株式会社 山木商行 FUKUDA サンシャインスキューバ アライヘルメット ラフ&ロード スピード☆スター RKジャパン ツアラテックジャパン 岡田商事 YONEZO

#WORLD DREAM TOURING

“世界の子供の希望と夢を発信します”

Colombia(コロンビア)

【コロンビア】ポパヤン〜パストの旅

2011年11月 23日(水)
走行距離:244キロ
出発時間:9:00
到着時間:15:30
天候:晴れ時々曇りのち雨
気温:12℃ー35℃
最高標高:2700m


寝ていると、大音量でラジオがなっている。
時間を見ると朝5時。
部屋に装備されているアラームラジオだ。
前に泊まった人がセットしたままだったらしい。

お陰で目が覚めてしまったが早起きはいいから、まいっか。

窓の外を見ると、珍しく青空!
南下するに当たって季節が変わってきているのな。

本日はコロンビア滞在最後の町、パストへ向います。

アンデス山脈を登ったり、下ったりしながらパンアメリカンハイウェイ25号線を行きます。
ポヤパンからは道が悪い箇所が所々あります。


0














ここは気持ちいい!
左右にコーヒーの木が一杯のコーヒー街道です。

一番大きな橋の上から撮影。
1














雨の影響か、川の水はきれいではありませんが、その広大さに息を飲みます。

本日の行程の半分を過ぎたあたりの小さな町でランチ。
2














写真はありませんんが、残してしまうほどの量のチキンライス&スープ、フレッシュジュースが二杯付いて240円。

バイクに近付いて来た子供。
DSC04429














こんな組み合わせの人種の存在がコロンビア/南米の特徴でもある。

47)













コロンビア美人達?


標高1500m付近
3














アンデスの山峡に川が流れ、地形を作り出しています。
家屋がぽつん、ぽつんと見えます。
人が住んでいるんだ。ちょっと驚き。

標高2000m近く。
4














ここに道を開通されるのにどれだけの労力が必要だったか想像が出来ない。
5














ゲリラの活動があるせいか、こんな山奥でもひっきりなしに警官のバイクが行き来しています。
そういった意味では精神的に不安はありません。
6














胸がすく、一瞬。
7














白馬と出会う。
彼はかなりシャイでした。


おお!今日はカッパを一度も着ないで目的地に到着できそうだ!
と思ったら、ラスト30分が豪雨。。
IMGP0109














標高2700mの雨は冷たい。


パストの町に入ってすぐの宿にバイクを滑りこませ、確認すると空き部屋あり。
無事、到着です。

明日は南米二カ国目、エクアドルに向います!

【コロンビア】カリ〜ポパヤンの旅 【Colombia】From Cali to Popayan

2011年11月22日(火)
22nd of November 2011 (Tuesday)

走行距離:140キロ
出発時間:9:30
到着時間:12:30
天候:曇り時々晴れ
気温:20℃
Distance:140km
Departure time:9:30am
Arrival time:12:30pm
Weather:Clouded with occasional blue skies
Temperature:20℃



朝、起きると窓の外は強い雨。
When I awoke in the morning and looked out of the window, it what raining heavily.

あーあ、今日もカッパを着て出発か・・と思っていると、雨が上がり時折、晴れ間も見えてきた!
やっぱ、ツーリングはこうでなくっちゃね!
Oh dear! Today we'll have to head off in rain gear once again … or so I was thinking, when the rain lifted and a piece of blue sky became visible.
Of course! That's the way touring goes ...

荷台に積まれているウマも嬉しそう。
And even the horses on the truck seems to be happy.
1

















難なくポパヤンの町に到着。
Without problems I arrive in Popayan

今日はパストまで行っちゃおうか、このポパヤンで一泊しようか決めていなかったので宿の予約がありません。
As I wasn't quite decided yet whether to continue to Pasto or to stay overnight here in Popayan, I didn't reserve any hotel ahead of time. 

とりあえず町の中心地にあるホテルに入ってみます。
For now, I enter a hotel right in the town centre. 

通された宿の窓から外を見ると、
And when I look out the hotel window ...
2






























おおー「白い町」!
これがポパヤンの特徴ですね!
コロニアルにしても何とも奇麗で素敵じゃないですか。
モロッコのカサブランカ(「白い家」の意味)の街を思い出します。
Oooohhh, a white city!
This is what Popayan is known for!
And even though it's all colonial and dated, don't you think it looks pretty?
Morocco's Casablanca (which means translated 'white house') comes to mind.

3-1













真隣りのサン・フランシスコ教会と繋がっているホテルで広大な中庭はムーチョ
、素敵です。
一泊の料金は、115ドル(8800円)。
こういう時は円高に感謝です。
And the ample courtyard of the hotel, which is connected to the neighbouring San Francisco church, is truly stunning!
The hotel costs 114 dollars (8800 Yen) a night.
In cases like this I appreciate the fact that the Yen is currently is a strong currency. 

サン・フランシスコ教会。
Church of San Francisco.
3

















玄関が開いてなく入れませんでした。
Unfortunately, the door wasn't open so I couldn't go inside.

旧市街地は全て白壁の建物が続きます。
In the whole of the old town all the buildings have white walls. 
4






























昼食のためにふらっと入った食堂は、ちょっと高級なレストランでした。
店内の客は、白人が多い。
The restaurant I casually entered to have lunch, turned out to be a rather high-end establishment.
Inside, Caucasians represent the majority

5

















オススメというラビオリを注文。
味はまあまあ。
ドリンク込みで25000ペソ(1000円)!
結構、高いっすね。
普通にクレジットカードを出すと現金のみだって。
この金額の店なのに珍しい。
コロンビアペソの手持ちが心細かったのでUSドルを出すと、それもNo.
結局、残り僅かなペソで払いました。
On recommendation, I order Ravioli.
They tasted soso – not really special.
Including the drink, it cost me 25'000 Peso (1000 Yen)!
Rather expensive!
And when I want to pay with credit card, they say it's only cash.
This is rare given how high the prices is this place are.
Then I want to pay in US$ since I don't have that many Columbian Pesos left. And again it's a 'No'.
In the end, I paid with whatever Peso I had left.

コロンビアに入って目につくのはどの町にもあちこちにある
「MINUTES」
And ever since I entered Colombia, no matter in which city: “Minutes”
6


























これ、公衆電話屋なんです。
チェーンに繋がれた携帯電話や一般電話をお金を払って使うことが出来ます。
This here is a shop with public phone lines.
In this place, one pays to use either landlines phones are mobile phones that are tied up with a chain. 

ポパヤンの夜。
Popayan at night. 
7














ライトアップされ、幻想的なムードを醸し出しています。

壁伝いの一人歩きも悪くない。
It's all lit up, and creates a somewhat illusive mood.

夕食の為、小さな食堂に入ります。
薄暗い店内はほぼ満席で、客はメスティーソか先住民。
店員と店主は黒人だ。
全員が東洋人の私を一斉に注目する。
For dinner I enter a small eatery.
The light in the room is dim but nearly all seats are occupied. The customers are either mestizos or indigenous.
The shop owner and his assistant are black.
And every single person shifts their attention towards me, the only Asian in the room. 

間違ってもここは夜のコロンビア。
一瞬、たじろぐ。
完全にアウェイの気分。
No matter what, this is Colombia at night par excellence.
For brief moment, I wince.
I feel as a total outsider
.

ちなみにコロンビアは圧倒的にアジア人は希少なのでどこでも注目される。
あの、どこにでも居た中国人でさえもまったくと言ってよいほど見かけないのだ。
I probably need to say that in Colombia it's very rare to see an Asian person, so no matter where I go I attract people's attention.
Well, I can't even see a Chinese person who are said to be everywhere ...

ま、でも空いてる席を見つけてどっかり座って店員と話す。
まったく言葉が通じないので隣の席の女性グループが食べているものを指差して注文。
Anyway, I find an empty chair, sit demonstratively down, and speak to the owner.
As it was impossible to communicate with words, I point at what the group of women sitting next to me is eating and order in this way. 

その席の人や、他の席の人とおしゃべりが始まった。
みんな、気さくで良い人達だ。
スペイン語を覚えたくなってきたなー!
Then I started to chat with the person on that seat and the remaining persons, too.
All of them were sociably and really good people.
I wish I could speak Spanish ….!

結局、店内の人皆と話しをしていると料理が出てきました。
Finally, I end up talking to everyone in the restaurant, and the food arrives soon enough. 
8














チキンライスwith焼き&揚げバナナ、スープに、オレンジジュースが付いて、300円。
ここではUS ドルで払っておつりをペソで貰いました。
Chicken, rice, deep fried Banana, soup and orange juice, all together for 300 Yen.
Here I paid in US$ and received change in Colombian Peso. 

こういう店のほうが性に合うんだよな。
This type of restaurant is indeed much nice than previous one!
 
Translation: Pamela Ravasio

【コロンビア】カリ滞在【Colombia】Stay Cali

2011年11月21日(月)
Monday, November 21st, 2011

本日は急遽カリに滞在します。
I stay at Cali hurriedly today.

たまにはしっかり睡眠をとろうと敢えて目覚ましをかけずに寝たら、目が覚めたのが9:00。
おー、10時間近く寝た!これはバンクーバー以来だ。
たまにはしっかりと休息を取る事も必要でしょう!
I thought that I try sleep firmly in rare cases, and when I went to sleep, without daring to set an alarm clock last night, I woke up to 9:00 this morning.
Wow! I've slept for about 10 hours! It's been since Vancouver.
Sometimes we need to take rest firmly!

ということで、マッサージも受けることに。これはソウル以来。
Then I went to have massage. It's been since Seoul.

昨日の長かったアンデスの山越えとバイクの振れの挙動がまだ残るので特に背中がパンパン。。
I got hard back especially because it was long way to go over Andes and still motorbike's action remains in my back.

全身オイルマッサージを何と、二人掛かりでしてくれて、最高でした!
このサービスで60分、50ドル(3800円)は良かった。
I got oil massage for whole body and 2 persons gave it to to so it was the best time!
It was good price with this service that $50 (3800yen) per one hour.

あとは、エクアドルから先の子供インタビューの協力者の方との打ち合わせ、溜まっていたメールの返信等々、こなしますが追いつきません。(苦笑)
Other things that I've done is to have a meeting with a person who support for kid's interviews from Ecuador and to reply emails which I've not done yet but I cannot finish yet.

そして今日、とっても嬉しいことがありました!
And I got a happy news today!

ジャストギビングを通じての、セカンドハーベストジャパンへの寄付が目標額の50%を越えました!!
拍手〜☆
The contribution to Second Harvest Japan exceeded 50% of target figures through JustGiving!!
Clap Clap!!

真に皆様のご協力の賜物です。
今後も、ニッポンの元気のため微力ながら、一生懸命頑張ります!
あらためて応援宜しくおねがいします。
It is the result of your cooperation.
We continue to do our best for energy of Japan!
Thank you very much for your cooperation in advance.

ジャストギビング山田達也チャレンジページ:http://justgiving.jp/c/799
セカンドハーベストジャパン:http://www.2hj.org/
JustGiving Tatsuya Yamada Challenge Page: http://justgiving.jp/c/799
Second Harvest Japan: http://www.2hj.org/

明日はポパヤンというこれまた変わった可愛い名前の町へ向かいます。
I will go to Popayan which is a town of unique and cute name tomorrow.


<Mika Igisu for Tatsuya Yamada>

【コロンビア】イバゲ〜カリの旅 【Colombia】Cali trip from Ibague

2011年11月20日(日)
Sunday, November 20th, 2011

走行距離:277キロ
出発時間:9:45
到着時間:20:00
天候:雨時々曇り
気温:9℃ー22℃
最高標高:3300m
Distance: 277 km
Start: 9:45
Arrival: 20:00
Weather: Rain with occasional cloud
Temperature:  9℃~22℃
The highest altitude: 3300 m

今日は、イバゲからカリへ向かいます。
共にヘンな名前です。(笑)
I go to Cali from Ibagė today.
It's funny name. *laugh*

町を抜けて、40号線に入り山道に差し掛かると昨日に引き続き遅いトラックが引き起こす長い列に追いつく。
I passed through a town and when I come to Rout 40 right before the mountain way, I caught up a long line same as yesterday that trucks cause.

トラックをどんどん追い越していくと検問が。
コロンビアに入り今まで一度も検問は停められたころがなかったので今回もスルーさせてもらえると思ったら、私を指差し制止させる。
When I get ahead of trucks, there is a checkpoint.
Since I have come into Colombia, I've never been stopped at a checkpoint, so I thought I can pass through there but they actually stopped me.

停車して挨拶すると道路脇の小屋に入るよう言う。
When I stop and greet them, then they said that come into a lodge which is side of the road.

なんだよ、せっかく、遅いトラックを頑張って抜いてきたのに、この間にまた彼らが前に行ってしまうじゃないかっ!
Oh no... I just tried to get ahead of trucks but while they are stopping me here, they will go ahead of me!

賄賂目的か?!コロンビアの印象が悪くなるじゃないかっ!と、少々不機嫌になりながら警官の話しを聞く。
が、言葉が通じないので、警官が自分の携帯を使って英語翻訳で私に見せる。
何かと思えば、
I was thinking that "Is their purpose a bribe?! If so, the impression of Colombia will be bad!". And I try to listen the police what they say with little my bad mood.
But we cannot communicate with English, so the police uses a cell phone to translate to English and shows it to me.
And....

「追い越し禁止区間でトラックを沢山抜いてきたでしょ」と。
it says "You have passed many trucks in the passing prohibition section, haven't you?"

なるほどー。(笑)
Oh I see... * laugh*

確かにバンバン抜いてきました。
でも、少し話しをしているともういいよと無事解放。
少し、チップを、という仕草をして来たが結局それも払うこともなく。
やっぱりコロンビア、いいトコです。
Surely I have done it.
But we talked little while then they released me.
Though they go through the motion of wanting tips, I didn't need to give it to them at last.
Colombia is good country.

その後、順調にトラックを抜き続け(笑)、先へ進む。
After that, steadily I pass trucks and go forward. ;p

トラックよりドッキリするものが目の前に
Some surprise caught my eyes.
1












荷ウマ。
Those are draft horses.

そして、
And
2












異常な長さの渋滞が始まる。
Traffic congestion of unusual length starts.

アンデスの山を駆け上がって行く道がずーーーーっと、渋滞。
The way which runs up the mountain of the Andes is traffic congestion all the time.
3












というか、途中から完全に全ての車両が停車している。
その区間、数十キロ。
All vehicles have stopped completely from the middle of the way.
The section is tens of km.

反対車線から車が一切来てないことも不気味だ。
この先で事故か何かあったに違いない。
It is also uncanny that cars are not coming at all from an opposite lane.
There must have been an accident or something down the way.

一応、対向車に気を付けながら、反対車線を通って長い渋滞を追い越し続ける。
その走行時間、実に一時間以上。
I continue passing long traffic congestion through an opposite lane with taking care about oncoming cars.
The running time was 1 hours or more.

東アンデス山脈の最高標高3300m付近で、長かった渋滞の先頭にやっと到着した。
I arrived at the head of the long traffic congestion at last near the highest altitude of 3300 m of the east Andes.

何とそこには沢山の人が、車やバイクから降りてたむろしているではないか!
There are many people who got off cars or motorbikes and hang around!
4












ロープが張られ、警官が通行止めにしている。
そして多くの人が崖に立ち、下を見ている。
A rope is stretched and police is closing.
And many people stand in front of a cliff and see down there.

英語で話しかけてくれた女性、Beatriz(最後まで発音出来なかった・・)がこの先でバスが転落して今引き上げ作業を行っていることを教えてくれた。
Beatriz (I couldn't pronounce her name at last...) who talked to me in English told me that a bus had fallen over the cliff and it's being pulled it up now.

3日前に落ち、その作業が続いているそう。
多くの方が怪我をして一人の少女が死亡したと。
そんな会話をしている時、現場から一台の救急車が走り去った。
It had fallen over 3 days ago and the work for pulling-up has been continuing still.
And also she told me that many people were injured and one girl died.
When we talked about it, one ambulance go off from here.

通行止めになった後、12時間ここで待っている人も居た。
After being closed, there were people also who are waiting here for 12 hours.

100mほど先でバスが転落した現場が見える。
The spot where the bus fell at about 100 m beyond can be seen.


5












その向こう側も通行止めで数珠つなぎの長い車列がある。
The other side also has a long motorcade by the closure.

バイクさえ通過させてもらえず、多くの人がいらだって待っている。
Even a motorbikes are not passed, and many people are waiting with irritation.

気になるのは、通行止めが解除される時間だ。
My concerns is release time of the closure.

Beatrizが警官に確認した所、通行止めがいつ解除されるか、一切判らず、ひょっとするとここで夜を明かさねばならない可能性もあると。
When Beatriz checked with the police, and the police said that they are not sure when the closure would be released, and we might have to be spent night here.

そうなった場合、不安なのは食料と寝る時だ。
If that case, I worry about food and how to sleep.

車の人はいいが、バイク人たちはどうすんのかな。
アフリカで経験したように傘だけで野宿することになるのか。
People have cars are kind of safe but what about us like having motorbike?
As I experienced in Africa, does it bivouac only with an umbrella?

今日はイバゲに戻ったほうが良いかもしれないとも。
I better go back to Ibagė maybe....

ただ、この付近に集まっている人達は崖下をみたり、道端に座り込んだりしていて、道を戻ろうとする人は見ない。
But I've never seen people who go back the way even they go see the cliff or just sit down the road.

私も皆と同じように身を任せるしかない。
So I have to agree to go along with other people.

濃霧の中、時に雨脚が強くなる。
Rain sometimes get strong in a thick fog.

一時間。
Passed 1 hour.

二時間。
Passed 2 hours.

じっと待つ。
I just wait.

その間、昼時となり腹が減るが、付近に店などなにもない。
While I'm waiting, it became lunch time but there are no stores around here.
6





















そこでスナック菓子を売りに来たおっちゃんに人が群がる。
The guy who came to sell snacks and people come to him.

私も二袋、3500ペソ(140円)で買った。
I bought 2 bags which was 3500 peso (=140 yen).

大型のスズキのツアラーバイクがやって来た。
英語が出来るハリーだ。
話し相手が増えた。
The motorbike tourer of large-sized Suzuki came.
Hurry who can speak English.
People increased in number who I can talk to.

到着してから3時間たった頃、クレーン車の音が大きくなり歓声が聞こえる。
When 3 hour has passed since I arrived, the sound of a crane truck becomes large and a cheer can be heard.

おおっ!
バスが上がって来た!!
Wow!
The bus is pulling up!!
7













そしてここから小一時間。
And after 1 hour from this.
8












バスの全体が見えるまでに。
We can see whole body of the bus.

9












完全に引き上がった!
口笛を鳴らす人も。
The bus is completely pulled up!
Some people wolf-whistle.

そしてここからがまだ時間がかかる。
And it takes more time from this.

バイク乗り達がたまらず、警官の指示を待たずにバイクにまたがり、エンジンをかけ始めクラクションの大合唱を始める。

「早くしろ〜、あほんだら〜!!!」(と言っていると思う)
Motorbike riders cannot bear off, and they ride on motorbikes, without waiting for a police's directions, they started to be on engine and beep the horn.

そんな抗議に影響されたのが判るように、付近の警官含め関係者の動きが慌ただしくなり遂に通行止め解除!
We could see that police and people who are related to them start to move in a rushed way, and finally the closure can be released!

そして私がいる側から通行が始まりラッキー!
And passing begins from my side of lane, and so luck!

現場を通り過ぎて、反対側で待たされている車列の先頭のバイク集団の中には、BMWライダーグループが居て、挨拶をして通り過ぎる。
I passed the spot and I greet people who are in a BMW Rider group which have wait at the opposite side and go past them.

待たされた時間、実に4時間半。
I had to wait for 4 hours and half.

その後、峠を降りきりカリへ向かう道まで、ハリーが先導してくれた。
地元ライダーだけあって、崖崩れしている箇所などで私に注意を促してくれる。
After that, Hurry led me the way which get down the peak and go to Cali.
He is a local rider, so he called me attention to the spots which became mud and rock slide

山を下りきったカラルカの町で、一休みしようと誘ってくれコーヒーをゴチになる。
He invited me to have a break and treated me coffee in the town of Calarca where had got down from the mountain.
10















ワールドドリームツーリングのステッカーを渡すと、
When I give him the sticker of World Dream Touring,
11












すぐバイクに貼ってくれた。
カリの街までは道が良いので2時間で行くよ、と。
ハリーと連絡先の交換をして別れた。
then he put it on his motorbike right away.
And he said that the road to Cali is smooth so I can arrive by 2 hours.
I exchanged contact information with Hurry and said good-bye to him.

この時点で16:30。
It is 16:30 at this point.

カリへ向かう道の状態は確かに良いのだが、このバス転落事故のため、山へ上がる道が封鎖されていて、トラックが数十キロにわたり停車し片側車線を完全に塞いでいる。
首都ボゴタへ向かう道はここしかないようだ。
Actually the road condition which goes to Cali is good but the way gone up to a mountain is blocked, many trucks stopped over tens of km, and it has closed the single-sided lane completely because of that bus accident.
It seems like this is the only way to the capital, Bogota.

スピードを出せず、しばらく我慢の走行。
I cannot be speedy and have to be patient to drive slowly.

結局、カリに着いたのが19:30。
It was 19:30 that I arrived at Cali after all.

アメックスが手配してくれた宿に向かう。
私がグーグルで調べておいた場所に到着すると、そこにはまたしてもホテルらしきものが無い。
イバゲに続き、グーグルマップを頼り過ぎた。
I go to the hotel which AMEX arranged.
When I arrived at the place which I have searched by google, there is no hotel again.
I relied on google map too much again same as Ibagė.

その目的地に近付くにつれて感じ始めていたが、どうやらこの付近は現地人以外は来てはいけないエリアのようだ。
街並は荒廃し、路上で寝ている人が多い。
コロンビアのデインジャラスゾーンだ。
Though I have been feeling since I'm getting close to the destination, it seems like that visitors shouldn't come this area.
It is the dangerous zone in Colombia.

タクシーを捕まえて先導してもらい宿に到着したのが20:00過ぎ。
I have caught a taxi and had him to lead me to the hotel and I arrived at around 20:00.

おー、今日はさすがに疲れた!
でも、良い出会いがあった。
Ahhh... I'm so tired today!
But I had good encounter.

大変な時ほど、人は寄り添い、協力しあう気がする。 
I feel that people nestles up and cooperate each other when we have hard time.


<Mika Igisu for Tetsuya Yamada>

【コロンビア】ラキラ〜イバゲの旅 【Colombia】Raquira to Ibagué

2011年11月19日(土)
19th November 2011 (Saturday)
 

Translation: Pamela Ravasio

走行距離:366キロ
出発時間:9:30
到着時間:18:00
天候:曇り時々雨
気温:11℃ー30℃
Distance:366kilometres
Departure time:9:30am
Arrival time:18:00pm
Weather:Clouded, occasional showers
Temperature:11℃ー30℃ 

ラキラを発つ朝、いいにおいがする。
The morning I leave Raquira, I smell something nice.

私のために卓さんが、朝食を作ってくれている。
Suguru-san has made breakfast especially for me!

和食か、洋食かどっちがいいですか?
What do you want – Japanese style or Continental breakfast?

迷わず、
「ごはんで^^!」
和食をお願いしました。
Without delay, I said 'With Rice', and ordered a Japanese style breakfast.

じゃーん!!
Hmmmmm....
a0













こんな美味しい和食は、この旅だけでなく、日本に居ても食べれんぞ!(笑)
朝から、ご飯、二膳頂きました!
I never had such a tasty breakfast, not only during this journey, but even in all my years in Japan :D
And because it's the morning and breakfast, I got 2 serving !

さて、出発と思いきや、地元のジャーナリストがインタビューをしたいと。
And, as I finally think of heading off, a local journalist drops by and wants to interview me.
a1













インタビューの内容に、
「このコロンビアは、治安が良くないと聞いていたと思いますが、実際、来てみてどうですか?」
と言う。
The topic of the interview: “The state of public order in Colombia is said to have problems. Now that you are actually here, what are your thoughts?”

あたかも、私の答えを知るように。
As if he knew my thoughts without asking.

私から「180°イメージが変わって素晴らしい国、そして人が最高です」
と答えると、とても満足そうな表情をされていた。
And when I then answered: “My impression have changed by a 180 degrees. It's a great country, and people behave first class!
” the expression on his faces changed to one of complete satisfaction.

もう、コロンビアは危険な国でなく、観光大国として二歩、三歩踏み出していることに地元の人も自信と誇りを持っているのだ。
It seems as if that in Columbia not really a dangerous country, but the locals are very aware of that with respect to being a prime tourist destination, the country still takes to steps ahead and
three back. 

a2













お二人から受けた至極のホスピタリティは永遠に忘れることが出来ないでしょう。
But there is absolutely no way I could ever forget the hospitality I was offered by 2 people.

あ、ちなみに、私と卓ちゃんとユンソンちゃんに完璧な共通点がありました。
それはTOTO製「携帯ウォシュレット」愛好家だった!(笑)
After all, me, Suguru and Yunson had many commonalities
In particular, the shared love for TOTO's carry-on washlet. :D


さよなら、そしてまた会う日まで!
I give both a hug, and then head off.

二人とハグをしてから、出発します。
I give both a hug, and then head off.

時折、工事中のダートが雨天で悪路に変わっている場所もあります。
Sometimes the dirt road that is under construction turns with the onset of rain into a really bad and difficult raod.

ボゴタ市内を通過する時は、出来るだけ中心から離れた幹線道を選びますが、超渋滞。
かつての東京環状8号線を彷彿させます。
Driving across Bogotà, I try to take larger roads away from the centre whenever possible, but there are traffic jams no matter what. 
This strongly resembles Tokyo's former ring road number 8. 

ボゴタ市内をやっと抜けて、イバゲへ向います。
Finally, leaving Bogotà behind me, I direct myself towards Ibagué.

40号線は道の状態は良いのですが、片側一車線の処が多く、かなりのつづら折で信じられないほど長い渋滞をしています。
その先頭まで出ると、決まって年式の古いトレーラーが、牛歩のような速度で山道を登っています。
後ろには数百台の車を従えて。
The state of road number 40
is good, however, single lane sections are frequent , and road bends frequently, and as a consequence the traffic jam is nearly unimaginably long. 
And when I managed to get to the front of the traffic jam, it turns out that a really old trailer is winding it's way up the mountain road at a snail's pace.
Followed and accompanied by several hundred cars. 


慢性的な雨天で撮影もままならない。それがとてもストレス。
And with the chronically bad weather I can't even take pictures the way I would like to, and get progressively stressed out. 

たまに、晴れ間が見える所で、美しい景色に出会える。
Sometimes the skies brighten up a bit and a beautiful landscape becomes visible. 
a4













有料道路のゲート。
Toll gate.
a3













バイクは無料で右端の専用通路を使ってゲートを抜けます。
Motor bikes are free of charge. For that, I use the 'gate lane' at the far right of the gate. 

想像以上に長くかかってイバゲの町に到着した途端、大雨。
一瞬、前が見えなくなるほど。
Finally, the moment I arrive in Ibagué after a much longer day then planned, the skies open and it starts to pour down.
Instantly I can't see anything at all any more.

事前に調べておいたホテルの所在地に到着すると、・・無い。
And when I arrive at the location of my hotel which I had previously looked up … there is none.

近くの商店に駆け込み聞くと、
「全然、違う場所だよ」と言って、地図を書いてくれた。
When I rush into a nearby shop to ask for the hotel, they say 'completely wrong location, it's somewhere completely else', and they draw me a map.

その方向へ向かって、バイク便?らしき男性に聞くと、
「案内するよ!ついて来て!」とバイクを走らせてくれる。
Asking directions to a guy on bike and who I thought was a bike courier, he says: I'll show you the way, follow me!, and accelerates. 

迷わず行ける近くに着くと、私からのお礼の申し出を断り、拳と拳を突き合わせる挨拶だけして、笑顔で雨の中、走り去っていった。
Without much surprise I follow him. And then when I bid him good bye he doesn't want to be thanked for his help, and instead just joins his fists together, salutes me, and disappears with a smiling face into the falling rain. 

疲れた身体と心に、彼らの親切さが染み渡ります。
Tired from inside out, the these people's kindness leaves a deep impression on me.

【コロンビア】ボゴタ〜ラキラの旅 【 Columbian 】Bogota to Raquira

2011年11月18日(金)
Friday, November 18th, 2011

走行距離:160キロ
出発時間:9:45
到着時間:14:00
天候:曇り時々雨のち晴れ
気温:17℃
Distance: 160 kilometers
Departure: 09:45
Arrival: 14:00
Weather:  Clouded, occasionally rain, and sunny later
Temperature:  17 °C

今日は、友人ちえさんの学生時代の親友が、ボゴタの北北東140キロにあるラキラという町にいらっしゃるということで訪ねることになりました。
ここでコロンビアの子供インタビューが出来ることになっています☆☆☆
Today, I went to see my friend– Ms. Chie’s best friend from school. According to Ms. Chie, her best friend lives in a town named Raquira, 140 kilometers northeast from Bogota. I would be able to interview a Columbian child there!!

途中、道を確認するためハイウェイの降り口付近にバイクを停めると、すかさず、車が寄って来て停まる。
On my way, I wanted to make sure I was going in the right direction. I parked my bike at the highway exit area. As soon as I stopped, one of the cars came up to me and also stopped.

BMWのヒストリックカーを積載しているトラックだ。
It was a large truck and it was loaded with a BMW historic car.

「ヘーイ!俺たちはBMWオーナーズクラブのもんだけど、どうした? 何か困っているなら相談に乗るぜ!」
と言いながら車を降りて来た。
“Hey! We’re members of the BMW owners’ club. What happened? Do you need any help?” the man said while he was getting out of his truck.
1












と、その直後、後方からバイクの音が。
At the same time, I heard the sound of a bike behind me.
2












二台のバイクが停まり、声を掛けて来る。
There were two bikes that pulled over. They started talking to me.

「イェー! 君、昨日、ボゴタのBMWのディーラーにいたろ?見たよ。どうした
? 何か困っているなら、手伝おうか? 俺はそこのディーラーの関係者だよ。」
“Yeah! You were at the BMW dealer shop in Bogota yesterday, right? I saw you there. What’s wrong? If you need anything, I’ll be happy to help you. I have connections with the dealer shop. 

私が道を知りたいことを言うと親切に教えてくれる。
I told them where I needed to go. They showed me kindly.

寄ってたかって私を親切にするコロンビア人!
Every Columbian person I’ve met had been so nice to me!

なんなんだよ、この人達の親切さ!(笑)
What’s going on?  They are all so kind to me! (haha)
3












ヘルメットとその右の男性がライダー。
他の3人がトラックから降りて来た方々。
The person wearing the helmet and the person to the right are bike riders. The rest of them were people who got out of the truck.

それぞれのグループのリーダー?から名刺をもらって、
「困ったことがあったらすぐに連絡してくれ!」と。
I received business cards from the leaders from each group. (Well… I think they were the leaders anyway.) They said “Let me know if you need everything!”

もー、感謝感激っ!!
I was so grateful!!

道を教えてもらえたので、安心してラキラへ向かうことが出来ます。
I headed to Raquira without any worries, because of the kind people who showed me the right direction.

途中、激しく雨が降る箇所もあったり、事故があちこちで起きてたりでライディングには気を使う。
I had to pay extra caution. It was raining heavily and there had already been some accidents.
I paid extra caution because I had heavy rain and there were some accidents. 

ラキラまで残り30キロくらいになったあたりから急に天候が回復した!
Thirty kilometers to Raquira, the weather started to clear up.
4












おおっ、青い空の元でバイクを撮影するって久しぶりだな!
気持ちイイ=!
It had been so long since I took a picture of my bike under the blue sky.  I felt so good!

ついにラキラに到着。
私を待っててくれたのはこの方です☆
I arrived in Raquira at last.  This is the person who was waiting for me.
4-1





















アーティスト、今泉卓さん
He is an artist, Mr. Taku Imaizumi.
 

卓さんは実力派の陶芸家としてとても有名な方なのです。
卓さんのホームページ:http://shippokudo.com/ He is known to be a very famous and skilled ceramist.  Here’s the web address of Mr. Taku.  http://shippokudo.com/
http://www.facebook.com/profile.php?id=563323294&sk=wall

現在、ジャイカ(青年協力隊)のシニアボランティアとしてこのラキラで日本の陶芸技術を教えています。
He is currently teaching Japanese pottering skill in Raquira as a senior volunteer of JICA (Japan International Cooperation Agency).  

ラキラはコロンビアでは「陶芸の里」と呼ばれる有名な所で観光地でもあります。
 Raquira is called “Pottery Village” in Columbia, and one of the famous tourist spots.

ウチに泊まって下さい、とのお言葉に甘えて卓さんのお住まいへ行きます。
He offered me to stay at his house, so I accepted his kind offer.
5












卓さんはラキラ郊外に広大な敷地を持つ邸宅に住まわれています。
He lives in a fine house in the suburbs of Raquira.

バイクを敷地内に置かせてもらいました。
I parked my bike in his house.
5-1












犬のディンゴが珍しがっています。
Dingo, the dog, was curiously looking at my bike.

提供して頂いた部屋。
He let me use this room.
6












イタリア/トスカーナ風のお屋敷で、居心地、最高!
I was very comfortable staying at his fine residence. It was an Italian Toscana design.

遅めの昼食から始めましょう!とおっしゃって頂けていたのでお腹をすかせてきました☆
I came here with a hungry stomach. He offered me some late lunch.
8






















まずは美味しいビールが出てきました!
こんなことは、この旅始まって以来です。
っていうか最初で最後だと思います。(笑)
The starter was tasty beer! This kind of treatment was the very first ever since I’ve started this journey. To tell the truth, I think that it would be the first and the last. (Haha XD)

「最高の和食を用意して待っています!」と前から言ってくださっていて、まずは特製「焼き野菜のカレー」です!
He mentioned to me when I arranged the date for today that he was going to prepare the best Japanese meal for me. The first meal was curry rice with fried vegetables!
8-1






















超こだわりのスパイスをふんだんに使ってあり、この美味しさ、ミシュラン5つ星ですよ!
There were many original spices in this curry rice.  I think the flavor was equal to five stars in the Michelin Guide!

最高の腕前なのは陶芸だけでなく料理もでした!
Mr. Taku was not only a skilled ceramist, but also a great cook.

そして、噺家(はなしか)としてもやっていけるんじゃないかと思うほど、一緒にいて最高に楽しいのです。
あ、FM横浜でよく出演なさっていらっしゃるんでしたね。
I had a great time talking to him. It was like I was talking to him like he was a professional storyteller?  Oh, he often appears on FM Yokohama! (A radio station.)  
8-2












卓さんの彼女のユンソンさんが日本から来ていました。
His girlfriend, Ms. Young Song, was here from Japan.
10












カレーを食べ終えると二重の虹が!
There was double rainbow on the sky after the meal.

ラキラの町に3人で繰り出します。
Three of us headed to the town of Raquira.

コロンビアでは、町外れに聖母マリア像がこのように電話ボックスのようなものに入っていたり、崖をくり抜いて石窟式になっていたりするものを見ることが出来ます。
I was able to see the statue of Blessed Virgin Mary in a phone booth, and also curved on cliff.
12














ラキラの郊外の山手から、もくもく煙が発っているのが見える。
We saw the smoke coming out of a mountain in the suburbs of Raquira.
11












陶器の焼き物の釜から出ているのだそうです。
I came to find out that the smoke was coming out of a pottery workshop.
ラキラの目抜き通り。
This is the view of Main Street of Raquira.
13













陶器の焼き物を中心とした土産物屋が並び、週末には多くの観光客が訪れる。
There is a line of pottery souvenir shops on the side of Main Street. They attract many tourists on the weekend.

焼き物屋のオーナーと話す卓さん。
Mr. Taku was having conversation with the owner of one of the pottery shops.
16












「この人は私の生徒なんですよ」
伝統あるラキラの町に、日本の陶芸技術を卓さんによって伝承される。
“She is one of my students.” Mr. Taku said. Japanese traditional pottering skills have been taught by Mr. Taku to many people in the long established traditional town of Raquira. 
14












町の至るところで、声をかけられる卓さん。
この町の英雄であり、人気者なのです。
Mr. Taku was called out by many local people everywhere.  He is well known in Raquira, and also their hero.

豚の貯金箱がラキラ名物だそう。
Piggy bank pottery is a local specialty product of this district.
17












店内に犬がいる陶器屋さん。
This pottery shop had a dog inside.
18












客に売れる数よりも、犬が壊す数のほうが多いんだって。
I was told that the dog broke more pottery items than the amount of pottery items they actually sold.

その後、卓さんの仕事場を見せてくれて、
After we came back from the town trip, Mr. Taku showed me his workshop.
19












なんと、実際にろくろを回し、茶碗作りの実演をして下さいました!
流石、ホンモノの陶芸家。
手の動きのひとつ、一つが感動で、ため息が出ます。
How lucky I was! Mr. Taku gave me a demonstration on how to make a bowl on a potter’s wheel! As might have been expected, each of his hand movements was just as incredible as of those of a professional potter.  I was impressed and couldn’t help but sigh.

ホンモノっていうのは空気が違うんだよね。
A true professional has his own aura round him.

私もろくろ、初挑戦。
I tried making a bowl on a potter’s wheel for the very first time in my life.
20












さて、どっちが、僕で、どっちが先生が作ったか判る?
うん、微妙でしょ?
Can you tell which one is mine and which one is the teacher’s, Mr. Taku?  I bet it’s hard to tell :P

「山手の飲み屋にいきましょう!女の子も一杯いるんですよ」と卓さん。
“Let’s go to the bar close to the mountain! There are many girls, too!” Mr. Taku said.

店に入ると、
I entered the bar.
21












職人が集まる飲み小屋でした。(笑)
It was a bar where workmen got together and drank. 

皆、陶器業に従事している方々。
They are all in the pottery business.
22












ろくろ職人だったり、釜の係だったり、その種類は多岐にわたります。
Some of them are workmen of the potter’s wheels, and some f them are in charge of the potter’s heater. There are various work types.

多くの職人が酒を飲いんでいる中、薄暗い電灯の下で作業している職人がいる。
While many workmen were drinking, there was a man who was still working under the gloomy light.  
23












収入は歩合制だそうで、
Their income is by the commission system.

「娘を大学にいかせるため」
“I’m doing this to have my daughter to college.” he said.

と夜遅くまでろくろを回す。
He continued turning his potter’s wheel.

後ろにずらりと並んだつぼが今日、一日で作ったもの。
これだけ作って、一日の手取りは3000円くらい。
All of the pots behind him were the ones he had made in the same day. All of them together were only about 3,000 yen. And that’s in one day!

家族の為、集中力が落ち易くなる時間でも頑張って、一生懸命働いている。
It is easy to lose concentration in the night after long hard-working day, but he was working hard for his family.  

卓さんのお陰で無事、コロンビアでも子供インタビューが出来ました!
I was able to interview children in Columbia with Mr. Taku’s help!
18-1












このラキラの町でどんな夢、幸せを語ってくれのかは映像のアップをお待ち下さい。
この収録後、通訳もして頂いた卓さんから感慨深いコメントを頂きました。
後日の報告とさせて頂きます。
Please look forward the video clip of children who talked about their dreams in Raquira.  After filming with Mr. Taku’s help on translations, I receive very warm words from him.  I will report that later.

卓さん宅に戻ると、敷地に生えている木の中を何か探している。
When we went back to Mr. Taku’s house, he started looking for something in a tree in his premises.  
24












「翌朝用のレモンを取るんです」
何とも素晴らしい生活じゃないですか!
“I’m getting lemons for tomorrow morning.” he said.  What a beautiful life!

夕食は、極めつけの和食を作って下さっています!
He cooked delicious Japanese food for dinner!  
25














26













【直火焼き茄子】
Grilled eggplants! :D

まるで、超高級料亭にいるように錯覚するほど、素晴らしい懐石料理が次々と出てきます。
まさかこんなものをコロンビアでありつけるとは!!
I felt like I was in a first-class Japanese restaurant while I was served a traditional multi-course Japanese dinner. I didn’t expect this kind of treat in Columbia!!

シャンパンとワインとおいしい食事と共に会話を楽しんているとあっと言う間に1時。
We had a great time with great food, great wine/champagne, and great conversation, and the next thing I knew, it was already one a.m.

芸術、陶芸に懸ける情熱や、アイデンティティを聞かせて頂くことが出来、深い感銘を受ける。
Mr. Taku shared his passions on art, pottery, and identity.  I was deeply impressed.  

そして涙が出るほどずっと笑っていた。
We were laughing so hard that tears even started coming out of our eyes while we were talking.

周りにいる人を常に笑わせ、幸せな気分にさせてくれる人って本当に素晴らしい。
What a great person he is!  He was the kind of person who made people around him laugh and be happy all the time.

旅先でなければ一生出会えなかったかもしれないと思うと、つくづくこの旅に出て良かったと思う。
I really think that I made the right choice by starting this journey. If I had never done this, then I wouldn’t have met Mr. Taku like this.
 
Translated by Maki & Angela Trolio

【コロンビア】ボゴタ滞在2

2011年11月17日(木)

朝一で坪田さんが時間を作って下さり、一緒に保険会社へ行きます。
ペルミソを手渡し種類を作成し、最短の3ヶ月モノで費用は15ドルでした。
これで一安心です。

宿に戻る途中に大学があります。
1













正門にはチェ・ゲバラを描き、学校への抗議らしきものが書き殴られています。
校庭では学生運動のような集まりが見えました。
学生達のアツさを感じます!

ボゴタの街並
2













はっきり言ってコロンビアの印象が180°変わりました!

2年前に観光立国宣言を政府が発令したことが納得出来るほど、街は美しくしようとする努力が見え、特筆すべきは治安について不安がないことです。
特別な危険国という印象は完全に払拭され、観光国として変貌を遂げたことは多くの旅行情報に連ねられている通りです。

またそれを後押ししているのが、景気の良さ。
「日本のバブルのようですよ」と坪田さん。
中国の様相と言っても過言でないかも。
例えば、家、車が飛ぶように売れているそうで、交通のインフラ整備を一生懸命しているのですが、車の増加がそれに追いつかなく、幹線道は酷い渋滞をしています。

今日は観光もしたいのですが、BMWのディーラーがこのボゴタにもあることが判ったので向います。
正確な場所がわからなかったため、数人に聞いてやっと到着。
途中、バイクで先導してくれる方もいてコロンビアの方の親切に感動します。

グローブとブーツがいよいよ限界になってきたので在庫があれば購入したいところです。

ディーラーのパーキングスペースにバイクを置くと、すぐに英語の出来るスタッフがやって来て、

「どうしました?どんなお手伝いをしましょうか?」

とっても紳士的で、笑顔が素晴らしいエドワードだ。
グローブとブーツを買いたいといいつつ、ダメ元で、ハンドルが振られるトラブルのことも相談してみる。

ただ、このボゴタではもう滞在していられないので二時間くらいしかここに居られないことを伝えると、

「判りました、とりあえずチェックしてみましょう!」
と快い返事。
 
さらに是非、実際にバイクに乗ってハンドルの振れを確認しながら作業を進めて欲しいと伝えると、それもOK,と承諾してくれ、エドガーがメカニックと相談をし始める。
点検、修理をしている間に、私はグローブとブーツのチェック。
グローブは購入出来たが、ブーツの在庫は残念ながら無かった。

エドガーにカフェスペースへ案内され、コロンビア名物のコーヒーをどうぞ^^と美味しいコーヒーを出してくれる。
 

担当メカニックが作業している間、エドガーと語り合う。
「このディーラーに来た日本人客はあなたが一人目ですよ」と、深く歓迎してくれる。

BMWのロゴ入りのミネラルウォーターまで出してくれる。
ここのサービスは凄い。

メンテナンスの料金に加算はされないと思うけど。。(笑)
3





















30分くらいすると、直せたのでチェックして欲しいと。

直せたって?!本当か??

疑い半分、期待半分で、テストライドに出かける。

すると・・、

・・ブレない。

おおーーーーーっ!!!

やったっーーーー!!!

直ったっーーーー!!!
スッゴーーーーイ!!!

と喜びながらも、さらに距離を走ってバイクの挙動を慎重に確認。
すると時速60キロくらいでの手放し時にハンドルが振れ出すことが判った。

ディーラーに戻ると、エドガーと担当メカニックが私を待ち受けて私のインプレッション(感想)を聞く準備をしている。
あたかもレースをしていた時のサーキットのピットロードのようだった。
私が感じたことを訴えると、

「判りました!再度、チェックしましょう。そしてまたメカニックにテストライドさせて、良くなったらまた呼びます。それまでまたコーヒーをどうぞ^^」
だって。

二杯目はカプチーノです。これがまた旨い!!!

地球上のどの店にいるよりもバイク屋が落ち付き、コーヒー大好物の私には極上の時間です。
また30分くらいするとエドガーが呼びに来てくれる。
「再度、チェックしてみて下さい。」

再び、テストライドに出る。

さっきよりも確かに改善されている!
どうしても手放しでの振れは発生するが、荷物満載でリヤサスとフロントサスがへたって来ていることを考えると許容範囲であり、きっとリアサスのセッティングを変えることでう少し良くなるだろう。
フロントフォークもダンパーが抜け気味なので次回オイルを交換することでさらに改善するだろう。

ディーラーへ戻り、
「OK!相当良くなったよ!^^有り難う!」

と伝えるととっても喜んでくれた。

トラブルの原因は、なんと、
フロントホイールのカラー(スペーサー)を逆さまに取り付けられていたことと、ハンドル下部のベアリングの締め付け不足だった。

グァテマラシティで始まったトラブルが2000キロ移動したコロンビアで終了した!

スッゴク嬉しくて嬉しくて仕方がない!!

そしてホントに二時間で直してくれた!スゴイ!

で、修理費の支払いを申し出ると、エドガーから信じられない答えが。

「無料でいいです。」

何ーーーーーーーーーーーーっ!!!!!

突然、予約もなしに割り込むようにやってきた一元の旅人のバイクのトラブルを完全に直し、チェーン、リア周りまで、チェック&グリスアップをしてくれて、コーヒー二杯と水ももらって、タダって。。

なんだよもー。

「私達は当たり前のことをしているだけですから。この先も良い旅をつづけて欲しいのです。」と言ってくれる。(涙)
4














感動のエドガーと。

ワークショップ(作業エリア)を見ていって下さいよ、と。
5














そしてウチの自慢はこれですよ、と。
6













BMWディーラーでも珍しいほどスペシャルツールが揃えてある壁を見せてくれた。
ここは最高の技術を有しているそうで、全中米と全南米のBMWディーラーのメカニックがここに研修を受けにくる場所だとのこと。
なるほど、流石だ!

チェーンオイルを購入しなければいけないことを思い出した。
パナマでバイクを飛行機に載せる際、スプレー類は廃棄せねばならなかったのでまだ使えるものを泣く泣く捨てた。

エドガーに注文をすると、用意してくれた。
代金の支払いをしようとすると、

「Present for you」(これもプレゼントです)って。
わーーーーーーーーーーーんっ!(泣)
7













連絡先の交換、WDTステッカーの提供、フェースブックでやりとりすること、そして次回の再会を誓って、強くハグをしてお別れ。

ムチョ、ムチョ、グラシアス!!!(本当に本当に有り難う)

完全にコロンビアにはやられました。

コロンビアは美女が多いことで有名と聞いていましたが、私がノックアウトされたのはエドガーはじめ、ここの方々の親切でした。

ずっと、感動にひたりながらも明朝、ボゴタを出発するので一つくらいは観光をしておこうと思いダウンタウンへ向います。

多数ある見所のうち、迷った結果行ったのは「黄金博物館」

紀元前から栄えたプレ・コロンビア時代の金の展示物の数々。.
8














9














10













これは有名な「黄金のイカダ」

コロンビアが世界から黄金郷と知られた歴史をここで全て見ることが出来ます。

金だけでなくプラチナなど他の高価値金属の品も沢山、展示されています。
11














相当ドキッとさせられたたものがこれ。
12













保存状態が著しく良いミイラ。

申し訳ありません、やっぱり私はこういう発想になってしまいます。
私の知人に似ている人の紹介です。あなたの知人にも似てますか?
13














14
























15














16













博物館を出るとそこは夕暮れ時のサンフランシスコ教会前でした。
18






















珍しく今日は雨が降らなかったのですが少し寒さを感じます。
殆どの人が長袖に何かを羽織った出で立ちです。
19













夕食を食堂で摂り終えると夜の帳が降りてきます。
ネオンが輝き出し、街は盛り上がり始めています。

10年前だったら物騒で歩けなかったエリアが多かったようですが今は全く普通の街並です。

このダウンタウンの中心地からホテルへ戻るためにバイクを駐車場からだすと完全に夜になりました。
幹線道は帰宅ラッシュで酷い渋滞となっています。

信号待ちで停まると、自転車の男性が隣から話しかけてきます。

少しの会話のあと、

「Have a safe trip!」(安全な旅を!)
と言ってくれるので、

「グラシアス!」と返した途端、

ガン!と音と同時に背後から衝撃が!

振り返ると、なんと公共のバスが私のバイクに追突しているではないか!

運転手を見ると、大焦りの表情で、平謝りしている。

しょーがねーなー。

今日は特に気分がいいので全然、怒る気持ちもありません。(笑)

コロンビア、最高!!

 

【コロンビア】ボゴタ滞在

2011年11月16日(水)

今日はバイクを空港へ引き取りに行く日です。
無事、再会出来ますように!

ホテルの窓から見える景色。
1













雨は降っていませんが山には霧がかかっています。
標高2600mのボゴタは軽い高山病にかかる方もいる・・と地球の歩き方に書いてあったのですが、

「俺は、そういうの、全然へーき!」

と思っていたら、頭痛が。(笑)
僅かですが。
これもボゴタの思い出になりそうです。


朝10:00に現地旅行会社アルコJMさんの社長、坪田さんとロビーで待ち合わせをします。
パナマ〜コロンビアの空輸の手配をして頂き、受け取りのサポートをして下さいます。

事前の連絡では11:00に空港で手続きを始められそうだという事で、担当者に電話。
折返しの電話をしてくるというが一向にない。
30分ほどして坪田さんから再度電話をかけると、午後1:00頃に来て欲しいという。

それまでの時間を利用して、コロンビア国内で必要となるバイクの保険に入るために保険屋に向かいます。

世界が注目する公共運行体のトランスミレニオ。
コロンビアの自慢です。
DSC04104













連結バスが専用車道を走るため渋滞がなく市民の足としてとても好評とのこと。

ボゴタのオフィス街です。
2













正面の大きなビルの中に日本大使館が入っています。

この近くの保険会社に行きましたが、空港の税関でペルミソを発行した後でないと保険を購入出来ないと。

すでに時間は昼時。
私のリクエストでコロンビア料理のランチに行くことになりました。

これはアレパ。
3













トウモロコシで作ったまんじゅう?モチ?
好みの香辛料やソースを付けて食べます。
結構、イケます。


メインディッシュは肉と野菜を煮込んだスープ。
アヒヤコという郷土料理です。
4













これも美味しかった!
なんでも現在、コロンビアではグルメ大国を目指して観光の目玉の一つにしていこうという目論みがあるそうです。



13:00に空港に到着。
空輸会社で手続き→税関でペルミソ発行→空輸会社でバイクの受け取り。
このステップが終了したのが17:00ちょうど。
完全に丸一日かかりました。。

ついに出て来た愛機、ヒーロー号と一日ぶりのご対面です!!!
DSC04114













倉庫内にいた方が集まってきて注目の的です。

バイクの各所をチェック後、受け取りのサインをして手続き完了!



今日一日、何から何までお世話になった坪田さんと記念撮影。
DSC04117













コロンビア唯一の日系旅行会社アルコJMさんです。
コロンビアにご旅行の際は是非、坪田さんをお尋ね下さい☆


周囲の人が見守る中、空港倉庫から出発します。
DSC04119













遂に、コロンビアに上陸です!!

宿へ帰る道は小雨が降っていたのですが、バイクに乗れる喜びは一入です^^


さあ、南米の旅が始まります!!



<国境情報(バイク)>
【パナマ側】トキュメン国際空港:貨物(CARGO)
入国時のペルミソを見せてキャンセル。
空輸料:902ドルを支払い終了。
【コロンビア側】エルドラド国際空港:貨物(CARGO)
ペルミソ作成無料
バイク受け取り無料


 

パナマシティ(パナマ)〜ボゴタ(コロンビア)の旅/From Panama City (Panama) to Bogota (Columbia)

2011年11月15日(火)
15th of November, 2011 (Tuesday)
Translation: Pamela Ravasio

パナマを発つ朝、部屋の窓から奇麗な朝陽が見えました。
The morning I leave Panama a beautiful morning sun is visible from my room window.
DSC04058













最後にこんな美しい景色に出会えて良かった。
I was luck to get to see such a beautiful landscape on my last day .

しばらくの間、お世話になった「地球の歩き方 中米編」を机に置いたままにして部屋を出ます。
今まで有り難う。助かったよ。
I leave the briefly used guide book “How to travel the world: Central & South America” on the table when I leave the room. Thanks much! You've been really helpful ;)

パナマのトキュメン国際空港に到着です。
Arrival at Panama Tocumen International airport.
DSC04060













規模は大きくないが、きれいな空港です。
It's not exactly a large airport, but it's new, pretty and clean. 

アヴィアンカ航空のカウンターでチェックインし、チケットのゲート番号をみると「22A」となっている。
保安検査を通過し、搭乗時間になったので「22A」に行くと、私が乗るものとは違う便名がモニターに表示されている。
ゲートの係員に、チケットを見せて、ここでいいのかというと、
「ここで大丈夫」という。
I check in at the Avianca counter and verifying my departure gate, the ticket says '22A'
However, on the screen there is a different flight number than the one I'm supposed to fly on ...
When I ask the person whether I'm at the right place, showing the ticket, he just answers 'here is OK'.

二度、確認するが「ここだ」と言い、まだ搭乗が始まっていないとも言う。
When I check for the second time, he repeats his words: “It's here”. He adds that boarding hadn't started yet. 

一瞬、ゲートのモニターの故障しているのかと思ったが、念のため別の場所にあるボーディングモニターを見に行くと、私の乗るAV59便のゲートは、「23A」になっているではないか。
23Aのゲートに行くとそこのモニターには、私の乗る便が表示されており、すでに搭乗が始まっていた!
Then I thought that the monitor at the gate may be broken, and – just to make sure - went to have a look at a different monitor. Sure enough, that monitor shows gate '23A' with my flight number: AV59
Proceeding hence to gate 23A the boarding monitor shows my flight number. And: boarding had starting. 

おいおい〜!
Ohoh...

あー、よかった、二重に確認して。
Good idea to double check ...

危うく乗れなくなるところだった。
I nearly missed boarding!

いろいろ教訓が身に付く旅です。
This indeed is a journey with a lot of lessons to be learned!

今まで聞いたことがなかったアヴィアンカ航空。
Avianca airlines, whose name I hadn't heard once before booking the ticket.
DSC04062













ブラジルの航空会社で機体は新しくかっこ良い☆
It's good think that this is a new plane from the European Airbus conglomerate ...

この機体のどこかに私のバイクが搭載されている。ハズ。。
I'm sure that somewhere on this plane my bike has find a place

オンタイムで飛行機のドアが閉まり、滑走路に向かいます。
The doors close on time and the plane heads to the runway. 

そして勢いよく発進!!!
And then: a rather violent take off!

普段は何とも思わないのですが、今回だけは、
おいおい、そんな急加速したら、バイクに衝撃があるじゃないか!!!
もっと、ゆっくり行ってくれよ!なんて。
Normally I don't think much during take off, but this time the thoughts that crossed my mind were: 'Opps, with such a sudden acceleration,
won't the bike down in the loading bay fall over and be damaged.

What about taking off a little bit more softly!

とにかく愛機のことを考えると、ハラハラで、どんな風につながれているんだろうと心配になります。
What about taking off a little bit more softly!

カリブ海上空の空の色に感動!
I got all emotional about the colour of the sky above the Caribbean sea. 

すげー、深い、青?蒼?碧?
It's of an impressive intense deep blue shade!
DSC04089
























ついにパナマとコロンビアの国境の上空に来ました!
Suddenly, we reach the Panama-Columbian border high up in the skies. 
10)













この下が問題の閉ざされた世界になっている場所です。
Down on the ground, it's closed as it has become quite a problematic place.

あっ!よく見ると、ゲリラのアジトがっ!!!
Oh, and looking very closely,there's hide out of the guerillas!
52)













見えませんって。
Just joking, couldn't really see anything. 

一時間ちょっとでコロンビアのエルドラド空港に到着。
After just over an hour, we reach Colombia's El Dorado airport.

降りた途端、寒い!
そうなんです。
この首都ボゴタは標高が2500mある高地なのです。
When I get off the plan, it's cold!
Well, yes, indeed!
It's because Colombia's capital Bogota is located at 2500m over sea level at high altitudes. 

空港から送迎の車に乗り込むと、麻薬犬が駐車中の車を嗅ぎ回っています。
Getting on board of the car that came to meet me at the airport, I notice the drug sniffer dogs that are being lead around the car park checking out all the cars.
DSC04099













さすが麻薬天国のコロンビア。
早速、きな臭さを感じます。
Well, after all Colombia is the heavens of the drug trade.
And suddenly I get a suspicious feeling. 

ちなみにバイクは今日引き取れず、再度、明日空港に取りにくる事になっています。
Anyhow. I wasn't able to get my bike out of the airport today, and hence have to return to the airport tomorrow to pick it up.

宿に到着。
Arrival at the hotel. 

荷物を解いて一息ついたところで窓の外から音がします。
I barely have barely but my luggage down and caught my breath, when I hear a noise from outside my room window 

ざーーーーーーーーーーーーーーーーーー。
Zaaaaaaa

強い雨の音です。
あーあ。ここでも雨だ。と思っていると、
ガラガラ、どっかーん!!
It's the sound of strong rain.
Just as I was thinking 'Aha, right, here too, it's raining' , it rattles and then a loud Bang!

雷が響きます。
A thunder storm.

あーあ。コロンビアからは雷も伴う訳ですか。
Okay, the translation is that from Colombia onwards, we're be getting thunderstorms as well.

望むところだ!
Precisely what I was hoping for ...

なーんて!
… NOT!

そんなことないですよ。
Not really.

やっぱりいい天気がいいです。
Of course it's good weather.

神様、宜しくおねがいします。
Please, weather gods, let it be good weather.

とりあえず、宿のまわりを一回りします。
For now, I take a tour around the area of the hotel.
DSC04101













ダウンタウンから数キロ離れたところなので街自体の喧噪はありませんが幹線道はかなりの交通量があります。
Since this place is at a few kilometres distance from down-town, the area isn't really noisy, but the main road is busy with traffic. 

明日はバイクの引き取りです。
Tomorrow, I'll have to go and retrieve the bike from the airport.

飛行機の着陸時も結構な衝撃があったのでバイクが心配でたまりません。
And since the landing was equally violent as the start, I'm quite concerned of the state the bike
might be in. 

無事の姿でいてくれよー!
Please, make that it survived the ordeal without any problems ...
和光小学校 岐阜市立鶉小学校

世界各国の子どもたちの声をお届けします。

Twitter


結婚レシピ
チャリティプラットホーム・ジャストギビング
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ