移動しています。

9−1












ハナグマ。
これはかわいい!

9−2












カラフルでとても美しい「オオハシ」
森の中で輝いていました。


道を歩いていると頭上でガサガサ音がする。
9−3












「クモザル」です。
まさにターザンのように、次から次へと木を渡って行きます!

あ、違うか。ターザンがサルのように、だね。


都市内最高の高さを誇る4号神殿に登ります。
コロンブス上陸までの歴史上、アメリカ大陸で最も高かった建造物です。

この階段が長い!
息を切らしながら登ります。
途中で一休みも。

私がここに着いた時間はすでに16:00付近。
すでに他の観光客の姿もなく、とても静か。

聞こえてくるのはゴリラの遠吠えのような鳴き声と、サルの木渡りの音、そして野鳥達の声です。

ピラミッド神殿の上に到着すると、警備員が一人いたが私と交代するようにどこかへ消えていった。(笑)

最上の石段に腰を下ろして果てしなく続く、森の海を見渡す。
10












深い、深い、ため息が出る。


それはそれは、素晴らしい眺めだが、「絶景」という言葉がふさわしくない。

「自分の人生を考えさせられる場所」

とでも言いましょうか。



3−4時間程度の滞在でしたが全体の5分の1程度しか見なかったと思います。
ここも是非、次回、家族や楽しい仲間と訪れたい。


宿に戻る手前で食堂だと思って入ってみたところが、奥にプールがあるホテル兼用の眺めの良いレストランになっていた。
11












地元のカップルが愛を語りあっている?


いつものようにメニュー見ても判らないのでオススメを注文すると、
写真













目の前のペテン・イツァ湖で取れた魚を出してくれた。
ペルカド・ブランコという白身の魚でです。

僅かにくさみがあるが、これは旨かった!


今日は、朝、文明の発展にあやかって日本の家族と話しが出来た。
そして午後、文明をさらに発展させようとした結果、ロストワールドになった都市を見た。

歴史は繰り返されるというがこの時代に生きる現代人はどれだけ賢く、長くこの時代を続けられるのだろうか。



和光小学校 岐阜市立鶉小学校

世界各国の子どもたちの声をお届けします。

Twitter


結婚レシピ
チャリティプラットホーム・ジャストギビング
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ