株式会社 山木商行 FUKUDA サンシャインスキューバ アライヘルメット ラフ&ロード スピード☆スター RKジャパン ツアラテックジャパン 岡田商事 YONEZO

#WORLD DREAM TOURING

“世界の子供の希望と夢を発信します”

Chile(チリ)

【チリ】サンチアゴ滞在8 [Chile] Santiago (Part 8)

南米を離れる日に嬉しいメッセージを頂きました!
新たなセカンドハーベストへのご寄付です。
And precisely on the day that I'm leaving South America I received a great message!
It's a fresh donation for Second Harvest Japan.

コービー

はじめまして。ブログからいつも元気や勇気を頂いています。少しでも尊敬する山田さんの力にになりたくて寄付させて頂きました。無事完走される事を心から楽しみにしてます。
このチャレンジに10,000円寄付します!

コービーさん 2012-02-09 20:17:23

Hello. Reading your blog, I always feel refreshed ans strengthened. And even if it is only a with little bit, I would like to express my admiration for you Mr. Yamada, and hope this donation will strengthen you too. I'm looking forward to you completing the journey in good health.
I donate 10'000 Yen towards this challenge.
Coby, 2012-02-09 20:17:23
 


まったくお会いしたことがない方からもこのように応援を頂ける事、本当に感激です。
私が多くの方から力を頂いたように、誰かのためになれるよう益々精進して参りたいと思います。
I'm deeply moved by the fact that I'm being supported in this way even by persons I have not even met once.
Just as I have been supported by many different people, I intend to go on refreshed and even more focused in support of others.

☆ジャストギビング山田達也のチャレンジ応援ページ:http://justgiving.jp/c/799

English http://justgiving.jp/pdf/justgiving-man.pdf?110318

********************************

【チリ】サンチアゴ滞在8

[Chile] Santiago Part 8

2012年2月8日(水)
February 8th, 2012 (Wednesday)

さて、いよいよ荷物をまとめてサンチアゴ空港へ向います!
ただ、フライトの時間が23時過ぎと遅いのでホテルにその時間を伝えると、出発したい時間まで居ていいよと優しいお言葉を下さる。
有り難や。
延長料金もなしで夕方近くまで宿にいさせてもらい、時間を有効に使うことが出来ました。
Well, finally I have packed all my luggage, and it's time to go to Santiago Airport.
And even though the flight is only scheduled for after 11pm, the hotel told me when I talked to them that I was nicely told that I was welcome to stay up until the time I was to leave for the airport.
Thanks very much!
Without paying for staying longer and able to stay till the evening in the hotel, I was able to make effective use of my time. 

午前中にバイクの輸送業者から連絡がありシドニーにバイクが到着するのが12日(日)だと。
そして「もういちど電話する」と言ったきり電話はかかって来ず。
うーん、大丈夫かな。
何も問題がないので連絡をしてこなかったんだと自分に言い聞かせながら空港へ向い出発までの時間を過ごす。
In the morning there was a phone call from the bike shipping company, who informed me that the bike would arrive in Sidney on the 12th.
Then he said 'I'll call again' and hung up, however, no more phone calls came since.
Hmmm, would that be going alright??
Continuously telling myself that 'no news is good' news I made my way to the airport to spend the remaining time till departure there. 

サンチアゴ国際空港 アルトゥーロ メリノ ベニデス エアロポルテ
Santiago's 'Arturo Merino Benitez' Airport.
1















結構、新しくて広い。
It's is fairly new and spacious.

このオブジェはなんでしょう。
And that statue – what's that supposed to be???
2
























有閑スペースを利用しているようでした。
They probably just wanted to somehow make use an otherwise unused space.

そして、今回もJUGOミノハラ君が見送りに来てくれた。
前回は昨年の8月末、ユーラシア大陸の端、ウラジオストック/ロシアからフェリーに乗る時も見送ってくれた。
And then, also this time I was seen of by JUGO Minohara-san.
The last time this was the case, was last year at the end of August, when I left Eurasia and boarded the ferry at Vladivostok, Russia.

別れ際にJUGO君の写真を撮影するがあまりにもすごいヘン顔するので掲載は差し控えます。(笑)
As we JUGO and me parted ways we did take a picture, however we made such outrageous faces that I have to vet the picture's publication :D

本当に楽しかったよ。有り難う!
私より一足早く帰国するとのことですが、もう笑いは取らなくていいので無事に帰ってね。
そして次は東京で会いましょう!
I really had a good time: Thank you very much!
He's going to return to Japan ahead of me, but enough not to hear his laughter any more. Get back home safely, you hear me?!
And then, of course, we'll meet again in Tokyo!

JUGO君と食事をしつつ語り会ってたら時間を忘れ、気が付くと搭乗時間ぎりぎりで危ない、危ない。
And while JUGO and me are chatting over dinner, we forgot the time, and when we noticed it was dangerously, dangerously close to boarding time. 
44)














こんな時間のフライトww
What a time for a flight!

しかし、保安検査はものすごい簡単、というかいい加減。
This said, the security checks where super simple, to the degree that they could just as well let them be.

荷物にパソコンが入っていても出さなくていいし、ペットボトルの水もデイバッグに入ったまま通過・・。
手荷物に登山ナイフを入れたままでもおとがめなしだったんじゃないか、と思うほど。
よほど、チリ→オーストラリア間は安全のようだ。
It was OK not to take the laptop out of the hand luggage, and even the water could stay in the PET bottle as long as the bottle was in the day bag.
I caught myself thinking whether it would have made any difference if I'd carried my mountain knife in the hand luggage …
Well, it seems that the rout from Chile to Australia is a rather safe one :D

機体はボーイング777だったか。
The plane was a Boing 777.
4














かなり新しいハイテク機だ。
A completely new hightech plane.

ついに南米を去る日が来た。
And suddenly this is the day where I will be leaving South America behind me.

座席に座り、シートベルトをガチャリと嵌める。
そして深く深呼吸。
It sit down in my seat, and close the seat belt.
And then I take a deep, deep breath.

地球の4大陸を走り終えたなんて信じられない。
It's hard to believe that I've driven already across 4 continents.

本当に南米、楽しかった!
Really, South America – It all was good fun!

滑走路から機体の車輪が離れるのが判った。
And then I realise that the plan's wheels have already separated from the run way on take off. 

グラシアス、アミーゴ!
アディオス、ボニータ!!
Gracias Amigo!
Adios, Bonita!



【南米大陸実績】[South America track record]
57


















訪問国:6カ国
子供インタビュー:7カ国(アルゼンチン国内撮影ブラジル人含む)
走行距離:20000キロ
滞在日数:87日

Countries visited:6
Number of Kid's Interviews:7 (including one with a Brazilian, but recorded in Argentina).
Distance travelled:20'000 Kilometers
Number of days on the continent:87 days.
 
Translation: Pamela Ravasio

【チリ】サンチアゴ滞在7 [Chile] Santiago #7

有り難うございます!あらたなご貢献を頂きました!
Thank you so much! We received more contributions!
しみずやすひこ

いつもパワーをいただいてます。

このチャレンジに1,500円寄付します!

しみずやすひこさん 2012-02-08 03:01:29

ハリ

山田さんファイトー(^0^)/
このチャレンジに1,000円寄付します!

ハリさん 2012-02-08 01:15:50

Thank you for motivating me always!
I donated 1500 yen to this challenge!
From Yasuhiko Shimizu   2012-02-08 03:01:29

Mr. Yamada, keep trying!
I donated 1000 yen to this challenge!
From Hari  2012-02-08 01:15:50



皆さんから貴重なご寄付とご声援であと一ヶ月3週間、乗り切ります!
Because of your precious donations and encouragement, I will be able to make the rest of the trip, one month and 3 more weeks!

☆ジャストギビング山田達也のチャレンジ応援ページ:http://justgiving.jp/c/799
Just Giving Tatsuya Yamada's challenge support page: http://justgiving.jp/c/799

English http://justgiving.jp/pdf/justgiving-man.pdf?110318

********************************

【チリ】サンチアゴ滞在7

[Chile] Santiago #7

2012年2月7日(火)
2/7/2012 Tuesday

いよいよ明日、サンチアゴを発ちます。
宿で出来る作業を終え、午後郵便局へ行って日本へ荷物等を送ります。
Finally I am leaving Santiago tomorrow.
I finished with things that could be done at the hotel, then went to the post office to mail some boxes to Japan in the afternoon.


夕方、二点の撮影をします。
一つは友人の会社で利用される予定のメッセージビデオ。
We are going to take two videos this evening. One is a video of my message that will be used at my friend's company.
52)







後日ご紹介します!
撮影のお手伝いをJUGOミノハラ君が行ってくれました。
流石プロのカメラマンだけありアドバイスが的確です。
I will show you later!
Jugo Minohara helped me make the videos. Since he is a professional photographer, his advice during the session was just right.


そして、チリの子供インタビュー!
God hand カルロスの店Motouring で出会い友人になったホルヘが登場。
六本木ヒルズのようなテーマパークっぽいショッピングセンターで待ち合わせ、インタビューに適した親子を一緒に探してくれます。
The other video is of the children we interviewed in Chile!
Jorge, who I had met at Carlos' "God's hand" shop “Motouring,” showed up. We met at an amusement park-like shopping mall that reminds me of Roppongi Hills in Japan, and he helped me find children to interview with parent(s).


ちょうど10歳の男の子と9歳の女の子が応じてくれ、緊張しながらもしっかりと答えてくれました。
These children, a 10 year old boy and 9 year old girl, agreed to be interviewed, and answered my questions very well although they were nervous.
00)
















32)














先進国でのアポ無しのインタビューは中々応じてもらえないケースがあったのですがホルヘの人柄と信頼性のお陰で大成功!
In other advanced countries, there were many times it was difficult to find children for the interview without appointments, but because of Jorge's personality and credibility, we were very successful here.

また同時に大きなカメラで撮影をしてくれるミノハラ君のお陰でオフィシャルなムードですすめられます。
Also, Minohara had a big camera, so we produced the session in a professional environment.
06)








その後、ホルへの彼女で女医のダニエラも合流し、4人で近くの和食レストランへ。
お二人は翌日も早くから仕事なのでここでお別れになるが今年7月、出張で来日するとのことで再会を誓う。
After that Jorge's girlfriend Daniella, who is a doctor, joined us and 4 of us went to a nearby Japanese restaurant. They will be busy in the early morning tomorrow, so we had to say good-bye here. But in July, Jorge will be on a business trip to Japan. We commited to see each other there.

本当に有難う、ホルへ!
Thank you so much, Jorge!

例によって、私とJUGO君と連れ立ちサンチアゴの夜の町へ。
といっても
「日本だったら新橋っすね」
とJUGO君の言うムードの路上飲み屋でバカ話/真面目話しで盛り上がる。
As usual, Jugo and I went out to Santiago downtown for a drink.
It's in a casual environment.
"It's like Shinbashi in Japan," said Jugo at the standing bar.
We had a great time talking about serious things, and some goofy subjects as well.


チリ名物のとても美味しいワインと地ビールを堪能しながら夜が更ける。
We enjoyed some famous Chilean wine and domestic beers until late at night.


Translated by Ikue Boucher

【チリ】サンチアゴ滞在6 [Chile] Santiago staying 6

嬉しいです!
また新たなご貢献メッセージを頂きました!
I'm so glad!
I received new contribution messages!

yukki

山田さんへ
ご無沙汰しております。まだまだ、旅は大変でしょうが、無理せずマイペースで!!
このチャレンジに20,000円寄付します!

yukkiさん 2012-02-06 18:08:28

Yamada san, long time no see. I think you will have tough time in your journey, please take it easy and take your time!!
I will donate 20000 JPY for this challenge!yukkiさん 2012-02-06 18:08:28


マイペース=ハイペース?無理をしがちになる体質は変えないとですね。。
有り難うございます!頑張ります!
Maybe I need to change my habit which I tend to force myself to do a lot as my like (= fierce pace?).
Thank you very much! I will do my best!


☆ジャストギビング山田達也のチャレンジ応援ページ:http://justgiving.jp/c/799
English http://justgiving.jp/pdf/justgiving-man.pdf?110318

********************************

【チリ】サンチアゴ滞在6

[Chile] Santiago staying 6

2012年2月6日(月)
Monday, February 6th, 2012

バイクの輸送業者が一日遅れでやって来た。
The carrier of my motorbike came a day behind the schedule.

バイクをバンに積み込んだ後、書類を渡します。
After put the motorbike in a van, I give the documents to him.
1

















カルネに、バイクの登録証に、チリ入国時に発行されたペルミソ(一時輸入許可証)です。
Those are carnet, registration card of motorbike, permiso (Temporary import permit) which issued when I came into Chile.
2

















無事、シドニーで再会出来ることを祈る!!
I'm praying that I would see it in Sydney again!!

昼は宿の近くの中華へ行き、夜はまたまた居酒屋YOKOへ。
I went to Chinese restaurant which is close by the hotel for lunch and go to Izakaya YOKO for dinner again.
3

















ね、居酒屋でしょ!
See? It's Izakaya, isn't it?

食事中、ウラジオストック(ロシア)、ウシュアイアで会ったJUGOミノハラちゃんからサンチアゴに到着したと連絡が入る。
I got a contact from JUGO Minohara-chan who I met in Vladivostok (Russia) and Ushuaia and he said that he arrived at Santiago.

その後、ここで合流!
Then we met here!
4





























イギリスでバイクを盗まれて大変な思いをした彼は、さらにすごい経験しています。
He was stolen his motorbike in England and also got other challenge things.

ウシュアイアからここまで北上する途中、バイクのクランクケースは割れるわ、バイクは燃えるわで信じられないことしてます。
While he was driving to come here from Ushuaia, his crankcase was broken and got fire on his motorbike... it's unbelievable.

後ろに積んでいた予備ガソリンタンクが振動で割れてマフラーに引火し、荷物の大半と、来ていたジャケットと、後ろ髪が燃えたんだと。。
The backup gasoline tank was crack by shaking of motorbike and catch fire at muffler, and he got fire on his jacket and back of his hair...

見せてもらったら本当に襟足がチヂれていました。ww
He showed me his hair and part of neckline was crinkled. lol

関西人といってもここまでネタ作らんでもいいと思うんだけどねえ。
Even he's from Kansai area, I think he doesn't need create stories :))

しかしこの人と飲むといつもしもねた炸裂で盛り上がるのはどういうわけやろか。
Well, I don't know why but we are very warming up with guy's talk when we have drinks.

Unchain15Minohara ブログ:
http://usonosekaie.blog.shinobi.jp/

<Mika Igisu for Tatsuya Yamada>

【チリ】サンチアゴ滞在5 [Chile] Santiago staying 5

今までにご寄付下さった皆様の紹介をしております。
I introduce people who have donated here.

ハリ

山田さん
こどもたちの声に力をいただきました。
純粋に夢や幸せを語る姿に感動します。
ありがとうございます。
このチャレンジに500円寄付します!

ハリさん 2011-06-05 01:00:51


I'm always exciting to read your blog. I feel like that I can feel different countries culture and travel together. And I can realize that it's big challenge when I see your face has been getting wild. Please take care of your health and continue to have safe trip. See you again.
I will donate 3000JPY for this challenge! ワッキーさん 2011-06-08 00:38:40
 
Thank you very much for the video! I've been busy since the earthquake, so it's been a long time to read your blog! Even you have lots of challenge stuff, you seem to be going smoothly for this journey so I feel relieve!
I will donate 2700JPY for this challenge! ちえさん 2011-06-06 23:00:48

Yamada san, I got energy from Kid's interviews. I'm so impressed that they told us about their dreams and happiness with pure heart. Thank you very much.
I will donate 500JPY for this challenge! ハリさん 2011-06-05 01:00:51


あっと言う間に13ヶ月が経ちました。
ここまで来れたのはひとえに皆様の応援のお陰です!深く感謝いたします。
It's been 13 months already.
I could move forward here just because of your aid! I greatly appreciate.


☆ジャストギビング山田達也のチャレンジ応援ページ:http://justgiving.jp/c/799
English http://justgiving.jp/pdf/justgiving-man.pdf?110318

********************************

【チリ】サンチアゴ滞在5

[Chile] Santiago staying 5

2012年2月5日(日)
Sunday, 5th February, 2012

さあ、今日は現地の輸送業者へバイクを引き渡します!
コーディネーター道祖神さんからの連絡では「午前中に引き取り」とのこと。
早めに朝食を済ませて待ちます。
I will handover my motorbike to the carrier of Chile today!
The coordinator told me that they will pick it up morning.
I finish to have breakfast and wait for it.


バイクは昨晩のうちに仕上げてあるので渡すだけ!
I'm done for setting up everything about motorbike, so I just handover it!

10時になった。
It's 10 o'clock.

南米は10時から開店の店が多いから、もう少ししたら来るでしょう!
Many shops open from 10 o'clock in South America, so they will come soon!

11時に。
It's 11 o'clock.

そろそろかな。
Maybe soon.

12時に。
It's 12 o'clock.

午前という約束は過ぎたね=。
まあ、南米だし。
It's already past morning as the appointment time...
Well, here is South America.


13時。
It's 13 o'clock

えー。
What...

14時。。
It's 14 o'clock.

おいおい。
事前に伝えられていた現地担当者へ電話をしてみる。
Hey hey...
I try to call the local person in charge told in advance.


誰も出ない・・。
Nobody answers...

15時。。。
It's 15 o'clock..

そんなことないと思いつつも念のため宿のフロントで、誰か私を訪ねて来てないかと聞くと、
ノー。
Just in case, I asked to a front clerk if someone visit me.
But answer is NO.


昼飯も食べずだったのと用事もあるので外出します。
I've not had lunch yet and have to do something, so I go out.

またまた居酒屋YOKOへ。
店員もおっさんもまた来たね!というカンジ。
I go to Izakaya YOKO again.
People from there seem like "you came here again!".


今日はラーメンと餃子。さてこの店のものはいかがでしょう?!
I ordered Ramen and dumplings. How are those in this restaurant?!

ラーメンが出て来る前に、
Before Ramen comes,

「これ七味です。」
a waiter brings and says "It's shichimi Japanese pepper."

と小皿を出してきた。
and also a small plate.

七味?ラーメンなら、コショウだよね、と思っていたところへラーメンが運ばれてきた。
Shichimi? If we have Ramen, it supposed to come black pepper I thought then Ramen came.

おー、旨そうじゃん!
Oh! Looks yummy!
1














箸で麺を掴んだ瞬間、七味の意味が分かってしまった。
When I catch noodles by chopsticks, I understood why he brought shichimi.

麺が、そば。ww
The noodle is Soba. lol

笑った。
I laughed.

でも、悪くない。結構旨い。
餃子もイイ感じ!
But it is not bad. It's good.
And dumplings good too!


宿に戻り、オーストラリア情報を収集していると、なんと!
I came back to the hotel, and I was gathering information of Australia. Then!

「オーストラリアはビザが必要」と書いてあるではないか!
I found out that I need visa to come into Australia!

なぬ=。
Oh...

今からでは三日後のフライトに間に合わないんじゃないのか?
Isn't it enough for a flight three days after from now?

焦りつつ、いろいろ調べると現在のオーストラリアのビザ取得は米国のESTAに習って?オンラインで出来るシステムもあるらしい。
I was searching  with impatience, then I found the system which I can apply visa by online same as ESTA for USA,

それなら、間に合うのか?!
Then maybe make it in time?!

不安いっぱいの中、サイトをアクセスしてみると日本語表記になっており発給手数料もオンライン決済が出来るとのこと。
I feel anxious and try to access to the web page, then there is Japanese translation and I can make payment by online for the charge.
24)













おおー、無事、完了〜。。
Oh! It's completed!

ほー。
I see...

でも、これで大丈夫なのかな。。
But it is ok??


<Mika Igisu for Tatsuya Yamada>

【チリ】サンチアゴ滞在4 [Chile] Santiago Part 4

嬉しいですね〜!!また新たにご寄付、頂きました!
I'm happy, you know!! I've received new donations!
masako

ここの処、ハンディのある方のお仕事を頂いております。引っ越しを前に、お部屋の隅から、招き猫の貯金箱が。それを私に!1093 円も。後から読むと3901・あら!この番号(笑)  貯金箱にまごころを添えて・・・・・・・
このチャレンジに1,100円寄付します!

masakoさん 2012-02-04 19:36:15

In this place, I am given work suitable for a person with a disability. Before moving into this place, the piggy bank in the corner of the room, in the shape of a beckoning cat, was smiling at me! It contained a whole 1093 Yen. Read back to front: 3901. Wow, what a number series. I here with donate the whole content of the piggy bank....
I donate towards this challenge 1'100 Yen!
Masako, 2012-02-04 19:36:15

私の願いに応えて下さって有り難うございます^^
皆様からの貴重なご貢献に深く感謝いたします!
Thank you for responding to my request!
I'm deeply grateful for the valuable contribution of each and everyone!

☆ジャストギビング山田達也のチャレンジ応援ページ:http://justgiving.jp/c/799

English http://justgiving.jp/pdf/justgiving-man.pdf?110318

********************************

【チリ】サンチアゴ滞在4

[Chile]  Santiago Part 4

2012年2月4日(土)
February 4th, 2012 (Saturday)

「明日、朝10時からだよ」
'Tomorrow, we'll start at 10am'

と昨日の夜行った時、代表のカルロスから言われたMotouringという店に行く。
I was told by the Carolus, the representative of the Motouring shop, when I went there yesterday evening. So that's where I'm going. 
 
外観からはまったくそこが店だということは判らない一般住宅を利用した場所だ。
From outside, you wouldn't know it is a business, but rather it looks like a normal house.

「撮影はノー」
Pictures: No!

と優しくも断られてしまったので紹介出来ないのが残念だが、中はかなりの設備が整っている。
 I'm told in a friendly but decided way, so I can unfortunately not introduce to to this place. Inside, however, there was a considerable amount of equipment accumulated. 
1

















ひっきりなしに地元のライダーが訪れ、かなり好評判の店だ。
The local bikers kept coming without interruption, so the place was fairly known an popular.
2

















おわ、なんじゃこのタンク!
ガソリンが透けて見えてるじゃん!
30ℓ入るんだって!
日本じゃ認可されないだろうな。
Wow, that tank! What's that?!
It's transparent, so it's possible to the petrol in the tank!
And apparently it has a capacity of up to 30 litres.
My guess would be that it hasn't been approved for use in Japan ….

サンチアゴのディーラーでは、溶接しても無理だから新品に買い替えろだの言われたがここでは、トップケースステーもこの通り!
At the bike dealer in Santiago I've been told that there would be impossible to weld and fix the top case rack, and I should buy a new one. But after giving it to this place, that's the way it looks!
3

















見事に溶接してくれました。
4カ所がほぼ完全に断裂しており、下からの支柱付近のプレートは山なりに湾曲していました。
They were miraculously able to weld and fix it.
As it was nearly broken in four different places, they bended the close by plate upwards from underneath.

そしてツアラテックサンチアゴでも修復不可能、と言い切られたふっとんでしまった鍵部分も見事に直してくれた!
And even the lock, that I was told at Touring Santiago was impossible to repair, got miraculously repaired.
4

















おおー、GOD HAND!!
ほぼ半日かかって直してくれて工賃は約3000円!
有り難や〜。
Ohhh, the hand of God!!
And for roughly half a day's work to repair all this, I was only charged 3000 Yen.
Thank you so much!

カルロスと。
With Carolus.
5


















Motouringのステッカーです!
And the Motouring sticker!
5−1


















そして、この店に来た客の一人が、

「日本人か?」

と日本語で声をかけてくれたのはホルヘ。
And then I'm out of the blue asked by one of the customers 'Are you Japanese?', in Japanese. His name is Jorge. 

日本語はそこまでだったが英語が上手なので会話が出来た。
サンチアゴの三菱グループ企業に勤める方で、日本にも4−5回来たことがあるそう。
That's however how far his Japanese went, but his English was rather good, so we were able to have a conversation.
Apparently he's working for the Mitsubishi group, and as even come 4 or 5 times to Japan. 

お互いの作業が終わった時、ホルヘから、

「もしこの後時間が許すなら一緒に食事をしないか?家族と食事会なんだ」
And as we each were done with our bike business, Jorge asked: 'If you happen to have time hereafter, may I invite you for a meal? Together with my family.

なんと嬉しいお誘い。
What a happy invitation.

ホルヘのマンション(現地ではアパートという)に行く。
So we go to Jorge's condominium (here they call it at apartment).

やっぱりエリートだ。
とっても素敵なところに住んでいて、地下の駐車場に停めた時、ホルヘのもう一台のバイク、ヤマハFJR1300が置いてある。
Well of course, one of the better off.
He lives in an absolutely beautiful place. And as we stop in the underground parking lot, there is Jorge's second bike parked, a Yamaha FJR1300.

左からホルヘ、一緒に住んでいる彼女のダニエラ、ダニのお父さんのフランシス。
ちなみに、ダニは女医さん!
美人で才女!
From the left: Jorge, his girl friend Daniela with whom he lives, and Dan0s father Francis.
By the way, Dani is a medical doctor.
A beautiful and intelligent woman!
6

















ダニ手作りの食事を頂きながら、とっても楽しく会話が出来ました!
初対面なのに、とってもよくして頂いて、改めてバイク乗りの信頼関係に驚きます。
言葉、習慣、人種、を越えて。
And while eating Dani's self-cooked meal, we had a very interesting and entertaining conversation!
Even though we had only just met, I was made to feel welcome, and I was surprised by the mutual trust among bikers.
It turns words irrelevant, and overcomes the barriers of traditions and race.

これこれ、と言って奨めてくれたのは「SAKE」
SAKE. The one I was encouraged to choose.
6−2

















山田錦?だか、なんとかという名前の日本酒でした。
この旅、初の日本酒をまさかサンチアゴで飲むとは!
Was it Yamada Nishiki? Well, something or other Japanese Sake.
The first time I get to drink Sake on this journey, and it had to be Santiago!

夕方になったので、ホテルへ帰ろうとするとわざわざ近くまで送ってくれた。
なんて優しいんだ。
And then in the evening when I decided to return to the hotel, I was accompanied still right next to it.
Goes without saying that I'm rather happy about this.
7

















そして、私の旅の活動に感激してくれ、子供インタビューの協力を申し出てくれた。
ホルヘの友人に学校の先生が居て、私の希望する子供を捜してくれることになった。
And in addition, they were also impressed by this journey's primary objective, and he offered me to help me with my Kid's interview.
A friend of Jorge is a school teacher, and so it was agreed that he would search for a kid to do the interview with. 

なので私のサンチアゴ滞在中にまた会えることでしょう。
何から何まで有難う、ホルヘ!
Hence, we will probably be able to see each other again while I'm still in Santiago.
Jorge – thank you very much for all your help and hospitality. 

宿に戻ると明日のバイクの引き渡しのための準備をします。
Back at the hotel, I start preparing tomorrow's handover of my bike. 
7−2

















無事、飛行機に乗って順調にシドニー届きますように!
May it be loaded onto the plane, and land in Sidney, without any problems!

こちらの習慣で夕食は今日も21時頃になります。
健康によくないなー。
再び「IZAKAYA YOKO」へ。
I ate dinner at 9pm, pretty much adapted to the local custom.
Can't be health...
Once again, it's “Izakaya Yoko”.

今日は・・
8

















すき焼き!!
I'll order Sukiyaki!!

いやー、失敗した。
料理は失敗じゃなくて旨かったですよ。
失敗したのは食べ方。
一緒に生卵が出されているのに、熱い鍋の中からそのまま口に入れたらやけどしそうにww
Oops, that was a mistake.
Not the food itself was a mistake, it was rather good in fact.
The failure was in how it was eaten.
The Sukiyaki came together with a raw egg, which I poured into the hot pot and then started eating it all just like that … and burned my mouth. 
 
すき焼きの食べ方を忘れたほど、日本を離れているってことなのかな。
Have I been so long away from Japan, that I even managed to forget how Sukiyaki is properly eaten?!
 
Translation: Pamela Ravasio

【チリ】サンチアゴ滞在3

セカンドハーベストジャパンさんから応援メッセージ頂きました!

山田さん、南米大陸縦断おめでとうございます!!!4大陸完走ですね!!サンチアゴの滞在で体を休めて下さい。オーストラリア大陸の報告も楽しみにしています!

セカンドハーベスト・ジャパンさん  2012-02-02 23:29:50 

有り難うございます!
私にとっては、私の活動を応援して下さる皆様が主役です。
さらなる貢献の輪が広がるためにどうしたらよいかを日々、考えています。

☆ジャストギビング山田達也のチャレンジ応援ページ:http://justgiving.jp/c/799
English http://justgiving.jp/pdf/justgiving-man.pdf?110318

********************************

【チリ】サンチアゴ滞在3

[Chile] Santiago Visit #3

2012年2月3日(金)
Friday, February 3nd, 2012

午前中に事務作業が一区切りついたので初めて観光目的で街に出てみます。
まずは中央市場へ。
I was able to finish most of the desk work in the morning.  I headed to the town to sightsee for the first time.  I decided to go to the central market first.
IMGP0571














流石、チリ!新鮮な魚介類の豊富さに目を奪われます。
何見ても、旨そうなんです!
This is Chile!!  My eyes were captured by all the fresh, abundant seafood.
Everything looked good!

中央市場の中央に、レストラン街があり大盛況です。
There were restaurants in the center of the market.  They were doing a flourishing business.
IMGP0574














ガイドブックや旅行者のブログどおり、「ウニ、ウニ」と日本人に声をかける人が沢山います。
Just like the guide book and traveler’s blog said, there were many people who called for Japanese customers saying “a sea urchin, a sea urchin”.

実はそれを待ってました!
一説では、ウニは冬場だから、夏のサンチアゴには中央市場にいってもないかも・・と聞いていましたが、まったく問題なくありつけました!
To tell the truth, I was waiting for that!
I was told that I might not able to get a sea urchin in summer even in the central market because a sea urchin is in winter season.  However, I did not have a problem to getting it!

じゃーん!!
Ta Da!!
IMGP0579














「うに丼」が喰えると思っていたのは大間違い。
そりゃ、そうだ。和食屋じゃないからね。
ボウルに目一杯盛ってあるウニとパン。
ちなみに写真右上はご飯でなくタマネギと香料葉っぱです。
I was expecting a sea urchin on top of rice, but I was wrong.
That’s right.  This is not a Japanese restraint.
The bowl was filled with sea urchins and bread.
By the way, the thing on the top right corner in the picture is onions and spices.  They are not rice.

呼び込みのセニョールが「キッコーマン、ワサビ」とも言ってた。
Senior, the barker, was also saying “Kikkoman Soy source and wasabi” earlier.
IMGP0580
























本当にこれも自動的に出て来た。
The soy source and wasabi came out automatically.

やっぱ、ウニはこれが一番あう。

They are the best mach with sea urchins.

究極ご飯が欲しくなった!!!
I craved for rice a lot!!

ウニ、季節外れだけど、旨かったっす☆
Even if a sea urchin is out of season now, it was yummy ^_^

街の中心地は地元、観光客で犇めいています。
It was full of local travelers in the center of the town.
IMGP0584

















アルマス広場に面した、カテドラル。
There was a cathedral facing Plaza de Armas.
IMGP0585














この旅を通じて、教会、モスク好きになった。
カテドラルは必ず入っておきたい場所だ。
I became attracted to the beauty of the churches and mosques through this journey.
A cathedral is the place I must see inside.

ここはまさに、荘厳という印象。
It was really majestic.
IMGP0587





























かつ極めて洗練されていて、博物館のような教会です。
It was extremely refined, and I felt like that I was in a museum.
IMGP0588

















広場の噴水では子供が水遊び。
There were children playing at the water fountain at the open space.
IMGP0600
















30℃をゆうに越えています。

The temperature was way above 30℃.

南米でたまに見かける馬に乗って警備するポリス。
I sometimes see police men on horses in South America.
IMGP0604

















クーデターの舞台となったモネダ宮殿。
This is Palacio de La Moneda where a coup detats occurred.
IMGP0609














社会主義を貫くために軍国主義に攻められながら戦ったアジェンデ党首は最後まで銃を持ち、空爆で炎上したこの宮殿の中で「降伏しない!」と叫びながら自害したという。
なんというカッコ良さか。
Allende, the 29th president of Chile, was a member of the Socialist Party, and didn’t surrender until the last attack of militarists.  He carried a gun, and killed himself while shouting “I’m not going to surrender!”while his palace burned down because of an air raid. 
How cool is that.

中庭を見たかったが、厳重な警備に阻まれ入れてもらえず。
I wanted to see inside of Palacio de La Moneda, but couldn’t get in because of high security.

夕方になったのでウキウキしながらディーラーへ。
In the evening, I was excited to go to the dealer shop.

バイクは洗車場に行っているのでもうちょっと待ってと言われる。
外されて床に置かれた私のパニアケースが目に入った。
I was told to wait a minute because my bike was in the car wash.
I noticed my luggage case on the floor that it was taken away from my bike.

見ると、
I looked closely.

ボコボコに凹んだまま・・。

It was still in bad shape with a lot of dents…

それどころか修理を依頼しておいた、損傷した鍵の部分も何も施されていない。

On top of that, the damaged lock area that I asked to fix it was still broken.

私のバイクが戻って来た。
確認するとステーの溶接、ハンドルの位置の修正もされてない。
My bike came back from car wash.
The welding job of the stay and handlebars, nothing have not been completed.  

「出来なかったよ」
“We couldn’t do it

いやー、さっぱり言うね=。(苦笑)
They said it straight… (^^;)

ここは諦めて他のバイク屋を探そう。
I decided to not to argue, but look for another shop.

このディーラーで清算を終えて店から出ると、
I left the shop after taking care of the bill.

がーん。。
Oh no…

また、ハンドルが酷く、振れる!
The handlebars started shaking badly again!

すぐに店に戻る。
I went back to the shop.

「フロントホイールのリムが相当痛んでいるんだよ」
They said, “The rim of the front wheel is really bad”.

ということで別の車両のホイールをテストすると確かにブレがかなり収まる。

They tested with another wheel to show me the difference.

しかし、今までこのホイールでもブレが見事に止まるように作業をしてくれたメカがいるからそれを願うがラチがあかなかった。
However, I know the mechanic who can fix the bent wheel without changing.  But I couldn’t expect that from them.

明日、別のバイク屋へ行くことになりました。
I decided to go to another shop tomorrow.

このままの状態でオーストラリアの長距離&ハイスピード移動は辛そう。
It will be hard to challenge Australia’s long and high speed open travel area in this condition.

どこまで良い状態にもっていけるのか、かなり心配です。
I’m very worried how far I can bring my bike in this condition.
 
Translated by Maki & Jim Trolio


【チリ】サンチアゴ滞在2 [Chile] Santiago Visit #2

またまた新たに私への応援としてセカンドハーベストへのご寄付を頂きました!
有り難うございます!
皆様からのメッセージによって私自身、大きな気付きを頂いています!

☆ジャストギビング山田達也のチャレンジ応援ページ:http://justgiving.jp/c/799
English http://justgiving.jp/pdf/justgiving-man.pdf?110318

********************************

【チリ】サンチアゴ滞在2

[Chile] Santiago Visit #2

2012年2月2日(木) 
Thursday, February 2nd, 2012

DHLの担当者へ荷物が届かない旨のメールを送っておいたら返事がきた。
I sent an email to DHL and asked why I hadn’t had received my package yet.  I received the reply.

「今日も一日待つように」ww
The replay was “please wait one more day”.  Wwww

夕方、やっと荷物が届いた!
とりあえずほっとします。
I finally received the package in the evening!
I felt relieved.


その間に今日も事務作業。
今日は日本の家族とスカイプしたり、あとはオーストラリアの情報を集めたり。
オーストラリアでは新たな挑戦の一環としてキャンプ生活をする予定なのですが移動スケジュールがかなりタイトなのに加え、南部以外は雨季だったりで今から少々緊張です。
I took care of some desk work today.
I talked with my family using Skype, and received information about Australia.
As part of my new challenge, I am planning to camp in Australia.  I started getting nervous already because the schedule will be very tight, and it will be a raining season except the south.

ちゃんと3月末にシドニーに戻ってこれるのかな。
I hope that I will be able to come back to Sydney by end of March….
写真 2














逆に日本へ送る荷物をまとめたり、その中の作業として撮影データをSDカードへ移す作業に結構時間がかかる。
I started gathering things that I need to ship it to Japan.  It took long to transfer photo data into SD card.

写真 4














転倒で壊れたカメラの修復を試みるが途中まではイイ線いくが、それ以上は専用工具がなく、Give up..
I tried to fix my camera; it was broken from falling with the bike.  It was almost fixed, but I had to give up because I didn’t have a special tool.

ランチをとってなかったので腹ぺこで夕食へ出かけます。
I decided to go out to get something to eat.  I missed lunch today, I was starving.

サンチアゴの街はとても気候がよくさわやかです。
宿の近くにチリ大学があり夕食用?の弁当を路上で売っているものが寿司パックだったのには驚いた。
ああ、撮影すれば良かった。
チリは海岸が長く伸びる海鮮国だけあり、SUSHIは地元の人にすでに慣れ親しんだ食事のよう。
It was very nice day in the town of Santiago.  The nice weather made me feel refreshed.
I was surprised by the bento that it was sold on the street.  It was a Sushi package.  I think these bento’s are for the college students dinner because the Chile University in close by.
I should have taken a picture.
Sushi seems like it is distributed well among local people in Chile since it’s a country full of seafood.


今日は、「IZAKAYA YOKO」という和食屋へいきます。
YOKOさんがいるかと思ったら、おっさんがやっていました。
I headed to Japanese restaurant “Izakaya Yoko”.
I was expecting to see Yoko-san, but the owner was Ossan (a middle aged man).

私の大好物のひとつ、牛丼を注文!
I ordered one of my favorites, Gyu Don (beef on top of rice)!

おおっ!これ、旨いじゃないか!! 
肉、ご飯、みそ汁、全てヨシッ!
やるな、おっさん!
Oh! It was delicious!!
Meat, rice, and Miso soup!  Everything was good!
Good job, Ossan!


明日はバイクを引き取れる日だ。
ちゃんと修理が完了していることを祈る。
I will be able to pick up my bike tomorrow.
I hope that my bike is completely fixed and ready for me.
 
Translated by Maki & Jim Trolio

【チリ】サンチアゴ滞在1 [Chile] Santiago (Part 1)

新たにご貢献のご連絡を頂きました!
I've received further communications about donations!
maririn

心ばかりの山田達也さんへの支援です。ご無事にゴールされますように!!
このチャレンジに12,000円寄付します!

maririnさん 2012-02-01 15:32:13

This is to support all compassionate Yamada-san. May you safely reach your goal!!
I support this challenge with 12'000 Yen.
Marin, 2012-02-01 15:32:13


お一人、お一人からの貴重なご支援に感動しきりです。
実は次のオーストラリア大陸でも難題が待ち受けていそうですが頑張って乗り切ります!
I'm deeply moved and grateful by the support I receive by each and everyone.
I'm sure that also in Australia there will probably be challenges waiting for me,
but I will no doubt do my best and drive through right to the end.

☆ジャストギビング山田達也のチャレンジ応援ページ:http://justgiving.jp/c/799
English http://justgiving.jp/pdf/justgiving-man.pdf?110318

********************************

【チリ】サンチアゴ滞在1

[Chile] Santiago (Part 1)

2012年2月1日(水)
February 1st, 2012 (Wednesday)

目覚ましをかけずに寝て、起床したのが8:00。

こんなにゆっくりしたのはいつぶりだろう?
カナダのバンクーバー以来かな。
Without setting the alarm clock, I awoke at 8am. 
When was the last time I was able to take it as easy as this?
Must have been roughly in Vancouver, Canada.


今日は、ホテルに缶詰になるムードです。
というのは、昨日、バイク屋へ行く前にDHLに行き、日本から届く予定の荷物を確認しにいくと「明日ホテルに届けるが、時間は10時〜18時の間。ずっと待機してて下さい」というので待ってないとならない。ww
Today I feel like shutting myself up in the hotel.
Or rather: When I went yesterday to DHL checking on delivery schedule of the parcel that is supposed to arrive from Japan, they said “It is scheduled to be delivered tomorrow to the hotel, any time between 10am and 6pm. Please be in the hotel during those hours.”
So there is no other option that to just wait.

ただ、滞在先のHOTEL NIPPONはスタッフの感じが大変良く、居心地がいい。
This said, the people at the place I'm staying, the Hotel Nippon, are really nice, so does actually feel nice.

1
























スタッフに日本人はおらず、特に日本人宿ということはありません。
The staff does not consist of Japanese only, hence it's not a place that is specifically geared towards Japanese. 
 
待てど、暮らせど、結局18時を過ぎてもDHLは現れませんでした。
Between waiting and surviving, the clock finally passed the 6pm threshold without that DHL would have appeared.

ただ、たまったメールの返信や、各方面との連絡、その他事務作業をこなすのに有意義な一日となりました。
何より、しっかり休息を取れたことが良かったです。
It was nevertheless a well spent day, I was able finally able to answer email, get into contact with people in all different geographies etc.
And what's more, I was able to relax a bit, and take a deep breath from travelling.

夕食はまた金太郎へ。
日本食屋と言えどもシエスタ文化のある国ではレストランのオープンは20:00なのでその時間を待って行きます。
For dinner, I'm invited at Kintarou.
And even though it is a Japanese restaurant, in a country like this with a Siesta culture, it didn't open till 8pm.
So I went to queue up for that time. 

今日はカツ丼を注文。
Today I ordered Katsudon.

いやー、旨い。・・旨い!
流石、南米、アサード的なステーキ肉を使っていて最高です☆
God, was that good!
It was made up of meat that was cleverly adapted from the South American Asado style of grilling meat, and tasted absolutely supreme.


気が着くと現金があと700円くらいになっていたので宿の近くのATMへ。
ここでは英語表記に変換出来る機械だったのでやっと下ろせました。
ほっ。
Then I noticed that after paying the bill, I was only left with the equivalent of 700 Yen, and hence went straight to the ATM located close to the hotel.
I was told that at this ATM one could change the display to English, and indeed I was able to withdraw money.
Well done!


ガイドブックによると、このサンチアゴの街は革命的な歴史が繰り返されて今に至っていると記されている。
The guide books says that the streets of Santiago are filled with the accounts of revolutions of the past, which are noticeable right up until the present. 

観光したい気分がふつふつと湧いてきた。
And bit by bit I feel like doing some site seeing.
 
Translation: Pamela Ravasio

【チリ】チャン〜サンチアゴの旅 [Chile] Chillian ~ Santiago

ついに南米のゴール地、サンチアゴへ到着いたしました!
お祝いのように新たなご寄付のメッセージを頂きました。
Finally I made my goal in South America, Santiago!
I got a message and donation as if it is a celebration.

伊藤まちゃ

南アメリカ大陸縦断おめでとうございます!
いよいよ残り60日となりましたね。
これからもお気をつけてオーストラリア大陸を走破してください。
このチャレンジに1,000円寄付します!

伊藤まちゃさん 2012-02-01 09:31:03

Congratulations on transcontinental trip in South America!
You have only 60 days left to the end of the trip.
Please be safe and run through Australian continent.
I donated 1000 yen to this challenge! Ito machiya 2012-02-01 09:31:03 


はい!私の旅もあとちょうど二ヶ月となりました。
こちらでの皆様からの応援は、さらに充実した旅にするための原動力になっています。
I will! There will be just 2 months left on my trip.
Your support here drives me to have even better trip.


☆ジャストギビング山田達也のチャレンジ応援ページ:http://justgiving.jp/c/799
Just Giving Tatsuya Yamada's Challenge support page: http://justgiving.jp/c/799
English http://justgiving.jp/pdf/justgiving-man.pdf?110318

********************************

【チリ】チャン〜サンチアゴの旅

[Chile] Chillian ~ Santiago

2012年1月31日(火)

January 31st, Tuesday, 2012

走行距離:416キロ

出発時間:8:20

到着時間:12:30

天候:晴れ 

気温:28℃ 
Travel Distance: 416km
Departure: 820am
Arrival: 1230pm
Weather: Clear
Temperature: 28c



チャンの町を出るとき、昨日のガソリンスタンドのことを思い出した。
When I was leaving Chillian, I remembered this incident at the gas station yesterday.

給油中、男の子が近付いてくる。
くったくのない笑みを浮かべながら、バイクをそーっと触ってくる。
This boy came to me at gas pump.
He was touching my motorcycle with a smile on his face.


「クワント アニョス ティエネス?」 年齢を聞いてみた。
"How old are you?"

「オチョ(8歳)」
"Eight"

「コモ テ ジャモ?」 名前も。
"What's your name?"

「アントニオ!」
"Antonio"

その後、スタンドのセニョールは私のバイクに貼付けてある地図をアントニオに見せながら、私が世界を一周していることを説明し、このあとオーストラリアへ渡ってから日本へ帰ることを教えた。
After that, this gentleman at the gas station was showing the map on my motorcycle to Antonio, and explained that I am making a world touring on my motorcycle and I am going to Australia after this, then going back to Japan.

スタンドを後にする時、アントニオに手を差し伸べると、返してくる私を握る手にはとても力がこもっていた。目をキラキラさせながら。
When I was leaving the gas station, I tried to shake hands with Antonio. His grip was strong and his eyes were sparkling.

私はその昔、夢のような生活をしている人、活動をしている人のことを、本で読んだり
TVなどで見るだけでなく、直接触れ合うことで、根強く自分の心に残ったことを思い出した。
I remembered myself fascinated by those incredible people who were living dream life. I read books about them and watched TV shows about them. But also meeting with them made my memory stay in my heart deeply.

憧れる未来の自分を目指す原動力には夢が必要だ。
You need to have a dream to drive yourself going after fascinating YOU in the future.

今日のこうした触れあいで、少しでもあの子へ夢の提供が出来たならとても嬉しく思う。
Through our communication today, I would be glad if I did help Antonio have his dream even a little.

サンチアゴへ一気に向かいます!
I am headed all the way to Santiago!
1














今日は朝から天気がよくて最高!
気が付くと、風がない。
昨日のオソルノ〜チャンの移動では洪水になりそうな大雨だっため気が付かなかったが、すでに南緯40°線を越え、パタゴニア地方は終わっていた。
It has been a great day since the weather is nice!
I noticed that there is no wind blowing here.
Yesterday we had so much rain that almost caused flood, so I didn't realize it, but I went over South latitude 40 degrees, and I am through Patagonia region.


あの風はなんだったのかと思うような普通の走行風を新鮮に感じる。
燃費もすこぶる良くなった。
What was that deadly wind about? Over here it's fresh to feel the ordinal wind on the road.
Gas mileage improved so much also without the deadly wind.


標識がサンチアゴへ近付く気分を盛り立てる。
The sign to Santiago motivates me to be closer.
2

















チリの首都の高層ビル群が見えてきた!
I see tall buildings in the capital city in Chile!
3














道路も三車線になり交通量も増える。
There are 3 lanes and is much more traffic.

いよいよ、サンチャゴに着くんだ!
I am arriving in Santiago finally!

南米に入った日のことを考える。
去年の11月の中旬、
一抹の不安を抱えながらパナマシティからボゴタ(コロンビア)へ入った。
I remembered the day when I got in to South America.
It was in the middle of November, and with some concerns I was entering Bogota(Columbia) from Panama City.

中米で起きたマシントラブルを直してくれたディーラーやメカニック達、
子供インタビューを手伝ってくれた、今泉さん、森田さん、オスカル、ジョシュア。
ウユニであった塚田ご夫妻。
リマで見ず知らずの私に寄付金を渡してくれたギボさんはお元気だろうか。
この南米でも数えきれないほどの親切に肖った。
I thought about the car dealer and mechanics In Central America who fixed the mechanical problems, and Imaizumi-san, Oscal, Joshua who helped me with the interviews, and Mr.and Mrs. Tsukada that I met in Uyuni.
I also wonder how Mr. Gibs is doing who didn't even know me but still gave me donations in Lima.
I was blessed with many kind people in South America also.

世界中から集まったように思えた旅人ライダー達も今頃それぞれの道を駆けていることだろう。
The riders from all over the world are probably on their way right now.


高速道路を降りたところでガッツポーーーーーーーズ!!!!
At the exit on Highway. This is my victory pose!!!!
4














やった、やった! ついに南米のゴールだ!!
Whoo hoo! Finally I made the goal in South America!!

まずは一週間滞在する宿、「Hotel Nippon」へ行き、食堂でランチをとって荷物を下ろしたらBMWのディーラーへ向かう。
I went to "Hotel Nippon" to stay for a week, then went to lunch. After unloading, I went to BMW dealer shop.

この街の自動車屋の多くを牛耳るような巨大企業の一部門に、バイクのサービス工場があった。
In this town, there is a big car company that is dominating car business. They had a motorcycle service division.
5














街の新興高級エリアの一角にバイク屋街がある。
アルゼンチン含めチリは、BMに限らず、大型バイク乗りは周囲からとてもリスペクトされる。
こちらでは上流階級者達の乗り物だからだろうか。
Motorcycle shops are located in a high-end neighborhood.
Including Argentina, in Chile not only BMW riders but also big motorcycle riders are more likely to be respected.
I wonder if that is because motorcycles are mostly for wealthy people here.


この店のパーキングにバイクを停めた瞬間、究極の安堵感が身体中に広がった。
ヒーロー号がここまで頑張って耐えてくれた。
I felt big relief as soon as I parked my motorcycle in the shop parking lot.
This "Hero" tried very hard to get us this far.


オーストラリアへバイクを空輸するため、業者への引き渡しが2月5日(日)のAMに決まった。
I am sending my motorcycle to Australia by air, so I am going to hand it over to a contractor in the morning on 2/5 Sunday.

なので、ここでメンテナンスのためにバイクを今日預け、念のため木曜日の夕方には受け取りたい。
That's why I brought the motorcycle here for maintenance today, and I want to get it back by Thursday just in case.

対応してくれる英語を話すクライディオに私の依頼を伝える。
I told my request to Claudio who is taking care of my motorcycle, also speaks English.

【整備内容】
9万キロ点検、タイヤ交換、各破損部修理・必要に応じて部品交換、パニアケース形状修正、ステー亀裂部の溶接、ヘッドパイプベアリングの交換、Fホイールベアリング交換、オーバーヒート対策・・等々。
[Maintenance orders]
90,000km check up, changing tires, fixing broken parts, replacing necessary parts, modifying pania case, welding crack on stay, replacing head pipe bearing, replacing front wheel bearing, improving overheat prevention, and etc.

「明後日までなんて、無理! 項目が大杉!!ww」 クライディオが叫ぶ。
"It's impossible to do all that in 2 days! Too many orders!" Claudio screamed!

あー、そうだね、そうだね。
わかったよ、じゃあ、金曜日ね。
作業を完璧に進めてくれれば問題ない、というかドンピシャで、土曜日はチェックの走行が出来る。
"I understand. How about by Friday?"
It should be no problem if he can fix all of them perfectly, then I can still have a test drive on Saturday.


頑張って今日までにサンチャゴへ辿り着いて良かった。
I am glad that I tried hard to come to Santiago by today.

タクシーで宿へ戻り、楽しみにしていた宿の至近の和食レストラン「ハポン」へ行く。
ハポンへ毎日通えるように、この宿を選んでだのだ。
I went back to hotel by taxi, and headed to a close Japanese restaurant "Japon." that I was looking forward to
I chose this hotel to go to the restaurant everyday!


は?!
WHAT??
6














「2月20日まで休業」
OMG!!!! (オーマイガッ!)
"We are closed until 2/20"
OMG!!!!


観光名所よりも何よりも、サンチャゴでの一番の楽しみだったのに=!(泣)
I was looking forward to it more than sightseeing here in Santiago. How disappointing!  :(

ガイドブックを確認すると、2キロ離れているところに和食「金太郎」がある。
バイクがないけど少々遠くても、日本食のためなら歩きます。
I looked for other Japanese restaurants. There is one called "Kintaro" about 2km away from here.
Although I have to walk since I have no vehicle now, I will for some Japanese food!


特に今日は南米の打ち上げだからね!
Today is a special day! I want to celebrate my achievement in  South America!

一人だけどビールを注文!
I was alone but I ordered a beer!
7





























4大陸目完走の一人乾杯じゃ!
I am toasting to myself for completion of 4 continent journey!

とっても美味しそうなメニューが並んでいるが、やっぱり私の定番中の定番はこれ。
Everything looks good on the menu but my favorite ones are these.
8















ラーメンと餃子。
Ramen noodles and Gyoza.

餃子は旨い!
ラーメンは・・、やっぱり難しいのかなあ。
Gyoza here is good!
But ramen noodles are not so...it maybe difficult to cook authentic ramen noodles.


9

























手のひらがマメだらけになった。
指は毎日マッサージしないと動きが悪くなるほどこわばりがある。
I have many bumps on my palms from blisters.
My fingers are as stiff as I need to massage them daily.


それほど、終盤のパタゴニアの風はハンドルを持つ手に力を入れさせた。
That's how hard the Patagonia wind was. It made me grab the handle so hard.

腰も限界になりかけてきている。
転倒と連続走行の影響だ。
My back is about to be done from falls and continuous ride.

5大陸、10万キロの旅を15ヶ月でやり遂げると決めたのだから仕方ない。
But I don't want to complain because I have decided to finish this 5 continents, 100,000km journey within 15 months.

このサンチアゴを発つのは2月8日(水)23:20 QF322便。
2月10日(金)早朝にシドニーに到着。
I am leaving Santiago on flight QF322 at 1120pm on 2/8 Wednesday.
I am arriving in Sydney in the early morning on 2/10 Friday.


サンチアゴ一週間の滞在で旅の完遂へ向けての準備を行います。
During the stay in Santiago for a week, I am going to prepare for the final part of my journey.

南米最後の子供インタビュー、チリ編をどこで行うかもとても楽しみです^^
Also I am excited about where to do the interview in Chile, the last place in South America. :)


Translated by Ikue Boucher



【チリ】オソルノ〜チャンの旅 [Chile] Osorno - Chillan Trip

セカンドハーベストジャパンは、食品会社、店舗、個人から提供された安全な食品を集め、食に困る家庭や地域へ日夜、運搬しています。
私達からの寄付金1000円を経費に充てることで、受益者に1万円分の食品が配当されるという極めて素晴らしいシステムを確立しています。
セカンドハーベストHP: http://www.2hj.org/
Second Harvest Japan collects the safe food offered by the food companies, stores, and individual, and is carrying them constantly to homes and communities troubled by food.
It has established the very wonderful system that the food worth 10,000 yen is paid by the beneficiary by appropriating the donation of 1000 yen from us for cost.

Second Harvest HP: http://www.2hj.org/

私への応援を是非、ジャストギビングを通じてセカンドハーベストへご貢献をお願いいたします。
Please make a contribution to Second Harvest as giving aid to me.

今までにご寄付して頂いた皆様を紹介しています。
I will introduce people who have donate until now.
伊藤まちゃ

毎日がすばらしい異文化体験ですね!
今後もお気をつけて~
このチャレンジに1,000円寄付します!

伊藤まちゃさん 2011-06-03 09:49:21

ちんちゃん

山田さん、着実に行動してる山田さんはやっぱりすごい!
刺激されます。お体気をつけてくださいね。

このチャレンジに2,000円寄付します!

ちんちゃんさん 2011-05-31 23:01:34

ごめ

山田師匠

もう、ギリシア。もう少しで、オリエントですね。
安心して拝見出来た欧州→アジアへ。
旅の安全と、師匠の腰が悪化しないことを願い♪

来年のTEトリップはベルサイユ貸切だそうです。
このチャレンジに1,000円寄付します!

ごめさん 2011-05-26 06:01:51

Every day is wonderful cultural experience! Please take care.
I will donate 1000JPY for this challenge!伊藤まちゃさん 2011-06-03 09:49:21

You are great that you take actions steadily! I'm inspired by you. Please take care of yourself.
I will donate 2000JPY for this challenge!ちんちゃんさん 2011-05-31 23:01:34

You've already been in Greek. You will be in orient soon.I've seen your journey in Europe in peace and you will go to Asia. Wish your safe trip and not getting worth your back.
Next TE trip will be reserved Versailles.
I will donate 1000JPY for this challenge!ごめさん 2011-05-26 06:01:51


☆ジャストギビング山田達也のチャレンジ応援ページ:http://justgiving.jp/c/799

English http://justgiving.jp/pdf/justgiving-man.pdf?110318

********************************

【チリ】オソルノ〜チャンの旅

[Chile] Osorno - Chillan Trip

2012年1月30日(月)

Monday, 30th January, 2012

走行距離:530キロ

出発時間:9:40

到着時間:17:20

天候:雨のち晴れ

気温:15ー28℃
Distance: 530 km
Starting time: 9:40
Arrival time: 17:20
Weather: Rain then fair
Temperature: 15-28℃


朝から大雨です!
全然気にならないよ=!っと強がりながら出発します。
It is heavy raining from the morning!
I say I don't care at all like trying to act strong and start today.


流石、先進国チリ。
It is advanced nation, Chile.IMGP0543















サンチャゴまで続く高速道路は立派です。
The high way which is road to Santiago is nice.

だけど、定期的に料金所があり、バイクは6ペソ(100円)ほど回収されます。
今日だけで5回くらい払ったか?!
But there is a tollgate periodically and motorbikes are collected like 6 pesos (100 yen).
I paid about 5 times only today?!


オソルノから北上すること300キロ以上走るが一向に天候は回復しない、どころか途中、バケツをひっくり返したような豪雨もたまに。
Although I go up to north over 300 km from Osorno, the weather is not recovered at all. And far from it, sometimes it is intense rainfall.
IMGP0544
















走行する他の車両も視界不良で怖いため、皆ハザードを点滅させて進行します。
Since other vehicles do not have high visibility either, they go on by blinking a hazard.

ちなみにチリを走る車は日本に近いくらい良い車が多いです。
ボロボロの車を見る事は少なくなりました。
There are many as good cars as the car which runs in Chile is close to Japan.
Opportunities decreased that I see dilapidated cars.


もちろんガソリンの心配もありません。
定期的に設備が立派なサービスエリアが点在します。
Of course I don't need about gas either.
It is periodically scattered about service areas where equipment is splendid.


チャンChillanという町に到着。
ようやく天候も一時回復。気温も上がってきた。
I arrived at Chillan.
It lifted and recovered the weather. And the temperature is getting high also.

IMGP0546













何があるというわけでもありませんが、オソルノとサンチアゴの中間地点だったのでこの町で泊まることにします。
Although there is nothing special here, here is the middle place between Osorno and Santiago, so I decided to stay this town.

町に入ったところで給油し、親切で楽しいスタンドのセニョールに宿を聞く。
教えてもらったホテルに行くと、満室。
そのホテルで教えてもらったホテルに行くと、さらに満室だと。
そこでもホテル情報を教えてもらおうと聞くと、この町にももうホテルはないので教えてられるところはないと。
I filled gas when I enter the town, and I asked one lady who is fun and kind at the gas station about a hotel.
I went to the hotel which the lady told me but there were no rooms.
And I went to another hotel which the hotel person told me but it was full too.
And I asked the hotel person about other hotels in this town but she said there is no more hotel in this town.


え、マジ?
What? Really?

そう困っているところにマネージャーらしき中年の女性が現れ、
「あの部屋をだせばいいじゃないの」と言ってくれるとシングルルームを出てきた。
なんだ、あるじゃん。
ということで、おばちゃまに助けられた。
I was badly-off for a room then the middle age lady who is like a manager came and said "why don't you give that room for him?", and I could have a single room.
Oh, here it is.
She helped me.


いよいよ、明日は南米大陸のゴール地、サンチアゴです。
もう、今日の走行中から感動が始まっています。
Finally I will go to Santiago where is the goal of South America.
The impression has already started in my heart since today's ride.


明日、いろんな想いが爆発するんだろうな。 
Lots of feelings will come out from me tomorrow.


<Mika Igisu for Tatsuya Yamada>

サンカルロス デ バリローチェ(アルゼンチン)〜オソルノ(チリ)の旅

いやー、なんと!
parhelia

ご連絡が遅れて申し訳ありません ウユニでご一緒した塚田です。 
順調?wに旅を続けらている様で安心しています。
残りの旅程を無事終えられて帰国される日を楽しみにしています。
このチャレンジに3,000円寄付します!

parheliaさん 2012-01-29 17:26:57

旅で出会った方からご寄付を頂きました!
嬉しいですねー。嬉しいですねー。
実質?順調に旅を続けていられているのは皆様からのご支援のお陰にほかなりません。
サンチャゴまであと二日! 頑張ります。

☆ジャストギビング山田達也のチャレンジ応援ページ:http://justgiving.jp/c/799
English http://justgiving.jp/pdf/justgiving-man.pdf?110318

********************************

サンカルロス デ バリローチェ(アルゼンチン)〜オソルノ(チリ)の旅


2012年1月29日(日)


走行距離:240キロ

出発時間:10:00

到着時間:14:30

天候:雨一時曇り

気温:8ー10℃


朝、窓の外を見るとみぞれ?のように見えるものが舞い、湖は荒れ狂ったような強風で白い波が立っている。
IMGP0537














いやー、これどうすっか。

今日は再びチリ入国のためアンデスの山越えがある。
この天候のままだどかなり辛いし危ない。

予定を変更してもう一泊?

とよぎるが、やっぱり行っちゃうのが山田達也。

なんとかなるだろ!

てなもんで、いつものようにあえて辛い道を選んで行っちゃいます!
時折、止みそうな気配がある雨の中、宿のパーキングで荷物を積み込みます。

しゅっぱーっつ!
IMGP0538














おおっ、巨大な虹だ!

虹はすごいな。雨が降った後、陽がささないと出ないもんな。
辛いことがあった後、楽しいことがやってくることを示唆しているようだ。
自然はいろんなメッセージを持っているんだよな。

防水用カメラで撮影しているため画像がよくなくてスミマセン。
先日の転倒で、この旅3個目のデジカメも息の根が止まりました。。

ほらほら〜、俺の判断は正しいもんね!
出発すればこのとおり、雨もやみ、晴れ間が出てきそうだ♪

・・との期待はもろくも崩れ去り、雨が強くなり、結果的に一日中降りしきることになる。
IMGP0539
















アルゼンチン側の国境に到着。
IMGP0541














屋根のあるところにバイクを停められほっとする。

雨は益々酷くなるばかり。
IMGP0542














アルゼンチン側国境で出国手続きをした後、チリ側国境へ向かうが、行けども、行けども全く到着しない。

うーん、本当はさっきと同じ場所にあったのか? 
どうするか。オソルノの町中でイミグレと税関を探すか。
でも120キロ戻りなさいと現地で言われたらどうしよう。。

などと考えながら半ば開き直り気味に走っているとこつ然と国境オフィスが現れた。
超ー安堵。
20ー30キロ走行した。
こんなに国境間に距離があるのはこの旅始めてだ。

チリ入国は毎度のこと果物検査がある。
強い雨がバイクを濡らす中でも、容赦なく荷物のほとんどを開けさせられる。
まあ、雨だからといって手を抜いていては犯罪の温床になるのか、とも考える。

無事、チリに入国!
もうアルゼンチンに来る事もしばらくないだろう。
アバヨッ!アルヘンティーナ!

標高1000mに満たないアンデスを駆け下りながらブジェウェ国立公園を抜けて行く。
途中、美しい大きな湖を右手に見ながらの走行となるも強く路面を叩く雨のため撮影する気にもならず。

ランチを含め、休憩もとらずオソルノの町へ一目散に向かう。

防水グローブもリマで買い直したブーツも浸水してきた。

早く宿に入り、食事にありつきたい。
今日は何にするか。
チリだからやっぱりシーフードだな。
でも、アルゼンチンのステーキは旨かったなあ!

などと考えながら町に到着し最初に見つけた小さなホテルに入ると空き部屋あり、でチェックイン。
早速、食堂を教えてもらい行くとそこはこぎれいなレストラン。
お勧めはステーキだと。ww
これが最高に旨い!!

あー、幸せやねー。

厳しい一日の後だったから味も格別なのかな。




<国境情報>
【アルゼンチン側】(ナウエル・ウアビ)
①国境オフィス手前の小屋で係員からメモ書き受け取り。
 各窓口でメモにスタンプをもらう。
②オフィスイミグレで出国スタンプ/ツーリストカード記入
③税関でペルミソキャンセル
④ ①でもらったメモを各窓口で国境オフィス出口の小屋で渡して終了
所要時間:20分
コピー:不要
費用:無料

【チリ】(ブジェウェ)
①国境オフィス手前の小屋で係員からメモ書き受け取り。
 各窓口でメモにスタンプをもらう。
②オフィスイミグレで入国スタンプ/ツーリストカード記入
③税関でペルミソ作成/ペルミソ申請申告書記入
④税関申告書記入後、荷物検査。果物を持っていると没収です。
⑤ ①でもらったメモを国境オフィス出口の小屋で渡して終了
所要時間:20分
コピー:不要
費用:無料

Rio Grande (Argentina) to Punta Arenas (Chile)

English http://justgiving.jp/pdf/justgiving-man.pdf?110318

Rio Grande (Argentina) to Punta Arenas (Chile)

Friday, January 20th, 2012
Departure:  8:30
Arrival:  22:00
Weather: Sunny
Temperature: 13°C

This morning, I realized that I couldn’t use Wi-Fi in the hotel.
This happens all the time in South America.

I headed to Sebastian, the town at the border.
I left Argentina and entered Chile safely.

Yay! Congrats to me for entering Chile.
Chile is the 62nd country!

I found a cup of instant ramen noodles in the cafeteria/shop next to the border office in Chile!
I couldn’t help but to buy it. I ended up eating standing up.
It had been a long time since I had had this. It was sooo good!! 

As I entered Chile, I found a long dirt road in a vast plain field.
1














 







 I needed to pay attention because the edge of the road was easily broken.


I arrived at the shoreline of Magellan!
2






















 




 









I saw many sea gulls.
2−1











 


 






I wonder if there’s such thing as a sea gull meat….
I kind of want to try it.

There were animals climbing up the cliff.
3


























4




























They were Guanaco. They live in places where there are strong winds.


I arrived in Porvenir in Tierra del Fuego. Tierra del Fuego is an island near the southern tip of South America. It’s the only town in this area of Chile.
I was going to take a ferry to get to today’s destination, Punta Arenas.
I went to the dock…
There was nobody there. There wasn’t a ferry either…

I heard seagulls over my head.

When I listened carefully, they sounded like they were saying “I’m stupid!?”

Did I miss the ferry?

Be quiet, seagulls!

There was a person on the fishing boat deck, so I asked him. He said that the ferry leaves 7:00 pm.
I read my guide book carefully. It stated that there were two departure times: at two o’clock and seven o’clock pm.
I just missed the ferry at two.

I wondered about what I wanted to do until seven.
The guide book said that this was the town of nothing.
I decided to eat first.
5











 


 






I finally found a restaurant. As I entered the inside of it, I noticed that the pricing of the menu was strange.
It seemed odd when I tried to calculate it into yen.
 


Oh! That’s right! I’m in Chile now.
The currency mark is still the same, but they use Chile peso.
I realized that I didn’t exchange my money at the border, so I didn’t have any Chile peso!
I had already ordered the food and there was already a piece of bread in my mouth… I hurried and asked a senorita.

“You can’t use any cards, but you can use US dollars.”


She said with a smile.
I was relieved.


I found a small store that offered an exchange service after my meal. I was able to exchange some money there.

I went back to the dock an hour early and bought a ticket for the ferry.
It was going to be a two and a half hour ride.

The ocean was rougher than I expected.
My bike, which was tied to the deck, was all wet because of the waves.

6


























It was 9:30 pm.

7


























And then the sun set.

7−1























Arriving in Punta Arenas!


After I got gas for my bike, I went to the center of the town.
8
























It was a quiet and neat town.
This town is on the most southern part of Chile. It had a population of 110,000.

There was a statue of the Ferdinand Magellan Memorial in Plaza de Armas.
9




















Magellan was a Portuguese explorer who led the first expedition to sail the Atlantic Ocean and into the Pacific Ocean.
Because of his great achievement, much of world history was changed.

The amazing part of the story of Magellan is that his crew completed the entire voyage, although Magellan himself was killed during the battle in the Philippines.
I can tell that his will was strong enough for his crew to complete the voyage without him.

There is a legend that your sail will be safe if you touch the sitting shining statue of Alcalf’s foot.
10





















I touched it firmly.




The rest of my journey will be safe.

Translated by Maki & Angela Trolio


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

リオグランデ(アルゼンチン)~プンタアレネス(チリ)の旅

今までジャストギビングを通じてセカンドハーベストへご寄付頂いた皆さんを紹介しています。
皆様の応援、心に染み入ります。
これが一人の旅でも寂しさがない理由です。

☆ジャストギビング山田達也のチャレンジ応援ページ:http://justgiving.jp/c/799

English http://justgiving.jp/pdf/justgiving-man.pdf?110318

********************************

リオグランデ(アルゼンチン)~プンタアレネス(チリ)の旅


2012年1月20日(金)

走行距離:キロ

出発時間:8:30

到着時間:22:00

天候:晴れ

気温:13℃


朝、ホテルのWi-Fiが使えない。

アルゼンチンのみならず南米はこれが多いので困る。


まずは国境の町、サンセバスチャンを目指します!

アルゼンチン出国、チリ入国ともに無事完了!


あらためて、祝!チリ入国です。

62カ国目となりました!


チリ国境オフィスに併設されているカフェ兼売店にカップラーメンが売っているではないか!

思わず購入&たち食いソバw

久しぶりで旨くて嬉しい!


チリに入ると広大な大草原を突っ切るダートが長く続きます。
1














 

道の端はもろい作りになっているのでより過ぎないよう注意して走ります。

 


マゼラン海峡に面する海岸線に出ました!
2






















 




 

カモメがすごい!
2−1











 


 

そういえばカモメ料理ってのはないのかな。
あれはいいのに。


ガケ際の道に動物がぴょんぴょん出てくる。
3













4























強風の海沿いに住むグアナコ。



最果ての島、フエゴのチリ側唯一の町ポルベニールに到着しました。

時間は14時過ぎ。

ここから今日の目的地のプンタアレナス行きのフェリーに乗ります。

フェリー乗り場、と思われる場所についたのですが・・。

誰もいない。フェリーらしき船も何もない。

頭の上でカモメが叫んでいます。
よく聞くと、

「あほー、あほー」と聞こえる。

あれ、俺、乗り遅れた?

カモメ、うるせえ。 
 

近くの漁船の甲板にいた人に聞くと、19時出航だ。と教えてくれた。

ガイドブックをよく調べてみると、14:00と19:00発の一日二本と記載がある。

本当に船が行ってしまったばかりだったようだ。
 

19:00までどうしようか。

ガイドブックにも何もない町と書いてある。

まずは食事。
5











 


 

探してやっと見つけたレストランに入るとなんか金額の表示がおかしい。

どう考えても円換算すると合わない値段。


あ!そうかここはチリだ!

同じペソで$マークの表示でもチリペソだ。

さらに気付いたのは国境で両替をしなかったのでチリペソを持ってない!

口の中にパンが入ったまま、慌ててセニョリータに確認する。


「カードはダメだけど、US$は使えますよ。」
 

笑って答えてくれた。

ほっとする。


食後、ちいさな商店を兼ねた両替屋があったのでそこで換金。

出航一時間前にフェリー乗り場に行き、チケットを購入したら搭乗。
二時間半の航海だ。

静かな海だとおもいきや結構、海は荒れている。
おかげで甲板上にくくりつけるように駐車してある私のバイクは海水でびしゃびしゃ。
6















時間は21:30に。
7















やっと日没。
7−1















プンタアレナスに到着!

給油をして町の中心に入ります。
8















静かでこぎれいな町です。
チリ最南端の都市で人口は11万人。

町の中心のアルマス広場の真ん中にマゼラン像があります。
9















マゼランは史上初の世界一周を成し遂げた艦隊。
彼の偉業により多くの世界史が塗り替えられた。

彼が凄いのは、彼自身は航海の途中、フィリピンで戦死を遂げているが残された艦隊が世界一周と達成した。
思いを引き継ぐ意思を残させたマゼランの希望はそれだけ強かったのだろう。


腰掛けたアラカルフ族の足を触ると無事な航海が出来ると伝えられていて光沢している。
10















私も肖って触ってみる。それもしっかりと。

これでこの先の旅も大丈夫だろう。

和光小学校 岐阜市立鶉小学校

世界各国の子どもたちの声をお届けします。

Twitter


結婚レシピ
チャリティプラットホーム・ジャストギビング
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ