株式会社 山木商行 FUKUDA サンシャインスキューバ アライヘルメット ラフ&ロード スピード☆スター RKジャパン ツアラテックジャパン 岡田商事 YONEZO

#WORLD DREAM TOURING

“世界の子供の希望と夢を発信します”

El Salvador(エルサルバドル)

【エルサルバドル】サンサルバドル〜サンミゲルの旅

2011年11月 4日(金)
Friday, November 4th, 2011

走行距離:110キロ
出発時間:10:00
到着時間:12:30
天候:晴れ
気温:34℃
Distance: 110 kilometer
Departure: 10:00
Arrival: 12:30
Weather:  Sunny
Temperature:  34 °C


さーって、今日は昨日預けたバイクを引き取りにKTMショップへ行きます!
その後、エルサルバドル最後の街へ向かいます。
Okay! Today, I’m going to pick up my bike at the KTM shop where I dropped it off yesterday. After that, I’m going to head down to the last town in El Salvador.

ホテルをチェックアウトし、タクシーに荷物を積んでバイク屋へ。
既にガレージに私のバイクがあり、担当のネルソンが「完璧だよ!」と言って迎えてくれました。
I checked out of the hotel, loaded all of my stuff in a taxi, and headed to the bike shop. When I got there, my bike was already ready for me to pick it up in their garage. Mr. Nelson told me, “It’s perfect!”

前輪を浮かせてホイールを回してみるとぶれていません^^
もちろん、見た目にもホイールリムの凹みが無くっています!
I lifted the front wheel and turned it to make sure that it didn’t shake like it used to. There was no shake and the dent on the rim was fixed, too.

その後、お互いの連絡先の交換としばしの談笑後、別れを告げて出発です。
修理代も35ドルと、グァテマラシティのディーラーで伝えられた金額の5分の1以下でした!
After a nice chat and exchanging information (so we could keep in touch), it was time to say good bye. The charge was only $35, which was only 1/5 of the price that I was told in Guatemala.

店から出た道は渋滞していたのでかなりのスロー走行です。
昨日まではこのスピードでも「ブレ」の挙動があったのですが全くありません。
I drove slowly because of the heavy traffic. At this kind of speed, I used to feel the shake, but today, there was none.

やった!!完璧!
Yes! It was fixed!

と喜んだ後、スピードが乗って来ると、
ブレ出した・・・・・・・・・・・・・・・・・。
But, as I drove faster, I started to feel the shake again.

超低速域のみ改善されたが、時速65キロまでは再び同じように酷いブレが私とバイクを襲う。
The shake was fixed in super low speed, but not with higher speed. Around 65 kilometers per hour, I started to feel the dull shake.

ネルソンの処にまた戻ることも考えたが、進むことにした。
I thought about going back to Mr. Nelson, but decided not to.

旅を進めながら解決策を探そう。
I would think of a solution as I continued by journey.

そんなことだったので、観光しようと思っていたイロパンゴ湖へも、道が舗装路でなかったため大事をとって行かないことにした。
For this reason, I had to take extra precautions. I had to cancel my plans to visit Lake Ilopango, especially because the road to the lake wasn’t paved.

はー。悲しい・・。
How sad…

まあ、バイクが完全な状態で旅をしている人なんて全く居ないわけだけだから良しとしよう!これも旅だ、旅! ・・なんて紛らわす。(笑) 
でも実際、そうだろう。
You know what? There are no riders who travel with perfect bike condition. This is what we call a journey! Everything will be all right! This is me trying to shift my mindset to optimistic thinking. (Haha! XD) But this is true.

今日は走行距離が短かったため早めに宿に着いた。
駐車場でバイク全体を確認してみるも異常の原因が見た目では判らない。
Since I didn’t go too far today, I arrived at a hotel earlier. I checked my bike at the parking lot, but couldn’t find anything unusual.

改めてディーラーかどこかでチェックしてもらわねば。。
I need to take it to a dealer shop again…

しかし、ハンドルが触れ続けるバイクに乗るのは疲れる。
It was tiring to drive a bike that kept shaking.

グァテマラを出発してから背中がパンパンだ。
余分に力が入っている証拠だね。
My back was swelling and tight ever since I left Guatemala. This was telling me that I’d been putting extra work on my body.

バイクの整備、ウェブの更新、パナマ〜コロンビア国境越えの空輸の打ち合わせ、等々しているともう外は真っ暗。まだ17時台なのに。
It was only around 5:00pm, but it was already dark outside by the time I finished with everything, including my bike maintenance, updating my website, and discussing about crossing the borderline from Panama to Columbia.


夕食は近くにショッピングモールがあったのでそこのフードコートへ。
I went to the food court in a shopping mall near the hotel.
写真 1












ペラペラのTボーンステーキのようなもの、ライス、ウインナー、野菜炒め、とコークで$4.5。(350円)
The meal was $4.50 (350 yen), including the thing T-bone type meat, rice, sausage, and vegetables.

写真 2

















街一番の幹線道の歩道橋からの夜景です。
This was the night view from the bridge over the biggest highway in the town.

おー、なんか寂しいブログになってしまった!! ゴメン! (笑)
Umm… I feel that today’s blog is lacking content. Sorry everyone!

あ、でも子供インタビュー<グァテマラ編>がアップ出来ました!
是非、ご覧下さい^^! 
Oh! But I was able to upload the video interview of the child from Guatemala! Please enjoy!

私、これで救われています。(笑) 
I’ve been encouraged by these children ^^!
↓↓ 
↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ 

【El Salvador】San Salvador

Wednesday, November 3st, 2011

Continuing from yesterday’s story about crossing the borderline into El Salvador, I found the BMW dealer information on Mr. Saburo’s blog. (He’s a world touring motorcycle rider!) I’m going to check it out and see if they can fix the rim of my bike in the morning. Special thanks to Mr. Saburo!

http://m26julio.yamatoblog.net/

Yes! I found the shop! It was in an upper-class residential area.
1




















I was directed to a service department.
It was in a different location though, since this place was just a show room.
3












 








It took a while, but I was finally able to find the service department.


I was directed to the KTM store! Lol
Later, I found out that it was actually the service department for all models.


There were a lot of people who spoke English. I was surprised, but very appreciative at the same time.
When I first mentioned about the damaged rim, they told me that it would take two to three days to fix it.

However, after mentioning that I had to leave the town the very next morning, he gave me encouraging words.

“All right! I’ll do it! Come pick up your bike tomorrow morning!”

2











 







With Mr. Nelson. He was in charge of fixing my bike! Much thanks to Mr. Nelson!


Well, the purpose of my journey was to interview children all over the world, but then I realized that I didn’t have any networks in El Salvador. (Hahaha XD)


I asked Mr. Nelson to call a taxi to go downtown. He didn’t recommend that though because of safety issues.

So instead, I headed to the new mall town.

4











 







The front is InterContinental Hotel. It was such a beautiful and lively area!


It is the largest shopping mall in El Salvador.
The front is the Japanese donut shop, “Mr. Donut”!

5





















I approached many parents who had children around ten years old. However, I had a hard time to find people who spoke English.


In the end, I decided to go downtown anyway. It was a ten minute drive by taxi.

A cathedral is often found in the center of an old city area.
6






























This one had a very pretty and intricate design.

Let’s go inside!

7




















 










This beautiful Fresco painting soothes the soul.

Surprisingly, the town, only a kilometer away from the cathedral, was filled with markets.

8





















I felt like I was going to get lost amongst the people.

These women are making tortillas.

9





















What?!?

9−1




















 
 









It might be the name of the owner of this car! Haha XD

A good looking young man is operating a treadle sewing machine.

10












 









Hello! Look at me!

11-2




















Wanted to interview her!

12-2












 







A little girl with a cute smile was selling apples.


Despite approaching more than ten people, I couldn’t find anyone who spoke English!


Sigh…


What am I going to do?


The situation made me wonder. Why were there so many English speakers in the service department this morning?


It reminded me of when I visited Russia. Although Russia is known to have less English speakers than El Salvador, there were many bike riders who spoke English.

Why?

After some thought about English speakers, education, and high society, I decided to go to the embassies.
By chance, I found out that there was a national museum around the area. By taxi, I decided to head to the museum.

The fee of a taxi is up to negotiation. I was guessing that it would be around ten dollars, because the distance from the downtown to Zona Rosa was relatively far. I then found out that it was only six dollars! Yay! However, we ran out of gasoline and had to go to the gas station. On top of that, the engine stopped in the middle of the highway. It took longer than I expected to reach my destination.
The taxi driver fixing the overheated engine.

10−1





















I think I know why it was only six dollars. Hahaha XD

Finally, I arrived to the National Museum of Anthropology.

11



















They have an extensive collection of statues that were discovered from ancient remains.

These pictures seem to be explaining a story about human sacrifice. Human sacrifices were practiced in Mayan civilization.

12




















Ohhh!

13



















I have friend who looks like this.
14





















This one too!
This one is…

15





















 
 








Yep, I have a friend who looks like this one, too!

How about you? Do you know anyone who looks like these?
This museum has many statues of Jesus Christ in a various sizes.

16





















 














I saw the strong influence of the Spanish in El Salvador.

The population of the city of San Salvador is 1.5 million. It has a long history of intense earthquake activity near the foot of the San Salvador volcano.
17






















Looking at the reconstructed city, I thought of Japan.
Finally!
I did it!
18






















I was able to interview!

That’s just what I expected in this high society area!
I found people who spoke English. They were escorting Boy and Girl Scout members and were just coming out of the museum. They sympathized with the purpose of my journey!
They talked about their dreams with performance!
Please watch the video, everyone! ^_^
Looking back to my journey so far, I feel that the children’s dreams are different in the various life styles.
Someday, I want to talk about this in more detail.

【エルサルバドル】サンサルバドル滞在/子供インタビュー

2011年11月3日(木)

昨日の国境情報に引き続き、世界ツーリングライダー三郎氏のブログ
http://m26julio.yamatoblog.net/に、このサンサルバドルのBMWディーラー情報が記載されているではないか!!
ホイールが直せないか、朝一で相談に行ってみよう!
有り難し!三郎様。

ありました! 
このあたりは高級住宅地エリアです。
1












ここはショールームだけだったので少し離れたところのサービス工場を教えてくれます。

ちょっと迷って到着。

3












そこは、KTMの店だった!(笑)
でも実際は、日本のメーカーも含めあらゆる車種のメンテナンスをこなす工場でした。


そして、ここのメカニックの英語の出来る率の高さに驚きと有り難さと。
ホイールの件を相談すると、最初2〜3日かかると答えてきたので、明日この街を発たねばならないことを伝えると、

「よっしゃ、まかせとけ!明日の朝一にバイクを取りに来てもいいようにしておくよ!」

と頼もしい返事をしてくれる!
2












担当者のネルソンさん。

最高に感謝です!!!


さて、次は重要な子供インタビューの取材なのですが、エルサルバドルではあてが全くありません。(笑)

ネルソンさんに、タクシーを呼んでもらいダウンタウンへ行きたいと伝えると、危険だからやめたほうがいいと。
だったら、新しいモールの街がいいと言うのでそこへ向かいます。
4












正面がインターコンチネンタルホテルがある奇麗なエリアでスゴイ人出!

国内最大のショッピングモールというだけあってかなり広大です。
正面には日本の「ミスド」が!
5












10歳前後の子供を持つ親を見つけては、相当アプローチするも全員、英語が出来ず。

このモールは諦め、やっぱりダウンタウンへ行く事にしました。
タクシーで10分ほど走ると到着です。

旧市街地の中心にあるのは決まって
6





















カテドラル。

とっても可愛い感じのデザインです。

中に入ってみましょう!
7





















見事なフレスコ画が心を癒してくれます。


そしてこの街の驚きは、カテドラルから半径1キロ周辺はすべて超高密度のマーケットで埋め尽くされていること!
8












途中、自分がどこにいるのかが判らなくなったほどです。

トルティーヤを作っているんですって。
9














な、何? !
9−1





















あ、ひょっとしたら、持ち主の名前かもね。(笑)

イケメンがミシンを踏んでいます。
10












おーい、これはどうだあ!
11-2













この子にインタビューしたかった!
12-2












笑顔が超かわいい女の子が果物売りをしています。




十数人、アプローチして英語が出来る人、ゼロ。。
確かに子供と、協力してくれそうな方は沢山いたのですが。

はー。

どうしよう。

そう考えると、今朝行ったバイク関係の人の英語が話せる方の率の高さは不思議だな。
そういえば、あれだけ英語を話さないロシアでもバイク乗りの英語率は高かったな。
なんなんだろう?

英語を話す人がいる確立が高いところを考えるとやはり教養、ハイソなエリアか・・、ということで大使館などが集まる方面へ行ってみる。

偶然その付近に国立博物館があるのでタクシーで向かう。
ちなみにタクシーの料金は交渉制で最初に確認してから出発します。
私が捕まえたタクシーはダウンタウンからハイソのソナ・ロサ地区へ向かいますがこれは結構、距離があるので$10くらいかかるかな?と思っていたら$6というのでラッキー!ということで出発です。
そしたら、途中でガス欠気味になりガソリンスタンドに立ち寄るわ、突然、流れが速い幹線道でエンジンストップして立ち往生するわで時間がかかりました。

10−1












ボンネットを空けてオーバーヒートの修理。
うーん、値段が安かった理由が判ったような気がした。(笑)


やっと国立人類学博物館に到着。
11












古代の遺跡から発掘された石碑などが一杯です。


マヤ時代には神へ動いている心臓を捧げたそうですがそれの説明ものだと思われます。
12
















あ、これ、
13












私の知り合いで似てる人、居ます。

14












この人も。


これは、
15





















あの人だな。

皆さんはいかがですか?




ここはとても沢山、大小のキリスト像がありました。
16





















スペイン時代の影響の強さを感じます。


このサンサルバドルは150万人の人口ですが、過去には火山の噴火や地震など大きな自然災害を被った悲惨な歴史を持つのだそうです。
17












復興したこの街と日本を重ねて考えている自分が居ました。



そして!

ついにやりました!!
18












インタビュー成功!



やっぱり、さすが教養エリアですね。
この博物館から出て来たボーイ&ガールスカウトを引率していた方が英語が話せ、私の活動に共感してくれました!


ここでは実演付き(!)で夢を語ってくれました。
後日の映像をお楽しみに^^!


ここまでで感じていることとして、
子供の語る内容は、国によって違うのではなく、生活レベルによって語る内容が違っていることを感じています。

この件についてもいつかまとめてみたいです☆☆

グァテマラシティ(グァテマラ)〜サンサルバドル(エルサルバドル)の旅

2011年11月2日(水)


走行距離:223キロ

出発時間:11:30

到着時間:16:45

気候:曇り時々晴れ

気温:15℃ー31℃


今日は珍しく、とても残念な日になり、結構凹みました。

これも教訓にしつつ、いつものように良いことの前触れだと思いたいところです。


昨日深夜はラジオ出演のため寝たのが二時近く。

そして今日の起床は5:00。

睡眠時間3時間は気合いが入ります。(笑)


今日は朝イチでディーラーでバイクを受け取り、エルサルバドルへの国境越えがあります。


7:30にバイクが受け取れるというので早めに行き、ガレージ前に座り込んで待つ。

オープンしたところで担当のホセさんを訪ねるが今日は来てないという。

英語が話せて、私の依頼を聞いてくれた人が居ないのはちょっと不安ではあったが私のバイクは完璧になっているということで清算を済ませ、お礼を言って店を出発した。

預けた荷物を積み込むために再度、ホテルに向かう。


走り出してすぐ異変に気が付く。

ハンドル回りがおかしい。振れている。

最初はタイヤが新しいからか、または石畳の路面のせいか?と思っていたが路面状態の大通りへ出るとその問題は顕著に現れた。

走行しながらフロントタイヤを上から確認すると、なんと目で判るほど振れている。

まだディーラーからそれほど離れていないので戻ってその状況を訴える。


バイクを降りて、ディーラーのスタッフとフロントタイヤを確認すると・・

1












なっにー!!

このホイールの曲がり・・なんじゃ====!!!


原因、これだよ、これ!!

どうしたっていうんだよ!

と話しをすると、何やら打ち合わせを内輪でしたあと、

ディーラー側から信じられない返答が。


「最初からこうなっていた。」

「あなたが自分で何かにぶつけてそのままここに来たのでしょう」

「もし直すなら明日までかかり、修理代も貴方が払わねばならない」


私が出張中、10日も預けて、多くの部分のメンテナンスを依頼し、この先、南米、オセアニアの旅が残っているから完璧にメンテをお願い、と依頼してあった結果がこれでした。

すぐ駆けつけるといった担当のホセ氏も結局現れずじまい。


これって本当にヒドイ話しだと思ったがたどたどしい英語でのやりとりではラチが開かず、そしてディーラー側にまったく誠意が感じられず、何を言ってもごまかしと責任逃ればかり。


時間の無駄なのでもうそのまま、エルサルバドルへ向かうことにした。

最も怖いのは低速。
すごいふらつきでハンドルがブルブル振れる。

高速になると逆にごまかされている感じになる、がそれがホントは危ない状態になっていると思う。


今まで、アフリカ、EU、中近東、北米のBMWディーラーを訪問してきて日本と同じように皆、親切で確実な作業をしてくれたので今回はとってもショックでした。


傷ついた愛車の挙動を気にしながら国境へ向かう。

標高が下がってきたため、気温と湿度がどんどん上がる。


迷うことなく国境へ到着。

遠くから私を見つけるなり「こっち、こっち」と国境ガイド達が手招きしている。

あえてその集団の中に、バイクを突入させてみる。

ガイドする気マンマンの人と両替屋がいる。


私より数ヶ月前に中米から南米入りしている世界一周ライダー、三郎さんからの情報を参考に国境ガイドは断る。

ガァテマラ通貨のケツァールだけエルサルバドル通貨のUSドルへ変える。(6000円分)

最初、手数料$10と伝えて来たが、USドルは別に持っているので街中の銀行へ行って換金するからいいよと言うと、すぐさま$5ドルで良いと。(笑)


彼らとフレンドリーに話しをしていたら、国境係官が英語が出来ないためスペイン語だけになって困っていたら、無料で私を助けてくれた。


思ったより簡単にグァテマラは出国完了。


Rio Paz(パズ川)の橋を渡るとそこがエルサルバドルの国境オフィス。

その間、150mくらいかな。

3












エルサルバドルではペルミソ(車両の一時輸入許可証)を作成するための全て書類が全てスペイン語のため電子辞書を見ながら記入。

そしたら、半分以上間違っていて結局係官が記入してくれた。(笑)


3カ所の窓口を行ったり来たりの指示をされ面倒だが人は皆、良さそうなので苦にならず。

気が付くと近づいてきてた英語が話せるビリーがいろいろ手伝ってくれた。

そして同時に、国境敷地内の売店に9歳だという女の子が居る。
うわ!英語の出来るビリーもいるし、ちょうど子供インタビューに最適の年齢の子供もいる!
神様のプレゼント?と思いながらも、先に入国の手続きをせねばならない。
一時間強ほどで手続きは完了したが、その頃には女の子の姿はなかった。
ビリー曰く、首都へ行けば沢山子供がいるから大丈夫だよ、と言ってくれるが、不安だー。 



2












国境から1時間半ほど走ると首都サンサルバドルの街に到着!


宿に入って荷を解きメールを確認するともう外は暗い、


4














タイムゾーンの変更がない上で、南東へ移動してきたためだ。


宿から10分ほど歩いた所にスーパー発見!

小さなフードコートがありそこで食事。


6














前に並んでいた人がオーダーしてたモツ煮込みのようなものを私も頼むとバナナの料理だった。(写真右)

あと目玉焼きだけは想像どおりの味だったが、マメに細切れの麺?が混ざっているものも意外な塩味だった。

5














これは旨そう~。
そして鳥の丸焼きが4ドル(300円)しないってスゴイ!

でもさすがに宿で一人で鳥の丸焼きにかじりつくイメージがわかず。。





ハロインが終わったらすぐにクリスマスムードに変わっていたのにはビックリ。


7
















今年のクリスマスは、ボリビアのトゥピサか、アルゼンチンのフフイという町にいる予定です。

どっちにしても聞いたことがない町です。(笑)
 

<国境情報> 

【グァテマラ出国:Vale Nuevo】

税関で窓口でバイク関係の書類を渡し、ペルミソステッカーをはがす。(ペルミソキャンセル)

その後、隣のドアのイミグレで出国スタンプを押印して終了。

所用時間:20分程度。

費用:ゼロ


【エルサルバドル入国:Las Chinamas】

税関:ペルミソ作成。これにやたら時間がかかる。

各種コピーが必要:パスポート、バイク関係書類、グァテマラのペルミソ書類等、係官が指示してくれる。目の前にコピー屋があり、コピー代は全部で20セント。

イミグレ:パスポート情報を入力するが、入国スタンプは存在しない。その代わりに小さな紙をもらい、国境敷地出口の係員に渡して入国。

費用:ゼロ(国境ガイドを頼むと$5ー10)


和光小学校 岐阜市立鶉小学校

世界各国の子どもたちの声をお届けします。

Twitter


結婚レシピ
チャリティプラットホーム・ジャストギビング
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ